S-MAX

沖縄セルラー

KDDI、データ容量上限なしのau向け料金プラン「auデータMAXプランPro」を1500円値下げして月額4480円からに!テザリング時の制限も30GBまでに緩和


auデータMAXプランProが2月利用分から値下げ!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は17日、携帯電話サービス「au」における月間データ容量上限のないスマートフォン(スマホ)など向け「auデータMAXプランPro」の利用料金を2020年2月1日(土)より月額1,500円値下げすると発表しています(金額はすべて税別)。

これにより、通常9,150円/月だったauデータMAXプランProが通常7,650円/月となり、2年契約Nで月額170円OFF、家族割プラスで2人なら月額500円OFF、3人なら月額1,000円OFF、auスマートバリューで月額1,000円OFF、スマホ応援割プラスで月額1,000円OFF(申込翌月から6カ月間)によって4,480円/月からとなります。

また「auの学割」をauデータMAXプランProで加入すれば、さらに月額1,000円OFFとなって3,480円/月から使えます。さらにauデータMAXプランProにおける「テザリング」や「データシェア」、「国際ローミング通信」を利用する場合の月間データ容量上限を10GB増量して30GBとするとのこと。

なお、また月間データ容量に上限がなく動画配信サービス「Netflix」の「ベーシックプラン(通常800円/月)」がセットで月額4,880円から利用できる「auデータMAXプラン Netflixパック」も引き続き提供するということです。

続きを読む

KDDI、au向け4G LTEケータイやジュニアケータイ、ルーターの2年契約Nに対応した新料金プランを発表!12月26日より提供開始し、既存プランは新規申込終了に


auの4G LTEケータイやルーターなど向け新料金プランが12月26日より提供開始!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は23日、携帯電話サービス「au」における4G LTEケータイおよびジュニアケータイ、ルーター向けによりシンプルで分かりやすい新料金プランの提供を2019年12月26日(木)より開始すると発表しています。

4G LTEケータイ向けには月額1,200円(金額はすべて税別)で100MBのデータ容量がセットとなった「ケータイシンプルプラン」、通話やデータ通信を多く使う人向けに月額2,980円で通話定額と1GBのデータ容量がセットとなった「ケータイカケホプラン」が提供されます。

また従量制のデータ通信オプション「ダブル定額(ケータイ)」を利用できる「VKプランS(N)」(1,100円分の無料通話込み)と「VKプランM(N)」(2,600円分の無料通話込み)も提供され、それぞれ月額1,798円~5,498円および月額2,420円~6,120円となっています。

月額500円のジュニアケータイ「mamorino5」および「mamorino4」向け「ジュニアケータイプランN」や月額998円のmamorino Watch向け「mamorino WatchプランN」、Wi-Fiルーター向けに月額4,292円でWiMAX 2+によるデータ通信の月間データ容量に上限がない「モバイルルータープラン」および「ホームルータープラン」が提供されます。

各料金プランともに2年契約における解除料が更新期間以外では1,000円となる「2年契約N」に対応しており、上記の月額利用料は2年契約N適用時となります。なお、今回の新料金プランの提供開始に伴って一部料金プラン・データ定額サービスの新規受付を2019年12月25日(水)をもって終了するということです。

続きを読む

KDDI、解除料1000円のau向け「2年契約N」に対応した料金プラン「タブレットデータシェアプラン」と「タブレットプラン20」を発表!11月1日より提供開始


auのタブレット向け料金プランも2年契約Nに対応!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は28日、携帯電話サービス「au」においてタブレット向けの新しいデータ通信料金プラン「タブレットデータシェアプラン」および「タブレットプラン20」を2019年11月1日(金)より提供開始すると発表しています。

これらの新料金プランでは2年契約サービス「2年契約N」に加入すれば、スマートフォン(スマホ)のデータ容量を共有するタブレットデータシェアプランが月額1,000円(金額はすべて税抜)から、月当たりの高速データ通信容量を20GBまで利用できるタブレットプラン20が月額4,500円からとなります。

なお、新料金プランの提供開始に伴って10月31日(木)にてタブレットプランds(3年契約)およびタブレットプランds(3年契約/L)、タブレットプランds(2年契約)、タブレットプランds(2年契約/L)、LTEフラット for Tab、LTEフラット for Tab(i)、LTEフラット for Tab(L)の新規受付を終了します。

続きを読む

シャープの新スタンダードスマホ「AQUOS sense3」の発売日が決定!NTTドコモ向け「SH-02M」は11月1日、au向け「SHV45」は11月2日


AQUOS sense3はdocomoから11月1日、auから11月2日に発売!

シャープが今年9月に発表した新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense3」がいよいよ販売開始されます。NTTドコモは28日、今冬および来春に発売する「2019-2020冬春モデル」のうちの「AQUOS sense3 SH-02M」を2019年11月1日(金)に発売する、KDDIおよび沖縄セルラー電話は28日、携帯電話サービス「au」にて今秋冬に発売する「2019年秋冬モデル」のうちの「AQUOS sense3 SHV45」を2019年11月2日(土)に発売するとそれぞれ発表しています。

すでに両機種ともにドコモショップやauショップ、量販店などの各取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」などにて予約受付を実施しており、価格(金額はすべて税込)も以前に紹介しているように直営店や公式Webストアでは、NTTドコモ向けのAQUOS sense3 SH-02Mが31,680円、au向けのAQUOS sense3 SHV45が36,720円となっています。

なお、NTTドコモの「スマホおかえしプログラム」やauの「アップグレードプログラムNX」はともに対象外。ドコモオンラインショップにおける購入手続きは2019年10月29日(火)15:00からで、お届けは発売日以降順次。その他、AQUOS sense3 SH-02Mを購入した人すべてに「AQUOS sense3 使いこなしガイド」をプレゼントする購入キャンペーンを実施します(なくなり次第終了)。

続きを読む

au向け「Galaxy A20 SCV46」および「AQUOS sense3 SHV45」、「AQUOS sense3 plus サウンド SHV46」の価格を紹介!アップグレードプログラムNXは未定


auのGalaxy A20やAQUOS sense3、AQUOS sense3 plus サウンドの価格をチェック!

KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向け「2019年秋冬モデル」として発売する予定のAndroidスマートフォン(スマホ)「Galaxy A20 SCV46」および「AQUOS sense3 SHV45」、「AQUOS sense3 plus サウンド SHV46」の価格を案内していますので紹介したいと思います。

価格(税込)は公式Webストア「au Online Shop」および直営店におけるもので、10月に発売予定となっているGalaxy A20 SCV46については「アップグレードプログラムDX」の対象となっており、10月中に48回払いで購入し、25ヶ月目以降に返却して次の製品を購入すれば最大24回分の割賦金が免除されます。

一方、11月1日以降はアップグレードプログラムDXは新規加入ができなくなり、新たに36回いで購入して13ヶ月目以降に返却すると最大12回分の割賦金が免除される「アップグレードプログラムNX」が提供開始されますが、現時点でこれら3製品を含めてアップグレードプログラムNXの対象機種はiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11以外は決まっておらず、対象となるかどうかは未定となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。