S-MAX

楽天モバイル

Googleの新スマホ「Pixel 4a」で楽天モバイルの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」を使ってみた!通話・SMS・データ通信ともOK【レポート】


SIMフリースマホ「Google Pixel 4a」で楽天モバイルのMNOが使えるかどうか試してみた!

既報通り、Googleは3日(現地時間)、新しい価格を抑えたスタンダードスマートフォン(スマホ)「Pixel 4a」を発表しました。日本では公式Webショップ「Google ストア」および携帯電話サービス「SoftBank」から日本向けにおサイフケータイに対応した「Pixel 4a(型番:G025M)」が2020年8月20日(木)に発売されます。

発売に先立ってGoogle ストアおよびソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などでは8月14日(金)より予約受付を開始します。価格(金額はすべて税込)はGoogle ストアでは42,900円、ソフトバンクオンラインショップでは49,680円となっています。

日本国内の通信事業者ではソフトバンクのみがPixel 4aを取り扱うと発表されており、NTTドコモやau、楽天モバイルでは販売されませんが、auではすでに紹介しているように相互接続性試験(IOT)をクリアしたIOT完了製品に追加しており、Google ストアで販売されるSIMフリー版およびSoftBankで販売される製品をSIMロック解除した場合にPixel 4aをauやau回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)を公式に利用できます。

NTTドコモでは現時点でPixel 4aをIOT完了製品に追加していませんが、これまで通り、問題なく利用できると思われますが、一方で楽天モバイルはPixel 4シリーズを「楽天回線対応製品」に追加して利用できるようになっているものの、Pixel 3シリーズやPixel 3aシリーズはきちんと使えない状態となっています。

そこで、本記事ではPixel 4aをグーグル(以下、Google Japan)にお借りできたので、実際に楽天モバイルが使えるかどうか試してみましたので紹介します。なお、試したのは楽天モバイルの正式サービス「Rakuten UN-LIMIT」のnanoSIMカード(4FF)で、結論としてはPixel 4シリーズと同様に「使えた」ため、恐らく近いうちに楽天回線対応製品に追加されるのではないかと思われます。

続きを読む

未発表の楽天モバイル向けと見られるZTE製5G対応スマホ「ZR01」がBluetooth SIGを通過!5Gサービスは9月以降に提供開始予定


楽天モバイル向けと見られる5Gスマホ「ZR01」が準備中!写真はau向け「ZTE a1」

Bluetooth認証機関のBluetooth SIGは31日(現地時間)、未発表のZTE製「ZR01」が認証通過したとして情報を公開しています。Declaration IDは「D050889」、QDIDは「150828」で、Bluetoothのバージョンは5.1となっています。

詳細は不明ながらDesign Descriptionは「NR/LTE/WCDMA Multi-Mode Digital Mobile Phone」となっており、5G NR方式や4G LTE方式、3G W-CDMA方式に対応したスマートフォン(スマホ)となると見られます。

またSoftware Version Numberが「RMI_JP_ZR01_V3.0」となっており、RMIは「楽天モバイル」の英語表記「Rakuten Mobile, Inc.」の略称であることから楽天モバイル向けになると推測でき、すでに販売されているシャープ製5G対応フラッグシップスマホ「AQUOS R5G(型番:SH-RM14)」に続いて楽天モバイルから5Gスマホが発売されることになりそうです。

続きを読む

楽天回線対応のSIMフリースマホが8月2日10時から最大40%ポイント還元!さらにSPUで最大+15倍。OPPO Reno AやGalaxy S10・Note10+など


楽天回線対応スマホが最大40%ポイント還元になるスーパーDEALが実施!単体購入可能

総合Webモール「楽天市場」( https://www.rakuten.co.jp )にて携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応した対象のスマートフォン(スマホ)が最大40%ポイント還元となる「スーパーDEAL」が2020年8月2日(日)10:00から8月9日(日)09:59まで開催されます。

スーパーDEALの楽天回線対応の対象製品は「OPPO Reno A 128GB(型番:CPH1983)」および「AQUOS sense3 plus(型番:SH-RM11)」、「Xperia Ace(型番:J3173)」、「arrows RX」、「Galaxy S10(型番:SM-G973C)」、「Galaxy Note10+(型番:SM-N975C)」の6機種。

これまでにも何度となく開催されてきた楽天モバイル対応スマホのスーパーDEALですが、今回は新たにOPPO Reno A 128GBのポイント還元率が従来の20%から30%に増加していおり、よりお得になっています。

Rakuten UN-LIMITに申し込むのであればキャンペーンでポイント還元によって実質0円以下となる「OPPO A5 2020」や実質700円となる「Galaxy A7」がお得ではありますが、OPPO Reno Aなどはおサイフケータイ(FeliCa)や防水などに対応していて人気なのでこちらが良いという人には良さそうです。

なお、スーパーDEALで購入した場合には楽天モバイルの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」の契約とセットで最大15,000ポイントが還元される「Rakuten UN-LIMIT対象製品+プランセット購入サポートキャンペーン」や「夏のスマホ大特価キャンペーン」は対象外です。

また同様に製品単体での購入も可能となっており、楽天モバイルの販売する製品は購入時からSIMロックがかかっていないSIMフリーとなっています。単体のみでの購入なので楽天モバイル以外で使うという人も検討してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:店舗を捨てられるか捨てられないか。ウィズコロナ時代の店舗運営とテクノロジー企業の在り方を考える【コラム】


テクノロジー企業と店舗運営について考えてみた!

Microsoftは6月26日(現地時間)、直営の実店舗をすべて閉鎖し小売事業はオンラインに集約するという発表を行いました。実際には極一部の旗艦店舗のみ残りますが、それらも商品の販売ではなくユーザーサポートや商品レクチャーを中心としたエクスペリエンスセンターに切り替えていく方針です。

新型コロナウイルス感染症問題(コロナ禍)によって、人々の生活だけではなく店舗運営を伴う実体経済にも徐々に影響が出始めています。またすでに紹介しているように日本国内でもASUSが赤坂の旗艦店舗「ASUS Store AKASAKA」の閉鎖を発表するなど、テクノロジー分野での店舗運営からの撤退が相次いでいます。

ウィズコロナ、ポストコロナの時代における店舗営業とは一体どういったものにすべきなのか。またテクノロジー企業(とくに通信関連企業)にとっての店舗営業の難しさとは何なのか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は店舗運営とテクノロジー企業の関係性について考えます。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:揺れる衛星通信の天秤。安定した通信手段として期待される衛星通信が抱えるメリットとデメリットとは【コラム】


衛星通信のメリットとデメリットについて考えてみた!

新型コロナウイルス感染症問題(コロナ禍)が日本でも深刻化しパニック状態に陥りつつあった今年3月末、米国のとあるベンチャー企業が経営破綻しました。その企業の名前は「OneWeb」。ソフトバンクグループが出資していた衛星通信会社です。

ソフトバンクグループはビジョンファンドへの投資に失敗し、2020年3月期決算で1兆4000億円もの巨額赤字を計上しましたが、OneWebもまたその失敗した企業の1つです。ベンチャー企業への投資に失敗はつきものであるとは言え、ソフトバンクが衛星通信事業に期待していた部分は大きく、今後の戦略にも大きく影響するものでした。

人工衛星や成層圏飛空船を用いた通信技術は、日本のみならず世界中の通信業界が注目し研究・開発を進めている分野です。日本では前述のOneWeb以外にも、楽天モバイルが米国AST&Science(AST)と提携し衛星通信の国内運用を計画しています。

しかし、そのサービス開始への道のりは非常に険しく、理想には程遠いのが現状です。衛星を用いた通信回線の運用にはどのようなメリットがあり、またどのような課題があるのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は衛星通信の現在を解説しつつ、メリットとデメリットについて考察します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。