S-MAX

IIJmio

楽天モバイルとIIJmioにてAndroid 9 PieへのOSバージョンアップに対応したSIMフリースマホ「Essential Phone PH-1」が販売開始!購入後すぐに更新して利用可能。発売記念キャンペーンも


RakutenとIIJからSIMフリースマホ「Essential Phone PH-1」が発売!

楽天およびインターネットイニシアティブジャパン(以下、IIJ)は11日、最新プラットフォーム「Android 9(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップがすでに提供されているSIMフリースマートフォン(スマホ)「Essential Phone PH-1」(Essential製)を2018年9月11日(火)10時に販売開始すると発表しています。

それぞれ各社が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」および「IIJmio」の契約(SIMカード)とセット、または楽天モバイルでは既存利用者による機種変更となっています。またIIJmioでは専用360°カメラがセットになった「Essential Phone 360°カメラセット」も販売。

価格(税別)は楽天モバイルでは新規契約が一括49,800円(分割2,241円/月×24回)、機種変更がWebからの申し込みなら44,820円、ショップでの購入が49,800円、IIJmioではEssential Phone PH-1のみが一括46,000円(分割1,950円/月×24回)、360°カメラセットが一括54,640円(分割2,310円/月×24回)。

両社ともに本体カラーはブラックムーンのみで、購入時はOSがAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)となっているため、ソフトウェア更新によってAndroid 9 PieへのOSバージョンアップを行う必要があります。なお、楽天モバイルでは一部店舗では9月15日(土)より販売受付を開始するとのこと。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:誰がために超小型スマホは鳴る。テクノロジーとウェブサービスの進化に裏打ちされたその魅力について考える【コラム】


小さなモバイル端末の魅力について考えてみた!

突然ですが、みなさんはフィーチャーフォン(ケータイ)やスマートフォン(スマホ)に何を求めるでしょうか。性能?画質?デザイン?ブランド?価格?……恐らくその基準は十人十色、さまざまにあるでしょう。また1つの基準のみで決まるものでもありません。

筆者の場合も性能であったりブランドであったりと購入の基準となるものは複数あり、新しいモバイル端末が登場する度に「これは買いか?自分が欲しいと思える端末か?」と何度も何度も検討し、時には同業のライター仲間の意見を聞いたりして判断するのですが、この判断基準を完全に逸脱するにもかかわらず我を忘れるように飛びついてしまう端末があるのです。それは「極端に小さい端末」です。

手のひらにすっぽりと収まるどころか指2本でも隠せてしまうような極小のケータイやスマホ。そんな存在にかつてどこかのアニメで見たスパイグッズやSF映画の小道具のような非現実感もしくは未来感を覚え、大人気なく心躍らせてしまうのです。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はまさに筆者の感性の原点たる「心躍る超小型モバイル端末」についてつらつらと語ってみたいと思います。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2018:個人向けサービス「IIJmio」での提供ももうすぐ!?インターネットイニシアティブ、柔軟な運用が可能な「フルMVNO」の概要などを展示【レポート】


いまよりもさらに通信費を抑えられるかも!?IIJのWJ2018ブースをレポート

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2018年5月23日(水)から5月25日(金)の3日間に渡って最新の無線技術の動向や関連するサービス・ソリューションなどが展示されるイベント「ワイヤレスジャパン2018」(主催:リックテレコムおよび日本イージェイケイ)が開催されています。

なお、今年は併催イベントとして「ワイヤレステクノロジーパーク 2018」および「運輸・交通システムEXPO 2018」、「ドローンソリューション&技術展」が同時開催です。

無線通信やモバイル、IoTを扱う企業が多数出展している展示会ということで、今年もさっそく取材へ行ってきましたので、数回に分けて会場内のブースなどのレポートをお送りしていきます。

まずは本記事で仮想移動体通信事業者(MVNO)として最大手の一角であるインターネットイニシアティブ(IIJ)の展示ブースの模様をお伝えします。

続きを読む

IIJの訪日客など向けプリペイドSIM「Japan Travel SIM」のフルMVNO版を購入して試してみた!セットアップ方法やライトMVNO版との比較も紹介【レポート】


shimajiro@mobiler

既報通り、インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービスにおいてコアネットワーク設備の一部である加入者管理機能(HLR/HSS)を自前で用意した「フルMVNO」によるサービスを3月15日に提供開始した。

当初は法人向けサービスのみであったが、4月2日より個人でも利用できるデータ通信サービス「Japan Travel SIM」のフルMVNO版を販売開始。Japan Travel SIMは2014年10月に発売された主に訪日客向けのプリペイドSIMカードで、フルMVNO版は同サービスの新パッケージという位置付けだ。

そこで今回はさっそくJapan Travel SIMのフルMVNO版を購入してみたので、これまで販売されてきたライトMVNO版との違いや、フルMVNO版のセットアップの方法などを紹介する。なお、IIJでは通常の個人向け「IIJmio」においても今夏にフルMVNOによるサービスを提供予定となっている。

続きを読む

IIJが日本初のフルMVNOによる携帯電話サービスを提供開始!NTTドコモ網で加入者管理機能(HLR/HSS)を保有・運用し、まずは法人向けと訪日向け「Japan Travel SIM」で提供


IIJが日本初のフルMVNOを提供開始!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は15日、新たに日本初の「フルMVNO」による携帯電話サービスを2018年3月15日(木)に提供開始すると発表しています。

まずは同日より法人向けモバイルデータ通信サービス「IIJモバイルサービス/タイプI」を提供し、利用形態に応じた多彩なプランを用意するとともに、IoTを始めとする特定用途に対して回線の効率化を実現するとのこと。

また2018年4月2日(月)より訪日外国人や一時帰国者向けのモバイルデータ通信サービス「Japan Travel SIM」をフルMVNOとして独自のSIMカードを発行し、新たに1.5GBと3GBのデータ通信量の入ったパッケージを提供します。

さらに一般的な個人向けサービス「IIJmio」においても今夏にフルMVNOによるサービスを提供予定だとしています。なお、同社ではこれまでにNTTドコモにフルMVNOを実現すべく加入者管理機能(HLR/HSS)連携に関する申し込みをしており、2017年度中に商用サービス開始をめざしていました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。