S-MAX

Xperia

片岡鶴太郎さん、若槻千夏さん、井上尚弥さんがnuroモバイルの「Xperia XZ Premium」を体験!ヨガのポーズやスーパースロー動画体験を写真と動画で紹介【レポート】


ソニー系格安SIMのnuroモバイルが 「Premium回線開通式」を開催!

既報通り、ソニーネットワークコミュニケーションズが11月28日に「nuroモバイル新サービスと対応Xperiaの発表会」を開催し、NTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「nuroモバイル」( http://mobile.nuro.jp )において4Kディスプレイを搭載したプレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の販売開始および同機種向け「Xperia限定プレミアム帯域オプション」を発表した。

Xperia XZ Premiumはすでに日本でもNTTドコモから今年6月に発売されている約5.5インチ4K(2160×3840ドット)HDR対応IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載するソニーらしさを前面に押し出したハイエンドモデルで、日本国内でこのモデルを取り扱うのはNTTドコモとnuroモバイルのみであり、nuroモバイルが取り扱う台数は13000台限定としている。

今回はXperia XZ Premimuと新サービスについてのレポートに続いて発表後に行われた、片岡鶴太郎さん、若槻千夏さん、井上尚弥さんを招いてのゲストトークセッションを紹介していく。

続きを読む

nuroモバイルから発表されたソニーモバイルのハイエンドスマホ「Xperia XZ Premium」と「Xperia限定プレミアム帯域オプション」を写真とともに解説【レポート】


nuroモバイルがXperia XZ Premiumの発売とXperia限定プレミアム帯域オプションを発表!

既報通り、ソニーネットワークコミュニケーションズは28日、NTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「nuroモバイル」( http://mobile.nuro.jp )において4Kディスプレイを搭載したプレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の取扱開始と、同機種向けにユーザー1人1人に専用帯域を用意した「Xperia限定プレミアム帯域オプション」を発表しました。

Xperia XZ Premium向けの料金プランはデータ容量2GBに端末割賦代金と基本通話料金が含まれた「リーズナブルプラン」の月額2,980円(1年目)からとなっており、Xperia限定プレミアム帯域オプションは月額2,000円となっています(金額はすべて税抜)。なお、料金などの詳細はこちらの記事をご参照ください

MVNOとしてはかなり挑戦的なオプションとなる帯域保証型オプションを用意してきたnuroモバイルの狙うユーザー層と戦略とは一体どのようなものなのでしょうか。発表会場に展示されていたXperia XZ Premiumの写真とともに紹介・解説します。

続きを読む

格安SIM「nuroモバイル」にてソニーの4Kディスプレイ搭載プレミアムスマホ「Xperia XZ Premium」を11月28日より販売開始!限定1万3千台で専用オプション「プレミアム帯域」も提供


ついにソニー系MVNOのnuroモバイルがXperiaを取扱開始!専用プランで通信も快適に

ソニーネットワークコミュニケーションズ(旧、ソネット)は28日、都内にて『「nuroモバイル」新サービスと対応Xperiaの発表会』を開催し、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「nuroモバイル」( http://mobile.nuro.jp )において新たにソニーブランドのプレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2017年11月28日(火)より取扱開始すると発表しています。

Xperia XZ Premiumは本体色「ディープシーブラック」のみが取り扱われ、限定1万3000台で提供されるとのこと。さらに合わせて専用オプション「Xperia限定 プレミアム帯域オプション」(以下、プレミアム帯域オプション)を提供するということです。オプション料金は月額2,000円(すべて税抜)。

プレミアム帯域オプションはアップロードおよびダウンロードともに専用帯域を利用し、より快適で安定した通信をめざしたXperia XZ Premium専用のサービスで、アップロードの高速パケット通信量を消費せずに通信が可能となるため、撮影した写真や動画のSNSなどへのアップロードをデータ容量を気にすることなく楽しむことが可能です。

価格および料金はnuroモバイルとXperia XZ Premiumのセットで端末割賦代金と通信料金込みで1年目月額2,980円から。nuroモバイルの公式Webサイトおよびソニー公式Webショップ「ソニーストアオンライン」で申し込みを受け付けるほか、全国のソニーストアにて実機の展示とオンライン申込受付を実施します。

さらにXperia XZ Premiumの取り扱いを記念したキャンペーンも2018年3月31日(土)まで実施され、nuroモバイルのSIMカードとXperia XZ Premiumを新規セットで申し込んだ場合にソニーストアお買い物券1,000円分をプレゼントするほか、過去に販売していた「Xperia J1 Compact」の買取金額をソニーストアお買い物券で受け取ると通常14,000円のところ17,000円分になります。

続きを読む

NTTドコモが小型ハイスペックスマホ「Xperia XZ1 Compact SO-02K」を発売!ドコモショップや家電量販店、ドコモオンラインショップの頭金&本体価格を比較


shimajiro@mobiler

NTTドコモから「2017-2018年冬春モデル」のうちの4.6インチサイズと小型ながら上位機種と同じCPUや背面カメラを搭載したハイスペックなスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 Compact SO-02K」が11月17日に発売された。

すでに紹介しているようにXperia XZ1 Compact SO-02Kの本体価格は約7.7万円で、これに加えて店舗独自の頭金や事務手数料を加えた金額が本体購入にかかる支払総額となる(事務手数料は毎月の通信料と合算して支払い)。

そこで今回は主な購入ルートであるドコモショップや家電量販店、ドコモオンラインショップでの販売価格を比較してみた。

続きを読む

NTTドコモの4.6インチ小型ハイスペックスマホ「Xperia XZ1 Compact SO-02K」の実力をベンチマークでチェック――気になる発熱問題はどう?【レビュー】


小型&高性能スマホ「docomo Xperia XZ1 Compact SO-02K」の性能を確認!

NTTドコモから約4.6インチHD(720×1280ドット)TFT液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載した最新コンパクトハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 Compact SO-02K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)が本日11月17日に発売されました。

昨年はややスペックを落としたミッドハイレンジクラススマホ「Xperia X Compact」だったため、上位機と同じ“コンパクトハイエンド”としては2年ぶりとなり、Sonyブランドの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」と同じMotion EyeカメラやSnapdragon 835、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載しています。

一方で、コンパクトハイエンドスマホとしては前機種で2年前に発売された「Xperia Z5 Compact」が発熱問題によって評価が芳しくなかったことを考えると、低価格で人気となった「Xperia Z3 Compact」やそのカスタマイズモデル「Xperia A4」からの乗り換えというケースもありそうです。

とはいえ、最も気になるのはXperia Z5 Compactと同じように上位機と同じチップセット(SoC)と搭載しているだけに発熱問題があるのかが気になるところ。そこで今回は、ベンチマークをして性能を確認しつつ、発熱問題があるかどうか確認してみたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。