S-MAX

UQ

UQモバイル向けはじめてスマホ「BASIO4 KYV47」が発表!ホームキーやダイレクトキーなどを搭載し、サポート機能も充実。2月下旬発売予定


UQ mobileからもシニアなど向けスマホ「BASIO4」が登場!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は14日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )の新製品として約5.6インチ有機ELディスプレイを搭載したミッドレンジスマートフォン(スマホ)「BASIO4(型番:KYV47)」(京セラ製)を発表しています。

発売時期は2020年2月下旬を予定し、UQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店頭および公式Webストア「UQオンラインショップ」などにて順次販売開始されるとのこと。価格は現時点では未定で、後日案内される予定。なお、国内通話がかけ放題となる通話オプション「かけ放題(24時間いつでも)」の月額料が割引となるキャンペーン「シニア割(60歳以上)」の対象機種となります。

続きを読む

UQ WiMAX向けモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」が発表!2.4・5GHz同時通信やWiMAXハイパワーに対応。1月下旬発売予定で、本体価格は1万6500円


UQ WIMAX向けモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」が発表!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は14日、高速データ通信サービス「UQ WiMAX 2+」向けの新製品として下り最大440Mbpsに対応したモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」(NECプラットフォームズ製)を発表しています。発売時期は2020年1月下旬以降を予定し、発売に先立って「UQお客さまセンター」では予約受付を実施ています。

なお、販売拠点はその他に公式Webストア「UQ WiMAXオンラインショップ」および公式Webサイト内にある「機種変更受付ページ」、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社にて順次販売開始されるとのことで、価格(税込)はUQ WiMAXオンラインショップでは16,500円とのこと。

続きを読む

UQ WiMAX向けホームルーター「WiMAX HOME 02」が発表!Wi-Fiのアンテナ性能向上で水平方向エリアが最大約25%拡大。1月下旬発売予定で、価格は1万6500円


UQ WIMAX向けホームルーター「WiMAX HOME 02」が発表!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は14日、高速データ通信サービス「UQ WiMAX 2+」向けの新製品として下り最大440Mbpsに対応したホームルーター「WiMAX HOME 02」(NECプラットフォームズ製)を発表しています。発売時期は2020年1月下旬以降を予定し、発売に先立って「UQお客さまセンター」では予約受付を実施ています。

なお、販売拠点はその他に公式Webストア「UQ WiMAXオンラインショップ」および公式Webサイト内にある「機種変更受付ページ」、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社にて順次販売開始されるとのことで、価格(税込)はUQ WiMAXオンラインショップでは16,500円とのこと。

続きを読む

スマホやタブレット、5Gなど……携帯電話市場の2020年はどうなる?NTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンク、UQ、楽天などの年頭所感をチェック


2020年はどうなる!?携帯電話会社などの年頭所感を紹介

昨年「2019年」はここ数年で徐々に進んできた携帯電話における通信費と製品代金を分ける分離プランが完全に導入されたことに加え、総務省によるガイドラインによって通信費を見込んだ製品代金からの割引が最大2万円(税抜)までと制限が厳しくなり、消費税の増税と合わせてこれまで以上にコストパフォーマンスが重視されました。

これにより、スマートフォン(スマホ)などの製品でも価格が高い高性能モデルではより付加価値の高い製品がより高い価格で販売され、次世代を見据えたフォルダブルスマホ「Galaxy Fold」に至っては製品価格が約25万円と携帯電話が普及してからでは類を見ないほどの価格となり、一方で「AQUOS sense3」や「OPPO Reno A」などのコストパフォーマンスの高いミッドレンジクラスの製品や最新ではない機種が販売台数を伸ばしています。

技術的にはディスプレイパネルを折り曲げられるフォルダブルのほか、マルチカメラ化がさらに加速して従来までのデュアルやトリプルを超えたクアッドやペンタなどといった製品が急増しており、日本で人気の高い「iPhone」シリーズでも上位モデルの「iPhone 11 Pro」や「iPhone 11 Pro Max」はトリプルカメラによって光学ズームに加え、新たに超広角撮影にも対応してスマホカメラがさらに進化したと言えるでしょう。

一方、一昨年に起きた「ZTE問題」に続いて、アメリカと中国の関係から今度はHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)に対してアメリカが制裁を行っている「ファーウェイ問題」が今でも継続しており、今のところはまだ販売台数の減少などにはつながっていないものの、すでにAndroidに付随するGoogle Playなどが新規製品に利用できなくなっているほか、日本では「HUAWEI P30」シリーズの発売延期などが起きました。

そういった中で今年は日本でも次世代の「5G(第5世代移動体通信システム)」の正式サービスが提供開始される予定のほか、楽天モバイルの移動体通信事業者(MNO)としての携帯電話サービスも4月より正式に提供開始され、夏に行われる「2020年東京オリンピック・パラリンピック」も含めてさまざまな盛り上がりを見せそうです。

そんな「2020年」に各携帯電話事会社がどのような心づもりでサービスを提供していくのか、まずは各社の新年の挨拶、年頭所感をチェックしてみたいと思い、今回は、NTTドコモおよびKDDI(au)、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)、ソフトバンク(SoftBank・Y!mobile)、楽天、インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)などの年頭所感などを以下にまとめて紹介します。

続きを読む

UQモバイルが通話オプション「かけ放題(24時間いつでも)」(1870円/月)を12月18日に提供開始!スマホプランと合わせて月額3498円からに


UQ mobileが通話オプション「かけ放題(24時間いつでも)」を12月18日より提供!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は16日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )におけるスマートフォン(スマホ)など向け料金プラン「スマホプラン」において国内通話がかけ放題(一部発信先を除く)の通話オプション「かけ放題(24時間いつでも)」の提供を2019年12月18日(水)より開始すると発表しています。

スマホプランの音声通話は話した分だけ支払う通話サービスに加え、これまで通話オプションとして1回当たり10分までの国内通話がかけ放題となる月額700円(金額は特に記載がない限り税別)の「かけ放題(10分/回)」と、1ヶ月の国内通話が最大60分まで定額で利用できる月額500円の「通話パック(60分/月)」が提供されています。

一方、他社では時間や回数といった制限がないかけ放題サービスが提供されており、同社でも新たな通話オプションとして国内通話がかけ放題となる月額1,700円のかけ放題(24時間いつでも)を追加します。これにより、利用方法に合わせて最適な通話サービスを選べるようになるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。