S-MAX

TORQUE

KDDI、au向けタフネススマホ「TORQUE G03 KYV41」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を6月26日に提供開始!釣った魚の長さを測るカメラ機能なども追加


auスマホ「TORQUE G03 KYV41」がAndroid 8.1 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は22日、携帯電話サービス「au(エーユー)」向け「2017年夏モデル」のうちのタフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G03(型番:KYV41)」(京セラ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年6月26日(火)より順次提供開始するとお知らせしています。

更新は両機種ともに本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE/WiMAX 2+)回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新時間はWi-Fiで約40分、4Gで約45分、更新ファイルサイズは約1.40GB、更新後のビルド番号は両機種ともに「3.060BE」。主な変更点は以下の通りとなっています。

○主な改善内容
1)ピクチャー・イン・ピクチャーの搭載
2)ホーム画面:通知ドット表示の変更
3)指紋認証:72時間ごとに予備のロック方式の入力が必須に変更
4)カメラに新機能を追加
 ・Action Overlayに「FISHING MODE」を追加
 ・縦撮影や正方形(1:1)撮影に対応
 ・動画録画中に誤って停止ボタンをタッチして終了しないように「画面ロック」機能を追加
 ・撮影後に上にスワイプすると撮影画像を簡単に共有できる「クイックSNS」機能を追加

○主な削除項目
OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
5)ホーム:「Google検索ウィジェット」の削除

○主な初期化項目
6)OSアップデート後はau IDの再設定が必要となります。
※au IDを再設定しない場合、「データお預かり」の「自動お預かり設定」が動作しませんのでご注意ください。
7)ビデオパスのコンテンツが削除されます。再ダウンロードをお試しください。
8)その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(4.1MB)[PDF]


続きを読む

KDDI、au向けタフネススマホ「TORQUE G03 KYV41」の新色レッドを3月23日に発売!海水に加えて鉄板・コンクリートに1.8mから落とす試験もクリアな人気モデル


au向けタフネススマホ「TORQUE G03」の新色レッドが3月23日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は19日、au向け「2017年夏モデル」のうちの約4.6インチHD(720×1280ドット)TFT液晶を搭載したタフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G03(型番:KYV41)」(京セラ製)の新色レッドを2018年3月23日(金)に発売すると発表しています。

TORQUE G03は昨年6月30日に発売され、今年1月9日に開催された「2018年春モデル」の説明会で新色レッドを追加すると発表し、3月下旬発売予定としていました。auショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて予約受付が実施されています。

価格(税込)は既存カラーと同じで、au Online Shopでは本体価格79,920円の毎月割を引いた実質負担額39,960円(分割1,665円/月×24回)からで販売されています。またauではTORQUE G03に対して「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを提供予定としています。

また開発・製造を担当する京セラでは2018年4月27日(金)から29日(日)に行われる距離約170kmにもおよぶ富士山の山麓や登山道などを走り歩きつなぐアウトドアイベント「ULTRA-TRAIL Mt.FUJI 2018(UTMF 2018)」に協賛して“モバイルフォンサプライヤー”として大会スタッフ用に「TORQUE G03」を提供するとしています。

続きを読む

KDDI、au向けタフネススマホ「TORQUE G03 KYV41」に新色レッドを3月下旬に追加!海水に加えて鉄板・コンクリートに1.8mから落とす試験もクリアな人気モデル


au向けタフネススマホ「TORQUE G03」に新色レッドが登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は9日、都内にて今春に発売するau向け「2018年春モデル」の説明会を開催し、昨年6月30日に「2017年夏モデル」として発売したタフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G03(型番:KYV41)」(京セラ製)に新色レッドを追加すると発表しています。

発売時期は2018年3月下旬で、auショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて予約受付が実施される予定。

TORQUE G03は防水・防塵に加えて鉄板やコンクリートへの1.8m落下に対する耐衝撃性能などの米国国防総省の調達基準に準拠した21項目の耐久試験をクリアした“最強”を謳うモデルで、当初はグリーン、ブラック、ブルーの3色が販売されています。

また防水ウェアブランド「HELLY HANSEN」とのコラボレーションモデル「TORQUE G03 HELLY HANSEN LIMITED」も発売され、予約販売開始後1分で売り切れになっています。今回、さらに新色として冒険心を鼓舞する力強い「レッド」を追加するということです。

価格や製品仕様は既存カラーと同じで、現在、au Online Shopでは既存カラーは本体価格79,920円の毎月割を引いた実質負担額39,960円(分割1,665円/月×24回)からで販売されています(価格は税込)。またauではTORQUE G03に対して「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを提供予定としています。

続きを読む

オープン参加で誰でも楽しめた!京セラのタフネススマホ・ケータイ「TORQUE」のオーナーズイベント「TORQUE WONDERLAND」を写真と動画で紹介【レポート】


クライミングやBMXのスゴ技も楽しめたTORQUEオーナーズイベント!

京セラは9日、東京昭島市のモリパーク アウトドアヴィレッジにて同社のスマートフォン(スマホ)やケータイのタフネスモデル「TORQUE」シリーズを持っている人向けのオーナーズイベント「TORQUE WONDERLAND」を開催した。

この日(10月9日)は京セラが日本記念日協会に記念日として申請して「TORQUEの日」として認定されたことため、それに合わせて今回のイベントの開催日となった。

イベントではau向けに発売された今夏スマホ「TORQUE G03」のほか、「TORQUE G01」および「TORQUE G02」、「TORQUE X01」のオーナー(購入者)を対象としたさまざまな体験会やTORQUE開発者と意見交換ができる「TORQUEオーナーズサロン」に加え、今回は一般の来場者も楽しめる内容となった。

今回はそんなTORQUE WONDERLANDと題したTORQUEオーナーズイベントを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

auの国内唯一なタフネスガラホ「TORQUE X01」のSIMロック解除!さっそくNTTドコモなどの他社SIMカードで使って試してみた【レビュー】


唯一無二のタフネスガラホ「TORQUE X01」のSIMロックを解除してau以外のSIMカードを試す!

auから2017年2月に発売された米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」準拠の堅牢なボディーとワンランク上の防水機能が自慢のタフネスモデル「TORQUE」シリーズ初のAndroidケータイ(ガラホ)「TORQUE X01(型番:KYF33)」(京セラ製)。

これまではau向けスマートフォン(スマホ)などの携帯電話におけるSIMロック解除のルールでは「購入から180日経過後」となっていましたが、6月に発表されたSIMロック解除の新ルールにて2017年12月以降はau購入サポートを適用せずに一括で端末を購入した場合には即解除(適用した場合や、割賦での購入の場合は100日経過後)ができるようになりました。

それに伴い、8月から11月いっぱいの間は端末購入から100日経過後であれば、一括で購入した端末であれば、SIMロック解除の対象となっています。というわけで、これまでのauにおけるSIMロック解除の条件である購入後から180日に満たないものの、筆者の購入したTORQUE X01がルール変更によって新たにSIMロック解除の対象となったのでSIMロックの解除を行いました。

今回はさっそくSIMロック解除を実施したTORQUE X01にて他社のSIMカードを挿して試してみましたので、その様子などをお送りします。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。