S-MAX

iOS

iPhoneやiPadなど向け「iOS 11」がリリースされて1日経った結果、シェア率が12.52%へ急増!一方で、メールアプリでOutlookやExchangeの送信ができない不具合も


iOS 11がリリースされて1日経った結果はシェア率が12.52%へ急増!

Appleから米国時間9月19日10時、日本時間9月20日2時に配信開始されたiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」の正式版ですが、日本でも多くの人がソフトウェア更新すれば、対象のiPhone 5s以降やiPad 5以降、iPod touch(第6世代)なら無料で使えるようになります。

すでに新しくなったコントロールセンターやゲームで遊んだり、操作しているところを動画で保存できる画面収録素早く緊急通報できる緊急SOSなどのiOS 11の新機能を紹介しています。

GoogleがAndroidの各バージョンのシェア率を発表しているように、AppleでもiOSのバージョンのシェア率を公開していますが、今のところまだiOS 11を含めた情報は更新されていません。しかしながら、さまざまなデータの統計を取っているMixpanelがiOSのシェア率の統計結果を公開していたので、そのデータを確認してみました。

続きを読む

iOS 11新機能:iPhone 7・7 Plus以降やiPad Proなどで導入されたカメラの保存形式「HEIF」と「HEVC」について紹介!外部共有は既存形式で、ファイルサイズは確かに小さい【レビュー】


iPhoneなどの新プラットフォーム「iOS 11」の高圧縮画像・動画ファイル(HEIF・HEVC)についてまとめ!

既報通り、Appleは19日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」の正式版を提供開始しました。さまざまな機能追加や仕様変更が実施されていますが、その中から今回はリリースされる前から何度か紹介しているカメラで撮影した画像や動画を高圧縮率で保存できるHEIF形式・HEVC(H.265)形式についてまとめたいと思います。

HEIF形式・HEC形式はiOS 11を導入しても「iPhone 7」シリーズ以降や「iPad Pro」シリーズ、「iPad(第5世代)」以外は導入されておらず、現状ではiPhone 7・7 PlusとiPad Pro(9.7インチ・10.5インチ・12.9インチ)、iPad(第5世代)のみが対応しています。

導入されたこれらの機種ではデフォルトでカメラで撮影した写真がHEIF形式(拡張子「.heic」)および動画がHEVC形式(拡張子「.mov」)になり、すでに紹介したように特にHEIF形式については現状で主要なOSではiOS 11しか対応していません(この後、9月26日にリリースされるmacOS High Sierraでも対応予定)。

なお、基本的に対応しているOS・製品が少ないためにアップルでもかなり配慮しており、基本的にこれらが導入されたiPhoneやiPadから外にファイルを出す(カメラで撮影した写真・動画を共有する)場合は画像については従来のJPEGに変換されるので特に何もしなくても今まで通り使えます。

続きを読む

iOS 11新機能:iPhoneの電源ボタン5回連続押しで警察や消防にすぐ“緊急通報”!事前に登録した親などの家族に緊急連絡先に通知もできる「緊急SOS」を紹介【ハウツー】


iPhoneなどの新プラットフォーム「iOS 11」の緊急SOS機能を紹介!

既報通り、Appleは19日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」の正式版を提供開始しました。さまざまな機能追加や仕様変更が実施されていますが、その中から今回は「緊急SOS」機能の変更点を紹介したいと思います。

緊急SOSは電源ボタンを連続5回押すとすぐに「緊急通報」(日本では通常は警察「110番」や消防・救急「119番))およびあらかじめ登録しておく親などの緊急連絡先に通知できる機能です。滅多に使わないですし、試しに発信もできないわけですが、事前に緊急連絡先は設定しておきたいところです。

続きを読む

iOS 11新機能:iPhoneやiPadなどでスクリーンショット撮影後にすぐに画像編集が可能に!画面の動画撮影にも対応し、さらに便利になった使い方を紹介【ハウツー】


iPhoneなどの新プラットフォーム「iOS 11」の画面キャプチャー機能を紹介!

既報通り、Appleは19日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」の正式版を提供開始しました。さまざまな機能追加や仕様変更が実施されていますが、その中から今回は「スクリーンショット」機能の変更点を紹介したいと思います。

これまでとの変更点としては、スクリーンショット撮影後に画面左下にそのスクリーンショットが小窓で表示され、それをタップすると画像編集ができるようになったほか、新たに操作している画面を動画で撮影する機能にも対応しています。

続きを読む

iOS 11新機能:iPhoneやiPadで新しくなったコントロールセンターの使い方を紹介!一部アプリなどのショートカットが編集でき、1ページですっきり便利に【ハウツー】


iPhoneなどの新プラットフォーム「iOS 11」のコントロールセンターを紹介!

既報通り、Appleは19日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」の正式版を提供開始しました。さまざまな機能追加や仕様変更が実施されていますが、その中から今回は新しくなった「コントロールセンター」について紹介したいと思います。

コントロールセンターはホーム画面で画面の下端から上に向かってスワイプ(なぞる)と現れるメニュー画面で、Wi-FiやBluetooth、画面回転などのオン・オフを切り替えるボタンや電卓やカメラなどのショートカットボタン、画面の明るさなどが変更できました。

これまでは一度コントロールセンターを表示してからさらに右にスワイプする複数ページ構成になっていましたが、これが1ページにまとめられてわかりやすくなったほか、ショートカットボタンに登録できる機能も増えました。またiPadではアプリ履歴(タスク切換)と一体化しています。

続きを読む

Apple、iOS 11を提供開始!iPhone 5s以降およびiPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、第6世代iPod touch以降で無料アップデート可能


AppleがiPhoneやiPadなど向け最新バージョン「iOS 11」を配信開始!

既報通り、Apple(アップル)は19日(現地時間)、同社のスマートフォン「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズ、ポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch」シリーズ向けのプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 11」へのアップデートを提供開始したとお知らせしています。

アップデートは、各機種本体のみでOTA(On-The-Air)によりダウンロードで行え、方法としては、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行えます。また、iTunesをインストールしたWindowsおよびMacとUSB-Lightningケーブルで接続しても行えます。

対応機種はiPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)の合計17機種となっており、それぞれ無料でダウンロードしてアップデートすることが可能です。

なお、iOS 10が提供されているiPhone 5やiPhone 5c、iPad 4が対象外となっているのでご注意ください。同時に発表された新しいスマホである「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」にはプリインストールされていて購入時から利用可能。

続きを読む

いよいよ日本時間9月20日2時頃から配信開始の「iOS 11」では32bitアプリが利用できないので注意!確認方法を再度紹介――駆け込みアップデートもあるものの、一部アプリは配信終了へ


iOS 11で使えなくなる32bitアプリを確認する方法を再度チェック!ついに正式版配信間近

いよいよこの後の日本時間では9月20日(水)未明(通常通りなら2時頃)よりアップルから配信開始されるiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」。みなさん、アップデートに向けて準備は整いましたでしょうか。

iOS 11ではiPadではマルチタスクがかなり強化されて、macOSと同じようなランチャー「Dock」が導入され、ドラッグ&ドロップでマルチウィンドウにできるようになるほか、iPhoneも含めてコントロールセンターなどの操作性が変わるなど、多くの機能追加や仕様変更が実施されます。

また何度か紹介しているようにiPhone 7やiPhone 7 Plus、iPad Proシリーズ、iPad(第5世代)では新しく写真や動画の撮影ファイルがHEIF形式(.heic)およびHEVC/H.265形式(.mov)が追加されたりもします。

便利で快適になる一方、アプリ配信マーケット「App Store」もリニューアルされ、新たに32bitのみに対応したアプリが配信停止され、すでにインストールしているアプリでも32bitのみに対応したものは利用できなくなります。

そこで今回は、以前にも紹介したようにiOS 10.3以降ではインストールしているアプリのうちで32bitのみに対応しているアプリを確認できますので改めて説明しておきたいと思います。

続きを読む

iPhone 7・7 PlusやiPad ProなどのiOS 11では写真やムービーの新ファイル形式(HEIF・HEVC)に対応!GoogleフォトやDropboxなどでは対応済みながらWindowsやAndroidでは未対応なので注意


いよいよiOS 11の正式版が日本時間9月20日2時頃から提供開始!iPhone 7などではHEIF・HEVCに対応

Dropboxは18日(現地時間)、アップルから日本時間9月20日未明に提供開始されるiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」の正式版において導入される新しい画像および動画のファイル形式について対応しているとお知らせしています。

同社ではiOS 11およびmacOS High Sierra(10.13.x)で導入されるこれらの画像用「HEIF形式」および動画用「HEVC(H.265)形式」に対応し、通常通りに同期できるほか、dropbox.comやDropboxのiOSアプリおよびAndroid アプリではプレビューできるとしています。

一方で、HEIF形式はWindowsやAndroid、iOS 10.x以下、macOS Sierra(10.12.x)以下では標準では対応しておらず、HEVC形式もWindows 8.1以下およびAndroid 4.4.4以下、iOS 10.x以下、macOS Sierra(10.12.x)以下では標準では対応していないため、表示・再生ができないと案内しています。

iOS 11では既存のJPEG形式やH.264形式の画像・動画も継続して利用でき、iCloudやiTunesで自動的にこれらの形式に変換して転送・同期するできるようになっていますが、メールに添付したりするなどで利用する場合には注意が必要になりそうです。なお、Dropbox以外でもGoogle フォトやAmazonプライムフォトなどの主要なサービスはすでに対応済みとなっています。

続きを読む

iOS 11でiPhone 7・7 PlusはFLACやHEIF、HEVCに対応!HDR 10やDolby Visionなどに対応しないものの、機能差わずか――新機種のX・8・8 Plusとマルチメディア関連を比較


iPhone 7・7 Plusなどの既存機種はiOS 11でどう変わる?マルチメディア関連をチェック

Appleが現地時間9月19日(日本時間では9月20日未明)より配信予定のiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」。みなさん、導入に向けてデータのバックアップやパソコンを使う場合には「iTunes」の12.7へのバージョンアップなどはすでに済ませているでしょうか。

iOS 11では大きな変更点として32bitのみに対応しているアプリが利用できなくなるほか、コントロールセンターのデザインや操作性が変更になるなど、さまざまな機能追加や仕様変更があります。

そんな新機種に買い換えない人には特に楽しみiOS 11のリリースですが、既存機種でどの新機能が使えるのかわからなかったりします。そこで今回は特にマルチメディア関連で導入されるFLACやHEIF、HEVCなどの対応状況を新機種の「iPhone X」や「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」とともにチェックしてみたいと思います。

続きを読む

Apple、最新プラットフォーム「iOS 11」を9月19日に提供開始!iPhone 5s以降およびiPad 5以降、第6世代iPod touch以降で無料アップデート可能――iPhone 5・5cやiPad 4は対象外に


AppleがiPhoneやiPadなど向け「iOS 11」の正式版を9月19日に提供開始!

既報通り、Apple(アップル)は12日(現地時間)、新本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Special Event - Keynote September 2017」を開催し、今年6月に発表したスマートフォン(スマホ)およびタブレットなどのモバイル製品向け最新プラットフォーム「iOS 11」を2017年9月19日(火)より提供開始すると発表しています。

恐らく日本時間では9月20日(水)未明(通常通りなら2時頃)より配信開始されると見られます。対応機種は既存のiOS 10からiPhone 5やiPhone 5c、iPad 4が対象外となり、iPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)となっており、それぞれ無料でダウンロードしてアップデートすることが可能です。

また同時に発表された新しいスマホである「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」にはプリインストールされていて購入時から利用可能。なお、アップデートに向けてバックアップをしっかりと取っておくことをオススメするほか、iOS 11では新たに32ビットアプリが使えなくなるようなのでご注意ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。