S-MAX

沖縄セルラー

KDDI、au向け最新フラッグシップスマホ「AQUOS R3 SHV44」を5月25日に発売!価格は本体代9万9360円の実質5万7456円から。2万円OFFや最大2万5千円CBのキャンペーンも


au向けスマホ「AQUOS R3 SHV44」が5月25日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は20日、今夏以降に発売予定の携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」のうちのデュアルノッチやツインカメラなどを採用した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3 SHV44」(シャープ製)を2019年5月25日(土)に発売すると発表しています。

すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は本体価格99,360円の実質負担額57,456円からとなっています。

なお、発売を記念してAQUOS R3 SHV44を購入して専用Webページ( http://k-tai.sharp.co.jp/campaign/r3cp/au/ )にて応募するとau WALLET残高へキャッシュバックされる「AQUOS R3ご購入キャンペーン」が実施され、購入・応募だけだと5,000円、予約・購入・応募で10,000円のほか、抽選で100人に15,000円が還元されます(ともに非課税)。

期間は予約は発売日前日まで、購入は6月30日(日)まで、応募は7月7日(日)まで、還元時期は2019年8月上旬以降を予定。購入は新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更のすべてのオーダーが対象。ただし、応募は1回線に付き1回限りで、キャッシュバックされるまでに回線を解約したり一時休止した場合は対象外となるということです。

さらに「AQUOS R3デビューキャンペーン」として6月30日までに「新auピタットプラン」または「auピタットプラン」、「auフラットプラン」で2年契約またはスマイルハード割引に加入して購入した場合に機種変更または端末増設で最新購入機種の利用期間が12カ月目以上なら本体価格から2万円(税抜)を割り引くということです。

続きを読む

au向けのコストパフォーマンスに優れたスマホ「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」を写真と動画で紹介!128GBの内部ストレージに4GB RAM、トリプルカメラなど【レポート】


au向けの高コスパスマホ「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」が今月下旬に発売予定!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、au向け「2019年夏モデル」を発表し、トリプルカメラや128GBの大容量内部ストレージ(ROM)、3340mAhの大容量バッテリーを搭載したコストパフォーマンスに優れたスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」(Huawei Technologies製)を5月下旬に発売する。

同日、都内では報道陣向けの「au 発表会 2019 Summer」を開催。会場で実機を試すことができたので、レポートする。なお、今回発表された各機種とも、発売に先立ってauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付を開始する予定。

価格は現時点では未定で、後日案内されるとのこと。華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)では「HUAWEI P30 lite Premium 発売記念! キャッシュバックキャンペーン」を実施する予定。

続きを読む

au向け圧倒的なタフネススマホ「TORQUE G04」が発表!8月下旬以降発売。5インチFHD液晶やS660、4GB RAM、2940mAh、FeliCa、ワイヤレス充電、デュアルカメラなど


auから最新タフネススマホ「TORQUE G04」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、都内にて「au発表会 2019 Summer」を開催し、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」としてタフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G04」(京セラ製)を発表しています。

タフネスモデル「TORQUE」シリーズの最新スマホで、2017年6月に発売された同シリーズのスマホ「TORQUE G03」の後継機としておよそ2年ぶりに投入されます。キャッチコピーは「圧倒的な強さのために。堅牢性・耐久性へのあくなき挑戦。」となっており、引き続いてさまざまな耐久試験をクリアし、チップセット(SoC)や内蔵メモリー(RAM)などの基本性能が強化されています。

発売時期は8月下旬以降を予定しており、発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて5月14日(火)より事前予約受付が実施される予定です。なお、価格は現時点では未定で、後日案内するとのこと。

続きを読む

au向け安心スマホ「AQUOS sense2 かんたん SHV43」が発表!6月中旬以降発売。かんたんホームやはっきりビューなどで初心者でも分かりやすく使いやすい


au向け高コスパスマホ「AQUOS sense2 SHV43」がかんたんモデルに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、都内にて「au発表会 2019 Summer」を開催し、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」としてスマートフォン(スマホ)が初めてでも分かりやすく簡単・安心に使えるエントリー向けスマホ「AQUOS sense2 かんたん SHV43」(シャープ製)を発表しています。

昨年11月に発売された「AQUOS sense2 SHV43」とハードウェアは共通で、大きなアイコンの「AQUOSかんたんホーム」、画面の明るさやコントラストを調整して文字や写真を見やすくする「はっきりビュー」、大きく読みやすい文字サイズへの変更、文字入力キーボードを見やすくする「S-Shoin一括シンプル切替」の4つの機能がプリセットされています。

発売時期は6月中旬以降を予定しており、発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて5月14日(火)より事前予約受付が実施される予定です。価格(税込)は詳細にまとめていますが、本体価格25,560円の実質負担額20,556円からとなっています。

続きを読む

au向けフラッグシップスマホ「Xperia 1 SOV40」を発表!6月中旬以降発売。シネマワイドディスプレイやトリプルカメラに加え、FeliCaやフルセグ、1Gbpsに対応


auからもソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia 1」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、都内にて「au発表会 2019 Summer」を開催し、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」としてシネマワイドディスプレイやトリプルカメラなどを搭載したソニーの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 SOV40」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

今年2月に発表されたソニーブランドの最新フラッグシップスマホ「Xperia 1」のau版で、ここ数年で主流になった縦長画面をさらに伸ばして映画のスクリーンと同じアスペクト比2.35:1(21.5:9)としたシネマワイドディスプレイやトリプルリアカメラなどを搭載し、ソニーの技術を結集した渾身のハイエンドモデルです。

au版ではすでに先行して発表されているSoftBank版と同様に日本市場向けにおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグに対応している一方、内蔵ストレージが128GBから64GBに、バッテリー容量も3330mAhから3200mAhに変更されています。なお、SoftBank版ではグレーがありませんが、auでは本体カラーがパープルおよびブラック、ホワイト、グレーの4色展開となっています。

発売時期は6月中旬以降を予定しており、発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて5月14日(火)より事前予約受付が実施される予定です。価格(税込)は詳細にまとめていますが、本体価格112,320円の実質負担額63,936円からとなっています。

その他、Xperia 1 SOV40を予約・購入して専用Webページ( https://www.au.com/mobile/campaign/sov40-cb/ )にて応募するともれなくau WALLET残高へ5,000円(非課税)がキャッシュバックされる「Xperia 1予約キャンペーン」が実施されます。

期間は予約は発売日前日まで、購入は7月31日(水)までで、キャッシュバック時期は8月下旬以降を予定。購入は新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更のすべてのオーダーが対象。ただし、応募は1回線に付き1回限りで、キャッシュバックされるまでに回線を解約したり一時休止した場合は対象外となるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。