S-MAX

ARROWS

NTTドコモの10インチAndroidハイエンドタブレット「arrows Tab F-02K」を写真と動画で紹介!ワコムのペン入力機能を搭載でプロの似顔絵師も納得の描き心地【レポート】


シリーズで初めてスタイラスペンが付属したハイエンドタブレット「arrows Tab F-02K」を紹介!

既報通り、NTTドコモは18日、都内にて「NTTドコモ 2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約10.1インチWQXGA(2560×1600ドット)IPS液晶や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用タブレット「arrows Tab F-02K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しました。

本機は「arrows」の名前を冠したNTTドコモ向けのタブレットシリーズとしては6代目、製造メーカーが富士通から富士通コネクテッドテクノロジーズへと移ってからは2代目となる製品です。今回の最大の特長はワコムの技術を利用した「スタイラスペン」が付属し、メモやイラストなどを快適に描けるようになった点です。

発表会に併設されたタッチ&トライコーナーでは試作機に触れることができたほか、プロの似顔絵師による即興での似顔絵体験なども行われましたので、その模様を写真や動画とともにご紹介します。なお、本機の詳細な性能などはこちらの記事を御覧ください

続きを読む

NTTドコモ、富士通の新スマホ「arrows NX F-01K」を発表!コンクリート落下で画面割れしないタフネス性能や虹彩認証は継承し、指紋認証対応のなぞって操作するセンサー「Exlider」を搭載


docomoが新スマホ「arrows NX F-01K」を発表!12月上旬発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載した富士通ブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「arrows NX F-01K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は2017年12月上旬を予定し、本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は本体代金が88,128円で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更なら38,232円、他社から乗り換え(MNP)なら26,568円。

およそ1年ぶりの富士通のフラッグシップスマホ「arrows NX」シリーズの最新モデルで、新たに構成認証だけでなく、指紋認証に対応し、さらになぞって操作するセンサーキー「Exlider」を搭載してより使いやすくなりました。また基本性能も内蔵メモリー(RAM)が前機種「arrows NX F-02H」の3GBから4GBに増量され、より快適に操作できるようになっています。

さらに注力してきたタフネス性能も継承し、画面割れに強く傷つきにくい構造ながら美しいデザインを保ち、1.5mの高さからコンクリートに落としても画面が割れにくい耐衝撃性能などの各耐性試験をクリアし、安心して長期間使えるようになっています。

続きを読む

NTTドコモ、10.1インチWQXGA液晶搭載タフネスタブレット「arrows Tab F-02K」を発表!ワコムの技術によるペン入力とAIエージェントによる会話モードなどに対応


docomoが新タブレット「arrows Tab F-02K」を発表!2018年1月発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約10.1インチWQXGA(2560×1600ドット)IPS液晶や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用タブレット「arrows Tab F-02K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は2018年1月以降を予定し、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施される見込みで、価格も追って案内される予定。

富士通ブランドのNTTドコモ向けタブレットとしては2016年7月に発売された「arrows Tab F-04H」以来となり、新たにワコムのペン入力技術を使った滑らかな書き心地のスマートスタイラスペンが付いており、4096段階の筆圧検知によってメモからイラストまで自由に描くことができるようになっています。

続きを読む

NTTドコモ、 2017-2018冬春モデルを発表!スマホ11機種やタブレット2機種の合計13機種+新色2機種――PREMIUM 4Gの4波CA対応やdカーシェア、おはなしメモなどの新サービスも


docomoが総勢13機種の 2017-2018冬春モデルを発表!

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売する「 2017-2018冬春モデル」を発表しています。また、本日12:00から都内でこれらの新商品および新サービスを披露する発表会を開催する予定で、発表会の模様は特設サイト「 2017-2018 冬春 新サービス・新商品発表会」から動画配信サイト「YouTube」にてライブ配信を行う予定でいます。

さらに公式Twitterアカウント「@docomo」にて「新商品情報 潜入生レポート」として発表会会場隣の展示会場から生配信されることが告知されています。なお、新機種はすでに本日11時15分から「ドコモショップ丸の内店」にて先行展示されているほか、本日15時からは「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋」でも先行展示される予定です。

発表されたのは、スマートフォン(スマホ)が「Xperia XZ1 SO-01K」および「Xperia XZ1 Compact SO-02K」、「Galaxy Note8 SC-01K」、「MONO M-01K」、「M Z-01K」、「arrows NX F-01K」、「V30+ L-01K」、「JOJO L-02K」、「Disney Mobile on docomo DM-01K」、「AQUOS sense SH-01K」、「らくらくスマートフォン me F-03K」の11機種、タブレットが「arrows Tab F-02K」および「dtab d-01K」の2機種と合計13機種を投入します。また今夏モデルとして販売中の「Xperia XZ Premium SO-04J」に「Rosso」、「Galaxy Feel SC-04H」に「Aurora Green」の各新色が追加されます。

すでにこれらの機種のうちのXperia XZ1 SO-01KおよびXperia XZ1 Compact SO-02K、Xperia XZ Premium(新色「Rosso」)、arrows NX F-01K、Galaxy Note8 SC-01K、Galaxy Feel SC-04H(新色「Aurora Green」)、MONO MO-01K、AQUOS sense SH-01Kの2017年内に発売予定の8機種については全国ドコモショップおよび公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などのオンライン予約にて事前予約受付が開始されています。

一方、サービス面ではLTE-Advancedの技術要素のひとつである「キャリアアグリゲーション(CA)」を利用した高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」において新たに4つの周波数帯を束ねるキャリアアグリゲーション(4CA)を導入して下り最大644Mbpsを全国480都市(2017年11月末時点)で2017年10月末より提供開始し、すでに提供されている4x4 MIMOと3CAによって下り最大788Mbpsのエリア以外でも通信速度が向上されるということです(ともに256QAM適用時)。対応機種はXperia XZ1 SO-01KおよびXperia XZ1 Compact SO-02K、Galaxy Note8 SC-01K、V30+ L-01K、JOJO L-02Kのほか、今夏モデルのXperia XZ Premium SO-04JおよびAQUOS R SH-03JはOSバージョンアップによって対応予定。

さらに昨年のAndroid 7.x(開発コード名:Nougat)へのOSバージョンアップと同様に今年も 2017-2018冬春モデルのAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)へのOSバージョンアップを早期実施する予定で、今冬以降順次提供予定とのこと。なお、Xperia XZ1 SO-01KおよびXperia XZ1 Compact SO-02K、V30+ L-01K、JOJO L-02Kはすでに発売時よりAndroid 8.0 Oreoを搭載済み。

また昨年10月に提供を開始した「みえる電話」や今年6月に提供を開始した「ドコモ留守電」に続いて通話における音声のテキスト化を強化し、2017年10月より新サービス「おはなしメモ」を提供開始します。これは通話内容のうちの自分の話した内容をテキスト化するサービスで、電話を受けたときにメモを取れないシーンがあったり、電話で話したことを忘れてしまうことがあるなどからこういった機能にニーズがあるとして開発されたとのこと。

さらにAI(人工知能)によるアシストサービス「AIエージェント」も強化し、2018年春に本格サービス開始するほか、2017年秋から「dヒッツ」や「dリビング」、「dグルメ」、「radiko.jp」にて先行サービスを開始し、より自然な対話型の音声アシストをパーソナライズや先読みと合わせて提供していくということです。

その他、新サービス「dカーシェア」や新映像サービスとして特別な機器を使わずに月額780円(税別)で約30以上の専門チャンネルが見放題になる「dTVチャンネル」、フレッツ系光回線を利用して約50の専門チャンネルや地上デジタル放送・BSデジタル、そして約16万本のVODが楽しめる「ひかりTV for docomo」、新セットトップボックス「ドコモテレビターミナル」などが提供されます。

なお、ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していきます。S-MAXのTwitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」でも発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む

NTTドコモ、2015年発売の富士通製ハイエンドスマホ「arrows NX F-02H」のAndroid 7.1 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供再開


docomoのスマホ「arrows NX F-02H」がAndroid 7.1 Nougatに!

NTTドコモは26日、同社が「2015-2016冬春モデル」として2015年12月に発売した富士通ブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「arrows NX F-02H」に対してより新しいプラットフォーム「Android 7.1(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年9月26日(火)より提供を再開したとお知らせしています。

同更新は8月21日に提供を開始したものの、更新後に一部製品において温度検出機能の異常に関するエラー表示が出て電源が落ちる事象が確認されたため、翌8月22日よりソフトウェア更新を一時見合わせていました。

8月21日に提供開始されたOSバージョンアップを含むソフトウェア更新からの差分変更点は以下の通り。更新は本体のみでFOMAもしくはXi、無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由のOTAが用意され、更新時間は約4分。

改善される事象
・温度検出機能の異常検知メッセージが表示され、端末の電源が切れる場合があります。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2017年8月になります。)
※対象機種は、2017年8月21日(月曜)提供開始のOSバージョンアップにてビルド番号がV07R046Aとなったarrows NX F-02Hとなります。
※2017年9月26日(火曜)午前10時以降にOSバージョンアップすると、改善されたソフトウェアになりますので、ソフトウェア更新の必要はありません。


続きを読む

NTTドコモ、2015年発売の富士通製ハイエンドスマホ「arrows NX F-02H」のAndroid 7.1 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始も不具合で中断


docomoのスマホ「arrows NX F-02H」がAndroid 7.1 Nougatに……と思ったら中断!

NTTドコモは21日、同社が「2015-2016冬春モデル」として2015年12月に発売した富士通ブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「arrows NX F-02H」に対してより新しいプラットフォーム「Android 7.1(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年8月21日(月)10時より提供開始するとお知らせしています。

また同社は22日、その後にOSバージョンアップを実施した後に一部製品において温度検出機能の異常に関するエラー表示が出て電源が落ちる事象が確認されたため、ソフトウェア更新を一時見合わせていると発表しています。

なお、対処版の準備が整い次第、ソフトウェア更新を再開する予定で、その際には同社公式Webサイトにて通知するとしています。またOSバージョンアップ後に本事象が発生した場合は近くの故障取扱窓口(ドコモショップ)へ来店するよう案内しています。

続きを読む

NTTドコモ、コンクリートに落としても壊れないタフネススマホ「arrows NX F-01J」の機種変更を値下げ!月々サポートを増額して新規契約と同じ実質約1.5万円に


docomoのタフネススマホ「arrows NX F-01J」が機種変更で値下げ!

NTTドコモは10日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2016-2017冬春モデル」として昨年12月に発売したタフネススマートフォン(スマホ)「arrows NX F-01J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)について機種変更(契約変更含む)における「月々サポート」を増額して値下げするとお知らせしています。

これにより、実質負担額でおよそ1万円が値下げされて新規契約と同じ実質15,552円(分割648円/月×24回)となっています。なお、他社からの乗り換え(MNP)の場合には12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引く「端末購入サポート」による割引で支払額15,552円(分割648円/月×24回)です。価格はすべて税込。

続きを読む

NTTドコモ、富士通製2016年夏タブレット「arrows Tab F-04H」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoのタブレット「arrows Tab F-04H」にAndroid 7.0 Nougatに!

NTTドコモは9日、同社が昨年7月より販売している「2016年夏モデル」のうちの約10.5インチWQXGA(2560×1600ドット)有機ELディスプレイを搭載したタブレット「arrows Tab F-04H」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年8月9日(水)より提供開始したとお知らせしています。

更新はタブレット本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるOTAによる方法が用意されており、更新にかかる時間は約59分。ただし、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとのこと。主な更新内容は以下の通り。

◯主なアップデート内容
1)マルチウィンドウの追加
2)アプリ利用中に手軽にメッセージへの返信が可能へ
3)省電力機能の強化
4)パネルスイッチの強化

◯改善される事象
5)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2017年5月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

日本製スマホは頑丈で洗えるがトレンド?!富士通製SIMフリースマホ「arrows M04」を写真と動画で紹介【レポート】


泡ソープで清潔に保てる富士通の新しいSIMフリースマホ「arrows M04」をチェック!

既報通り、富士通コネクテッドテクノロジーズは10日、都内にて「2017年夏最新スマートフォン発表内覧会」を開催し、同社の新しいSIMフリースマートフォン「arrows M04」を発表した。

すでに7月20日より全国の家電量販店および仮想移動体通信事業者(MVNO)などの各社で取り扱いを開始している。価格はオープンながら市場予想価格が34,800円(税別)。

製品の特長として同社初となる液体タイプの食器用洗剤や泡タイプのハンドソープで洗うことを可能とし、米国国防総省の調達基準である「MIL規格」の23項目に準拠した耐久性、防水、防塵、落下時の画面割れに強い堅牢性を持つ。

今回は発表会に併設された展示会場において実際にarrows M04をタッチ&トライしてきたので、プレゼンテーションの内容とともに外観や機能について写真と動画で紹介していく。

続きを読む

利用料が毎月1500円割引になる「docomo with」対象のエントリースマホ「arrows Be F-05J」は旧世代の同スペック機と比べて結構違う!性能をベンチマークでチェック【レビュー】


実は結構頑張ってる!カタログスペックだけではわからないarrows Be F-05Jの本当の姿を見よ

NTTドコモの「2017年夏モデル」の目玉となる割引施策「docomo with」対象モデルの第1弾として6月1日に発売された新しいスマートフォン(スマホ)「arrows Be F-05J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)。

前回は同梱品紹介として、開封レポートをお送りしましたが、今回はarrows Be F-05Jをベンチマークアプリで性能をチェックしつつ、ほぼ同等のスペックとして販売されている他のスマホと比較してみました。ほぼ同じのスペックでもメーカーや世代が違うと、どういった結果が出てくるのかに注目してご覧ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。