S-MAX

Huawei

ファーウェイがスマートバンド「HUAWEI Band 4」を発売!価格が約5千円と手軽に健康管理ができ、バッテリーも通常使用で約9日間と長持ち


約5千円の低価格なスマートバンド「HUAWEI Band 4」が発売!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は14日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、コストパフォーマンスの高いハイエンドスマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova 5T(型番:YAL-L21)」やスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2」、スマートバンド「HUAWEI Band 4」、完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 3」(ともにHuawei Technologies製)を日本市場にて発売すると発表しました。

HUAWEI Band 4は11月29日(金)に発売され、価格はオープンながら市場想定価格が税別4,800円(税込5,280円)。販路は公式Webショップ「ファーウェイ楽天市場店」および「ファーウェイ Yahoo!店」に加えて量販店やECサイトで、エディオンやケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jp、Caravan Yu、e-TREND、ムラウチドットコム、楽天ブックスなどとなっています。

続きを読む

SIMフリースマホ「HUAWEI nova 5T」を写真と動画で紹介!11月29日発売で価格は約6万円。4眼リアカメラやKirin 980、8GB RAMなどを搭載【レポート】


SIMフリースマホ「HUAWEI nova 5T」を写真と動画でチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は14日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、コストパフォーマンスの高いハイエンドスマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova 5T(型番:YAL-L21)」やスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2」、スマートバンド「HUAWEI Band 4」、完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 3」(ともにHuawei Technologies製)を日本市場にて発売すると発表しました。

HUAWEI nova 5Tは11月29日(金)に発売され、価格はオープンながら市場想定価格が税別54,500円(税込59,950円)。販路は公式Webショップ「ファーウェイ楽天市場店」および「ファーウェイ Yahoo!店」のほか、仮想移動体通信事業者(MVNO)および量販店、ECサイトとなっています。

なお、同社ではHUAWEI nova 5Tの発売を記念してファーウェイ 楽天市場店およびファーウェイ Yahoo!店、エディオン、ケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jpにて購入すると「HUAWEI Mini Speaker」をプレゼントする「HUAWEI nova 5T限定ボックス」を数量限定・先着順(なくなり次第終了)で販売しています(予約販売含む)。

本記事では発表会会場に併設された展示コーナーにてHUAWEI nova 5Tをタッチ&トライしてきましたので、写真や動画を交えて紹介したいと思います。なお、HUAWEI nova 5TはGoogle PayやGmailなどのGMS(Google Mobile Service)にも対応しており、現在の情勢なら今後も過去の製品と同様にソフトウェア更新などが提供される予定となっています。

続きを読む

ファーウェイが完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 3」を11月29日に発売!約2万円でオープンフィット型では世界初のアクティブノイズキャンセリング搭載


完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 3」が発売!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は14日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、コストパフォーマンスの高いハイエンドスマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova 5T(型番:YAL-L21)」やスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2」、スマートバンド「HUAWEI Band 4」、完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 3」(ともにHuawei Technologies製)を日本市場にて発売すると発表しました。

HUAWEI FreeBuds 3は11月29日(金)に発売され、価格はオープンながら市場想定価格では税抜18,800円(税込20,680円)となっており、販路は公式Webショップ「ファーウェイ楽天市場店」および「ファーウェイ Yahoo!店」に加えて量販店やECサイトで、エディオンや上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jp、Caravan Yu、e-TREND、ムラウチドットコム、楽天ブックスなどとなっています。

続きを読む

ファーウェイがスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT2」を11月22日より順次発売!独自開発のウェアラブル向けSoC「Kirin A1」で電池長持ち


スマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT2」が11月22日より順次発売!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は14日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、コストパフォーマンスの高いハイエンドスマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova 5T(型番:YAL-L21)」やスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2」、スマートバンド「HUAWEI Band 4」、完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 3」(ともにHuawei Technologies製)を日本市場にて発売すると発表しました。

HUAWEI WATCH GT 2は11月22日(金)より順次発売され、価格はオープンながら市場想定価格(税抜/カッコ内は税込)では46mmのスポーツモデルが24,800円(27,280円)、クラシックモデルが28,800円(31,680円)、エリートモデルが32,800円(36,080円)。42mmのスポーツモデルが22,800円(25,080円)、クラシックモデルが26,800円(29,480円)、エレガントモデルが30,800円(33,880円)となっています。

また販路は公式Webショップ「ファーウェイ楽天市場店」および「ファーウェイ Yahoo!店」に加えて量販店やECサイトで、エディオンやケーズ電気、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jp、Caravan Yu、e-TREND、ムラウチドットコム、楽天ブックスなどとなっています。なお、42mmは11月29日(金)に発売され、46mmのエリートモデルと42mmのエレガントモデルは12月以降の発売となるとのこと。

続きを読む

アメリカがファーウェイへの制裁の猶予期間を90日間再延長!消費者や通信事業者に配慮してサポート継続も解決の糸口が見えずに問題が長期化へ


ファーウェイへの制裁の猶予期間が90日間再延長!

米国商務省(United States Department of Commerce)は18日(現地時間)、 今年5月に同省の産業安全保障局(BIS)が中国の通信機器メーカーであるHuawei Technologies(華為技術、以下「ファーウェイ」)およびその関連企業を輸出規制リスト(Entity List)に追加したことに対して米国輸出管理規則(EAR)を改正する一時一般許可(TGL)を再度90日間延長すると発表しています。

いわゆるアメリカのファーウェイに対する制裁による「ファーウェイ問題」における猶予期間で、これによってこれまで米国企業がファーウェイへの輸出を含む同社との取引について限定的に期間限定で承認する猶予が与えられていましたが、今年8月の90日感延長に続いてさらに90日間延長されて2020年2月16日(日)までとしました。

そのため、従来通りにすでにファーウェイの製品を利用している消費者や通信事業者が継続してサービスを利用したり、ネットワークの運用を行ったりするための特定の取引を米国企業とファーウェイは行え、ファーウェイでも同社のスマートフォン(スマホ)やタブレットなどに対してセキュリティーアップデートやアフターサポートを継続して実施可能となります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。