S-MAX

楽天モバイル

総務省、5Gの周波数帯割当を決定!NTTドコモおよびau、ソフトバンク、楽天に3.7GHz帯や4.5GHz帯、28GHz帯をそれぞれ認可


日本の5Gがいよいよスタート!総務省が周波数帯割当を認可

総務省は10日、電波監理審議会を開催して「第5世代移動通信システム(以下、5G)」の導入のための特定基地局開設計画の認定について諮問したところ原案を適当とする旨の答申を受けたため、これを踏まえて条件を付した上でそれぞれの申請者の開設計画に対して周波数を指定して認定を行う予定だと発表しています。

これにより、3.7GHz帯(n77・n78)および4.5GHz帯(n79)においてはNTTドコモが3600〜3700MHzおよび4500〜4600MHzの2枠、KDDIおよび沖縄セルラー電話が3700〜3800MHzおよび4000〜4100MHzの2枠、ソフトバンクが3900〜4000MHzの1枠、楽天モバイルが3800〜3900MHzの1枠の各100MHz幅が割り当てられます。

またミリ波(mmWave)となる28GHz帯(n257・n258・n261)においてはNTTドコモが27.4〜27.8GHz、KDDIおよび沖縄セルラー電話が27.8〜28.2GHz、ソフトバンクが29.1〜29.5GHz、楽天モバイルが27.0〜27.4GHzのそれぞれ1枠の400MHz幅が割り当てられます。今後、各社では認可された周波数帯において2020年3月より順次、5Gサービスを提供することになります。

続きを読む

ファーウェイ、2万円台でAIカメラとしずく型ノッチのフルビューディスプレイを搭載したエントリー向けSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 3」を発表!2月1日発売で、MVNOではさらに割引も


低価格なSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 3」が登場!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は30日、事前の予告通りに新しい低価格なエントリー向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 3(型番:POT-LX2J)」(Huawei Technologies製)を発表しています。発売日は2019年2月1日(金)より順次で、価格はオープンながら希望小売価格が税抜26,880円(税込29,030円)。

販売拠点は仮想移動体通信事業者(MVNO)の「gooSimSeller」(NTTレゾナント)や「楽天モバイル」(楽天)、「mineo」(ケイ・オプティコム)、「エキサイトモバイル」(エキサイト)、「IIJmio」(インターネットイニシアティブ)、「DMMモバイル」(DMM.com)、「LINE mobile」(LINEモバイル)、「LinksMate」(LogicLinks)、「イオンモバイル」(イオンリテール)、「QTmobile」(QTnet)など。

このうちすでに楽天モバイルやエキサイトモバイル、mineoなどでは取り扱いおよび価格が案内されており、例えば、楽天モバイルではSIMカードとセットとなる新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更(店頭)では税別26,880円、機種変更(オンライン)では税別24,192円、エキサイトモバイルでは税抜23,400円、mineoでは税別24,000円となっています。

なお、ファーウェイ・ジャパンではHUAWEI nova lite 3の購入者限定特典としてで独自アプリストア「AppGallery」から「エレメンタルナイツ」をダウンロードした場合に1,500円相当のギフトコードを、「Cut the Rope」をダウンロードした場合に起動してから24時間すべてのステージを無料で遊べる権利と10,000コインを全員にプレゼントするということです。

続きを読む

シャープ、高コスパなスタンダードスマホ「AQUOS sense2」のSIMフリー版「SH-M08」を発表!12月27日発売で、価格は税別3万4880円。5.5インチFHD+液晶やS450、3GB RAM、FeliCa、防水・防塵など


SIMフリーの高コスパスマホ「SHARP AQUOS sense2 SH-M08」が登場!

シャープは20日、コストパフォーマンスの高いスタンダードモデル「AQUOS sense」シリーズの第2弾となる「AQUOS sense2」におけるSIMフリーモデル「AQUOS sense2 SH-M08」を発表しています。2018年12月27日(金)より順次発売され、価格は市場想定価格で税別34,880円(税込37,670円)となっています。

販路は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各所で、すでに予約受付を実施しており、量販店では税込37,670円の10%(3,767ポイント)還元となっているほか、MVNOでも楽天モバイルやBIGLOBEモバイル、IIJmioなどが取り扱いを発表して価格を案内しています。

続きを読む

オッポジャパン、最新フラッグシップスマホ「OPPO R17 Pro」と大容量電池搭載スマホ「OPPO AX7」を発表!SIMフリーで12月中旬発売。楽天などが取り扱い


SIMフリースマホ「OPPO R17 Pro」と「OPPO AX7」が日本で発売に!

オッポジャパンは26日、都内にて「新製品記者説明会」を開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「OPPO R17 Pro(型番;CPH1877)」およびコストパフォーマンスの高い大容量バッテリー搭載スマホ「OPPO AX7(型番:CPH1901)」(ともにOPPO Mobile Telecommunications製)を発売すると発表しています。

発売時期は両機種ともに2018年12月中旬を予定しており、価格は市場想定価格(税別)がOPPO R17 Proが69,880円、OPPO AX7は29,880円で、販路は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)とのことで、同社ではヨドバシカメラやヤマダ電機、ビックカメラグループ、ノジマ、Amazon.co.jp、楽天モバイル、IIJmioなどが挙げられています。

各販路ともにSIMフリー製品として販売され、すでに楽天モバイルでは取り扱いを発表して予約受付を開始しており、発売記念キャンペーンを実施しています。なお、楽天モバイルでも実際に発売となる発送時期は12月中旬となっており、OPPO R17 Proについてはオンラインと一部店舗でのみの取り扱いになるとしています。

楽天モバイルにおける価格はOPPO R17 ProがSIMカードとセットとなる新規契約および他社から乗り換え(MNP)で税別69,880円(税込75,470円)、機種変更(オンライン)で税別62,892円(税込67,923円)、OPPO AX7が新規契約・MNPで税別29,880円(税込32,270円)ながらキャンペーン価格税別19,880円(税込21,470円)、機種変更(オンライン)で税別26,892円(税込29,043円)。

続きを読む

LGエレクトロニクス・ジャパン、専用ペン内蔵のSIMフリースマホ「LG Q Stylus」を発表!楽天モバイルが12月7日に発売し、価格はキャンペーン割引で約3.5万円から


ペン内蔵のSIMフリースマホ「LG Q Stylus」が日本で発売!

LGエレクトロニクス・ジャパンは22日、専用ペンを内蔵したSIMフリースマートフォン(スマホ)「LG Q Stylus(型番:LM-Q710XM)」(LGエレクトロニクス製)を発売すると発表しています。同日、楽天は移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://mobile.rakuten.co.jp )においてLG Q Stylusを国内で先行販売するとのこと。

楽天モバイルのオンラインでは11月22日(木)10時からSIMカードとのセット販売および機種変更の受付を開始し、12月7日(金)から発送を開始します。また一部店舗では12月14日(金)から取り扱いを開始するということです。

価格は新規契約では一括払いで税別39,800円(税込42,984円)、分割払いで税込1,791円/月×24回(総額42,984円)、機種変更ではオンラインで税別35,820円(税込38,686円)、店舗で税別39,800円(税込42,984円)。

また発売を記念してLG Q Stylusが税別3,000円引きになる「LG Q Stylus発売記念キャンペーン」も実施します。期間はオンラインが2018年11月22日(木)10:00~2019年1月31日(木)9:59、店舗が2018年12月14日(金)~2019年1月30日(水)閉店まで。

これにより、価格が新規契約では一括払いで税別36,800円(税込39,744円)、分割払いで税込1,656円/月×24回(総額39,744円)、機種変更ではオンラインで税別32,820円(税込35,446円)、店舗で税別36,800円(税込39,744円)となります。なお、データSIM契約は対象外。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。