S-MAX

UQ

ギガ放題の速度制限問題で訴えられていたUQコミュニケーションズが2審判決で逆転敗訴に!慰謝料など2万円余りの賠償命令


速度制限問題における2審裁判でUQが敗訴に!

東京高等裁判所は18日、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)が高速データ通信サービス「WiMAX 2+」において広告と違って実際には速度制限があったとして同社を訴えていた裁判で東京地方裁判所での1審とは反対に同社に賠償を命じる判決を言い渡しました。

判決を言い渡した野山宏裁判長は「当時の広告は速度制限について豆粒のように小さな字で目立たない場所に記載していた。また、契約の際に十分な説明もなかった」などとしてUQに対して慰謝料など2万円余りの賠償を命じたと報じられています。

続きを読む

UQモバイル向けシャープ製スタンダードスマホ「AQUOS sense」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


UQ mobile向けスタンダードスマホ「AQUOS sense」がAndroid 8.0 Oreoに!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は17日、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」における「2017年冬モデル」として昨年11月に発売したスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense(型番:SHV40)」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年4月17日(火)より提供開始したとお知らせしています。

更新はAQUOS sense本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で実施でき、更新時間は約40分、アップデートファイルサイズは約1.1GBとなっています。更新後のOSバージョンは「Android 8.0.0」、ビルド番号は「02.00.00」で、主な変更点は以下の通り。

以下の事象が改善されます。

・「発着信」「電話帳」「通知」などが新しくなります
・発着履歴と着信履歴の画面が統合されます
・電話の応答/拒否方法が変更になります
・電話帳の一部デザインが変更になります
・電話帳のグループごとの着信設定が廃止されます
・アプリの通知方法をアプリごとに設定できます

※Androidセキュリティパッチの適用を実施。セキュリティパッチレベルが2018年4月となります
※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にAQUOS senseをご利用いただくための改善内容が含まれております
※アップデートの変更内容につきましては、下記のURL(AQUOS公式サイト)をご参照ください
http://k-tai.sharp.co.jp/support/u/aquos-sense-u/update/index_8.html


続きを読む

UQモバイル向けタフネススマホ「DIGNO A」が3月1日に発売!5インチサイズのかわいい色合いが魅力で、S430や3GB RAMなどを搭載。本体価格3万1212円の実質108円から


UQ mobile向けスマホ「DIGNO A」が3月1日発売!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は26日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向け「2018年春モデル」として約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用スマートフォン(スマホ)「DIGNO A」(京セラ製)を2018年3月1日(木)に発売すると発表しています。

UQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店店頭では3月1日より順次、公式Webストア「UQモバイルオンラインショップ」では3月1日9時より販売開始され、一部店舗では事前予約受付も実施しているとのこと。

価格はすでに紹介しているようにUQモバイルオンラインショップでは本体代31,212円(分割初回1,404円+1,296円/月×23回)でマンスリー割-1,296円/月×24回の実質負担額108円(分割初回108円)から(すべて税込)。

続きを読む

UQコミュニケーションズの高速通信サービス「WiMAX 2+」が東京メトロの全駅や車両内で利用可能に!auやau回線のMVNOをiPhoneなどのスマホで使った場合もより快適に


UQ WiMAX 2+が東京メトロの全駅で利用可能に!約1年10ヶ月でエリア整備完了

東京地下鉄およびUQコミュニケーションズ(以下、UQ)は31日、東京地下鉄が運行する鉄道「東京メトロ」の全駅において2018年1月31日(水)にエリア整備を完了し、高速通信サービス「WiMAX 2+」が対応のルーターやスマートフォン(スマホ)などで利用できるようになったと発表しています。

UQではこれまでにも東京メトロの全駅(当時全156駅)でWiMAXが2013年5月28日にエリア整備完了していましたが、その後に提供開始したより高速なWiMAX 2+についても東京メトロの各駅や列車内において2016年4月よりエリア整備を開始しおよそ1年10ヶ月かかってようやくエリア整備が完了したとのこと。

これにより、WiMAXおよびWiMAX 2+が東京メトロの銀座線および丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、半蔵門線、南北線、副都心線の全線全駅(179駅)でWiMAX 2+も利用可能となりました。

また駅間ついても駅ホームの端から指向性アンテナを向けて対応しているものの、サービスエリア内でも電波が伝わりにくい場所では通信できなかったり、通信速度が低下する場合があるとしています。なお、地上駅は屋外に設置した基地局から発する電波によって利用可能です。

続きを読む

5インチサイズで持ちやすくダブルレンズカメラを搭載したUQモバイル向け高コスパスマホ「HUAWEI nova 2」が1月26日に発売!本体価格3万1212円の実質1万3068円に


UQ mobile向けスマホ「HUAWEI nova 2」が1月26日発売!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は23日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向け「2018年春モデル」としてスマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova 2」(Huawei Technologie製)を2018年1月26日(金)に発売すると発表しています。

UQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店店頭では1月26日より順次、公式Webストア「UQモバイルオンラインショップ」では1月26日9時より販売開始され、一部店舗では事前予約受付も実施しているとのこと。

価格はすでに紹介しているようにUQモバイルオンラインショップでは本体代31,212円(分割初回1,404円+1,296円/月×23回)でマンスリー割-756円/月×24回の実質負担額13,068円(分割初回648円+540円/月×23回)から(すべて税込)。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。