S-MAX

Huawei

高コスパで好評のau向けファーウェイ製スタンダードスマホ「HUAWEI nova 2 HWV31」の実力をベンチマークテストでチェック!性能は同価格帯スマホを上回る【レビュー】


話題の高コスパスマホ「HUAWEI nova 2」の実力は!?

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)液晶を搭載したスマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova 2 HWV31」(Huawei Technologies製)を1月26日に発売しました。

HUAWEI nova 2 HWV31は昨年5月にグローバル版が発表されていたモデルのau版で、auショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などでは本体価格32,400円となっています(価格はすべて税込)。また、au回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)である「UQ mobile」向けも同日に発売されており、本体価格31,212円の実質負担額13,068円からとなっています。

このように安価なモデルながら背面のダブルレンズリアカメラや約2000万画素フロントカメラを搭載し、基本性能もフルHD液晶や4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージと充実しており、さらに受信最大225Mbpsのキャリアアグリゲーション(CA)対応と、おサイフケータイや防水・防塵・耐衝撃などは非対応ながら“高コスパスマホ”として好評を博しています。

さらに発売時はAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を搭載していますが、最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップも予定されています。なお、既報通り、SIMフリーでRAMやストレージなどのスペックをやや落としている「HUAWEI nova lite 2」も希望小売価格28,058円で発売されています。

今回HUAWEI nova 2 HWV31の実機をKDDIからお借りし、ベンチマークテストを実施しました。HUAWEI nova 2 HWV31の心臓部でもあるチップセット(SoC)はHiSilicon製「Kirin 659」で、CPUはオクタコアCPU(2.36GHz/クアッドコア+1.7GHz/クアッドコア)となります。果たして同価格帯で多いQualcomm製の「Snapdragon 430(MSM8937)」を搭載したスマホとどのくらい性能が違うのかを検証しました。

続きを読む

ファーウェイの約2.5万円の縦長画面&ダブルレンズカメラ搭載スマホ「HUAWEI nova lite 2」の価格をまとめて紹介!単体購入はgooSimsellerやイオンモバイルなどで可能


SIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」の価格をチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は流行りの縦長画面やダブルレンズリアカメラを搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 2」(Huawei Technologies製)を2018年2月9日(金)に発売しています。

画面はアスペクト比9:18の約5.65インチフルHD(1080×2160ドット)TFT液晶となっており、背面には約1300万画素+約200万画素のダブルレンズカメラを搭載し、HiSilicon製チップセット(SoC)「Kirin 659」(オクタコアCPU)や3GB内蔵メモリー(RAM)などとエントリー向けながらスペックはミドルレンジとなっています。

同社が昨年12月に発売したミッドレンジスマホ「HUAWEI Mate 10 lite」と比べても「縦長画面」や「ダブルレンズカメラ」、「指紋センサー」、「Kirin 659」といった仕様は同じとなっており、約5.9インチFHD+や前面もダブルレンズカメラ、RAMが4GBなどの違いはあるものの、その分さらに価格が抑えられ、安くなっているのが特徴です。

例えば、HUAWEI nova lite 2は基本的にMVNOから各社のSIMカード(携帯電話回線契約)とセット販売となっていますが、単体購入できるAmazon.co.jpではHUAWEI nova lite 2が24,624円HUAWEI Mate 10 liteが40,123円となっています。今回はそんなHUAWEI nova lite 2について各販売拠点での価格をざっくりとまとめてみたいと思います。

続きを読む

2万円台で高コスパな縦長大画面とダブルレンズカメラを搭載したSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」を写真で紹介【レポート】


縦長ディスプレイとダブルレンズカメラを搭載した高コスパスマホ「HUAWEI nova lite 2」を写真でチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は7日、流行りの縦長画面とダブルレンズカメラを搭載したながら2万円台と低価格に抑えたエントリー向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 2」(Huawei Technologie製)を発表し、翌8日に都内にて記者向けに説明会を行った。

HUAWEI nova lite 2の市場想定価格は25,800円(税抜)で、SIMフリースマホ激戦区にダブルレンズカメラ付きのアスペクト比18:9ワイド大画面ディスプレイモデルを投入し、ターゲット層は価格に敏感な若者やビジネスマン、女性層を狙うという。

主な仕様としてチップセット(SoC)は「Kirin 659」(オクタコアCPU)、内蔵メモリー(RAM)は3GB、内蔵ストレージは32GB、外部ストレージはmicroSDXCカード(最大256GBまで)、電池容量は3000mAh、OSはAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)などだ。

また背面には指紋センサーを搭載し、IEEE802.11b/b/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 4.2、micro-B端子(USB 2.0)、加速度センサー、電子コンパス、環境光センサー、近接センサー、nanoSIMカードスロットも搭載する。

販売拠点は、IIJmioイオンモバイルエキサイトモバイルNTTコムストア by gooSimsallerQTmobileDMMモバイルNifMoBIGLOBEモバイルFiimomineoLINEモバイル楽天モバイルLIBMOLInksMateといった仮想移動体通信事業者(MVNO)となる。

今回は、説明会にて実際にHUAWEI nova lite 2にタッチ&トライできたので、プレゼンテーションによる機能紹介と合わせて外観や特徴を写真で紹介していく。

続きを読む

ファーウェイ、2万円台で流行りの縦長画面とダブルレンズカメラなどを搭載したエントリー向けSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」を発表!2月9日より順次発売し、MVNOではさらに割引も


低価格なSIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」が発表!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は7日、事前の予告通りに同社の新しいエントリー向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 2」(Huawei Technologies製)を発表しています。発売日は2月9日(金)より順次で、価格はオープンながら希望小売価格が25,980円(税抜)。

販売拠点は仮想移動体通信事業者(MVNO)の各所ですでに「gooSimSeller」や「楽天モバイル」、「NifMo」、「mineo」、「エキサイトモバイル」などにて取り扱いが案内されており、gooSimsellerではOCN モバイル ONEとのSIMカードセットで9,800円(税抜)で販売開始されています。

続きを読む

NTTドコモ、子どもなどを見守る「ドコッチサービス」を2019年3月31日に終了!新規申込および専用ウェアラブル端末「ドコッチ01」の販売は2018年3月31日まで


docomoが子どもの見守りサービス「ドコッチ」を2019年度末で終了!

NTTドコモは5日、親などの家族が子どもの日頃の活動をさりげなく見守り、家族の安心と子どもの自立や安全をサポートするサービス「ドコッチサービス」を2019年3月31日(日)に終了すると発表しています。

ドコッチサービスは、各種センサーおよび通信機能を搭載したウェアラブル製品「ドコッチ 01(型番:DC01)」を装着することによって子どもの様子をいつでも確認できるサービスとして2015年4月4日から提供しています。

しかしながら、利用者のニーズと市場環境を踏まえて、経営資源を集中すべくサービスの提供を終了することにしたとのこと。なお、位置検索サービス「イマドコサーチ」などのドコッチサービス以外については引き続きドコッチ 01で利用可能。

またサービス提供終了に先立って2018年3月31日(土)にドコッチサービスの新規申し込みおよびドコッチ 01の新規販売の受付を終了し、ドコッチ 01および「ドコッチおでかけアプリ」および「ドコッチアプリ」のサポートも2019年3月31日までとなるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。