S-MAX

PayPay

スマホなど向けコード決済サービス「PayPay」が「100万円もらえちゃうキャンペーン」を3月15〜31日に実施!銀行口座登録で100万円を10人、10万円を1000人にプレゼント


スマホなど向けコード決済サービス「PayPay」が100万円もらえちゃうキャンペーンを実施!

ソフトバンクとヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)の共同出資会社であるPayPayは15日、同社のスマートフォン(スマホ) など向け決済サービス「PayPay」において新規登録および初めて銀行口座を登録した場合を対象に抽選でPayPayボーナスをプレゼントする「100万円もらえちゃうキャンペーン」( https://www.paypay-corp.co.jp/notice/20190315/01/ )を2019年3月15日(金)12:00から31日(日)12:00まで実施すると発表しています。

まず新規登録した場合には500円相当が10万人に当たり、初めて銀行口座を登録した場合には100万円相当が10人、10万円相当が1000人に当たるとのこと。なお、新規登録と初めて銀行口座を登録は重複して当選することはないとしています。

続きを読む

東海エリアのJR駅構内などにある「キヨスク(KIOSK)」がスマホなど向けコード決済サービスを9月1日に導入!電子マネーやクレジットカードも6月下旬までに全店舗で利用可能


東海キヨスクがスマホなど向けコード決済サービスを導入予定!

東海キヨスクは21日、同社が展開する東海エリアにおける「キヨスク(KIOSK)」(グランドキヨスクおよびギフトキヨスク、ベルマートキヨスクを含む)の全店舗(一部除く)にてスマートフォン(スマホ)など向けコード決済サービスを2019年9月1日(日)に導入する予定だと発表しています。

対応予定の決済サービスは「楽天ペイ(アプリ決済)」および「d払い」、「PayPay」、「LINE Pay」、「au PAY(2019年4月サービス開始予定)」、「ゆうちょPay(2019年5月サービス開始予定)」、「Alipay(支付宝)」、「WeChat Pay(微信支付)」とのこと。

また現在、一部店舗にて提供している電子マネー「楽天Edy」や「iD」、「QUICPay」およびクレジットカード「VISA」や「JCB」、「Mastercard」、「AMERICAN EXPRESS」、「DC」、「UC」、「NICOS」なども2019年6月下旬をめどに全店舗で利用可能となるということです。

これにより、同社では訪日旅行客(インバウンド)を含めてキヨスクを利用する国内外の人の利便性向上に加え、決済時間の短縮などによって店舗オペレーションの軽減・省力化にも寄与し、将来に向けて人手不足対策の一助にもなると考えているとしています。

続きを読む

スマホなど向けコード決済サービス「PayPay」が「第2弾100億円キャンペーン」を2月12日から実施!最大20%還元や最大5回に1回全額還元も1回の買い物での付与上限などの制限が追加


スマホ向けコード決済サービス「PayPay」が第2弾100億円あげちゃうキャンペーンを実施!

ソフトバンクとヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)の共同出資会社であるPayPayは4日、同社のスマートフォン(スマホ)向け決済サービス「PayPay」において2019年2月12日(火)から2019年5月31日(金)まで支払額の一部または全額を還元する「第2弾100億円キャンペーン」( https://paypay.ne.jp/promo/10billion-campaign/ )を実施すると発表しています。

また第2弾100億円キャンペーンとは別に本日2月4日(月)12時から2月12日(火)午前8時まで、初めてPayPay残高にチャージした人のうちで5,000円以上をチャージした人を対象に1,000円相当のPayPayライト(2月22日前後に付与予定)を付与するキャンペーンを実施しています。

続きを読む

100億円あげちゃうキャンペーンで大ブレイク!?20%還元の火付け役となったコード決済サービス「PayPay」の仕組みを説明。不正利用は全額補償し、3Dセキュアも導入へ【レポート】


まさかの開始から10日で100億円あげちゃうキャンペーンが終了!不正利用など、良くも悪くも話題のPayPay

昨年の年末は日本でもキャッシュレス決済が盛り上がりを見せたが、その火付け役となったのがソフトバンク系のQRコード決済サービス「PayPay」だ。

その後、各サービスが続いた“20%キャッシュバック”を「100億円あげちゃうキャンペーン」として実施し、特に通常は定価で販売されている商品の購入をお得にできるとして一部の量販店では行列もできるほどに一気に知名度を増した。

一方でタイミングも悪く、PayPayの仕組み的に決済時にネットワーク回線が必要となるため、2018年12月6日に起きたSoftBankやY!mobileなどの携帯電話サービスの障害によってPayPayも使えなくなったほか、利用増によってサービスが使えないといったことが度々起きて話題となった。

これに続き、PayPayに登録したクレジットカードが不正利用されたといった噂も出て、システムとしての脆弱性も指摘され、同社はセキュリティコードを含むクレジットカード情報の入力回数に制限を設け、クレジットカード利用時の上限金額を5万円に設定した。

さらに最終的に他のサービスでは対応している「3Dセキュア(本人認証サービス)」の導入を2019年1月に行い、3Dセキュアの設定の有無によってクレジットカード利用時の上限金額をそれぞれ異なる範囲とし、さらに不正利用があった場合には全額を補償すると発表した。

このようにさまざまな問題もあったPayPayだが、知名度向上を含めたスタートダッシュを決めるキャンペーンとしては、他社のQRコード決済サービスと比べて大成功だったのではないだろうか。さらに日本で爆発的に拡がるかは今後の動き、特に2019年は重要な年となるだろう。

そこで今回は、同社が11月22日に行った「『PayPay』の新しい取り組みに関する記者発表会」において説明された利用促進キャンペーンや仕組みについてもう一度振り返り、PayPayの特徴を見ていきたいと思う。

続きを読む

ミニストップでスマホを利用したQR・バーコード決済が12月17日より利用可能に!楽天ペイおよびPayPay、LINE Payが対応し、各サービスでキャンペーンも実施


ミニストップが12月17日より楽天ペイ・PayPay・LINE Payに対応!

ミニストップは3日、全国のコンビニエンスストア「ミニストップ」(2018年10月末時点で2225店舗)にて2018年12月17日(月)0時より新たな決済手段として注目を集めているスマートフォン(スマホ)を活用したコード払いを導入すると発表しています。

対応するコード払は「楽天ペイ(アプリ決済)」および「PayPay」、「LINE Pay」となっており、導入に合わせて各コード払いにてキャンペーンが実施されますが、PayPayについてはすでに「100億円あげちゃうキャンペーン」の還元額が100億円に到達したため、ミニストップで利用できる前に12月13日に終了しています。

その他のキャンペーンは、楽天ペイでは常時開催ですが、はじめて利用する人を対象にエントリー後、同月内に合計支払額が5,400円(税込)以上で「楽天スーパーポイント」を1,000ポイントプレゼント、LINE Payではコード払いを利用すると通常のポイント還元率(0.5〜2%)に「+3%」を2019年7月31日(水)まで上乗せして還元します。

なお、LINE Payではさらに別途、支払額の20%還元する「Payトクキャンペーン」を2018年12月31日(月)まで実施しており、併用可能とのことなので最大25%還元となります。還元はLINEポイントとなりますが、LINEポイントは1ポイントからLINE Pay残高に1ポイント=1円で交換できるので、交換すれば買い物や送金などに利用可能です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。