S-MAX

割引

NTTドコモが端末購入割引でMNPなら1万1000円割引!iPhone 7やPixel 3a、arrows Be3、LG style2、らくらくスマートフォンmeなど9機種が対象


docomoのiPhone 7やPixel 3aなど9機種が端末購入割引で1万1000円OFFに!

NTTドコモは12日、同社が販売するスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「Pixel 3a」、「Xperia Ace SO-02L」、「LG style2 L-01L」、「arrows Be3 F-02L」、「らくらくスマートフォン me F-01L」やフィーチャーフォン(ケータイ)「arrows ケータイ F-03L」および「AQUOS ケータイ SH-02L」、「P-smart ケータイ P-01J」を「端末購入割引」に追加したとお知らせしています。

これにより、2019年10月12日(土)以降はこれらの9機種が他社から乗り換え(MNP)で購入する場合に端末購入割引よって本体価格から11,000円(金額はすべて税込)が割り引かれ、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や直営店ではiPhone 7なら43,560円が32,560円、Pixel 3aなら46,728円が35,728円などとなっています。

なお、端末購入割引の適用条件として過去6か月以内に機種購入手続きがなされている回線での購入の場合や過去6か月以内にXiからFOMAへの契約変更がなされている回線での購入の場合、過去6か月以内に持ち込みになった機種でNTTドコモを新規契約されている回線での購入の場合はそれぞれ対象外です。

続きを読む

KDDI、au向けスマホの購入代金が最大半額になる「アップデートプログラムDX」を10月1日より提供開始!回線契約の有無に関わらず加入可能に


auも回線契約がなくても加入できる「アップデートプログラムDX」を発表!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は12日、都内にて「au新サービス発表会」を開催し、携帯電話サービス「au」において新たに2019年10月1日(火)からスマートフォン(スマホ)を購入しやすくすることを目的として製品代金が最大半額となる「アップグレードプログラムDX」の提供を開始すると発表しています。

これまで提供してきた「アップデートプログラムEX」などのアップデートプログラムと同様に48回分割払いで対象機種をアップデートプログラムDXに加入して購入し、13ヶ月目以降に次の機種にへの買い替えて元の機種を返却することで25ヶ月目以降の残債が免除されます。

これにより、製品代金は最大半額となり、違いはアップデートプログラムDXではauの回線契約の有無に関わらず加入できる点で、SoftBankの「半額サポート+」と同様に10月から改正される電気通信事業法に伴ったものとなっています。そのため、既存のアップデートプログラムEX/EX(a)などは9月30日(月)に新規受付を終了します。

なお、アップデートプログラムEXなどと同様に利用料金が月額390円(不課税)×24回となっているため、実際には支払額としては半額+9,360円となります。対象機種は現時点では「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、その他のスマホとなっており、詳細については後日、auの公式Webサイトにて案内するとのこと。

続きを読む

SoftBank向け「半額サポート+」が9月13日より提供!製品返却で代金が半額免除。通信契約に伴わず、他社の携帯電話サービス利用者でも単体購入で加入可能に


SoftBankが「半額サポート+」を発表!他社ユーザーでも単体購入で加入可能

ソフトバンクは9日、都内にて「新サービス記者発表会」を開催し、携帯電話サービス「SoftBank」向けの新たな施策としてスマートフォン(スマホ)などの製品代金の支払いが最大で半額不要になる「半額サポート+(プラス)」の提供を2019年9月13日(金)に提供開始すると発表しています。

半額サポート+は対象機種を48回払いで購入し、同時に加入することで25カ月目以降に同社が指定する方法で指定機種を購入した場合、査定完了日が属する請求月の翌請求月以降の旧機種の分割支払金の支払いが不要になります。料金は月額390円(不課税)×24カ月(総額9,360円)。

対象機種はスマホだけでなく、タブレットやケータイもあるとのこと。現在提供している「半額サポート」との違いは利用料がかかるようになったことに加え、半額サポート+ではSoftBankの携帯電話回線の契約有無に関わらず加入できるため、他社の携帯電話サービスを利用している人がSoftBankから製品を単体購入して特典を利用することが可能となっています。

また2年未満でも3ヵ月目以降なら差額を支払うことで次の製品に買い替えができる「1年買い替えオプション」も9月13日より提供されます。なお、半額サポート+の提供開始に伴って半額サポートおよび「機種変更先取りプログラム」は9月12日(木)に申込受付を終了します。

続きを読む

SoftBankのiPhone 8・XS・XS Max・XSやPixel 3a・3a XL、Xperia 1などの12機種がのりかえで1万800円OFFに!キャンペーン「機種購入サポート」を9月30日まで実施


SoftBankがキャンペーン「機種購入サポート」を実施中!機種代金がのりかえなら1万800円OFF

ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」にて他社から乗り換え(MNP)および「Y!mobile」からの番号移行(以下、のりかえ)にて対象のスマートフォン(スマホ)の本体代金を割り引くキャンペーン「機種購入サポート」を実施しています。期間は2019年9月30日(月)まで。

対象機種は「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone XR」、「iPhone 8」、「Pixel 3a」、「Pixel 3a XL」、「AQUOS R3」、「Xperia 1」、「Xperia XZ3」、「AQUOS zero」、「HUAWEI Mate 20 Pro」、「AQUOS R2 compact」の12機種。それぞれ本体代金が10,800円OFFになります(金額はすべて税込)。

これまで7月17日からソフトバンクショップなどの店頭で実施してきましたが、新たに7月29日からは公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」でも開始されました。条件は48回払いで対象機種を購入して「ウルトラギガモンスター+」の2年契約もしくは2年契約(フリープラン)、ハートフレンド割引に加入すること。

これにより、例えば、iPhone 8の64GBモデルなら通常本体代金86,400円が75,600円となり、半額サポートを利用すれば実質最大半額となるので37,800円からとなります。なお、データ定額 50GBプラスまたはデータ定額50GBプラス(データシェアプラス)を解除したり、変更その他の理由により終了した場合や機種変更、解約などの場合にはプログラム解除料5,000円(不課税)がかかるとのこと。

続きを読む

KDDI、au向け人気スマホ「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」を6月21日よりMNP購入サポートに追加!全容量対象で、1万800円OFFの6万9840円からに


auスマホ「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」がMNP購入サポートの対象に!

KDDIは21日、携帯電話サービス「au」向けApple製スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」の全容量モデルを他社から乗り換え(MNP)において最大10,800円(金額は記載がない場合はすべて税込)割り引く「iPhone MNP au購入サポート」に2019年6月21日(金)より追加するとお知らせしています。

すでに公式Webストア「au Online Shop」でも適用可能となっており、例えば、iPhone 8の64GBなら本体価格80,640円の10,800円OFFで69,840円となっています。条件は「新auピタットプラン」などの指定プランを2年契約またはスマイルハート割引にて加入すること。

なお、iPhone MNP au購入サポートは12カ月以内に指定プラン以外へのプランへの変更、解約・一時休止、機種購入を伴う機種変更を行った場合、購入後の経過月数(購入月を1カ月目とする)に応じて解除料がかかるのでご注意ください。解除料はiPhone 8およびiPhone 8 Plusでは最大10,000円(税抜)となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。