S-MAX

Android

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android O(8.0)」の正式版リリースのための発表会を8月21日に開催!ライブ中継も実施でカウントダウン中


いよいよAndroid Oの正式版が8月21日にリリースへ!

Googleは18日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android O」(バージョン8.0)の正式版リリースに向けた発表会「Android O Reveal NYC」をアメリカ・ニューヨークにて現地時間(EST)の2017年8月21日(月)14時40分から開催するとお知らせしています。

日本時間(JST)では8月22日(火)3時40分からで、発表会の模様は特設Webページ( http://android.com/o )にてライブストリーミングも実施されるとのこと。恐らく発表会でAndroid Oの正式版提供開始時期が明らかにされ、早ければ発表会直後となると見られます。

なお、この発表会は当日、1918年以来となる全米で見られる日食に合わせて実施されるということで、イベントは同日12時(EST)からの「NASA 2017 Total Eclipse Live Streaming」のライブストリーミングも行われるということです。

続きを読む

Google、Androidのバージョン別利用台数シェアを2017年8月時点に更新!Android 8.0 Oのリリース直前にも関わらず、まだAndroid 7.x Nougatは微増の10%前半


Androidのバージョン別のシェア率が公表!7.x Nougatは微増

Googleは8日(現地時間)、Androidのバージョン別の利用台数シェアを2017年8月8日(火)付に更新しています。集計期間は8月8日までの7日間。前回の2017年7月時点と比べると、最新バージョン「Android 7.x(開発コード名:Nougat)」は増加しているものの、その増加幅は小さくなっています。

次のバージョンとなる「Android 8.0(現在は「Android O Developer Preview」)」が夏の終わり(8〜9月)にリリース予定となっていますが、昨年リリースされたAndroid 7.x Nougatがまだ1割ちょっとしかなく、一昨年にリリースされた「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」が32.3%と最もシェアの高いバージョンとなっています。

一方で、これまでのAndroidの最新バージョンの普及具合から考えると、Android 7.x Nougatの普及率増加の早さについては少し驚いているくらいには良くなってきているように思われます。

続きを読む

Androidでアプリをインストールしなくても利用できる機能「Instant Apps」が一般でも提供開始!まずはインドでNexusおよびPixelで利用可能に


Androidでインストールしなくてもアプリが使える「Instant Apps」が提供開始!

Googleが昨年の開発者向けイベント「Google I/0\O 2016」で発表したAndroidにおいてスマートフォン(スマホ)などの端末にインストールしなくてもアプリが利用できる機能「Instant Apps」が実際にインドにて利用できるようになっていると海外メディアが報じています。

昨年に発表されてから何度かイベントなどで紹介され、今年に入ってからは「設定」の「Google」にて「Instant Apps」が導入され、さらに限られた開発者のみに限定利用できるようにした後、今年の開発者向けイベント「Google I/O 2017」に併せてすべての開発者が利用できるようになっていました。

それから3ヶ月ほど経った8月に入って開発者以外の一般ユーザーでもインドにてInstant Appsが実際に利用できるようになっているということです。日本での提供については不明ですが、早く試してみたいところです。

続きを読む

Androidのリカバリーモードがタッチ操作に対応か?AOSPからAndroid Wearとの統合に向けた流れが明らかに――噂のスマートウォッチ「Google Pixel Watch」の存在も示唆


Android Recoveryでタッチ機能をサポートする可能性を、AOSPのコミットから読み取る

Androidのリカバリーモードといえば、Android搭載機種が動作しなくなった際の最終手段として使われるほか、システムイメージを手動で導入したりするときに使いますが、タッチ機能がサポートされておらず、これまでは音調調整キーと電源キーの2つを組み合わせて利用しなければいけませんでした。

人によってはまったく使ったことがない機能、もしくは滅多に使わない機能ですし、どちらかというと上級者用のメニューだったこともあってか、今までタッチ機能が利用できない状況が続いていました。

続きを読む

ネットバンキングを狙うモバイル向けトロイの木馬が新時代に突入!キーロガーを搭載したAndroid向け「Svpeng」の新種が登場


ネットバンキングを狙うモバイル向けトロイの木馬が新時代に突入へ!

Securelistが2017年7月中旬よりAndroidをターゲットとしたネットバンキングを狙うSvpeng - Trojan-Banker.AndroidOS.Svpeng.aeファミリーに属する新種のマルウェア(トロイの木馬)を発見したと報告しています。

このSvpengファミリーに属するトロイの木馬は現在、ネットバンキングを狙うスマートフォン(スマホ)などのモバイル向けの中で一番危険だと言われており、今回の新種では新たに「ユーザー補助機能(アクセシビリティー)」を悪用して入力した文字を記録する機能「キーロガー」が実装されていました。

ただし、このユーザー補助機能を悪用する機能が実装された新種のトロイの木馬の感染被害は、今のところ限定的とのこと。国別に見てみると実に23カ国にも被害が及んでいますが、この1週間の間に感染したユーザー数はほんのわずか報告されてるだけとなっています。

被害に遭ったユーザーを国ごとに分けて多い順に上から並べてみると、ロシアが29%、ドイツが27%、トルコが15%、ポーランドが6%、フランスが3%と主にヨーロッパが中心の構成になっています。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android O」の最終プレビュー版となる第4弾を公開!不具合修正や最適化が行われ、いよいよ今夏の正式リリースへ


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android O」の開発者向けプレビュー4をリリース!

Googleは24日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android O」にて開発者向けプレビュー版「Android O Developer Preview」( http://developer.android.com/preview/ )における最終版となる第4弾「Android O Developer Preview 4」(以下、DP4)を公開したとお知らせしています。

同社では今年3月にAndroid O Developer Previewの第1弾となる「Android O Developer Preview 1(初リリースのα版)」を公開し、その後も5月に開催された開発者向けイベント「Google I/O 2017」に合わせて第2弾の「Android O Developer Preview 2(β版)」、6月に第3弾の「Android O Developer Preview 3(最終API・SDK)」をリリースしていました。

Android Oの開発者向けプレビュー版は、Androidエミュレーターのほか、Nexus 5XおよびNexus 6P、Nexus Player、Pixel、Pixel XL、Pixel Cで利用でき、ビルド番号は「OPP4.170623.014」でx86とARM(32・64bit)がサポートされています。

一般向けベータプログラム「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )を利用している場合には数日以内にソフトウェア更新がネットワーク経由で提供されるほか、すでにファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download.html?hl=en )も提供開始されています。

続きを読む

Android標準の包括的なセキュリティーサービス「Google Play プロテクト」が提供開始!特に操作することなく、自動でウイルスなどをスキャンして削除などの対策をしてくれる


Android向けセキュリティー機能「Google Play Protect」が提供開始!

Googleが今年5月に開催した開発者イベント「Google I/O 2017」にて発表したAndroid用の包括的なセキュリティーサービス「Google Play Protect」の提供を開始しています。

各Android搭載製品へ段階的に提供されており、Google Play Services 11以降が必要とのこと。提供されると、設定の「Google」→「セキュリティ」内に「Google Play Protect」(日本語環境なら「Google Play プロテクト」)という項目ができます(機種によっては「アプリの確認」などと名称が違うとのこと)。

これにより、アプリやゲーム、映像、電子書籍などのさまざまなコンテンツを配信するマーケット「Google Playストア」におけるアプリだけでなく、それ以外のアプリについてもウイルスなどを検出するようになります。

続きを読む

Androidを標的とした高度なマルウェア「SpyDealer」が発見される!感染源にPlayストアからは見つかっておらず、すでにGoogle Play Protectで対策済み


Androidを標的とした高度なマルウェア「SpyDealer」が登場!

セキュリティベンダーであるPalo Alto Networksが40種類以上のアプリから個人データを詐取し、Androidのユーザー補助機能を悪用して、アプリが行う通信から機密性の高いメッセージを傍受する高度なAndroid向けマルウェア「SpyDealer」を発見したと報告しています。

このSpyDealerは商用のroot権限取得アプリの脆弱性を利用して、端末のroot権限を奪取し、データを盗み出せるようにしているということです。

同社ではすでにGoogleには報告しており、感染源も「Google Playストア」では見つかっていないため、限定的だと見られますが、長期に渡ってバージョンアップが行われており、今後も注意したい内容となっています。

続きを読む

ランサムウェアとしても動作するAndroidのバックドア「GhostCtrl」が見つかる!OmniRATがカスタマイズされ、現状は感染経路や脅威は限定的


ランサムウェアとしても動作するAndroidのバックドア「GhostCtrl」とは?

Trend Micro(トレンドマイクロ)は17日(現地時間)、Android向けの著名な「WhatsApp」や「Pokémon GO」などのアプリに偽装してランサムウェアとしても動作するバックドア「GhostCtrl」を発見したと報告しています。

GhostCtrlは感染すると、デバイスのPINを無効化後、画面をロックして身代金を要求するランサムウェアとして動作するとのこと。

ただし、実際に感染しても今の段階では上記のような動作はせず、GhostCtrlのソースを解析したところそのような機能が実装されていることが判明したという状況です。

続きを読む

次期OSバージョン「Android O」になれば必ずaptXに対応するわけではない!Googleが「Nexus 5X」と「Nexus 6P」ではアップデートしても利用できないことを認める


Nexus 5XとNexus 6PがAndroid OでaptXが利用できないことをGoogleが認める!

Googleが開発を進めるスマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」における次期バージョン「Android O」は今年の晩夏(8〜9月)に正式版リリースが予定され、現在は「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )などでベータ版が提供されています。

そんなAndroid Oの新機能としてSonyが開発した「LDAC」やQualcommが推進する「aptX」および「aptX HD」といったより高音質なBluetoothコーデックに対応することが明らかにされています。

一方で、Android OのOSバージョンアップ対象のスマホ「Nexus 5X」と「Nexus 6P」ではAndroid OにアップデートしてもこれらのうちのaptXおよびaptX HDについては利用できないことをGoogleが認めました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。