S-MAX

IIJmio

オッポジャパン、最新フラッグシップスマホ「OPPO R17 Pro」と大容量電池搭載スマホ「OPPO AX7」を発表!SIMフリーで12月中旬発売。楽天などが取り扱い


SIMフリースマホ「OPPO R17 Pro」と「OPPO AX7」が日本で発売に!

オッポジャパンは26日、都内にて「新製品記者説明会」を開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「OPPO R17 Pro(型番;CPH1877)」およびコストパフォーマンスの高い大容量バッテリー搭載スマホ「OPPO AX7(型番:CPH1901)」(ともにOPPO Mobile Telecommunications製)を発売すると発表しています。

発売時期は両機種ともに2018年12月中旬を予定しており、価格は市場想定価格(税別)がOPPO R17 Proが69,880円、OPPO AX7は29,880円で、販路は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)とのことで、同社ではヨドバシカメラやヤマダ電機、ビックカメラグループ、ノジマ、Amazon.co.jp、楽天モバイル、IIJmioなどが挙げられています。

各販路ともにSIMフリー製品として販売され、すでに楽天モバイルでは取り扱いを発表して予約受付を開始しており、発売記念キャンペーンを実施しています。なお、楽天モバイルでも実際に発売となる発送時期は12月中旬となっており、OPPO R17 Proについてはオンラインと一部店舗でのみの取り扱いになるとしています。

楽天モバイルにおける価格はOPPO R17 ProがSIMカードとセットとなる新規契約および他社から乗り換え(MNP)で税別69,880円(税込75,470円)、機種変更(オンライン)で税別62,892円(税込67,923円)、OPPO AX7が新規契約・MNPで税別29,880円(税込32,270円)ながらキャンペーン価格税別19,880円(税込21,470円)、機種変更(オンライン)で税別26,892円(税込29,043円)。

続きを読む

au回線のMVNOでiPhoneやiPadのテザリング機能「インターネット共有」が利用可能に!UQ mobileやmineo、IIJmioなどが案内。各社とも追加料金はなし


au回線のMVNOでiPhone・iPadのインターネット共有が使えるように!

au回線を借り入れて携帯電話サービスを提供している仮想移動体通信事業者(MVNO)において「iPhone」や「iPad」におけるテザリング機能「インターネット共有」が10月31日より利用可能となっています。

MVNO各社ではUQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄が提供する「UQ mobile」、ケイ・オプティコムが提供する「mineo」のAプラン、インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)が提供する「IIJmio」のタイプAにて使えるようになったことが案内されています。

続きを読む

オッポジャパンが最新フラッグシップスマホ「OPPO Find X」を11月上旬に発売!SIMフリーで価格は約12万円。スライド式カメラ搭載の全画面デザインモデル


OPPOが高性能なSIMフリースマホ「Find X」を日本で11月上旬発売!

オッポジャパンは19日、アスペクト比9:19.5の縦長な約6.4インチフルHD+(1080×2340ドット)有機EL(AMOLED)ディスプレイを搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X(型番:CPH1875)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を日本市場にて2018年11月上旬以降より順次発売すると発表しています。

市場想定価格は111,880円(すべて税別)で、販路はビックカメラグループおよびヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ノジマの家電量販店、IIJmioおよび楽天モバイルの仮想移動体通信事業者(MVNO)、Amazon.co.jpなどのECサイトで順次販売されます。

このうちの楽天モバイルでは10月19日16時からオンラインにてSIMカードとのセット販売および機種変更の受付を開始し、通常価格99,880円のところ8,000円割引の91,880円になる「Find X発売記念キャンペーン」を実施しています(オンラインによる機種変更のみ通常価格89,892円)。

さらに楽天モバイルではオンラインで新規契約した場合に「FCバルセロナ」とコラボレーションしたOPPOオリジナルリュック(非売品)も先着100人にプレゼントするとのこと。なお、楽天モバイルでは分割払いも利用可能。キャンペーン期間はオンラインでは12月20日(木)9:59まで、店舗では12月19日(水)閉店まで。

続きを読む

楽天モバイルとIIJmioにてAndroid 9 PieへのOSバージョンアップに対応したSIMフリースマホ「Essential Phone PH-1」が販売開始!購入後すぐに更新して利用可能。発売記念キャンペーンも


RakutenとIIJからSIMフリースマホ「Essential Phone PH-1」が発売!

楽天およびインターネットイニシアティブジャパン(以下、IIJ)は11日、最新プラットフォーム「Android 9(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップがすでに提供されているSIMフリースマートフォン(スマホ)「Essential Phone PH-1」(Essential製)を2018年9月11日(火)10時に販売開始すると発表しています。

それぞれ各社が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」および「IIJmio」の契約(SIMカード)とセット、または楽天モバイルでは既存利用者による機種変更となっています。またIIJmioでは専用360°カメラがセットになった「Essential Phone 360°カメラセット」も販売。

価格(税別)は楽天モバイルでは新規契約が一括49,800円(分割2,241円/月×24回)、機種変更がWebからの申し込みなら44,820円、ショップでの購入が49,800円、IIJmioではEssential Phone PH-1のみが一括46,000円(分割1,950円/月×24回)、360°カメラセットが一括54,640円(分割2,310円/月×24回)。

両社ともに本体カラーはブラックムーンのみで、購入時はOSがAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)となっているため、ソフトウェア更新によってAndroid 9 PieへのOSバージョンアップを行う必要があります。なお、楽天モバイルでは一部店舗では9月15日(土)より販売受付を開始するとのこと。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:誰がために超小型スマホは鳴る。テクノロジーとウェブサービスの進化に裏打ちされたその魅力について考える【コラム】


小さなモバイル端末の魅力について考えてみた!

突然ですが、みなさんはフィーチャーフォン(ケータイ)やスマートフォン(スマホ)に何を求めるでしょうか。性能?画質?デザイン?ブランド?価格?……恐らくその基準は十人十色、さまざまにあるでしょう。また1つの基準のみで決まるものでもありません。

筆者の場合も性能であったりブランドであったりと購入の基準となるものは複数あり、新しいモバイル端末が登場する度に「これは買いか?自分が欲しいと思える端末か?」と何度も何度も検討し、時には同業のライター仲間の意見を聞いたりして判断するのですが、この判断基準を完全に逸脱するにもかかわらず我を忘れるように飛びついてしまう端末があるのです。それは「極端に小さい端末」です。

手のひらにすっぽりと収まるどころか指2本でも隠せてしまうような極小のケータイやスマホ。そんな存在にかつてどこかのアニメで見たスパイグッズやSF映画の小道具のような非現実感もしくは未来感を覚え、大人気なく心躍らせてしまうのです。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はまさに筆者の感性の原点たる「心躍る超小型モバイル端末」についてつらつらと語ってみたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。