S-MAX

IIJmio

携帯電話サービス「IIJmio」の契約と同時にセットでSIMフリースマホなどの製品を購入する場合に初期費用を抑えられる「IIJmioアシストオプション」がビックカメラグループで提供開始


IIJmioアシストオプションが2月1日にスタート!

インターネットイニシアティブ(IIJ)は30日、NTTドコモやauの回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )の契約と同時にセットで一部のSIMフリー製品を「ビックカメラ」グループの店頭で購入する場合に購入代金をサポートする「IIJmioアシストオプション」を2018年2月1日(木)に提供開始すると発表しています。

取扱店舗は「BIC SIM即時発行店舗」全店。これにより、SIMフリーのスマートフォン(スマホ)などの製品を購入する場合に初期負担を軽減できるとのこと。ただし、IIJmioの契約は「BIC SIM」も含まれるものの、新規契約のみですでにBIC SIMを含むIIJmioを利用中の場合は利用できないということです。

メニューは月額加算料500円から3,000円までの500円刻みで6つあり(金額はすべて税抜)、製品価格を超えるメニューは選択できず、支払期間は12ヵ月もしくは24ヵ月を選択可能で、製品価格からIIJmioアシストオプション対象額を引いた差分の金額を購入時に支払う形となっています。

例えば、30,000円の製品をIIJmioアシストオプション2,000(月額加算料=2,000円)の適用期間12ヵ月で利用した場合は、2,000円×12ヶ月=24,000円は毎月のIIJmioの利用料とともにIIJmioアシストオプションとして支払い、製品購入時には残りの6,000円を払うことになります。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 4カスタマイズモデル」を一部MVNOで限定発売!Snapdragon 630や4GB RAMなどを搭載した廉価版


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 4 ZE554KL」のS630モデルが一部MVNOで販売開始!

ASUS JAPANは22日、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 4(型番:ZE554KL)」のSnapdragon 630搭載モデルを「ZenFone 4 カスタマイズモデル」として一部の仮想移動体通信事業者(MVNO)にて限定発売するとお知らせしています。

海外ではZenFone 4 ZE664KLにはSnapdragon 660とSnapdragon 630を搭載したモデルが同時に発表されましたが、日本ではこれまでSnapdragon 660を搭載したモデルのみが販売されていました。

今回、より販売価格が安いSnapdragon 630がZenFone 4カスタマイズモデルとして投入されることになり、現時点では「IIJmio」および「イオンモバイル」、「DMMモバイル」にて2017年11月22日(水)より順次販売され、取り扱うMVNOも今後順次拡大予定となっています。

続きを読む

IIJmioの中の人が格安SIMのサポートについて解説!人気の携帯電話系ユーザーイベント「IIJmio meeting 17」における初心者向けセッションと展示ブースを紹介【レポート】


格安SIMのことがわかるユーザーイベント「IIJmio meeting 17」を紹介!

NTTドコモなどの大手携帯電話会社(MNO)から回線を借りて携帯電話サービスを提供している仮想移動体通信事業者(MVNO)ではシェア争いのトップ集団にいる「IIJmio」などを展開するインターネットイニシアティブ(以下、IIJ)。

毎月の携帯電話利用料を安く抑えることができる「格安SIM」が話題となっていますが、その多くがMVNOであることからIIJの注目度も高くなっており、同社は格安SIMやMVNOなどの理解を深めてもらうためにユーザー向けイベント「IIJmio meeting」を年4回開催しています。

その第17回目となる「IIJmio meeting 17」が大阪と東京で開催されました。筆者もこのうちの2017年10月14日(土)に東京・飯田橋にあるIIJ本社にて行われた東京会場に参加してきましたので、今回は主に初心者向けセミナーと展示ブースについて紹介したいと思います。

続きを読む

ファーウェイのダブルレンズカメラ搭載の新しいSIMフリースマホ「honor 9」は格安SIMとセットなら本体代3万3048円から!各社の価格や特典をまとめーー割高ながら単体購入も可能


SIMフリースマホ「honor 9」の価格やキャンペーンをチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は10日、背面にダブルレンズカメラを搭載したガラスボディーの新しいSIMフリースマートフォン「honor 9」(Huawei Technologies製)を2017年10月12日(木)に発売しました。

海外では「Huawei」ブランドとは異なり、若者などの先進的な人向けの「Honor」ブランドとして展開しており、日本でもこれまでは「楽天モバイル」と公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」のオンラインのみで販売してきましたが、新たに販売チャネルとして「IIJmio」および「イオンモバイル」、「NTTコムストア by gooSimseller」が追加されました。

一方で今のところはファーウェイ・オンラインストアでは販売されておらず、価格も従来製品の「honor 6 Plus」の49,464円、「honor 8」の46,224円と比べるとやや割高感のある58,104円となり、どちらかというと各販売チャネルの仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス(いわゆる「格安SIM」)とのセットによる割り引きを前提とした設定となっています。

例えば、最も割り引かれているNTTコムストア by gooSimsellerでは「OCN モバイル ONE」の音声SIMの契約が必須の「らくらくセット」でSIMカード初期費用3,240円を含めて36,288円で、本体代金は実質的に33,048円となっています。そこで今回は各社の販売価格をまとめて紹介します(すべて税込)。

続きを読む

ファーウェイがダブルレンズカメラ搭載スマホ「honor 9」を10月12日に発売!次期最上級スマホ「HUAWEI Mate 10」の年内日本投入も明らかにされた発表会を紹介【レポート】


勢い増すファーウェイが特有の光沢感が美しいSIMフリースマホ「honor 9」を発表!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は10日、都内にて「新製品発表会」を開催し、前面だけでなく背面もガラス製で特有の光沢感が魅力となっているスマートフォン(スマホ)「honor」シリーズの最新モデルとなる「honor 9」(Huawei Technologies製)を発表しました。

主な仕様はディスプレイに約5.15インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶、チップセットにハイエンド向け「Kirin 960」、4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージ、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応(nanoSIMカード×2)、microSDカード(最大256GBまで)、3200mAhバッテリー、USB Type-C端子などとなっています。

日本市場では仮想移動体通信事業者(MVNO)の販路のみでの販売となっており、現時点では「楽天モバイル」および「IIJmio」、「イオンモバイル」、「NTTコムストア by gooSimseller」から販売されます。市場想定売価は53,800円(税別、以下同)で、発売日は10月12日(木)となっています。

今回は筆者も発表会に参加してきたので、さっそく会場の様子をプレゼンテーションの内容を中心にご紹介します。

なお、発表会ではレゼンテーション後に同社デバイス・プレジデントを務める呉波氏の囲み取材にて海外で10月16日に発表予定の次期プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 10」についても日本で年内に投入することが明らかにされました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。