S-MAX

ソフトウェア更新

シャープ、日本向けスマホ・タブレットのAndroid 11へのOSバージョンアップ対象機種を案内!AQUOS R2・sense2やAndroid One S3などは対象外


SHARPがAndroid 11へのOSバージョンアップ対象機種をお知らせ!

シャープが日本向けの同社製スマートフォン(スマホ)・タブレットにおける最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップ対象機種を案内しています。すでにNTTドコモ向け楽天モバイル向けについてはそれぞれの携帯電話会社から案内がありましたが、他のauやSoftBankやY!mobile、UQ mobile、仮想移動体通信事業者(MVNO)、SIMフリーともに明らかとなっています。

同社では2017年夏モデル以降の「AQUOS」シリーズの製品については発売から2年間のOSバージョンアップを保証しているほか、Googleが展開する「Android One」シリーズについては発売から2年間で最低1回以上のOSOSバージョンアップを実施することになっています。

そのため、すでに2回以上のOSバージョンアップが実施されている「AQUOS R2」や「AQUOS R compact」、「AQUOS sense2」、「AQUOS sense plus」、「Android One X4」、「Android One S3」などの機種についてはAndroid 11へのOSバージョンアップは見送られています。なお、対象機種については現在、提供準備中ということです。

続きを読む

AppleがiPhone向け最新プラットフォーム「iOS 14.2.1」を提供開始!iPhone 12 miniでロック画面が反応しないことがある不具合などが修正


AppleがiPhone 12シリーズ向けにiOS 14.2.1をリリース!

Appleは19日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 14.2.1(18B121)」を提供開始したとお知らせしています。iPhone 12シリーズのみに提供されているようで、少なくとも現時点ではiPhone 11 Pro Maxや12.9インチiPad Proなどでは更新が提供されていません。

変更点は「iPhone 12 mini」において画面ロックが反応しないことがある問題や一部のMMSメッセージを受信できないことがある問題、"Made for iPhone(MFi)"補聴器でiPhoneからのオーディオを聴くと音質が悪くなることがある問題が修正されているということです。

続きを読む

SIMフリースマホ「ASUS ZenFone Max (M2) ZB633KL」へ楽天モバイルのVoLTEをサポートするソフトウェア更新が提供開始!楽天回線対応に


エイスースがSIMフリースマホ「ZenFone Max M2 ZB633KL」に楽天回線対応のソフトウェア更新をリリース!

ASUS JAPANが昨年3月に発売したASUSTeK Computer(以下、ASUS)製のSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Max (M2)」(型番:ZB633KL)に対して楽天モバイルのVoLTEをサポートするなどのソフトウェア更新を提供開始しています。

これにより、楽天モバイルが自社回線(以下、楽天回線)を構築して移動体通信事業者(MNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )で利用可能となります。更新方法は本体のみでネットワーク経由によって行え、更新にかかる時間は約10分となっています。更新による主な変更点は以下の通り。

なお、ZenFone Max (M2) ZB633KLには今年5月より開発者向けに「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供されていますが、今回の楽天モバイルに対応するソフトウェアはAndroid 9.0(開発コード名:Pie)のアップデートとなります。

1. Googleセキュリティパッチの更新(2020年10月5日)
2. 楽天モバイル(MNO)のVoLTEをサポート
3. APNリストの更新


続きを読む

NTTドコモが新フラッグシップスマホ「Xperia 5 II SO-52A」を本日11月12日発売!5Gに対応するためのソフトウェア更新を配信開始


docomo 5Gスマホ「SONY Xperia 5 II SO-52A」に5Gへ対応するソフトウェア更新が提供開始!

NTTドコモは12日、同日11月12日に発売した「2020-2021冬春モデル」のうちの5Gに対応したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 Ⅱ SO-52A」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対してソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店では本体価格が99,000円で、36回払いで購入することで最大12回分の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担額2,750円/月×24回(総額66,000円)となっています。

また他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOME割」が適用され、本体価格から22,000円が割り引かれて77,000円となり、スマホおかえしプログラム適用時には2,138/円×24回(総額51,344円)となります。なお、料金プランは「5Gギガホ」と「5Gギガライト」が用意されていますが、ソフトウェア更新によって5Gに対応する前でもこれらの料金プランが適用されるとのこと。

さらに『「Xperia 5 II SO-52A」購入キャンペーン』が実施され、Xperia 5 II SO-52Aを購入して応募した人全員にもれなく「mora qualitas(高音質ストリーミングサービス)」を追加で無料(90日間)で利用できるクーポンをプレゼントするとのこと。対象販売拠点はすべての取扱店。購入期間は2021年1月31日(日)まで。詳細はキャンペーンWebページ( https://www.sonymobile.co.jp/campaign/mora_20autumn/ )をご確認ください。

そんなXperia 5 II SO-52Aに対して事前の案内通りに5Gに対応するためのソフトウェア更新が配信されています。更新にかかる時間は約7分で、更新方法は本体のみのほか、パソコン(PC)に接続して行え、更新後のビルド番号は「58.0.B.14.28」、更新前野ビルド番号は「58.0.B.12.90」。変更内容は以下の通り。

※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

・アップデートにより5G通信が可能になります。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2020年10月になります。)


続きを読む

Appleが「iOS 12.4.9」を提供開始!iOS 13・iPadOS非対応のiPhone 5s・6・6 Plus、iPad Air・mini 2・mini 3、iPod touch(第6世代)向け


AppleがiPhoneなど向けiOS 12.4.9をリリース!

Appleは5日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」において前バージョン「iOS 12」の最新版「iOS 12.4.9(16H5)」を提供開始したとお知らせしています。

対象機種はiOS 12の対応機種ながら最新バージョン「iOS 13」や「iPadOS」には対応しないiPhone 5sおよびiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air、iPad mini 2、iPad mini 3、iPod touch(第6世代)で、それぞれ無料でアップデート可能です。

変更点は重要なセキュリティー問題の修正で、CVEで公開されているセキュリティー問題も含まれており、FaceTimeにおける「CVE-2020-27929」やFontParserにおける「CVE-2020-27930」、Kernelにおける「CVE-2020-27950」や「CVE-2020-27932」が修正されているとのこと。

またiPhone 6およびiPhone 6 PlusにおいてiOS 12.4.3〜8では「IIJmio」や「mineo」などのVoLTEに対応したau回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)の携帯電話サービスが使えない不具合がありましたが、iOS 12.4.9でも同様に手持ちのiPhone 6 Plusとmineo(Aプラン)のVoLTE対応SIMではアンテナマークが「圏外」となってしまって利用できない状態となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。