S-MAX

SO-01K

NTTドコモおよびau、ソフトバンクがソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」を11月10日に発売!気になる各社での価格をまとめて紹介


Xperia XZ1がdocomoとau、SoftBankから11月10日に発売!

NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー電話は6日、ソフトバンクは7日、今冬に発売する「2017年冬モデル」の約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」(約424ppi)やオクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)をそれぞれ2017年11月10日(金)に発売すると発表しています。

NTTドコモ向け「Xperia XZ1 SO-01K」およびau向け「Xperia XZ1 SOV36」、SoftBank向け「Xperia XZ1 701SO」が同日に発売され、すでに各社ともに専門ショップや量販店などの店頭および公式Webストアにて事前予約受付を実施しています。また公式Webストア「ドコモオンラインショップ」および「au Online Shop」、「ソフバンクオンラインショップ」では価格も案内されていますのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモが「Xperia XZ1 SO-01K」と「AQUOS sense SH-01K」、「Galaxy Feel SC-04H」の新色Aurora Greenを11月10日に発売!オンラインショップでは11月8日10時に購入手続きが開始


docomoがXperia XZ1とAQUOS sense、Galaxy Feelの新色を11月10日発売!

NTTドコモは6日、今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」のうちのスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 SO-01K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)および「AQUOS sense SH-01K」(シャープ製)を2017年11月10日(金)に発売すると発表しています。また合わせて「2017年夏モデル」として発売されたスマホ「Galaxy Feel SC-04H」(サムスン電子製)の新色「Aurora Green」も11月10日に発売されます。

すでに各機種ともにドコモショップなどの店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて事前予約受付を実施しており、ドコモオンラインショップでは発売に先立って2017年11月8日(水)10時以降にそれぞれの購入手続きが開始されます。なお、価格もすでに案内されていますのでまとめて紹介します(金額はすべて税込)。

その他、NTTドコモではAQUOS sense SH-01Kの発売に合わせて「AQUOS sense SH-01K 購入キャンペーン」を実施し、購入した場合に冊子「AQUOS sense SH-01K 活用ガイド」をプレゼントするほか、購入後に専用キャンペーンサイトから応募すると抽選で360人にヘルシオグリエやコードレスサイクロン、プラズマクラスタースカルプエステ、超音波ウォッシャーが当たると案内しています。

続きを読む

NTTドコモ向け最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1 SO-01K」を写真と動画で紹介!新機能「3Dクリエーター」で3Dプリンタ用データ出力可能【レポート】


大人気のXperiaシリーズ「Xperia XZ1 SO-01K」が登場!

既報通り、NTTドコモは18日、今冬および来春に発売する「2017-2018冬春モデル」を発表し、約5.2インチのフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileやオクタコアCPU、Motion Eyeカメラなどを搭載し、いち早く最新プラットフォームAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)を採用したスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 SO-01K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2017年11月上旬に発売します。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約受付を実施中で、本体価格は86,184円、実質負担額で新規契約および機種変更で36,288円、他社から乗り換え(MNP)で26,568円となっています(価格は税込)。

Xperia XZ1 SO-01Kはソニーモバイルコミュニケーションズが全世界で今冬に投入する「Xperia XZ1」のNTTドコモ版で、auソフトバンクでも発売が予定されています。

今回は発表会における展示会場でXperia SO-01Kの実機をタッチ&トライすることができましたので、写真や動画で紹介したいと思います。製品詳細については「NTTドコモ、最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1 SO-01K」を発表!Android 8.0 OreoやSnapdragon 835、4GB RAM、Motion Eyeカメラなどで11月上旬に発売 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む

NTTドコモおよびau、SoftBankがソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」を予約受付中!気になる各社での価格をまとめて紹介


最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」のdocomoとau、SoftBankの価格をチェック!

ソニーモバイルコミュニケーションズから日本でも11月上旬以降に販売開始される最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1」。新たにHDRに対応した約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶に加え、最新ハイエンドチップセット「Snapdragon 835」を搭載し、外観も従来までの「Xperia」シリーズを踏襲したまさに王道を征く製品となっています。

現時点ではNTTドコモ向け「Xperia XZ1 SO-01K」およびSoftBank向け「Xperia XZ1 701SO」が11月上旬、au向け「Xperia XZ1 SOV36」が11月中旬に発売予定となっており、すでに各社では各店頭や公式Webストアにて事前予約受付を実施しています。そこで今回は、これらの3機種についてまとめて価格(税込)を紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1 SO-01K」を発表!Android 8.0 OreoやSnapdragon 835、4GB RAM、Motion Eyeカメラなどで11月上旬に発売


docomoが新スマホ「Xperia XZ1 SO-01K」を発表!11月上旬発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」(約424ppi)やオクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 SO-01K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

発売時期は2017年11月上旬を予定し、本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は本体代金が86,184円で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更なら36,288円、他社から乗り換え(MNP)なら26,568円。

Xperia XZ1 SO-01Kは今年8月に発表されたSonyブランドのフラッグシップモデル「Xperia XZ」シリーズの最新機種「Xperia XZ1」のNTTドコモ版で、日本ではすでにau向け「Xperia XZ1 SOV36」およびSoftBank向け「Xperia XZ1 701SO」が発売されることが案内されています。

今夏に発売された「Xperia XZs SO-03J」と同様にSonyが独自開発した「Motion Eyeカメラ」システムを搭載し、新たにチップセットがQualcomm製「Snapdragon 835(MSM8998)」となり、カメラの起動から撮影までが最速0.5秒になったほか、LTE UE Category 15・16による4×4 MIMOや3CC CA、256QAMに対応し、NTTドコモでは下り最大788Mbpsおよび上り最大50Mbpsで利用可能となっています。

さらに10月末より提供が開始される4波のキャリアアグリゲーション(4CA)にも対応し、下り最大788Mbps以外のエリアでも下り最大644Mbpsで利用可能に。もちろん、防水・防塵(IPX5およびIPX8、IP6X準拠)や指紋認証のほか、日本市場でニーズの高いおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ、フルセグにも対応しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。