S-MAX

ソフトウェア更新

NTTドコモ、フラッグシップスマホ「Xperia 1」と「Xperia 5」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoスマホ「Xperia 1」と「Xperia 5」がAndroid 10に!

NTTドコモは19日、同社が販売するソニーモバイルコミュニケーションズ製フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 SO-03L」および「Xperia 5 SO-01M」に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年2月19日(水)に提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(FOMA・Xi)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新にかかる時間はXperia 1 SO-03Lが約23分、Xperia 5 SO-01Lが約21分となっています。なお、更新のためのファイルサイズが大きいのでWi-Fiが推奨されます。

更新後のビルド番号は両機種ともに「55.1.D.0.259」。主な更新内容は以下の通りですが、より詳細な内容はソニーモバイルコミュニケーションズの公式Webページ『ドコモ Android(アンドロイド)10 対応 OSバージョンアップ | ソニーモバイル公式サイト』を参照するよう案内されています。

○主なアップデート内容
1)ダークテーマの追加
2)ジェスチャーナビゲーションの追加
3)位置情報に関する強化
4)電話UIの変更
5)クイックパネルの一部アイコン変更

○改善される事象
6)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2020年2月1日になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

ワイモバイル向け京セラ製スマホ「Android One X3」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が2月12日から順次提供


Y!mobileスマホ「Android One X3」がAndroid 10に!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は12日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「2017-2018冬春モデル」として2018年1月に発売した「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「Android One X3」(京セラ製)対して最新プラットフォーム「Android 10」を含むソフトウェア更新を2020年2月12日(水)より順次提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで4G・3Gによる携帯電話ネットワークおよび無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は最大60分程度かかる場合があるとのこと。なお、Y!mobileではWi-Fi回線での実施を推奨しています。更新による変更点は以下の通り。更新後のビルド番号は「3.242MI」となっています。

・Android 10へのOSバージョンアップ
・セキュリティの向上


続きを読む

グーグルの最新フラッグシップスマホ「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」でジェスチャー操作「Motion Sense」が利用可能に


Google Pixel 4シリーズにて日本でもMotion Senseが順次提供可能に!

グーグル(以下、Google Japan)は4日、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 4」および「Pixel 4 XL」において本体に触れることなくジェスチャーだけで操作ができる機能「Motion Sense」と日々のタスク処理がより素早くなる新しい「Google アシスタント」が使えるようになったとお知らせしています。

両機能は同日2月4日から順次提供開始されるとのこと。なお、同社ではPixel 4シリーズの発表時に「日本では2020年春(予定)以降に利用可能となる」としていましたが、総務省による技術的条件の検討を経て利用できるようになっています。

なお、Motion Senseはジェスチャー操作だけでなく、顔認証の認証時にも本体を持とうとしたときなどの動作を事前に感知して他社製品よりも素早く顔認証が行えるようになっているほか、常時画面点灯機能「Always on Display」を近づいたときだけオンにするなどにも利用されます。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS R3」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBankスマホ「AQUOS R3 808SH」がAndroid 10に!

ソフトバンクは3日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年夏モデル」として昨年5月から販売しているフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3(型番:808SH)」(シャープ製)に対応して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年2月3日(月)から順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(3G・4G)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新にかかる通信料は無料ですが、同社では更新のためのファイルサイズが大きいので、Wi-Fiで実施することを推奨しています。なお、更新の完了までの最大20分程度かかる場合があるとのこと。

更新後のビルド番号は「S1006」。主な更新内容は以下の通りがすが、詳細についてはシャープの公式Webページを確認するよう案内されており、Android 10へのOSバージョンアップ以外にもリアカメラの超広角レンズのほうで写真撮影が可能になるなどしているということです。。

・Android 10へのOSバージョンアップ
・セキュリティの向上
※ 最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>にてご確認ください。


続きを読む

スマホの子機として使うNTTドコモ向け小型ストレート型ケータイ「ワンナンバーフォン ON 01」がiPhoneに対応!初回登録手数料無料キャンペーンも実施


NTTドコモの小型ストレート型子機「ワンナンバーフォン ON 01」がiPhoneに対応!

NTTドコモは30日、2018年10月に発売された「2018-2019冬春モデル」のスマートフォン(スマホ)などの子機として使える小型なストレート型ケータイ「ワンナンバーフォン ON 01」(ZTE製)に対してソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。更新は本体のみで携帯電話回線(FOMA・Xi)にて行い、更新にかかる時間は約5分。

変更点は「iOS(iOS11以降)に対応」となっており、品質改善に関する内容を含むため、必ず最新バージョンへのアップデートを行うよう案内しています。これにより、これまではAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)以降の通話のできる製品のみに対応していましたが、iPhoneでも利用できるようになっています。

価格(金額はすべて税込)は発売当初9,720円でしたが、現時点で公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では4,900円となっています。なお、スマホなどと同じ電話番号で使えるようになる「ワンナンバーサービス」の利用料として月額550円がかかり、通常初回の子機登録時に手数料550円が通常かかるものの、2020年1月30日(木)から8月31日(月)までは無料となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。