S-MAX

ApplePay

吉野家が電子マネー「QUICPay」と「nanaco」を5月7日より導入!おサイフケータイやApple Payに加え、LINE Payのタッチ払いでも利用可能。nanacoポイント2倍キャンペーンも


吉野家でQUICPayとnanacoが利用可能に!

吉野家は7日、同社が展開する牛丼チェーン「吉野家」において日本国内の店舗(2019年4月末時点で1155店舗)で電子マネー「QUICPay」および「nanaco」による決済サービスを2019年5月7日(火)より導入すると発表しています。

これにより、QUICPayに対応するFeliCaを利用したおサイフケータイやApple Payのほか、Androidにおける「LINE Pay」のGoogle Payを利用したタッチ払いなどでも利用できるようになっています。

またサービス導入を記念して6月9日(日)までの期間中に吉野家にてnanacoで支払いをすると通常200円(税込)に1ポイントが還元されるところ2倍の2ポイントが付与される「nanacoポイント2倍キャンペーン」( https://www.yoshinoya.com/campaign/nanaco/ )を実施しています。

続きを読む

iPhoneやApple Watchで使える決済サービス「Apple Pay」がローソンのポイント「Ponta」に対応!最大4倍キャンペーンも実施中。FeliCa非対応機種でも利用可能


Apple PayがPontaに対応!

ロイヤリティ マーケティングおよびローソンが全国のコンビニエンスストア「ローソン」店舗(2018年9月末時点で1万4340店舗)においてiPhoneやApple Watchで使える決済サービス「Apple Pay」で共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」が貯まる・使えるサービスを2018年11月7日(水)より提供開始しています。

これにより、Apple WalletにPontaカードを追加すれば、全国のローソン店舗においてPontaカードの提示やバーコード・QRコードのスキャンを行わずにApple Payを使ってPontaポイントを貯めたり使ったりできるようになりました。

またFeliCa対応のiPhoneやApple WatchのApple Payにクレジットカードやプリペイドカード、Suicaを追加している場合には、それらのiPhoneやApple Watchを決済読取機に一度かざすだけでApple Payでの支払いとPontaポイントを貯めることが同時に行えるようになっています。

そのため、Pontaカードの提示やアプリを起動する必要がなく、店舗にとってはPontaカードのバーコード・QRコードをスキャンする必要がないため、利用者の利便性向上と店員の作業における生産性向上につながるとしてます。両社では日本国内の共通ポイントにおいてApple Payを使用するだけでポイントを同時に貯めて使えるのは初めてだとのこと。

さらに同日より全国のローソン(ナチュラルローソン含む、ローソンストア100は除く)でiPhoneやApple WatchをかざすとPontaのポイントが通常の最大4倍貯まる「ポイント最大4倍キャンペーン」を実施しています。期間は2019年3月6日(水)まで。なお、かざしてPontaポイントを貯めるだけで2倍、さらにApple Payで支払えば4倍となります。

続きを読む

みずほ銀行とJR東日本がiPhoneでSuicaが使える「Mizuho Suica」を提供開始!銀行口座から直接チャージでき、Apple PayのSuicaと比べてクレジットカードがなくても利用可能


みずほ銀行がiPhone向け「Mizuho Suica」を提供開始!

みずほ銀行および東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は1日、みずほ銀行の銀行口座(普通預金)または「Apple Pay」からチャージできるiPhone向け電子マネーサービス「Mizuho Suica」を2018年8月1日(水)に提供開始したと発表しています。

みずほ銀行のiOS向けアプリ「みずほWallet」においてSuicaの機能が利用できるサービスで、アプリからSuicaに相当するMizuho Suicaを即時発行でき、発行からチャージ、支払い、鉄道乗車券までiPhoneのみで利用可能。

Apple PayのSuicaと比べると、クレジットカードが必要がない点がメリットとのこと。ネット口座振替の仕組みを応用して本人確認を行い、チャージは1回1,000円〜15,000円までで最大2万円まで入金できます。

Apple Payの認証操作なしに使える「エクスプレスカード」として「Mizuho Wallet」を登録することもでき、Apple Payに直接Suicaを登録したものと共存可能で、エクスプレスカードに登録したほうが優先的に利用されるようになっているということです。

続きを読む

NTTドコモ、dカード プリペイドがiPhoneやApple Watchで使える決済サービス「Apple Pay」に対応開始!最大1500円分がもれなくチャージされるキャンペーンも


dカード プリペイドがApple Payに対応!

NTTドコモおよび三井住友カードは20日、ポイントサービス「dポイント」を貯めることができる「dカード プリペイド」がiPhoneやApple Watchで利用できる決済サービス「Apple Pay」に2017年11月20日(月)より対応開始したと発表しています。

iPhoneやApple WatchのApple Payにdカード プリペイドを登録すると、電子マネー「iD」で支払いができるほか、Apple Payに対応したアプリやオンラインショッピング加盟店でも利用でき、さらにiPhoneやApple Watchに登録したSuicaのチャージにも使えるということです。

なお、サービス開始を記念して2018年1月31日(水)までにdカード プリペイドに新規入会の上、キャンペーン対象機種にApple Payを設定した人全員に1,000円分をプリペイド残高にチャージするキャンペーンを実施しています。

またすでにdカード プリペイドを利用している場合も含めたすべての人を対象に2018年2月28日(水)までにApple Payを500円以上(税込)利用すると500円分をプリペイド残高にチャージするということです。

続きを読む

マクドナルドの支払いがクレジットカードやQUICPayにも対応!2018年上期にはVisa payWaveなどのNFC決済5サービスも利用可能に


ゼロから始めるスマートフォン

日本マクドナルドおよび三井住友カード、ジェーシービー、アメリカン・エキスプレス・インターナショナルは13日、ハンバーガーチェーン「マクドナルド」の全国店舗にて2017年11月20日(月)よりクレジットカードによる決済サービスを開始すると発表しています。

使えるクレジットカードブランドは「VISA」および「Mastercard」、「JCB・JCB PREMO」、「ダイナース」、「ディスカバー」、「アメリカン・エキスプレス」の6ブランド。通常のクレジットカード決済と同様の流れで利用できます。

また日本マクドナルドでは新たに11月20日より電子マネー「QUICPay+」に対応し、さらに2018年上期には「Visa payWave」や「Mastarcard コンタクトレス」、「J/Speedy」、「American Express Contactless」といった5つのNFC決済サービスに対応するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。