S-MAX

格安SIM

日本通信、月額1738円で無料通話70分と月3GBの高速データ通信容量込みの新料金「Wスマートプラン」を提供開始!健康アプリ「FiNC Plus」も


日本通信SIMの新料金プラン「Wスマートプラン」が提供開始!

日本通信(以下、JCI)は9日、NTTドコモから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「日本通信SIM」( https://www.nihontsushin.com/ )において新しい料金プラン「Wスマートプラン(ダブルスマートプラン)」を2020年10月9日(金)に提供開始すると発表しています。

Wスマートプランは健康アプリサービスを提供するヘルステックベンチャーのFiNC Technologiesと協業し、合理的なスマートフォン(スマホ)向け料金プランにワンランク上のオンライン健康管理アプリ「FiNC Plus(フィンクプラス)」(通常税込480円)をセットにしたもの。

携帯電話料金をセーブしてその一部を自らの健康管理に投資するダブル・スマートなライフスタイルを提案し、70分の無料通話分と3GBの月間高速データ通信容量を含んで月額税抜1,580円(税込1,738円)となっており、70分以降は税抜10円(税込11円)/30秒、3GB以降は税抜250円(税込275円)/1GBで使えます。

続きを読む

携帯電話サービス「J:COM MOBILE」が人気スマホ「iPhone SE(第2世代)」を販売開始!価格は実質0円から。誰でも公式Webストアで購入可能に


J:COM MOBILEにてiPhone SE(第2世代)が販売開始!価格は実質負担額0円から

既報通り、ジュピターテレコム(以下、J:COM)は17日、NTTドコモやauから回線を借り入れてMVNOとして提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )においてiPhone SE(第2世代)を2020年9月17日(木)に発売しています。

販売拠点は公式Webストアおよびジェイコムショップで、取り扱うモデルはフルラインナップの64GBおよび128GB、256GBにおけるブラック、ホワイト、(PRODUCT) REDの本体カラー3色となっており、本体価格は64GBが税抜50,400円(税込55,440円)、128GBが税抜57,600円(税込63,360円)、256GBが税抜67,200円(税込73,920円)。

また新規契約および他社から乗り換え(MNP)の場合に「J:COM MOBILE 端末代割引」が適用され、Aプランの長期タイプSにおける基本データ通信容量が10GBと20GBの料金プランを契約すると、各容量ともに毎月1,050円(税抜)をJ:COM MOBILEの月額基本料金から48カ月間割引され、64GBなら実質負担額0円となります。

さらにAプランの長期タイプSを契約した場合には「J:COM MOBILE スタート割」も適用され、基本データ通信容量が5GBと10GB、20GBの料金プランでは12ヶ月間は毎月1,000円(税抜)がJ:COM MOBILEの月額基本料金から割り引かれます。なお、J:COM MOBILEは9月17日より各料金プランの内容を刷新しているほか、9月24日(木)からはJ:COM TVやJ:COM NETを契約していなくても誰でも公式Webストアで契約できるようになります。

続きを読む

携帯電話サービス「IIJmio」にて「初期1円!eSIMお試しキャンペーン」が9月10日から10月31日まで実施!月額料金は税抜150円から


IIJmioにて初期1円!eSIMお試しキャンペーンがスタート!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は10日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している個人向け携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )において「初期1円!eSIMお試しキャンペーン」を実施するとお知らせしています。

期間はともに2020年9月10日(木)から10月31日(土)まで。キャンペーンでは「IIJmio eSIMサービス データプランゼロ」および「IIJmioモバイルサービス eSIMプラン(ベータ版)」の初期費用3,000円(金額はすべて税抜)が1円となります。

続きを読む

携帯電話サービス「イオンモバイル」が月12GB以上の大容量プランを最大2千円値下げ!60歳以上向け新料金プラン「やさしいプランS.M.L.」も


イオンモバイルのシニア向け料金プランが拡充!利用状況に応じて選べるように

イオンリテールは27日、同社が移動通信体事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「イオンモバイル」( http://aeonmobile.jp )において月当たりの高速データ通信容量(以下、月間高速通信容量)が12GB以上の大容量プランの月額料金を2020年9月1日(火)より最大2,000円(金額はすべて税抜)値下げすると発表しています。

これにより、例えば、月間高速通信容量が50GBならそれぞれ2,000円値下げされ、データ50GBプランなら月額6,480円となります。また新たに月間高速通信容量が14GBの「音声14GBプラン」および「シェア音声14GBプラン」、「データ14GBプラン」の3種類を9月1日に新設するとのこと。

さらに新たに8種類の60歳以上限定の料金プラン「やさしいプランS.M.L.」を9月1日より提供すると発表しています。やさしいプランS.M.L.は下り最大速度を500Kbpsに制限することでよりリーズナブルに使える料金プランで、月間高速通信容量3GBで月額680円からとなっています。

やさしいプランS.M.L.の提供開始を記念して本州および四国のイオンモバイル取扱店(全161店舗)限定で「やさしいプランスペシャルサービスパックキャンペーン」が実施され、設定フルサポート「ゴールドパック」および初めてのスマホ向けサポート「スタートパック」を特別価格で2020年11月1日(日)まで提供します。

続きを読む

OCN モバイル ONEにてフルMVNOによるデータ通信専用SIMが提供開始!即日受渡カウンターはフルMVNOでないデータ通信専用SIMの申込継続


NTT ComがOCN モバイル ONEの個人向けフルMVNOを提供開始!

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は20日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」( https://www.ntt.com/personal/lp/af/ocn_mobile_set.html )においてフルMVNO基盤を採用したSIMカードの提供を2020年8月27日(木)11時(予定)より開始すると発表しています。

同社ではこれまでもフルMVNO基盤を採用したSIMカードを日本国外にて2019年4月から、日本国内では法人向けに2020年4月から提供してきましたが、今回、新たに個人向けにも提供開始しました。フルMVNO基盤にて提供される個人向けSIMカードは「データ通信専用SIM」および「SMS対応SIMカード」。

フルMVNO基盤におけるデータ通信専用SIM・SMS対応SIMカードの料金プランやサービス内容は従来と同じとなります。またフルMVNO基盤のデータ通信専用SIM・SMS対応SIMカードはOCN モバイル ONEの公式Webサイトなどから新規申込をした場合が対象で、即日受渡カウンターからの申込は対象外となります。

即日受渡カウンターでは今後もデータ通信専用SIM・SMS対応SIMカードについてもフルMVNO基盤ではないSIMカードの提供が継続される一方、それ以外についてはデータ通信専用SIM・SMS対応SIMカードはフルMVNO基盤でないSIMカードの申込は終了となっています。なお、フルMVNO基盤による「音声対応SIM」は現時点では提供されていません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。