S-MAX

Android

大きさはあの携帯ゲーム機に近い!?2画面化もできる高コスパな高性能スマホ「LG G8X ThinQ」の外観やプリインストールアプリを紹介【レビュー】


一般的なスマホとしても2画面スマホとしても!2つのシルエットをもつG8X ThinQの外観とプリインアプリは如何に!?

12月6日にソフトバンクは同梱の専用ケースを装着することによって“デュアルスクリーン(2画面)”化できる超個性派なLGエレクトロニクス製のフラグシップスマートフォン(スマホ)「LG G8X ThinQ(型番:901LG)」を発売しました。

必要に応じて一般的なハイエンドなスマートフォンとして、そして同梱のDual Screenケースを装着することで2画面スマートフォンとしても利用可能なコンバーチブルなスマートフォンで、その機能面における特徴以外にもフラグシップ級の性能にもかかわらず、本体価格55,440円(ソフトバンクのオンラインショップ価格)で購入可能というトンデモないコストパフォーマンスもポイントでしょう。

前回は「家電量販店で回線契約なしの一括購入からSIMロック解除、内容物の紹介」をお送りしましたが、本記事ではG8X ThinQの外観の解説とプリインストールアプリの紹介などをお送りしようと思います。


続きを読む

コスパの良いデュアルスクリーンハイエンドスマホ「LG G8X ThinQ」を契約なしの単体で買ってみた!購入からSIMロック解除、開封して同梱品までを紹介【レビュー】


話題だらけの個性派合体スマホ「LG G8X」のレポートスタート!

ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」向けにディスプレイを搭載した専用ケースを装着することによって“デュアルスクリーン(2画面)”化できるフラグシップスマートフォン(スマホ)「LG G8X ThinQ(型番:901LG)」を12月6日に発売しました。

本機はQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 855(SM8150)」や6GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージを搭載したハイエンド級の性能に加え、防水(IPX5/IPX8)および防塵(IP6X)やアメリカ国防総省制定の試験規格である「MIL-STD-810G」に準拠した耐衝撃などの耐性機能、ワイヤレス充電(Qi)に対応した非常に高性能なモデルとなっています。

また日本市場向けにワンセグおよびフルセグといった地上デジタルテレビやおサイフケータイ(FeliCa)にも対応しつつ、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店では本体価格(税込)が55,440円(1,155円/月×48回)と安く、さらに48回分割払いで購入して25ヶ月目以降に返却して次の製品に機種変更した場合に残りの残債が免除されるプログラム「トクするサポート」も利用できます。

そして何と言っても本機の最大の特徴として「LGデュアルスクリーン」と呼ばれる専用ケースを装着することで2画面スマホとして使えるのですが、この専用ケースが標準で同梱されています。文句なしのハイエンドスペックなスマホであり、さらにディスプレイが追加される合体型の特殊な専用ケースが同梱しているにもかかわらず、本体価格55,440円と驚くべき高いコストパフォーマンスとなっていると思われます。

今回、筆者はこのLG G8X ThinQを家電量販店にてSoftrBankの携帯電話回線契約を伴わない単体購入という形で入手しました。そこで今回は、実際に家電量販店でSoftBankの製品を単体購入をする場合の流れと、購入後すぐにSIMロック解除を行い、さらに開封して同梱品の紹介までをお送りいたします。
続きを読む

NTTドコモがAndroid 10へのOSバージョンアップ予定機種を案内!Xperia XZ2やGalaxy S9、AQUOS R2などの2018年夏モデル以降のスマホ合計24機種


docomoのAndroid 10へのOSバージョンアップ予定機種が案内!

NTTドコモは18日、同社が販売するAndroidを搭載したスマートフォン(スマホ)およびタブレットにおいて最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを提供する予定の機種一覧をお知らせしています。なお、すでに「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」、「Pixel 3a」はAndroid 10にOSバージョンアップが提供開始されています。

古めの機種では2018年夏モデルとなっており、それ以降の特定の機種でスマホ24機種となっており、すでにAndroid 10へのOSバージョンアップが提供されているPixelシリーズや発売時からAndroid 10を搭載する「AQUOS zero2 SH-01M」を合わせると合計28機種になるとしています。

なお、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)製の「HUAWEI P20 Pro HW-01K」は2018年夏モデルながら対象に含まれていないほか、今夏モデル「HUAWEI P30 Pro HW-02L」も含まれておらず、アメリカのファーウェイへの輸出規制による「ファーウェイ問題」の影響があると見られます。

続きを読む

Google、スマホなど向け最新プラットフォーム「Android 10」を正式発表!すでにPixelシリーズ向けに提供開始され、AOSPやファクトリーイメージも公開


Googleが最新OS「Android 10」を正式リリース!

Googleは3日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の最新バージョン「Android 10」( https://android.com/9 )を正式に発表しています。すでにバージョン番号が「10」であることが明らかになっており、今回よりお菓子の名前による開発コード名は廃止されたため、正式名称は「Android 10」となりました。

同社では「Pixel」シリーズ向けに同日よりネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)が順次配信開始され、ビルド番号はPixel・Pixel XL・Pixel 2・Pixel 2 XL・Pixel 3・Pixel 3 XL・Pixel 3a・Pixel 3a XLともに「QP1A.190711.019」および「QP1A.190711.020」が公開されているため、恐らくより新しいQP1A.190711.020となると見られます。

これらの各Pixelシリーズの8機種についてはOTAが配信されており、すでに開発者向けのファクトリーイメージ( https://developer.android.com/about/versions/o/download.html?hl=en )は公開されており、その他にもAOSP(Android Open Source Project)でもオープンソースで公開されています。また日本で法的に使える機種としては「Essential Phone PH-1」にもすでにAndroid 10の正式版がリリースされています。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォームの正式名はバージョン番号だけの「Android 10」になると発表!お菓子の名前の開発コード名は廃止に。ロゴも見やすく変更


スマホなど向け次期プラットフォームの正式名はバージョン番号だけの「Android 10」に!

Googleは22日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」の次期バージョンは「Android 10」が正式名になると発表しています。これまでは開発コード名としてアルファベット順の頭文字によるお菓子の名前が付けられていましたが、Android 10からは廃止されてバージョンの数字だけとなるとのこと。

現在、ベータ版「Android Q」として提供していますが、正式版以降はAndroid 10となります。同社ではお菓子の名前の開発コード名を廃止する理由として全員がそれらの名前を常に理解しているわけではなく、特にグローバルでは一部の言語ではLとRの区別はできず、命名規則を把握していない人にとってはそれが新しいバージョンかどうかを理解するのが困難だとしています。

さらにAndroidのブランドについても時間とともに進化しており、2014年にロゴとブランドカラーを更新していますが、今年はよりモダンでアクセスしやすい外観を導入し、ロゴを新しくしました。Androidロボットはそのまま緑ですが、文字が緑から黒(または白)に変更され、背景の色によって視覚障害のある人でもコントラストを改善して見やすくしているということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。