S-MAX

MVNE

SoftBankのiPhoneがそのまま使える!ソフトバンク回線のMVNOとして「b-mobile S 開幕SIM」や「U-mobile S」が3月22日に提供開始――データ通信のみで月1GBの月額950円から


ソフトバンク回線のMVNOがサービス開始!

日本通信(以下、JCI)が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「b-mobile」において新たにソフトバンクから回線を借り入れた「b-mobile S 開幕SIM」を2017年3月22日(水)より提供しています。

対応する機種はiPhone 5以降およびiPad全機種(Wi-Fi+Cellularモデル)で、ともにSoftBankが販売するSIMロックがかかったモデルおよびSIMフリー版、NTTドコモやauなどから販売されている製品をSIMロック解除したもので利用可能。

まずはデータ通信のみに対応し、月額料金は月当たり1GBの高速データ通信量で税別880円(税込950円)からで、月3GB・7GB・30GBの4プランが用意されています。SMSオプションもなし。最低利用期間もなし。

またU-NEXTも同日よりMVNOとして提供する携帯電話サービス「U-mobile」においてソフトバンク回線の「U-mobile S」を提供開始。U-mobile公式WebサイトやU-NEXTストアのほか、ヨドバシカメラやビックカメラ、PC DEPOT、ZOA、コジマ(一部)、ソフマップ(一部)などといった店舗でも販売されます。

こちらもJCIが仮想移動体サービス提供者(MVNE)を行って提供されます。サービスの基本内容はほぼ同じですが、キャンペーンで2017年4月30日(日)までにU-mobile Sを契約し、2017年6月1日()時点で継続利用している場合に抽選で10人にiTunesカード10,000円分をプレゼントするということです。

続きを読む

エコノミカル、貯めたポイントで利用料を割り引けるMVNOサービス「ロケットモバイル」を提供開始!上限最大200Kbpsで無制限の月額298円プランなどーー6ヶ月間無料からのキャンペーンも


利用料0円も夢じゃない!貯めたポイントで割り引ける格安SIM「ロケットモバイル」がスタート

エコノミカルは16日、NTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「ロケットモバイル」( https://rokemoba.com )を提供開始したと発表しています。

上下最大200Kbpsに制限されつつ、月間データ通信量が無制限で月額298円の「神プラン」をはじめ、月間データ通信量が1〜7GBまでの各プランが用意されている格安SIMで、特長はスマートフォン(スマホ)でできる簡単な案件を行なうことで取得できる「ロケポイント」を貯めることで、通信費から1ポイント=1円で割り引くことができることです。

また、サービス開始に合わせ、2016年5月末までに申し込んだ場合に毎月の利用料を6ヶ月間最大500円割り引く「ロケットスタートキャンペーン」を実施するとしています。なお、神プランでは割引は298円となります(すべて税別)。

さらに2016年5月25日(水)から27日(金)まで東京ビッグサイトで開催される展示会「WIRELESS JAPAN 2016」に出展し、初期契約事務手数料が無料になるクーポンを配布するということです。

続きを読む

STnet、NTTドコモとauの回線を利用したMVNOによる携帯電話サービス「Fiimo」を2月15日に提供開始!先行予約で申し込むと最大8ヶ月が無料になるなどのキャンペーンも実施中


新しい格安SIMサービス「Fiimo」が2月15日にスタート!

四国電力子会社のSTnetが大手携帯電話会社から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「Fiimo(フィーモ)」( http://fiimo.jp )を2016年2月15日(月)に開始すると発表しています。

サービス開始に先立って2016年1月23日(土)から2月14日(日)まで「ウルトラお得な先行予約キャンペーン」を実施しており、先行予約して3月14日(月)までに申し込むと最大8カ月間に渡って月額基本料から毎月900円(税別)の割り引れるほか、特製「ウルトラマン」トートバッグがプレゼントされるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。