S-MAX

Huawei

ファーウェイ、ワイモバイルショップでのSIMフリー製品の修理取次ぎや代替機貸し出しサービスを6月30日に終了!同社のカスタマーサービスセンターへ持ち込みか宅配に


Y!mobileショップにおけるファーウェイのSIMフリー製品修理取次ぎが終了に!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)がHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)のスマートフォン(スマホ)などのSIMフリー製品の修理を全国のワイモバイルショップで取次ぎする業務について2018年6月30日(土)に終了すると案内しています。

合わせて修理中におけるスマホの代替機貸し出しサービスも終了します。これにより、7月以降はファーウェイ・カスタマーサービスセンター(銀座店・梅田店)への持ち込み(店頭修理)または宅配修理のみとなります。

続きを読む

ファーウェイ、SIMフリースマホ「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 Plus」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を4月18日16時より順次提供開始


SIMフリーのフラッグシップスマホ「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 Plus」がAndroid 8.0 Oreoに!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は18日、昨年6月に発売したSIMフリーのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P10(型番:VTR-K29B)」および「HUAWEI P10 Plus(型番:VKY-L29A)」(ともにHuawei Technologies製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年4月18日(木)16時より順次提供開始するとお知らせしています。

ファーウェイ・ジャパンでは今年1月よりHUAWEI P10およびHUAWEI P10 PlusにそれぞれAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを200人のベータテスター向けに提供し、当初は正式版をHUAWEI P10は3月下旬以降、HUAWEI P10 Plusは1月下旬以降に提供予定としていましたが、特にHUAWEI P10 Plusでは大幅に遅れていました。

今回新たにそれぞれ正式版がリリースされ、約1か月ですべての対象製品にソフトウェア更新が可能となる予定で、可能となった場合には対象の製品に更新通知が届くようになっています。なお、ファーウェイ・ジャパンのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップは日本では初。

また更新によってAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ以外にも独自ユーザーインターフェース「Emotion UI(EMUI)」の最新バージョン「EMUI 8.0」になるなどするということです。更新内容は以下の通り。

・EMUI8.0+Android8.0 へのアップデート
・システムの最適化、安定性向上
など


続きを読む

ファーウェイ、SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 lite」にAndroid 8.0 Oreoを2018年6月中旬に提供予定!4月17日より試せる先行テスターを200人募集中


ファーウェイがSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 lite」のAndroid 8.0 OreoへのOSアップデートテスターを募集中!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は10日、SIMフリーの最新スマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10 lite」(Huawei Technologies製)について最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を先行して試せるベータテスターを募集するとお知らせしています。

募集人数は200人で、応募期間は2018年4月10日(火)から4月15日(日)まで。対象者には2018年4月17日(火)に連絡が行き、同日以降に先行してAndroid 8.0 Oreoと独自ユーザーインターフェース「EMUI 8.0」へのソフトウェア更新が提供開始される予定。テスト期間は2018年4月27日(金)まで。

正式版は2018年6月中旬に提供開始される見込みですが、品質向上のため遅れる場合もあるとのこと。同社ではすでに「HUAWEI Mate 9」や「HUAWEI P10 Plus」、「honor 9」におけるAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップのベータテスターを実施していましたが、現状では提供開始予定時期は過ぎているものの、正式版は配信されていません。

続きを読む

SoftBank・Y!mobile向けと見られる未発表のファーウェイ製スマホ「704HW」がWi-Fi Allianceの認証を通過!HUAWEI nova lite 2と同等モデルか


ソフトバンク/ワイモバイル向けスマホ「704HW」が認証通過!写真はSIMフリー版のHUAWEI nova lite 2

無線LAN製品の普及促進を図ることを目的とした業界団体のWi-Fi Allianceは30日、ソフトバンク向けと見られるHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製スマートフォン(スマホ)「704HW」が認証通過したことを2018年3月30日(金)に公開しています。

型番ルールからソフトバンクが展開する携帯電話サービス「SoftBank」または「Y!mobile」(もしくはその両方)向けと見られ、公開されている資料には「Product」として「HL2FIGOM」と記載されているため、ファーウェイのFIGシリーズとして展開されている製品に相当するだと予想されます。

FIGシリーズは日本では「HUAWEI nova lite 2」(型番:FIG-LA1)として販売されており、他の国・地域では「HUAWEI P smart」(型番:FIG-LX1など)や「HUAWEI Enjoy 7S」(型番:FIG-AL10やFIG-TL10など)となっており、どれも低価格ながらアスペクト比9:18の縦長画面とデュアルリアカメラを搭載したモデルです。

これまでにもワイモバイル向けにはすでにSIMフリー版が販売されていた「HUAWEI nova lite」が「HUAWEI nova lite for Y!mobile(型番:608HW)」として発売されたりしているため、同様にワイモバイル向けのHUAWEI nova lite 2となる可能性が最も高そうです。

一方、現時点ではソフトバンク向けのファーウェイ製は「MediaPad M3 Lite s 702HW」までが正式発表されているため、704HWの前の「703HW」も存在すると思われ、その場合はSoftBank版とY!mobile版がそれぞれ703HWと704HWになるケース、もしくは703HWはまったく別の製品になるケースなどが考えられます。

続きを読む

ファーウェイ×ポルシェのプレミアムスマホ「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate RS」が発表!縦長フルディスプレイデザインで、画面内指紋認証やワイヤレス充電、トリプルリアカメラなど


最高級スマホ「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate RS」が登場!

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は27日(現地時間)、フランス・パリにてプレスカンファレンス「HUAWEI P20 SEE M◯◯◯RE WITH AI」を開催し、同社の新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20」およびその上位モデル「HUAWEI P20 Pro」、ポルシェデザインモデル「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate RS」、廉価モデル「HUAWEI P20 lite」などを発表しています。

すでにHUAWEI P20・HUAWEI P20 Proについて紹介しましたが、続いてPORSCHE DESIGN HUAWEI Mate RSを紹介します。ベースモデルはどちらかというと「HUAWEI Mate 10 Pro」に近く、解像度はより高精細になっていますが、アスペクト比9:18の約6インチQHD+(1440×2880ドット)有機EL「FullView Display」(約538ppi)を搭載し、新たに背面にはHUAWEI P20 Proと同じくトリプルリアカメラを搭載したプレミアムモデルです。

また背面に指紋センサーを搭載しているほか、同社初の画面内指紋センサーも搭載しており、さらにこちらも同社初となるワイヤレス充電にも対応しているとのこと。これまでにもポルシェと協業してデザインした“PORSCHE DESIGN”モデルが販売されてきましたが、さらに一歩踏み込んだオリジナルモデルとなっていて商品名のRSは「Race Sport」を意味するとのこと。

発売時期は発表会が実施されたフランスなどの最も早い1次販売国・地域では4月12日となっており、価格は256GBモデルが1,695ユーロ(約222,000円)、512GBモデルが2,095ユーロ(約275,000円)。なお、現時点では日本での販売については明らかにされていません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。