S-MAX

302KC

CEATEC JAPAN 2014:京セラ、コンセプトモデルのデザインモックや国内外のケータイ&スマホの既存モデルを展示【レポート】

6c3fcff1.jpg
一見の価値あり!京セラの描く未来の端末像とは!?

10月7日(火)から11日(土)の4日間にわたって、千葉件の幕張メッセにてIT・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN 2014」が開催されています。

今回は京セラブースにて、未来のモバイル端末をコンセプトにしたデザインモックや国内外にて、現在提供中の主な端末が展示されていましたので紹介します。

続きを読む

ワイモバイルの直営Webショップ「Y!mobile オンラインストア」にてMNPで「DIGNO T 302KC」や「Nexus 5 EM01L」、「DIGNO DUAL 2 WX10K」が一括0円になる期間限定キャンペーンが10月31日まで延長


MNPで「DIGNO T 302KC」や「Nexus 5 EM01L」、「DIGNO DUAL 2 WX10K」が一括0円になるキャンペーン!

ワイモバイルが公式Webショップ「Y!mobile オンラインストア」で実施している他社から乗り換え(MNP)で「DIGNO T 302KC」や「Nexus 5 EM01L」(16GB)、「DIGNO DUAL 2 WX10K」の購入価格が0円になる期間限定特別価格キャンペーンは延長され、2014年10月31日(金)までとなっています。この他、Nexus 5 EM01Lの32GBは5,000円(税込)。

なお、MNPはNTTドコモおよびau by KDDIからのみで、同じソフトバンクグループのソフトバンクモバイルやディズニーモバイル・オン・ソフトバンクからは対象外。

続きを読む

ワイモバイル、PHSのMNP開始に合わせてPHSからY!mobileスマホへ契約変更した場合に「DIGNO T 302KC」の機種代金が0円になるなどのキャンペーンを実施


ワイモバイルがPHSのMNP開始に合わせてPHSから同社のスマホに移行しやすくする各種キャンペーンを実施!

ワイモバイルおよびウィルコム沖縄は24日、今年10月1日(水)に開始予定のPHSと携帯電話の間の電話番号ポータビリティー(MNP)制度に合わせ、Y!mobileのPHSからY!mobileの対象スマートフォン(スマホ)を対象プランで契約変更する際に機種購入代金を0円にするキャンペーンを実施すると発表しています。

対象機種は「DIGNO T 302KC」(通常価格38,400円)のみで、対象プランはスマホプランSおよびM、Lとなっています。

また、Y!mobileのPHSからY!mobileのスマートフォンに契約変更する際の手数料(3,000円)も対象プラン(スマホプランSおよびM、L)に加入した場合に無料となります。さらに、Y!mobileのPHSからスマホへの契約変更時におけるY!mobileのPHSのメールアドレスの引継利用サービスの開始。

この他、Y!mobileスマホの契約時に申し込んだ際に限り、契約後にサービスに満足できない場合は契約日当日から8日以内(ただし、スマホプランへの契約変更からキャンセルまでの間に月をまたぐ場合は翌月5日まで)であればスマホを返品し、スマホプランをキャンセルし、変更前のPHSの契約に戻ることができる「スマホお試しプログラム」を2014年10月1日(水)より開始します。

続きを読む

ワイモバイルの直営Webショップ「Y!mobile オンラインストア」にてMNPで「DIGNO T 302KC」や「Nexus 5 EM01L」、「DIGNO DUAL 2 WX10K」が一括0円になる期間限定キャンペーンは9月30日まで


MNPで「DIGNO T 302KC」や「Nexus 5 EM01L」、「DIGNO DUAL 2 WX10K」が一括0円になるキャンペーン!

ワイモバイルが直営Webショップ「Y!mobile オンラインストア」で実施している他社から乗り換え(MNP)で「DIGNO T 302KC」や「Nexus 5 EM01L」(16GB)、「DIGNO DUAL 2 WX10K」の購入価格が0円になる期間限定特別価格キャンペーンは2014年9月30日(火)までとなっています。この他、Nexus 5 EM01Lの32GBは5,000円(税込)。

なお、MNPはNTTドコモおよびau by KDDIからのみで、同じソフトバンクグループのソフトバンクモバイルやディズニーモバイル・オン・ソフトバンクからは対象外。

続きを読む

本日発売!ワイモバイルのMIL規格準拠な防水・防塵・耐衝撃対応タフネススマホ「DIGNO T 302KC」の気になる価格は?「STREAM S 302HW」は早くも販売終了か


ワイモバイルのタフネススマホ「DIGNO T 302KC」の価格を紹介!

ワイモバイルおよびウィルコム沖縄から本日9月11日に発売されたMIL規格準拠の防水・防塵・耐衝撃対応タフネススマートフォン(スマホ)「DIGNO T 302KC」(京セラ製)。

イー・アクセス(イー・モバイル)とウィルコムが合併し、今年8月に新ブランド「Y!mobile」をスタートさせてからの第1弾モデルとして発表されていたうちの1機種で、スマホとしては「STREAM S 302HW」に続く2機種目。

そんなDIGNO T 302KCについて価格をチェックしていきたいと思います。なお、STREAM S 302HWについては直営Webショップ「Y!mobile オンラインストア」で売り切れとなっていましたが、すでにラインナップ一覧からも消えており、販売終了となる可能性も出てきています。

続きを読む

ワイモバイル、MIL規格準拠の防水・防塵・耐衝撃対応タフネススマホ「DIGNO T 302KC」を9月11日に発売!グリーンが「ツール・ド・東北 スペシャルカラー」に


ワイモバイルの新しいスマホ「DIGNO T 302KC」が9月11日に発売!

ワイモバイルおよびウィルコム沖縄は4日、以前のイー・アクセス(イー・モバイル)とウィルコムが合併し、今年8月に新ブランド「Y!mobile」をスタートさせてからの第1弾モデルとして発表されていたうちの京セラ製Androidスマートフォン「DIGNO T 302KC」を2014年9月11日(木)より販売すると発表しています。

また、自転車大会「ツール・ド・東北 2014」( http://tourdetohoku.yahoo.co.jp/2014/ )の開催を記念したカラーバリエーションとしてグリーンを「ツール・ド・東北 スペシャルカラー」として販売するとのこと。さらに、ソフトバンクグループの公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」からケースや画面保護シートなどの各種周辺機器も販売されます。

続きを読む

ディスプレイが割れにくい!新生ワイモバイルのMIL規格準拠なタフネススマホ「DIGNO T 302KC」を写真で紹介【レポート】

オシャレなカラー展開をするワイモバイルのタフネススマホ

既報通り、ワイモバイルおよびウィルコム沖縄は17日、同社初となる「ワイモバイル 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、京セラ製Androidスマートフォン「DIGNO T 302KC」(以下、302KC)を2014年9月以降に発売すると発表した。

発表会後の展示会場にて302KCの開発機を触ることができたので、外観を中心にレポートしていく。


続きを読む

ワイモバイル、防水・防塵・耐衝撃対応のLTE&AXGP対応スマホ「DIGNO T 302KC」を発表!9月以降に発売予定


防水・防塵・耐衝撃対応の4Gスマホ「DIGNO T 302KC」が発表!

ワイモバイルおよびウィルコム沖縄は17日、今年6月にイー・アクセスとウィルコムが合併し、その後、7月にワイモバイルに社名を変更後、はじめての「ワイモバイル 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、今後の事業戦略や新料金プラン、新サービス、新機種を発表しています。

新機種の1つとしてワイモバイルおよびウィルコム沖縄は防水・防塵・耐衝撃対応の堅牢な3G(W-CDMA)および4G(FDD-LTEおよびAXGP)対応スマートフォン(スマホ)となる「DIGNO T 302KC」(京セラ製)を2014年9月以降に発売します。

これまでウィルコム向けに「DIGNO DUAL WX04K」や「DIGNO DUAL 2 WX10K」を発売してきましたが、今回のDIGNO T 302KCは“DUAL”ではなく、PHSには非対応。京セラの製品ならではの騒音の多いところでも相手の声を聞こえやすくするスマートソニックレシーバーを搭載しています。なお、同時に発表された「STREAM S 302HW」はSIMフリーとなっているものの、DIGNO T 302KCはSIMロックがかかっているとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。