S-MAX

SONY

東京ゲームショウ2016:今年も水着のお姉さんがプールでアピール!防水でゲームがもっと楽しめるXperiaブースを写真で紹介――「Xperia XZ」や「Xperia X Compact」は?【レポート】


水着のお姉さんがお風呂で使えるXperiaを東京ゲームショウでアピール!

千葉・幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ 2016(TGS 2016)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)。一般公開の9月17日(土)・18日(日)に先駆け、15日(木)・16日(金)に開催されたビジネスデイにて取材したソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia」ブースを紹介したいと思います。

過去の東京ゲームショウと同様にXperiaブースは、PS4リモートプレイの試遊台セクションやXperiaの防水性能アピールしたり、さまざまなイベント&トークショーを開催するイベントセクション、CMでお馴染みの「だから私は、Xperia」のフリップを持って撮影する「Xperia SNAP」セクションの3つで構成されています。

続きを読む

ソニー、外観を変えられるアクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパー腕時計「FES Watch U」を発表!スマホから柄の追加も可能に


ゼロから始めるスマートフォン

ソニーは29日、時計の文字盤部分とリストバンド部分が電子ペーパーとなっており、表示を変えられる腕時計「FES Watch」シリーズの第2弾プロダクト「FES Watch U」のクラウドファンディングを開始したと発表しています。

新たにアクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーを採用し、好みのデザインをアプリで追加できるようになっています。

ラインナップはPREMIUM BLACK(税込59,940円)、SILVE(税込49,680円)、WHITE(税込49,680円)の3種類。

続きを読む

Sony、5.2インチフルHD液晶搭載のフラッグシップスマホ「Xperia XZ」を発表!指紋センサーやUSB Type-C、Snapdragon 820、3GB RAMなどーー日本でも発売予定


ソニーがフラッグシップスマホ「Xperia XZ」を発表!

Sonyは1日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2016年9月2日(金)から9月7日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2016」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、Sonyブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ」およびコンパクトスマホ「Xperia X Compact」(Sony Mobile Communications製)を発表しています。

Xperia XZは夏モデルとして登場したフラッグシップスマホ「Xperia X Performance」が約5インチだったのに対し、これまでの「Xperia Z」シリーズの「Xperia Z5」などと同様に約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載したハイエンドモデルです。

チップセット「Snapdragon 820(MSM8996)」(64bit対応クアッドコアCPU)やUSB Type-Cといった最新仕様に対応したほか、外装には神戸製鋼のアルミニウム純度・輝度が高いアルカレイドという金属素材を採用し、デザインはよりスクウエアとなっています。Xperia X Compactとは異なり、防水・防塵や4K動画撮影に対応。

両機種ともに日本を含めた各市場で2016年秋以降に発売する予定で、Xperia XZは9月以降に発売されます。日本での販売される携帯電話会社は明らかにされていませんが、これまでもXperiaシリーズはNTTドコモなどの各社が扱ってきたため、それらから販売される可能性は高いと思われます。

続きを読む

Sony、4.6インチHD液晶搭載のコンパクトスマホ「Xperia X Compact」を発表!指紋センサーやUSB Type-C、64bit対応ヘキサコアCPU、3GB RAMなどーー日本でも発売予定


ソニーがコンパクトフラッグシップスマホ「Xperia X Compact」を発表!

Sonyは1日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2016年9月2日(金)から9月7日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2016」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、Sonyブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ」およびコンパクトスマホ「Xperia X Compact」(Sony Mobile Communications製)を発表しています。

Xperia X Compactは「Xperia Z5 Compact」などと同じく約4.6インチHD(720×1280ドット)液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載し、これまでは上位モデルと同じチップセットを搭載したハイエンドコンパクトでしたが、Xperia X Compactはミドルレンジクラスのチップセットに「Snapdragon 650(MSM8956)」を採用。また、防水仕様も見送られています。

一方、内蔵メモリー(RAM)は3GBに増量され、指紋センサーは引き続き右側面の電源キーに搭載し、新たに充電および通信のための端子がUSB Type-Cになっています。また、Xperia X Performanceと同様に4K動画撮影も非対応。

両機種ともに日本を含めた各市場で2016年秋以降に発売する予定で、Xperia X Compactは10月以降に発売されます。日本での販売される携帯電話会社は明らかにされていませんが、これまでもXperiaシリーズはNTTドコモなどの各社が扱ってきたため、それらから販売される可能性は高いと思われます。

続きを読む

Sony、IFA 2016にて9月1日にプレスカンファレンスを開催!次期スマホ「Xperia XZ」と「Xperia X Compact」などを発表か?


SonyがIFA 2016で9月1日に発表会を開催!Xperiaの新機種も発表へ

Sony(ソニー)がドイツ・ベルリンにて2016年9月2日(金)から9月7日(水)まで開催される世界最大級の国際コンシューマ・エレクトロニクスショー「IFA 2016」に合わせて現地時間(CEST)の2016年9月1日(木)13時よりプレスカンファレンスを実施すると案内されています。

日本時間では9月1日20時から。会場はMesse Berlinの「Hall 20, Stand 101」。毎年、Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)のスマートフォン(スマホ)およびタブレット「Xperia」シリーズの下期のフラッグシップモデルが発表されているIFAだけに今年も戦略製品が発表されると見られます。

特にすでに削除されていますがソニーモバイルのチェコ向けWebサイトにてPS4 リモートプレイの対応機種に未発表の「Xperia XZ」と「Xperia X Compact」が記載されていたため、これらの機種が発表されるのではないかと予想されています。

続きを読む

Sony Mobile、XperiaシリーズのAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップ提供機種一覧を案内!グローバルモデルのZシリーズではZ3+以降が対象で、Z3は対象外に


XperiaシリーズのAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップ提供機種が案内!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は23日(現地時間)、同社の「Xperia」シリーズのスマートフォン(スマホ)およびタブレットにおいてGoogleから正式版が提供開始された最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを実施する機種一覧を発表しています。

グローバルモデルでは「Xperia Z3+」(国内版「Xperia Z4」相当)および「Xperia Z4 Tablet」、「Xperia Z5」、「Xperia Z5 Compact」、「Xperia Z5 Premium」、「Xperia X」、「Xperia XA」、「Xperia XA Ultra」、「Xperia X Performance」の9機種。

続きを読む

ついに発売したソニーの新フラッグシップスマホ「Xperia X Performance」のNTTドコモとau、SoftBank向けを比較!価格や外観、プリインアプリなどをまとめて紹介【レビュー】


ソニーの新フラッグシップスマホ「Xperia X Performance」のNTTドコモとau、SoftBank版を比べてみた!

NTTドコモやau、SoftBankからついに昨日6月24日に発売されたソニーの新しいフラッグシップモデル「Xperia X」シリーズの最上位機種「Xperia X Performance」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。

各携帯電話会社向け製品についてはすでに写真と動画によるレポートをNTTドコモ向けXperia X Performance SO-04Hau向けXperia X Performance SOV33SoftBank向けXperia X Performance 502SOと公開してきましたが、これらの3製品はともにおサイフケータイ(Felica)やワンセグ・フルセグなどの日本向け機能に対応したことに加え、背面下部が電波感度を考慮して樹脂製になっているというところは共通となっています。

一方で、外観のロゴ配置やソフトウェアの一部、そして、内蔵されるプリインストールアプリケーション(プリインアプリ)に若干の違いがあります。そこで今回は、これらの各携帯電話会社向け3製品について価格や外観、ソフトウェアについて比較しながらまとめて紹介します。なお、紹介するソフトウェアおよびプリインアプリは開発機のものなので製品版とは異なる場合があります。ご了承ください。

続きを読む

ソニーの新フラッグシップスマホ「Xperia X Performance」のカメラをiPhone 6sと比較しつつ試してみた【レビュー】


ソニーの新スマホ「Xperia X Performance」のカメラ機能をチェック!

日本国内ではいよいよ明日6月24日に発売されるソニーの新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia X Performance」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。これまでのスマートフォン(スマホ)やタブレットのフラッグシップだった「Xperia Z」シリーズから心機一転した「Xperia X」シリーズの最上位モデルで、NTTドコモとau、SoftBankから一斉に販売開始されます。

主な製品情報についてはすでに各携帯電話会社ごとに写真と動画によるレポートをNTTドコモ向けXperia X Performance SO-04Hau向けXperia X Performance SOV33SoftBank向けXperia X Performance 502SOとして公開しているので参照してください。

これらに続けて指紋認証による画面ロック解除標準カメラアプリでは非対応になった4K動画撮影について紹介してきましたが、今回は基本機能でもあるカメラ撮影についてiPhone 6sとの撮影比較とともに紹介したいと思います。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け新エクスペリアスマホ「Xperia X Performance 502SO」を6月24日に発売!本体価格9万3120円で実質は新規・機変で4万2720円、MNPで1万6080円


SoftBankの新スマホ「Xperia X Performance 502SO」を6月24日に発売!

ソフトバンクは21日、今夏に発売するSoftBank向け「2016年夏モデル」のうちの約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia X Performance(型番:502SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2016年6月24日(金)に発売すると発表しています。

すでにソフトバンクショップ店頭や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などのSoftBank携帯電話取扱店にて事前予約受付を実施しており、価格も案内されていましたのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、新エクスペリアスマホ「Xperia X Performance SO-04H」を6月24日に発売!気になる価格をチェック――本体価格9万72円で実質2〜6万円に


NTTドコモの新スマホ「Xperia X Performance SO-04H」を6月24日に発売!

NTTドコモは21日、今夏以降に発売する「2016年夏モデル」のうちの約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia X Performance SO-04H」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2016年6月24日(金)に発売すると発表しています。

当初発売時期を6月中旬としていましたが、その後に公式Webサイトで6月下旬をお知らせしていましたが、正式に発売日が案内されました。これにより、Xperia X PerformanceはauやSoftBank向けとともに日本では一斉に6月24日に発売となります。

なお、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格も公式Webサイトにて案内されていましたのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。