S-MAX

楽天モバイル

楽天モバイルがSIMフリースマホ「Galaxy A7」を単体販売含めて1万8700円に値下げ!Rakuten UN-LIMIT購入サポートなら1万5千ポイント還元


楽天モバイルがGalaxy A7を値下げ!Rakuten UN-LIMIT購入サポートキャンペーンでポイント還元

楽天モバイルが昨年10月から販売している楽天回線対応のエントリー向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「Galaxy A7(型番:SM-A750C)」(サムスン電子製)の本体価格を18,700円(金額はすべて税込)に値下げしています。

従来は34,650円で、楽天市場のセール「スーパーDEAL」にて50%ポイント還元などをしていましたが、本体価格そのものが割引などではなく値下げされたようで、楽天モバイルの楽天市場における単体購入可能なスマホ専門店でも18,700円になっています。

また楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )における正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」にて実施している「Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーン」の対象も継続されており、適用条件を満たせば15,000ポイントが還元されます。

なお、すでに紹介しているように「Rakuten Mini(型番:C330)」がRakuten UN-LIMITとセットで1円で販売されていますが、Rakuten Miniの1円販売は同時申込の必要があるものの、Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンはRakuten UN-LIMITの申込と購入は同じタイミングである必要ありません。

そのため、すでにRakuten UN-LIMITを契約している人も対象となります(無料サポータープログラムから移行した場合を除く)。ただし、楽天モバイルのサポートによると、Rakuten UN-LIMITの契約日が端末購入日の当月または前月とのこと。一方、Rakuten UN-LIMITの2回線目以降の契約も対象です。

続きを読む

eSIMやFeliCaに対応した小型スマホ「Rakuten Mini」が1円で販売!300万人までは1年間無料の楽天モバイルの正式プランとのセット申込で


楽天オリジナルスマホ「Rakuten Mini」が1円に!Rakuten UN-LIMITとセット申込でキャンペーン

楽天モバイルは27日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )においてオリジナルスマートフォン(スマホ)「Rakuten Mini(型番:C330)」を1円で販売するキャンペーンを実施するとお知らせしています。

条件は期間中に同社の正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」に新規契約や他社から乗り換え(MNP)で申し込み、または同社の仮想移動体通信事業者(MVNO)のサービス(ドコモ回線・au回線)から移行を申し込んだ場合となっており、セットでの申し込みが必須とのこと。

期間はWebでは2020年5月27日(水)9:00から6月17日(水)8:59まで、楽天モバイルショップでは6月16日(火)閉店まで。ただし、Rakuten UN-LIMITの300万人までは1年間の基本料金が無料になる「プラン料金1年間無料キャンペーン」の終了時点で終了となります。

なお、無料サポータープログラム「100GB無料プラン」からRakuten UN-LIMITへのプラン変更は対象外。その他の詳細な条件や注意事項はキャンペーンWebページ( https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/mini-discount/ )をご確認ください。なお、Rakuten Miniは本体価格が通常18,700円(税込)で販売されており、これまでは5,000円相当の還元が行われていました。

その他、楽天モバイルは「楽天モバイル 二子玉川店」と「楽天モバイル 渋谷公園通り店」をリニューアルして5月27日より通常営業を開始したと案内しており、二子玉川店は「楽天保険の総合窓口 二子玉川店」を併設し、 渋谷公園通り店は世界的デザイン会社であるピニンファリーナが店舗デザインを監修しているということです。

続きを読む

楽天回線対応のSIMフリースマホが6月3日まで最大40%ポイント還元!さらにSPUで最大+15倍。OPPO A5 2020やGalaxy Note10+など4機種


楽天回線対応スマホが最大40%ポイント還元になるスーパーDEALが実施中!単体購入可能

総合Webモール「楽天市場」( https://www.rakuten.co.jp )にて携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応した対象のスマートフォン(スマホ)が最大40%ポイント還元となる「スーパーDEAL」が2020年5月22日(金)10:00から6月3日(水)09:59まで開催されます。

スーパーDEALの楽天回線対応の対象製品は「OPPO A5 2020(型番:CPH1943)」および「arrows RX」、「AQUOS sense3 plus(型番:SH-RM11)」、「Galaxy Note10+(型番:SM-N975C)」の4機種。これまでと同じように製品単体での購入も可能となっており、楽天モバイルの販売する製品は購入時からSIMロックがかかっていないSIMフリーとなっています。

単体のみでの購入なので楽天モバイル以外で使うという人も検討してみてはいかがでしょうか。なお、スーパーDEALで購入した場合には楽天モバイルの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」の契約とセットで最大21,300ポイントが還元される「Rakuten UN-LIMIT対象製品購入でポイント還元キャンペーン」は対象外です。

続きを読む

楽天モバイルのMNOをSIMだけで契約したら楽天回線公式対応製品がなくて苦労した話……いろいろなスマホで試してみた【レポート】


正規対応モデルを推奨!楽天モバイルでスマホをセットで購入しなかったので苦労した話

これまでにも当ブログメディアにて紹介しているように楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)として携帯電話サービスの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」を4月8日に開始しました。自社回線のデータ通信は無制限を謳い、300万人までは契約から1年間は利用料が無料になるキャンペーンを実施しています。

現在、MNOとしての楽天モバイルは自社回線として利用可能な4G向けに割り当てられた周波数帯の1.7GHz帯(Band 3)のみで、かつまだこれから自社回線の提供エリアを増やしていこうという状態です。

そのため、楽天モバイルのサービスエリアはまだ限られた地域のみとなっていますが、楽天モバイルのMNOではローミングにてパートナー(au)回線が利用でき、このau回線エリアでは800MHz帯(Band 18)が利用されています。

なお、au回線エリアでは通話やSMS、データ通信、緊急速報メール(ETWS)が利用できますが、自社回線のデータ通信使い放題とは違い、高速データ通信容量は月当たり5GBまでとなっており、5GBを超えると最大1Mbpsに速度制限されます。

無制限かつ1年間無料という言葉にまんまと乗せられた筆者もすぐにRakuten UN-LIMITのSIMカードのみを申し込んだのですが、楽天モバイルの公式対応製品を持っておらず、普段の製品チョイスが独特すぎることもあり、予想外の苦労をするはめになったのでこれについて紹介しておこうと思います。

続きを読む

楽天モバイルが2021年3月時点で人口カバー率70%へ!基地局展開を前倒し。700万契約までは大きな赤字を想定


楽天の2020年度第1四半期決算説明会および戦略共有会が実施!

楽天は13日、オンラインにて「2020年度第1四半期決算説明会」および「戦略共有会」を実施し、2020年度第1四半期(Q1)は売上収益3,314億円(前年同期比+18.2%)およびNon-GAAP営業利益△181億円(前年同期比△1,361億円)の増収減益となったと発表しています。

特に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響について各事業ごとに影響を説明し、楽天グループとして多岐に渡る事業を展開していることによってプラスとマイナスがうまく相互に補完して安定した運営ができているとしています。

また4月8日にスタートした移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )の正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」の状況についても決算説明会でも多くの時間を使ったほか、戦略共有会でも説明が行われました。

その中で楽天 代表取締役会長兼社長および楽天モバイル 代表取締役会長兼CEOの三木谷浩史氏は「目標としては楽天モバイルの利用者が楽天市場や楽天カードなどを使うことで、実質的には無料期間が終わった後も携帯電話が無料で使えるということが実現できると思う」としました。

同氏はそういった認知が共有されていけば、楽天グループにおけるシナジーが高まってくるとして「今後は楽天モバイル向け特典なども考えていきたいと思っている」と語り、まだはじめたばかりなので楽天モバイルとのシナジーは早いと前置きしながらも「楽天エコシステム」の拡大に寄与が期待されると紹介しました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。