S-MAX

華為技術日本

国内初の3.5GHz帯対応で下り最大370Mbpsに!NTTドコモ向け大容量バッテリー搭載モバイルルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」を写真でチェック【レポート】


NTTドコモの下り最大370Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」を写真で紹介!

既報通り、NTTドコモ(以下ドコモ)は11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏新サービス・新商品」を開催し、下り最大通信速度が370Mbpsと高速なHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」(以下、HW-01H)を発表しました。

発売時期は2016年6月頃を予定しており、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始され、価格は二年間利用した場合の実質負担額で新規契約・機種変更で1万円台前半となる見込です。

モバイルWi-Fiルーターとしてドコモが今夏よりサービス開始する3.5GHz帯でのTD-LTE方式に国内で初めて対応し、複数の周波数帯をキャリアアグリゲーション(CA)で束ねる高速通信サービス「PREMIUM 4G」では3波の3CC CAで下り最大370Mbpsによる高速通信が可能となっています。

そこで今回は、発表会のタッチ&トライコーナーにて展示されていたWi-Fi STATION HW-01Hの試作機による本体各部や特徴、筆者として気に入った点や注目したい点を中心に写真で紹介していきます。なお、製品のスペックなどについてはすでに公開している「NTTドコモ、3波CAの「PREMIUM 4G」で下り最大370Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」を発表!初の3.5MHz帯TD-LTEに対応 - S-MAX」も参照してください。

続きを読む

NTTドコモ、3波CAの「PREMIUM 4G」で下り最大370Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」を発表!初の3.5MHz帯TD-LTEに対応


NTTドコモがモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」を発表!

NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏新サービス・新商品」を開催し、初の3.5GHz帯(Band 42)によるTD-LTE方式や次世代通信規格「LTE-Advanced」の技術要素である「キャリアアグリゲーション(CA)」の3波を束ねる3CCに対応し、下り最大370Mbpsによる高速通信が利用できるHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製モバイルWi-FIルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」を発表しています。

発売時期は2016年6月下旬を予定しており、本日5月11日(水)10時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格は実質負担額で新規契約・機種変更で1万円台前半の見込み。

下り最大370Mbpsは3.5GHz帯のTD-LTE方式で20MHz幅の下り最大110Mbpsが2波(20MHz×2)と1.7GHz帯(Band 3)のFDD-LTE方式で20MHz幅の下り最大150Mbpsを合わせて実現し、NTTドコモでは初のTD-LTE方式の提供となります。なお、1.7GHz帯を利用するため、エリアは東名阪のみ。

その他、モバイルバッテリーとして他のスマートフォン(スマホ)などの機器を充電できるモバイルチャージャー機能に対応し、4750mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

続きを読む

NTTドコモ向けファーウェイ製モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」がFCC通過!3.5GHz帯TD-LTEに対応ーー夏モデルとして5月11日に発表か


NTTドコモ向けファーウェイ製モバイルWi-Fiルーター「HW-01H」がFCC通過!写真は「Wi-Fi STATION HW-02G」

米連邦通信委員会(FCC)は9日(現地時間)、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)製モバイルWi-Fiルーター「HW-01H」が通過したことを公開しています。NTTドコモの型番ルールに沿っており、公開された資料内にあるラベルにも「NTTドコモ」と記載されています。

恐らく明日5月11日11時より開催される「2016年夏 新サービス・新商品発表会」として正式発表されると見られ、これまでのNTTドコモのモバイルWi-Fiルーターから考えると「Wi-Fi STATION HW-01H」となると予想されます。

NTTドコモ向けのファーウェイ製モバイルWi-Fiルーターとしては2014-2015年冬春モデルとして2015年2月に発売された「Wi-Fi STATION HW-02G」の後継機種になり、新たにTD-LTE方式の3.5GHz帯に対応し、PREMIUM 4Gで高速通信が可能になるものと思われます。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 506HW」を4月27日に発売!持ち運びやすいシリーズ最軽量75g


Y!mobile向けの新しいモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 506HW」の発売日が決定!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は20日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の新商品として約75gの軽量なモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 506HW」(Huawei Technologies製)を2016年4月27日(水)に発売すると発表しています。

価格は本体価格(税込)が一括41,400円(分割1,150円/月×36回)で、発売に合わせてPocket WiFi 506HW向けの新料金プランとして3年間月額2,480円(税抜)で月間データ通信量5GBの高速データ通信を利用できる「Pocket WiFiプラン2 ライト」を提供開始します。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 506HW」を発表!シリーズ最軽量75gで持ち運びやすく――4月下旬以降に発売予定


Y!mobile向けの新しいモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 506HW」が発表!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は7日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の新商品として約75gの軽量なモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 506HW」(Huawei Technologies製)を2016年4月下旬以降に発売すると発表しています。

また、発売に合わせてPocket WiFi 506HW向けの新料金プランとして3年間月額2,480円(税抜)で月間データ通信量5GBの高速データ通信を利用できる「Pocket WiFiプラン2 ライト」を提供開始します。

続きを読む

ファーウェイ、1万5980円と低価格なSIMフリーのAndroidスマホ「HUAWEI Y6」を4月15日に発売!5インチHD液晶やSnapdragon 210、1GB RAMなど


ファーウェイが1万5980円の低価格スマホ「HUAWEI Y6」を発売!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は7日、約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載したスタイリッシュなデザインのエントリーモデルのSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI Y6」(Huawei Technologies)を2016年4月15日(金)に発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場想定売価15,980円(税別)を予定。すでに公式Webストア「ファーウェイ Vモール(楽天市場店)」などにて事前予約受付を開始しています。

続きを読む

新フラッグシップスマホ「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 Plus」が発表!ライカ認定デュアルレンズカメラやUSB Type-C、指紋センサーなど――1次販売国にはないものの日本でも発売か


新フラッグシップスマホ「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 Plus」が発表!

Huawei Technologiesは6日(現地時間)、英国・ロンドンにてプレス向けイベント「Change the way you see the world #OO」を開催し、同社の新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」および「HUAWEI P9 Plus」、リストバンド型ウェアラブルデバイス「TalkBand B3」などを発表しています。

HUAWEI P9は約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶、HUAWEI P9 Plusは約5.5インチフルHD有機EL(AMOLED)を搭載し、ともにディスプレイの左右両端に丸みのある2.5D処理で、メタルボディーとガラス素材による高級感のあるデザインになっています。

発売日は英国や中国などの26の1次販売国・地域にてHUAWEI P9が2016年4月16日(土)より、HUAWEI P9 Plusが2016年5月20日(金)より。日本での販売については明らかにされていませんが、少なくとも1次販売国・地域には含まれていません。ただし、対応周波数帯に「Japan」向けが両機種ともに用意されているため、投入される可能性は高いと見られます。

価格は、HUAWEI P9は内蔵メモリー(RAM)が4GBと内蔵ストレージ(eMMC)が64GBの上位モデル(型番:EVA-L29)が649ユーロ(約81,000円)、3GB RAMと32GB eMMCの下位モデル(型番:EVA-L19またはEVA-L09)が599ユーロ(約75,000円)、HUAWEI P9 Plusが749ユーロ(約94,000円)。

カラーバリエーションは、HUAWEI P9がHaze GoldおよびCeramic White、Titanium Grey、Mystic Silver、Rose Gold、Prestige Gold、Mystic Silverの合計6色、HUAWEI P9 PlusがHaze GoldおよびQuartz Grey、Ceramic Whiteの3色がラインナップされています。ここではHUAWEI P9とHUAWEI P9 Plusについて紹介します。

続きを読む

指紋認証&メタルボディーで3万円台とコスパが高いSIMフリースマホ「HUAWEI GR5」と「iPhone 6s」のカメラ比較をしてみた【レビュー】

コスパが高いGR5のカメラ機能は?

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が2月12日より販売開始したAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)搭載スマートフォン(スマホ)「HUAWEI GR5」(以下、GR5)は、実売価格34,800円(税別)ながら5.5インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶を搭載し、背面には指紋認証センサーとアルミニウムマグネシウム合金を採用したコストパフォーマンスの高いモデルだ。

主なスペックはオクタコアCPU(1.5GHzクアッドコアCPU+1.2GHzクアッドコアCPU)のQualcomm製チップセット「Snapdragon 616(MSM8939)」や2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大128GBまで)、1300万画素リアカメラ、500万画素フロントカメラ、3000mAhの大容量バッテリーなどとなる。

そのコストパフォーマンスの高さから発売直後には価格.comにて人気No.1スマホになっているなど話題だ。今回はこれまでの外観レビューベンチマークテストに続いて、GR5のカメラ機能を「iPhone 6s」(Apple製)と比較しながら紹介したいと思う。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 504HW」を発表!TD-LTE互換AXGP方式でCAと4×4 MIMOに対応して下り最大261Mbpsを実現――3月中旬以降に発売予定


Y!mobile向けモバイルWi-FIルーター「Pocket WiFi 504HW」が発表!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は3日、携帯電話サービス「Y!mobile」ブランドの新商品として下り最大261Mbpsの超高速通信が可能なモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 504HW」(Huawei Technologies製)を発表しています。発売時期は2016年3月中旬以降を予定。

モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi」シリーズ史上最速となる下り最大261Mbpsは、AXGP方式(TD-LTE方式互換)による通信網「SoftBank 4G」を用いて「キャリアアグリゲーション(CA)」と「4×4 MIMO」で実現しています。

すでに同方式は「SoftBank Air」向け据置型Wi-Fiルーター「Airターミナル2」で実現していましたが、モバイルでも利用できるようになります。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile・e-mobile向けスマホ「STREAM X GL07S」を一部に過度な外部衝撃によって発熱や発煙が生じる可能性で無料交換・回収を案内!対象台数は1万6460台


スマホ「STREAM X GL07S」に不具合で無料交換・回収に!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は1日、2013年3月7日にイー・モバイル(EMOBILE)より発売されたスマートフォン(スマホ)「STREAM X GL07S」(Huawei Technologies製)の一部製品について長期間の利用において過度な衝撃が加わると発熱や発煙が生じる可能性があることを確認したため、対象製品を2016年3月1日(火)から無償交換および回収すると発表しています。

発生原因および事象は、内部バッテリーの一部の製造ロットにおいて、バッテリーの固定に不備があり、長期間の利用において過度な外部衝撃が加わった場合にバッテリーが本体内部で移動し変形することにより、バッテリーがショートして発熱や発煙が生じる可能性があるとのこと。現時点で人的被害に関する報告はないとしています。

現在、イー・モバイルを引き継いだ「Y!mobile」で対象製品を利用中の人には同日より、SMSおよびダイレクトメールで案内を送っているということです。なお、対象台数は16,460台(そのうち、発表時点の稼働台数は3,208台)。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。