S-MAX

ソフトウェア更新

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android N」の開発者向けプレビュー版第3弾を公開!VRモードおよびマルチプロセスWebViewの導入や不具合修正など


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android N」の開発者向けプレビュー3をリリース!

Googleは18日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2016年5月18日(水)から5月20日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2016」( https://events.google.com/io2016/ )の基調講演を行い、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android N」にて開発者向けプレビュー版「Android N Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )における増分更新β版の第3弾「Android N Developer Preview 3」(以下、DP3)を公開したとお知らせしています。

同社では今年3月にAndroid N Developer Previewの第1弾となるAndroid N Developer Preview 1(初リリースのα版)を公開し、その後も4月(Preview 2・増分更新β版)をリリースしていました。

予定では5月にPreview 3(増分更新β版)が予定されていたため、順調に配信開始されたことになります。今後も6月(Preview 4・最終APIとSDK)および7月(Preview 5・最終プレビュー版の最も正式版に近いシステムイメージ)と月1回のアップデートを行い、今年の晩夏(8〜9月)に正式版がリリースされる予定です。

DP3では新たに「VRモード」や持続的なパフォーマンスモード、マルチプロセス対応のWebView、キーボードショートカットヘルパーFrameMetrics APIなどの導入に加え、APIの変更や不具合修正などが行われています。

なお、Android Nの開発者向けプレビュー版は、Androidエミュレーターのほか、Nexus 6およびNexus 5X、Nexus 6P、Nexus 9、Nexus Player、Pixel C、Android One(General Mobile 4G)で利用でき、ビルド番号は「NPD35K」でx86とARM(32・64bit)がサポートされています。

続きを読む

KDDI、au向け「Galaxy S6 edge SCV31」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を5月19日10時より提供開始


auがGalaxy S6 edge SCV31にAndroid 6.0を5月19日に提供開始!

KDDIは17日、au向けに販売中の既存製品における「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たにサムスン電子製スマートフォン(スマホ)「Galaxy S6 edge SCV31」に対してAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年5月19日(火)10時より提供開始したとお知らせしています。

スマホ本体(Wi-FiおよびLTE,WiMAX 2+)のみで直接更新する方法とパソコンにUSBケーブルで接続して更新する方法が用意されており、アップデートファイルサイズはそれぞれ約1.4GBおよび約2.0GBで、更新時間はそれぞれ約35分。なお、ダウンロードに必要な時間は利用環境によって異なるとしています。

以下の事象が改善されます。
・Android 6.0による機能・操作性の向上

詳しくは以下のページをご確認ください。
OSアップデートにおける主な機能追加について(876KB)[PDF]

・OSアップデート後は画面デザインや一部の操作方法が変更となります。事前に変更点をご確認くださいますようお願い致します。
・セキュリティ強化のため、Android™ 6.0から端末のロック解除またはユーザー認証に指紋認証を使用するには、パターン、PIN、またはパスワードの設定が必要となります。
・OSアップデート後は端末の設定の一部が初期状態にリセットされます。OSアップデート完了後、再度設定を行ってください。初期化される設定については、以下の「OSアップデートによる設定初期化/削除項目」をご確認ください。
OSアップデートによる設定初期化/削除項目(173KB)[PDF]


続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 9.3.2」を提供開始!日本語かなキーボードや辞書機能などの不具合解消やセキュリティーアップデート


AppleがiOS 9.3.2をリリース!

Appleは16日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 9.3.2」を提供開始したとお知らせしています。

辞書で項目を調べる時にうまく動かないことがあった問題やメール・メッセージで日本語かなキーボードを使っている時にメールアドレスが入力できなかった問題などの5つの不具合を修正しています。

なお、各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け「Xperia Z5 501SO」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBank向け「Xperia Z4」がAndroid 6.0 Marshmallowに!

ソフトバンクは12日、同社がすでに販売中のSoftBank向け既存製品における「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たにソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン(スマホ)「Xperia Z5(型番;501SO)」に対してAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年5月12日(木)より提供開始したとお知らせしています。

スマホ本体(3G・4G・Wi-Fi)のみで直接更新する方法とパソコンにUSBケーブルで接続して更新する方法が用意されており、本体のみで更新する場合には完了までに最大80分程度かかるとしているほか、更新には内蔵ストレージの空き容量が約1.5GB以上必要だということです。

ソニーモバイルコミュニケーションズではSoftBank向けXperia Z5のAndroid 6.0 Marshmallowの変更内容を「Android 6.0対応 OSバージョンアップ | ソニーモバイルコミュニケーションズ」にて紹介しており、新しいUIおよびカメラ、アルバム、ライフログ、Movie Creator、ミュージック、ビデオ、ダイヤル・連絡先、カメラアドオン、Runtime Permission、Now On Tap、Dozeモード、App Standbyなどがあるということです。

続きを読む

NTTドコモ、2015年夏タブレット「Xperia Z4 Tablet SO-05G」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


NTTドコモがXperia Z4 Tablet SO-05GにAndroid 6.0を提供開始!

NTTドコモは11日、同社がすでに販売中の既存製品における「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たにソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia Z4 Tablet SO-05G」に対してAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年5月11日(水)より提供開始したとお知らせしています。

スマホ本体(Wi-FiおよびXi、FOMA)のみで直接更新する方法とパソコンにUSBケーブルで接続して更新する方法が用意されており、パソコン接続による更新は2016年5月12日(木)14時より実施可能。

更新時間はそれぞれ約108分および約43分で、利用する回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとしています。更新後のビルド番号は「32.1.E.1.54」、更新前のビルド番号は「28.0.B.1.135」または「28.0.B.1.229」で、ビルド番号は「設定」→「タブレット情報」→「ビルド番号」から確認可能。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け「Xperia Z4 402SO」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBank向け「Xperia Z4」がAndroid 6.0 Marshmallowに!

ソフトバンクは25日、同社がすでに販売中のSoftBank向け既存製品における「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たにソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン(スマホ)「Xperia Z4(型番;402SO)」に対してAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年4月25日(月)より提供開始したとお知らせしています。

スマホ本体(3G・4G・Wi-Fi)のみで直接更新する方法とパソコンにUSBケーブルで接続して更新する方法が用意されており、本体のみで更新する場合には完了までに最大80分程度かかるとしているほか、更新には内蔵ストレージの空き容量が約1.5GB以上必要だということです。

ソニーモバイルコミュニケーションズではSoftBank向けXperia Z4のAndroid 6.0 Marshmallowの変更内容を「Android 6.0対応 OSバージョンアップ | ソニーモバイルコミュニケーションズ」にて紹介しており、新しいUIおよびカメラ、アルバム、ライフログ、Movie Creator、ミュージック、ビデオ、ダイヤル・連絡先、カメラアドオン、Runtime Permission、Now On Tap、Dozeモード、App Standbyなどがあるということです。

続きを読む

トリニティ、Windows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」に最新ファームウェア「V62」を配信開始!緊急地震速報対応やタッチパネル・カメラ画質改善、各種不具合修正など


トリニティがWindows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」に最新ファームウェアV62を提供開始!

トリニティは19日、今年1月に出荷を開始した同社初のスマートフォン(スマホ)「NuAns NEO」に最新ファームウェア「V62」を提供開始したとお知らせしています。

V62には緊急地震速報が利用できるようになっているほか、初期出荷製品で起きていたタッチパネルの問題やカメラ画質などの修正、各種不具合の解消などが実施されています。

ただし、V62はWindows搭載パソコン(PC)に開発環境(Windows ADK)を導入してファームウェアを焼く必要があり、多少難易度は高いものとなっています。

一方、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)も提供されており、こちらは4月20日(水)から「V53」がリリース済みで、すでにV62相当の「V61」も近日中に配信予定とされています。ただし、V61にはタッチパネル問題の解消は含まれておらず、OTAでは提供されないとのこと。

また、変更点のうちの緊急地震速報についてはV53でも対応しているほか、主に3次出荷分くらいからは出荷時で対応しているのですでに動作している製品もあるということで、同社の星川哲視氏は「今回のファームウェアファイルそのものを配布するに至った大きな原因のひとつ」と紹介しています。

続きを読む

NTTドコモ、Xperia Z4 SO-03GにAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


NTTドコモがXperia Z4 SO-03GにAndroid 6.0を提供開始!

NTTドコモは19日、同社がすでに販売中の既存製品における「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たにソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン(スマホ)「Xperia Z4 SO-03G」に対してAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年4月19日(火)10時より提供開始したとお知らせしています。

スマホ本体(Wi-FiおよびXi、FOMA)のみで直接更新する方法とパソコンにUSBケーブルで接続して更新する方法が用意されており、更新時間はそれぞれ約108分および約55分で、利用する回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があります。

主なアップデート内容
1)Now on Tapの追加
020304
「メッセンジャー」アプリでドコモショップ赤坂見附店の情報が表示されている(アプリは一例です)ホームボタンを長押しドコモショップ赤坂見附店の情報と欲しい情報を予測して表示

アプリを使用中にホームボタンを長押しすると、起動中のアプリで表示されている内容から欲しい情報を予測して提案します。

※お使いの機種によって画面イメージは異なります。

2)消費電力の最適化
050607
電池の最適化選択画面個別のアプリで最適化を選択最適化されているアプリ一覧

スマートフォン/タブレットを使用していないときの消費電力を低減します。また、普段あまり使用していないアプリの消費電力も低減します。

※消費電力を最適化する機能の効果はお客様の使用状況により異なります。
※お使いの機種によって画面イメージは異なります。

3)アプリに渡す情報をコントロール
080910
音声の利用を許可する画面個別のアプリで渡す情報を設定情報別に許可しているアプリの数を表示

アプリからの必要な情報へのアクセス許可について、これまでインストール時に一括で確認してきましたが、これからは情報を必要とするときに個別に確認します。また、アプリへ渡す情報は設定メニューから変更でき、より安全にお使いいただけるようになります。

※アプリが本機能に対応している必要があります。
※お使いの機種によって画面イメージは異なります。

4)カメラ
11
カメラのUIが新しくなり、スワイプ操作でビデオ撮影やマニュアルなどへ切替できるようになります。

5)ダイヤル
12
通話履歴画面で「通話履歴フィルター」(不在着信、着信、発信等)の項目が常時表示されるようになります。

6)ホーム
13
Xperiaホームに、画面スワイプ時のエフェクトを変更する機能が追加されます。ホーム画面を自分好みにカスタマイズできるようになります。

7)スモールアプリ
14
最近利用したアプリ画面の視認性が向上します。画面の操作に合わせて、下部に表示されるスモールアプリバーが隠れるようになります。

8)通知パネル
15
通知パネルに表示されるスクリーンショット画像を、通知パネル上で共有に加え、消去もできるようになります。

9)改善される事象
・ごくまれに電源が再起動する場合がある

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android N」の開発者向けプレビュー版第2弾を公開!Unicode 9.0対応絵文字やVulkan APIの導入や不具合修正など


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android N」の開発者向けプレビュー2をリリース!

Googleは13日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android N」における開発者向けプレビュー版「Android N Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )における増分更新β版の第2弾「Android N Developer Preview 2」(以下、DP2)を公開したとお知らせしています。

同社では突然先月にAndroid N Developer Previewの第1弾となるAndroid N Developer Preview 1(初リリースのα版)を公開し、その後も4月(Preview 2・増分更新β版)、5月(Preview 3・増分更新β版)、6月(Preview 4・最終APIとSDK)、7月(Preview 5・最終プレビュー版の最も正式版に近いシステムイメージ)と月1回のアップデートを予定していることを案内していました。

DP2では新たに3Dレンダリング用「Vulkan API」の導入や特定アプリにおける設定付きショートカットの作成、Unicode 9.0に対応した絵文字のデザイン変更、APIの変更や不具合修正などが行われています。

なお、Android Nの開発者向けプレビュー版は、Androidエミュレーターのほか、Nexus 6およびNexus 5X、Nexus 6P、Nexus 9、Pixel C、Android One(General Mobile 4G)で利用でき、ビルド番号は「NPC91K」でx86とARM(32・64bit)がサポートされています。Nexus Playerは数日後に提供予定。

続きを読む

Google、Nexus 6P、5X、9、6、5、7(2013)に最新Android 6.0.1 Marshmallowの2016年4月度のセキュリティーパッチを提供開始!ファクトリーイメージは公開、SoftBankやY!mobileからもOTAが順次提供


Googleが2016年4月分のNexusシリーズ向けセキュリティーパッチを提供開始!

Googleは4日(現地時間)、同社のAndroid搭載スマートフォン(スマホ)およびタブレットの「Nexus」シリーズ向けに2016年4月度のセキュリティーパッチを提供開始したとお知らせしています。

今月分のセキュリティーパッチでは8つのCritical(深刻な)、13つのHigh(重要度の高い)、8つのModerate(重要度の低い)な脆弱性に対応しているということです。

すでに「Nexus 6P」および「Nexus 5X」、「Nexus 6」、「Nexus 9」、「Nexus 5」、「Nexus 7(2013)」にはFactory Imageが公開されており、これらの機種向けには順次OTAも配信開始されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。