S-MAX

Android

ソフトバンク、Android開発者もパーソナルロボット「Pepper」の開発ができる「Pepper meets Android」を7月より販売開始!発表会を写真で紹介【レポート】

スターウォーズのようだけど!?AndroidアプリがPepperでも動くようになる

ソフトバンクロボティクスおよびソフトバンクは19日、都内にて「Pepperの新たな展開に関する記者発表会」を開催し、人型ロボット「Pepper」がGoogleのAndroidに対応したことを発表した。

Androidに対応したPepperは、2016年7月より開発者向けモデルが先行販売され、Androidのプラットフォーム上でロボアプリが可能になる「Pepper SDK for Android Studio」のβ版も同日に提供開始となった。

今回はこのAndroidに対応したPepperはどのようなものとなるのかを発表会のプレゼンテーションを中心に紹介していく。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期OS「Android N」のNからはじまるお菓子の開発コード名を募集開始!バージョンは「7.0」かーー開発者イベント「I/O 2016」がスタート


GoogleがAndroid Nの開発コード名のお菓子の名前を募集開始!バージョンは7.0に?

Googleは18日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2016年5月18日(水)から5月20日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2016」( https://events.google.com/io2016/ )の基調講演を行い、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのOS「Android」の次期バージョン「Android N」について紹介しました。

すでに先行して開発者向けプレビュー版が提供されていますが、現時点では当初の予定通りに今年の夏の終わりに正式版を提供する予定。合わせて、開発者向けプレビュー版の第3弾「Android N Developer Preview 3」がリリースされています。

基調講演では、Androidのバージョンごとに付けられているお菓子の名前による開発コード名について特設Webページ( http://android.com/N )にて募集することが案内されました。

一方、Android Nで導入される各機能などを紹介するスクリーンショット(画面)では、時刻が7時ちょうどに設定されており、これまでにも時刻がバージョン番号になっていたことからAndroid Nの正式版が「Android 7.0」になるのではないかと見られています。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android N」の開発者向けプレビュー版第3弾を公開!VRモードおよびマルチプロセスWebViewの導入や不具合修正など


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android N」の開発者向けプレビュー3をリリース!

Googleは18日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2016年5月18日(水)から5月20日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2016」( https://events.google.com/io2016/ )の基調講演を行い、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android N」にて開発者向けプレビュー版「Android N Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )における増分更新β版の第3弾「Android N Developer Preview 3」(以下、DP3)を公開したとお知らせしています。

同社では今年3月にAndroid N Developer Previewの第1弾となるAndroid N Developer Preview 1(初リリースのα版)を公開し、その後も4月(Preview 2・増分更新β版)をリリースしていました。

予定では5月にPreview 3(増分更新β版)が予定されていたため、順調に配信開始されたことになります。今後も6月(Preview 4・最終APIとSDK)および7月(Preview 5・最終プレビュー版の最も正式版に近いシステムイメージ)と月1回のアップデートを行い、今年の晩夏(8〜9月)に正式版がリリースされる予定です。

DP3では新たに「VRモード」や持続的なパフォーマンスモード、マルチプロセス対応のWebView、キーボードショートカットヘルパーFrameMetrics APIなどの導入に加え、APIの変更や不具合修正などが行われています。

なお、Android Nの開発者向けプレビュー版は、Androidエミュレーターのほか、Nexus 6およびNexus 5X、Nexus 6P、Nexus 9、Nexus Player、Pixel C、Android One(General Mobile 4G)で利用でき、ビルド番号は「NPD35K」でx86とARM(32・64bit)がサポートされています。

続きを読む

2016 Japan IT Week 春:使い方は自由自在?ブルーグリーングループ、プロジェクター内蔵照明器具型Androidデバイス「Beam」を展示!「+Style」で日本発売の資金募集中【レポート】

6c3fcff1.jpg
オランダ発!独創的すぎる照明器具型Androidプロジェクター「Beam.」が登場

東京・お台場にある「東京ビッグサイト」にて2016年5月11日(水)~13日(金)の3日間に渡って開催されていたIT技術やサービスなどに関連する12つの展示会が合同で行われるイベント「2016 Japan IT Week 春」。

今回はBlue Green Group(ブルーグリーングループ)のブースにて展示されていたオランダからやってきたAndroid搭載のLEDライト型スマートプロジェクター「Beam」を紹介します。なお、Beamはソフトバンクが提供を開始したクラウドファンディングサービス「+Style」にて商品化をめざしています。

続きを読む

Google、Nexus 6P、5X、9、6、5、7(2013)、Playerなどに最新Android 6.0.1 Marshmallowの2016年5月度のセキュリティーパッチを提供開始!SoftBankやY!mobileからもOTAが順次提供


Googleが2016年5月分のNexusシリーズ向けセキュリティーパッチを提供開始!

Googleは2日(現地時間)、同社のAndroid搭載スマートフォン(スマホ)およびタブレットの「Nexus」シリーズ向けに2016年5月度のセキュリティーパッチを提供開始したとお知らせしています。

今月分のセキュリティーパッチでは6つのCritical(深刻な)、12つのHigh(重要度の高い)、6つのModerate(重要度の普通)、1つのLow(重要度の低い)な脆弱性に対応しているということです。

すでに「Nexus 6P」および「Nexus 5X」、「Nexus 6」、「Nexus 9」、「Nexus 5」、「Nexus 7(2013)」、「Nexus Player」、「Pixel C」にはFactory Imageが公開されており、これらの機種向けには順次OTAも配信開始されています。

続きを読む

Sony Mobile、Xperia向け次期プラットフォーム「Android N」の開発者向けプレビュー版を「Xperia Z3 D6603・D6653」に提供開始


Xperia Z3やXperia Z3 Compact向けに「Android N」の開発者向けプレビュー版を提供開始!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は20日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android N」における開発者向けプレビュー版「Android N Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )を同社の一部「Xperia Z3」向けに提供開始したとお知らせしています。

対象はグローバルモデルの「Xperia Z3 D6603」および「Xperia Z3 D6653」の2モデル。導入にはWindows搭載パソコン(PC)に専用アプリ「Xperia Companion」を導入して行います。

なお、今回提供されたAndroid N Developer PreviewはAOSP(Android Open Source Project)で公開されているソースをXperia Z3で動作するようにしたもので、ソニーモバイル独自のXperia用ではないのでご注意ください。そのため、フィードバックもGoogleの「N Developer Preview issue tracker」や「Official Google+ Group」に行なうように案内されている。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android N」の開発者向けプレビュー版第2弾を公開!Unicode 9.0対応絵文字やVulkan APIの導入や不具合修正など


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android N」の開発者向けプレビュー2をリリース!

Googleは13日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android N」における開発者向けプレビュー版「Android N Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )における増分更新β版の第2弾「Android N Developer Preview 2」(以下、DP2)を公開したとお知らせしています。

同社では突然先月にAndroid N Developer Previewの第1弾となるAndroid N Developer Preview 1(初リリースのα版)を公開し、その後も4月(Preview 2・増分更新β版)、5月(Preview 3・増分更新β版)、6月(Preview 4・最終APIとSDK)、7月(Preview 5・最終プレビュー版の最も正式版に近いシステムイメージ)と月1回のアップデートを予定していることを案内していました。

DP2では新たに3Dレンダリング用「Vulkan API」の導入や特定アプリにおける設定付きショートカットの作成、Unicode 9.0に対応した絵文字のデザイン変更、APIの変更や不具合修正などが行われています。

なお、Android Nの開発者向けプレビュー版は、Androidエミュレーターのほか、Nexus 6およびNexus 5X、Nexus 6P、Nexus 9、Pixel C、Android One(General Mobile 4G)で利用でき、ビルド番号は「NPC91K」でx86とARM(32・64bit)がサポートされています。Nexus Playerは数日後に提供予定。

続きを読む

モバイル向けの新放送サービス「i-dio」用チューナーを内蔵した唯一のスマホ「i-dio Phone」で実際に視聴してみた!利用前の注意点も解説【レビュー】

6c3fcff1.jpg
i-dio Phoneで「i-dio」を聴こう!下準備と手順も併せて解説

既報通り、BIC(ビーアイシー)およびVIP、エフエム東京、東京マルチメディア放送の4社は1日、スマートフォン(スマホ)など向けの新放送サービス「i-dio(アイディオ)」を提供開始しました(現在はプレ放送で、関東・甲信越、近畿、九州・沖縄の3地域にて放送中)。

すでにWi-Fi接続の専用チューナーを利用した模様を「ただいまモニター受付中で無料でもらえる!3月から開始予定のモバイル向け放送サービス「i-dio」のWi-Fiチューナーを入手したので紹介【レポート】 - S-MAX」にて紹介したが、現時点では唯一のi-dioのチューナーを内蔵したスマホ「i-dio Phone」(Covia製)でi-dioを視聴しました。

そこで今回は、実際に視聴してみたレポートと、i-dio Phoneでi-dioを視聴する際の手順などを紹介したいと思います。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android N」の開発者向けプレビュー版を公開!マルチウィンドウなどに対応予定――2016年7〜9月に正式版がリリースへ


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android N」の開発者向けプレビュー版を提供開始!

Googleは9日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android N」における開発者向けプレビュー版「Android N Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )で導入される予定の新機能やAPI、SDKなどを公開したとお知らせしています。

公開されたAndroid N Developer Preview 1(初リリースのα版)では、マルチウィンドウやデータ通信量低減、より多くの言語に対応したマルチロケール、Android TVにおける録画、通知での直接返信およびカスタム表示などに対応する強化された通知機能、そして、クイック設定タイルやOpenGL ES 3.2、ICU4JなどのAPIが導入予定であることが紹介されています。

今回提供されたAndroid Nの開発者向けプレビュー版は、Androidエミュレーターのほか、Nexus 6およびNexus 5X、Nexus 6P、Nexus 9、Nexus Player、Pixel CでテストするためのシステムイメージやSDKが含まれており、ビルド番号は「NPC56P」または「NPC56R」でx86とARM(32・64bit)がサポートされています。

プレビュー版を利用するには「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )に登録してネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)のほか、すでにファクトリーイメージも公開( http://developer.android.com/preview/download.html )されているので、手動で導入することも可能ですが、筆者が試した限りではAndroid Beta Programに登録してから比較的すぐにNexus 6PでOTAが利用できたのでそのほうが良さそうです。なお、今後に提供される予定の各プレビュー版についてもOTAで提供されるということです。

続きを読む

i-dio以外にTVもラジオもOK!国内唯一のV-Lowマルチメディア放送チューナー内蔵スマホ「i-dio Phone」の内蔵アプリを紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
実はトリプルチューナー!なi-dio Phoneのプリセットアプリを紹介!

今年3月にスタートする新しい放送サービス「i-dio(V-Lowマルチメディア放送)」に対応したCovia製スマートフォン(スマホ)「i-dio Phone」。

SIMフリーながらV-Lowマルチメディア放送に加え、地上波テレビ(ワンセグ)や広域FMラジオに対応しており、放送受信機能の充実ぶりが目立ちますが、(これに限ったことではありませんが)一部の大型店などを除くとなかなか実際どういった製品なのかを確認することができません。

そこで、前々回および前回の開封および外観の紹介に続いて、今回はi-dio Phoneの内蔵アプリなどを解説・紹介していこうかと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。