S-MAX

Xperia

ソニーの次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」と見られるJ9210がEEC認証を通過!2019年後半はさらに日本限定液晶モデルや5G対応と高性能機が合計3機種か


Sonyブランドの未発表のJ9210がEEC認証通過!次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」か

ロシアやカザフスタン、ベラルーシなどのユーラシア経済連合の管理組織であるユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission;EEC)は13日(現地時間)、未発表のSony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)製スマートフォン(スマホ)「J9210」(Notification number: RU0000043012)が認証を取得したことを公開しています。

現行のフラッグシップスマホ「Xperia 1」の型番が「J8110」および「J8170」、「J9110」などとなっていることから同様にハイエンドモデルだと見られ、噂されている次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」もしくは「Xperia 1s」(ともに仮称)に当たるのではないかと推測されます。

Xperia 2と噂される製品は @OnLeaks ことSteve Hemmerstoffer氏とともにCashKaroにて得た情報から予測したレンダリング画像を作成して公開しており、アスペクト比9:21のシネマワイドディスプレイやトリプルリアカメラ、Snapdragon 855はXperia 1を継承しているものの、画面は約6.1インチと小型化されるなどとしています。

例年通りであれば、ドイツ・ベルリンにて2019年9月6日(金)〜9月11日(水)に開催される「IFA 2019」に合わせて発表される見込みです。なお、Xperia 1のファームウェアを解析したところXperia 2と噂される製品の他にもSnapdragon 855を搭載する製品が2019年下期にもう2機種あり、1つが液晶を搭載した日本限定モデル、もう1つが5G対応モデルになると見られています。

続きを読む

ソフトバンク、 SoftBank向けフラッグシップスマホ「Xperia 1」を6月14日に発売!価格は本体代13万6320円で半額サポートの対象。docomoやauと同日に


docomoも最新フラッグシップスマホ「Xperia 1」を6月14日に発売!

ソフトバンクは11日、今夏以降に発売する携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年夏モデル」のうちのシネマワイドディスプレイやトリプルカメラなどを搭載したソニーブランドの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2019年6月14日(金)に発売すると発表しています。

発売に先立ってソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などにて事前予約を実施しており、価格(税込)はすでに紹介しているように本体価格が136,320円となっており、48回払いで返却して次の機種変更を行うと残債が免除される「半額サポート」によって実質負担額68,160円からとなっています。

なお、ソフトバンクでは傘下のコード決済サービス「PayPay」と連動した「PayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/smartphone/ )を実施し、Xperia 1またはXperia XZ3を購入した場合には必ずもらえる5,000円分に加え、抽選で500人に20,000円分の最大25,000円分の還元がプレゼントされます。期間は購入が7月31日(水)まで、応募がXperia 1では8月7日(水)まで、Xperia XZ3では7月31日まで。

続きを読む

NTTドコモ、最新フラッグシップスマホ「Xperia 1 SO-03L」を6月14日に発売!価格は本体代10万3032円で「スマホおかえしプログラム」の対象。auと同日に


docomoも最新フラッグシップスマホ「Xperia 1」を6月14日に発売!

NTTドコモは10日、今夏以降に発売する「2019年夏モデル」のうちのシネマワイドディスプレイやトリプルカメラなどを搭載したソニーブランドの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 SO-03L」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2019年6月14日(金)に発売すると発表しています。

発売に先立ってドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約を実施しており、価格(税込)は直営店では本体価格が103,032円となっていて新たに本体価格の最大12回分の分割支払金の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」の対象となっています。

なお、ドコモオンラインショップでは6月12日(水)10時より購入手続きが開始され、最短で発売日の6月14日以降にお届けとなると案内されています。ドコモオンラインショップでは購入手続きは予約した順ですが、発送は購入手続きが完了した順となっているのでご注意ください。

またドコモオンラインショップ限定でXperia 1 SO-03Lを購入した人のうちで先着2万人にXperia純正の3.5mmステレオミニジャック+充電ケーブルアダプター「USB Type-C 2in1 Cable(型番:EC270)」をもれなくプレゼントするキャンペーンを実施します。特典は製品に同梱して発送され、なくなり次第終了となるとのこと。

続きを読む

KDDI、au向けフラッグシップスマホ「Xperia 1 SOV40」を6月14日に発売!価格は本体代11万2320円の実質6万5520円から。国内では唯一の4色展開


au向けフラッグシップスマホ「Xperia 1 SOV40」が6月14日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は7日、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」のうちのシネマワイドディスプレイやトリプルカメラなどを搭載したソニーの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 SOV40」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2019年6月14日(金)に発売すると発表しています。

発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は詳細にまとめていますが、本体価格112,320円の実質負担額65,520円からとなっています。

その他、Xperia 1 SOV40を予約・購入・応募でもれなくau WALLET残高へ5,000円(非課税)がキャッシュバックされる「Xperia 1予約キャンペーン」が実施されており、期間は予約は発売日前日まで、購入は7月31日(水)までで、キャッシュバック時期は8月下旬以降を予定。購入は新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更のすべてのオーダーが対象。

続きを読む

ソニーモバイルが東南アジアやオセアニア、アフリカでも撤退済み!フラッグシップスマホ「Xperia 1」などで商品競争力向上に手応え。構造変革で各拠点も再編し、2020年度黒字化めざす


SONYのXperiaスマホが多くの地域で撤退して日本・欧州・台湾・香港での販売に注力!

ソニーは21日、都内にて「経営方針説明会」および「Sony IR Day 2019」を開催し、子会社のソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)が手がける「Xperia」ブランドのスマートフォン(スマホ)などのモバイル・コミュニケーション(MC)分野を含む各事業についての概況および今後の方針を明らかにしました。

その中でXperiaなどのMC分野については改めて2018年度から続く“構造変革”を2019年度中に完遂し、2020年度黒字化実現に向けて運用コスト(OPEX)が順調に削減できていることを説明し、すでに2018年度決算説明会で明らかにしていた中南米や中近東に加え、東南アジアやオセアニア、アフリカでもXperiaが撤退していることなどが紹介されました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。