S-MAX

無線LAN

Wi2、次世代規格「Wi-Fi 6」(IEEE802.11ax)による無料公衆無線LANサービスの実店舗におけるフィールドテストを開始!東京・目黒にあるDEAN & DELUCAカフェ


Wi2とラッカスネットワークスがWi-Fi 6の実店舗におけるフィールドテストを実施!

ワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)とコムスコープ傘下のラッカスネットワークスは25日、次世代無線LAN(Wi-Fi)規格「Wi-Fi 6」(IEEE802.11ax準拠)のスムーズなサービス展開に向けて国内初となる無料公衆無線LANサービス(いわゆる「フリーWi-Fi」)の実店舗環境でのフィールドテストを2019年9月25日(水)より開始すると発表しています。

Wi-Fi 6は今後さらに増加が見込まれる大容量通信によるネットワークの負担を高速化とパフォーマンスの向上で対応し、多くのユーザーによる同時接続時にもストレスのない高速通信を可能にし、9月20日に発売されたApple製スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」シリーズも対応しています。

フリーWi-Fiのニーズが高いカフェなどの飲食店はピーク時間帯に利用が集中し、多様な製品による同時接続環境となっているため、フィールドテストではこのような状況下でのWi-Fi 6の最適なチューニングと検証を目的に東京都目黒区にある「DEAN & DELUCA カフェ 東京音楽大学 中目黒・代官山キャンパス」の実店舗にて実施します。

フィールドテストの実施によって検証結果を既存の公衆無線LANサービスに反映させ、対応製品の普及に伴って需要が高まるWi-Fi 6をいち早く安定的に提供できる環境整備を進めていき、両社は環境変化や技術進化に柔軟に対応して常に最適かつ快適な通信環境をいち早く提供できるようサービスの磨き上げを協力していくということです。

続きを読む

新スマホ「iPhone 11 Pro Max」で新機能の「Wi-Fi 6」やiOS 13で対応した無線LANのセキュリティー規格「WPA3」を試してみた【レビュー】


新型スマホ「iPhone 11」シリーズでWi-Fi 6やWPA3といった無線LANの新機能を試す!

既報通り、Appleから発表された最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」が9月20日に発売された。筆者もいち早く発売日にau版「iPhone 11 Pro Max」のミッドナイトグリーンを購入した。

さらにこのau回線はそれまで「iPhone 7 Plus」で使用しており、過去にSIMロック解除を行っていたので「SIMロック解除対象機種の条件」のうちの「対象回線におけるSIMロック解除実績があり、前回のSIMロック解除受付日から101日目以降の場合」に該当したため、購入直後にSIMロック解除を行うことができた。詳しくは、SIMロック解除のお手続き( https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/ )に記載されている。

さて、これらのiPhone 11シリーズだが、一番の話題はその見た目も含めたトリプルレンズカメラ(iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Max)やデュアルレンズカメラ(iPhone 11)といったカメラ周りなどであるが、一方でこちらの記事でも紹介されているように新たに無線LAN(Wi-Fi)の新規格である「Wi-Fi 6」ことIEEE802.11axに対応した。

また既存のiPhoneシリーズにおいても日本時間の9月20日未明にリリースされた最新プラットフォーム「iOS 13」によってWi-Fiのセキュリティー・暗号化の規格「WPA3」をサポートしている。そこで今回は、実際にこれらのWi-Fi 6やWPA3をiPhone 11 Pro Maxを使って試してみたのでその模様を紹介する。

続きを読む

Wi-Fi Allianceが次世代のセキュリティー規格「WPA3」を発表!従来のWPA2との互換モードも搭載し、ネットワークをより安全・簡単に利用できる仕組みへ【レポート】


Wi-Fiアライアンスが次世代セキュリティー規格「WPA3」を発表!

Wi-Fi Allianceは6月28日、都内にてWi-Fi技術のセキュリティー新規格「WPA3」の記者発表会を開催しました。世界に広く普及している無線規格であるWi-Fiではこれまで10年以上にわたりセキュリティー規格として「WPA2」が採用されてきましたが、WPA3はその後継規格となります。

WPA3はWPA2と比較してセキュリティー認証の簡素化や柔軟性・応用性に富んだ認証、より強固な暗号化技術、そして万が一パスワードが漏洩した場合でも将来にわたってデータトラフィックを保護する高い機密性の提供など、多くの点で進化・追加が行われています。

このほか、IoTデバイスのようなディスプレイを持たないWi-Fi機器を対象とした認証システム「Wi-Fi Easy Connect」やオープンネットワークにおけるデータ保護を目的とした「Wi-Fi CENTIFIED Enhanced Open」など、複数の規格が発表されました。

続きを読む

JR東日本、東北新幹線の車両内無料Wi-Fiサービスを2018年5月24日に提供開始!まずはE5系1編成で、SSIDは「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」。その他の車両でも順次導入予定


東北新幹線の車内フリーWi-Fiが5月24日にスタート!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は23日、同社が運行する「東北新幹線」の一部車両において無料の公衆無線LANサービス(いわゆる「フリーWi-Fi」)を2018年5月24日(木)に提供開始する予定だと発表しています。まずはE5系1編成で導入されます。

同社では今年2月に東北新幹線および「北陸新幹線」、「秋田新幹線」において車両内フリーWi-Fiを5月から提供開始すると発表していましたが、正式に詳細な開始日が案内されました。

なお、JR東日本ではさらに「上越新幹線」で2018年夏頃から、「山形新幹線」で2018年度から、「スーパーあずさ」で2018年12月からそれぞれ一部車両にて車両内フリーWi-Fiを導入する計画で、これらの車両についても順次開始していく予定です。

続きを読む

フリーWi-Fiなどから危険なサービスがなくなる?セキュアでシームレスな接続規格「Passpoint」の普及への道を探る「第10回セキュア公衆無線LANローミング研究会」が開催【レポート】


公衆無線LANサービスの現状と今後とは!?

セキュア公衆無線LANローミング研究会は7日、都内にてセキュアな公衆無線LANサービスについてのBoF会議「第10回セキュア公衆無線LANローミング研究会」を開催しました。

会議には札幌学院大学の原田寛之氏や東北大学准教授の後藤英昭氏をはじめ、グローバルサイト代表取締役の山口潤氏、Local24 CEOの廣瀬丈矩氏、アイ・オー・データの乙村雅彦氏、ネクステック代表取締役社長の大石憲且氏、日本テレマティークの佐藤誠裕氏および藁科公義氏など、業界に関連する教育機関および企業が一同に介し、公衆無線LANの現状や今後について意見を交わしました。

日本では4Gに代表される広域移動体通信の普及が進み、公衆無線LANはその補完的役割としての利用が続いてきたことから、これまでも業界的なセキュリティー意識の低さが問題視されてきましたが、近年のインバウンド(外国人旅行者)需要の増加や2020年の東京オリンピック需要を踏まえ、本格的なセキュリティー対策が必要な時期が来ています。

現在公衆無線LANにおいて注目を集める技術は「Passpoint」と呼ばれる技術です。本会議もこのPasspointの利用や普及に焦点が当てられた議論が行われ、今後日本でどのような公衆無線LAN運用が理想であるのかが語られました。本記事では会議の様子とともに現在の公衆無線LANが持つセキュリティー的な問題点やPasspointについての具体的に解説します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。