docomoが新スマホ「Xperia XZ1 SO-01K」を発表!11月上旬発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」(約424ppi)やオクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 SO-01K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

発売時期は2017年11月上旬を予定し、本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は本体代金が86,184円で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更なら36,288円、他社から乗り換え(MNP)なら26,568円。

Xperia XZ1 SO-01Kは今年8月に発表されたSonyブランドのフラッグシップモデル「Xperia XZ」シリーズの最新機種「Xperia XZ1」のNTTドコモ版で、日本ではすでにau向け「Xperia XZ1 SOV36」およびSoftBank向け「Xperia XZ1 701SO」が発売されることが案内されています。

今夏に発売された「Xperia XZs SO-03J」と同様にSonyが独自開発した「Motion Eyeカメラ」システムを搭載し、新たにチップセットがQualcomm製「Snapdragon 835(MSM8998)」となり、カメラの起動から撮影までが最速0.5秒になったほか、LTE UE Category 15・16による4×4 MIMOや3CC CA、256QAMに対応し、NTTドコモでは下り最大788Mbpsおよび上り最大50Mbpsで利用可能となっています。

さらに10月末より提供が開始される4波のキャリアアグリゲーション(4CA)にも対応し、下り最大788Mbps以外のエリアでも下り最大644Mbpsで利用可能に。もちろん、防水・防塵(IPX5およびIPX8、IP6X準拠)や指紋認証のほか、日本市場でニーズの高いおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ、フルセグにも対応しています。

続きを読む