S-MAX

格安SIM

楽天モバイルの絶対勝てない「AIじゃんけん」とはいったいなんだったのか?!勝率0.1%で勝ったら対象プランが1年間無料になるキャンペーンにチャレンジしてきた【レポート】


究極の勝率を誇るAIじゃんけんとは?楽天モバイルのキャンペーンに挑戦

楽天がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )において店舗向けキャンペーンの一環として「絶対勝てない!? AIじゃんけんにEndless Challengeキャンペーン」を開催した。

通話SIM契約後、AIじゃんけんに勝利すると月額基本料が1年間無料もしくは割引となるキャンペーンで、契約当日であれば勝つまでエンドレスでチャレンジできるところに楽天モバイルのTV CMのテーマである「Endless Challenge」と掛けているようだ。

これまで4月より九州や東北、関西、東海などの一部店舗で行われ、8月には楽天モバイル 銀座店をはじめとする関東地区でも開催した。今回は「楽天技術研究所」が開発したAIじゃんけんと、AIじゃんけんを取材させて頂いた楽天モバイル銀座店を紹介したいと思う。

続きを読む

きめ細かなデータのやりくりができる「データ前借り」や「端末補償サービス」を充実させたソニーの格安SIM「nuroモバイル」の新サービスを紹介【レポート】


nuroモバイルがデータ前借りや深夜限定でデータ容量を気にせず利用できるサービスなどを充実!

ソニーネットワークコミュニケーションズは1日、都内にてNTTドコモから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「nuroモバイル」( http://mobile.nuro.jp )のサービス強化の記者発表を行った。

登壇した同社モバイル事業部門 ビジネス開発部 部長の細井邦俊氏は今年2月にスタートした5時間定額プランや音声定額サービスを紹介して「本日は、お客様の声にお答えできていなかったもの(サービス)の充実」とその趣旨について説明を行った。

発表された新サービスは「データ前借り」や「10分かけ放題」、「時間定額 深夜割」、「オプション充実」といったなかなか独特な4つだ。今回はこれらの新サービスを含めてよりサービスが濃密となったnuroモバイルの新料金プランなどを紹介していく。

続きを読む

日本通信、SoftBankのSIMロックがかかったiPhoneで使える音声通話対応サービス「b-mobile S スマホ電話SIM」を8月9日に提供開始!1回5分までの通話無料含み、月1GBの月額2646円から


音声通話対応サービス「b-mobile S スマホ電話SIM」が8月9日にスタート!

日本通信は9日、SIMロックを解除することなくSoftBankのiPhoneシリーズで使える音声通話サービス付き格安SIM「b-mobile S スマホ電話SIM」を2017年8月16日(水)午前10時より提供開始すると発表しています。

同社ではこれまでソフトバンク回線を借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「b-mobile S」としてデータ通信のみに対応した「b-mobile S 開幕SIM」やプリペイドサービス「b-mobile S プリペイド」を提供してきましたが、ようやく音声通話に対応したサービスが提供されます。

利用料金は月当たり1GBまでの高速データ通信なら月額2,450円(すべて税別)で、通話料金は5分以内なら無料、5分超過後は10円/30秒となっており、月間高速データ量は1GB当たり月額350円で自動的に2GB・3GB・4GB・5GBと追加され、5GBの場合には月額3,850円となります。

この他、新たに「スマホ電話SIM【ソフトバンクiPhone専用】コールセンター」を開設し、初めて格安SIMを利用する場合にも安心できるようにSoftBankのiPhone専用のアドバイザーが対応するとのこと。なお、最低利用期間はなく、番号そのままでの他社から乗り換え(MNP)は2017年8月22日(火)午前10時より受付開始とのこと。

続きを読む

TSUTAYAスマホことトーンモバイルが新スマホ「TONE m17」や新サービスを発表!富士通製で防水・防塵・耐衝撃・おサイフケータイ・ワンセグに対応し、はじめてスマホ向け機能を拡充


ツタヤスマホの新製品「TONE m17」が発表!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは25日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」においてサービスの大幅アップデートおよび新しいスマートフォン(スマホ)「TONE m17」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

今回のアップデートは従来までのシニアおよびジュニア向け路線の延長として「はじめてのスマホ」をターゲットにしており、さらに30代を中心とした子育て世代のママたちのバイブルとして人気の女性誌「VERY」と共同開発したサービスの第1弾も発表しています。

新スマホのTONE m17は2017年8月1日(火)に発売され、価格は3万4800円(すべて税抜)。SIMフリースマホ「arrows M04」をベースにしてると見られ、約5インチHD(720×1280ドット)液晶などを搭載し、ハンドソープで洗える防水・防塵・耐衝撃のほか、おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグにも対応しています。

また発売に合わせて8月1日より同一名義で複数台同時契約をする場合を対象に基本プラン月額料金が6ヶ月無料になる「はじめてのスマホ」キャンペーン(10月1日まで)を実施し、さらに既存契約者を対象にTONE m17へ機種変更されると基本プラン月額料金が6ヶ月無料になる「機種変更キャンペーン」も実施します。

続きを読む

LINEモバイルが音楽配信サービス「LINE MUSIC」が月額810円になるオプションが提供開始!同時申込や既存利用者ならオプション料が最大2ヶ月無料+4ヶ月間月540円に


LINEモバイルにてLINE MUSICがお得になるオプションがスタート!

LINE Corp.の子会社であるLINEモバイルは9日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」を月額750円(すべて税抜)で利用可能な「LINE MUSICオプション」を提供開始したと発表しています。

通常、月額889円のLINE MUSICが月額750円で利用可能となるお得なオプションで、さらにLINE MOBILE回線契約時にLINE MUSICオプションを同時申し込みすると、月額750円のオプション料金が最大2ヶ月無料かつ4ヶ月間500円となる特典も用意されています。

また既存のLINE MOBILE利用者を対象に2017年8月31日(木)までにLINE MUSICオプションを申し込むと回線契約時に同時申し込みされた場合と同様に月額750円のオプション料金が最大2ヶ月間無料かつ4ヶ月間500円となる「LINE MUSICオプション加入者 全員割引キャンペーン」を実施します。

対象はキャンペーン期間内にマイページからLINE MUSICオプションを申し込んだ場合。キャンペーン適用終了後は月額750円となります。なお、月額500円の「LINEフリープラン」のデータSIMはLINE MUSICオプション対象外。

続きを読む

日本通信、SoftBankのSIMロックがかかったiPhoneやiPadで使える「b-mobile S プリペイド」を7月7日に発売!1GBと7GBの2つのパッケージと追加チャージが用意


ソフトバンク網のMVNOからプリペイドSIMカードが発売!

日本通信(以下、JCI)は6日、ソフトバンクから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「b-mobile S」においてプリペイドSIMカード「b-mobile S プリペイド」を2017年7月7日(金)に発売すると発表しています。

SIMロックされたiPad(Wi-Fi + Cellularモデル)などで利用でき、あらかじめデータ量が含まれたプリペイドタイプで、パッケージにはソフトバンクのネットワークに対応したSIMカードが入っています。

パッケージは1GB(有効期間:15日間)まで使える980円(すべて税別)と、7GB(有効期間:25日間)で2,980円の2種類があり、SIMカードはnanoSIMカード(4FF)およびmicroSIMカード(3FF)の2種類が用意されています。

続きを読む

終了間近!対象者の1年間基本料金が無料になるトーンモバイルの「はじめようスマホ」キャンペーンを紹介ーー子どもの次のターゲットはシニアに【レポート】


トーンモバイルの子どもとシニア世代をターゲットにしたキャンペーンがまもなく終了!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社トーンモバイルが仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「TONEモバイル」において19歳以下と50歳以上を対象とした基本プランが1年無料または端末代金を1万円値引きする「はじめようスマホ」キャンペーンを6月30日まで実施中だ。

TONEモバイルは、NTTドコモの回線を使用したMVNOで、インターネット使い放題(500~600Kbps程度)、通話基本料(IP電話)込み、月額基本料1,000円でサービスを提供している。

さらに、取り扱い製品は独自スマートフォン(スマホ)「TONE m15」の1機種のみで、リソースをシステムアップデートや機能追加、アフターサポートなどに重点を置く。

この製品は約5.5インチHD(720×1280ドット)ディスプレイ、OSはAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)、チップセット(SoC)に「MediaTek MT6735」、2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、背面1300万画素および前面500万画素カメラを搭載し、価格は29,800円。

大手携帯電話会社などが販売すうrハイスペックスマホのような尖った部分はないが、TONEモバイルはスマホやスマホで使える便利な機能を低価格で使いたいというユーザーをターゲットとしていると言える。

まもなく終了する子どもやシニア世代に向けた割引キャンペーンは、見守り機能などのサービスとあわせてることで、価格以上の価値を体験して貰うという狙いがあるのだろう。

今回は、5月26日に行われた「メディアラウンドテーブル」においてシニア層に向けたプロダクトアップデートについて紹介していく。

続きを読む

UQモバイルのリアル店舗「UQスポット秋葉原」がオープンしたので行ってみた!駅から徒歩2分の好立地でタッチ&トライの他にサービスの説明を受けることが可能【レポート】


駅チカなUQ mobileのリアル店舗が激戦区“秋葉原”にオープン!

UQコミュニケーションズがau回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile(UQモバイル)」。

先日開催された発表会「2017夏UQ発表会」でもリアル店舗の拡大に力を入れており、すでに64店舗をオープンさせ、2017年度内に120店舗まで拡大することを明らかにしていました。

そんな顧客に対面してサービスを提供するUQ mobileの販売ショップの新店舗「UQスポット秋葉原」が東京・秋葉原にて2017年6月8日(木)にオープンしました。さっそく訪問してみましたのでどういった立地・店舗なのか紹介したいと思います。

続きを読む

FREETELのプリペイドSIMの「SNS使い放題」や「VPN・テザリング課金対象」、「容量使い切ったらSNSも低速化」が本当か検証してみた【レポート】


shimajiro@mobiler

SIMフリーのスマートフォン(スマホ)などの製品や仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービスのブランド「FREETEL(フリーテル)」を展開しているプラスワン・マーケティング。同社が主に訪日向けに提供しているプリペイドSIM「FREETEL Prepaid Data SIM for Japan」を購入してみた。

主に訪日した人向けに提供されているものの、日本在住者でも購入・利用が可能で、FacebookやWhatsApp、Wechat、カカオトーク、LINEの主要なSNSサービスのうちの5つが「使い放題」であることが売りとなっている。

とはいえ、最近ではFREETELの製品やサービスに信頼が置けないのが現状で、実際に今回は購入して案内されている対象のSNSが使い放題であることなどが確かなのを確認してみたのでその検証結果を紹介する。

続きを読む

MVNOによる携帯電話サービス「mineo」の「紹介キャンペーン」で倍増期間が終了!新たに通常の紹介元・紹介先にそれぞれ千円分ギフト券プレゼントが8月末まで実施


mineoの紹介キャンペーンが通常モードで8月末まで実施!

ケイ・オプティコムは10日、同社がNTTドコモやauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )における「mineo紹介キャンペーン」を2017年5月10日(水)から8月31日(木)まで実施するとお知らせしています。

mineoの紹介キャンペーンは今年1月20日から5月9日まで通常の倍となる2,000円分のギフト券がもらえる「倍増!キャンペーン」を実施していましたが、これが終了して元の通常のキャンペーンが新たにスタートしています。

これまでと同様にmineoを紹介した人と紹介された人のそれぞれにギフト券1,000円分がプレゼントされます。紹介してもらってmineoに加入する場合、初期事務手数料が無料になるmineoエントリーパッケージが千円弱で販売されているため、実質初期事務手数料無料相当となります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。