S-MAX

iOS

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 10.3.3」を提供開始!BroadcomのWi-Fiチップによる「Broadpwn」を含むカーネルやWebKitなど多岐に渡る脆弱性修正や不具合改善


AppleがiPhoneなど向けiOS 10.3.3をリリース!

Appleは19日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 10.3.3」を提供開始したとお知らせしています。

変更点はバグの修正およびセキュリティーの問題の改善などで、カーネルやSafari、WebKit、Safari、CoreAudio、libarchive、libxpcなどの多岐に渡る脆弱性などが修正されおり、先日紹介したBroadcomのWi-Fiチップ「BCM43xx」シリーズを搭載した製品における脆弱性「Broadpwn」(CVE-2017-9417)についても修正されています。

なお、手元のiPhone 7 Plusなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

Apple、次期プラットフォームのiPhoneなど向け「iOS 11」のパブリックベータ版を提供開始!パソコン向け「macOS High Sierrra」はまもなく配信予定


AppleがiOS 11の一般向けベータ版を提供開始!

Apple(アップル)は26日(現地時間)、iPhoneやiPadなどのスマートフォン(スマホ)およびタブレット向け「iOS」の次期バージョン「iOS 11」の一般向けベータ版(パブリックベータ版)を提供開始したとお知らせしています。

なお、MacBookなどのパソコン向け「macOS」の次期バージョン「macOS High Sierra」パブリックベータは近日中に提供予定とのこと。それぞれ今年6月5日に行われた開発者向けイベント「[[WWDC 2017]]」にて[http://s-max.jp/archives/1720650.html[発表]]され、今秋にも正式版がリリース予定です。

すでにWWDC 2017の基調講演終了後から開発者向けベータ版(デベロッパーベータ版)が提供されていましたが、今回新たにiOS 11については一般向けベータ版が提供開始されました。

一般向けベータ版を利用するには「Apple Beta Software Program」( https://beta.apple.com/sp/betaprogram/ )にApple IDで登録し、同意した後、利用したいOSを選び、それぞれ手順に従って導入します。例えば、iOSにおける流れは https://support.apple.com/HT203282 のようになります。

続きを読む

Apple、WWDC 2017にてiPhoneなど向け次期プラットフォーム「iOS 11」を発表!iPhone 5s以降などで無償アップデート可能で、App Storeが刷新――開発者向けβ版は本日から、正式版は今秋提供


Appleが次期プラットフォーム「iOS 11」を発表!

Appleは5日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州にある同社の新本社に近いサンノゼ市の「McEnery Convention Center」で2017年6月5日(月)から6月9日(金)に渡って開催される開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2017(WWDC 2017)」に合わせて基調講演「Apple Special Event June 5, 2017」( https://www.apple.com/apple-events/june-2017/ )を実施しました。

その中でスマートフォン「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズなど向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 11」を発表し、開発者向けベータ版が同日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が今月後半から、さらに正式版は今秋に提供予定。

アップデート対象機種はiOS 10とは異なり、iPhone 5やiPhone 5c、iPad 4が対象外となり、iPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)で、アップデート料は無料となっています。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 10.3.2」を提供開始!カーネルやWebKit、SQLiteなど多岐に渡る脆弱性のセキュリティー修正や不具合改善など


AppleがiPhoneなど向けiOS 10.3.2をリリース!

Appleは15日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 10.3.2」を提供開始したとお知らせしています。

変更点はバグの修正およびセキュリティーの問題の改善などで、カーネルやSQLite、WebKit、Safari、iBooks、CoreAudio、AVEVideoEncoderなどの多岐に渡る脆弱性などが修正されるということです。

なお、手元のiPhone 7 Plusなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 10.3.1」を提供開始!Wi-Fiの脆弱性などのセキュリティー関連の問題や不具合などの修正


AppleがiPhoneなど向けiOS 10.3.1をリリース!

Appleは3日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 10.3.1」を提供開始したとお知らせしています。

変更点はバグの修正およびセキュリティーの問題の改善などで、無線LAN(Wi-Fi)チップ上で任意のコードが実行可能となる脆弱性などが修正されるということです。

なお、手元のiPhone 7 Plusなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

iPhoneなどの次期プラットフォーム「iOS 11」では32bitに非対応か?iOS 10.3で古い32bitアプリを確認できたり、最新ベータ版ではiPhone 5・5cやiPad 4の復元ファイルが提供されず


iPhone 5・5cやiPad 4にはiOS 11は提供されない?32ビットサポート終了か

Appleが2017年6月5日(月)から6月9日(金)までアメリカ・カルフォルニアで開催予定の開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2017(WWDC 2017)」。すでに日本時間の3月28日よりチケット申し込みがはじまっており、今年も参加可否は申し込み後の抽選で決まります。

そんなWWDC 2017にて発表されると見られているiPhoneやiPadなどの次期プラットフォーム「iOS 11」ですが、次期スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」(仮称)の片鱗が見え隠れする一方、いよいよ32bitのサポートが終了する可能性が高くなっているようです。

続きを読む

iPhoneでもNTTドコモ回線のMVNOでIPv6が利用可能に!iOS 10.3でAPN構成プロファイルによるIPv6の指定できるように――IIJmio タイプDではIPv6用プロファイルを提供


IPv6サービスを提供しているMVNOではiPhoneでも利用できるように!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は28日、日本時間では3月28日未明よりAppleから配信開始されているiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 10.3」においてAPN構成プロファイルでIPv6を設定できるようになったとお知らせしています。

Appleの公式Webページ「Configuration Profile Reference」でもIPv4やIPv6を指定できる「DefaultProtocolMask」や「AllowedProtocolMask」などがiOS 10.3以降で利用可能となっていることが「Available in iOS 10.3 and later」と示されています。

これにより、携帯電話サービス側がIPv6を提供している場合にはAPN構成プロファイルにDefaultProtocolMaskなどを記述することで、iPhoneやiPadでもIPv6で通信できるようになりました。

また合わせてIIJでは、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio(タイプD)」におけるIPv6用APN構成プロファイルを暫定配布しています。

なお、同社ではまだiPhoneなどにおけるIPv6でのサービスで十分な実績がないため、何かしらの副作用があり、トラブルが起きる可能性があるのである程度対応できる場合のみお試しするよう案内しています。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 10.3」を提供開始!AirPodsを探す機能およびSiriやCarPlayの拡充など


AppleがiPhoneなど向けiOS 10.3をリリース!

Appleは27日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 10.3」を提供開始したとお知らせしています。

変更点はAirPodsの場所を確認できる「AirPodsを探す」機能の追加やSiriを使って支払いや配車サービスを利用したり、自動車メーカーのAppと一緒に使用できるようになるなどしているということです。

また変更点には記載されていませんが、新しいファイルシステム(APFS)が導入されているという話なのでいつも以上にきちんとバックアップなどをしてアップデートに望みたいところです。

なお、手元のiPhone 7 PlusやiPhone SEなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

iPhoneなど向け次期プラットフォーム「iOS 11」などを発表へ!Apple、開発者向けイベント「WWDC 2017」を6月5〜9日にサンノゼで開催


Appleが開発者向けイベント「WWDC 2017」を6月5〜9日に実施!

Appleは16日(現地時間)、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2017(WWDC 2017)」をアメリカ・カルフォルニア州にある同社の新本社に近いサンノゼ市の「McEnery Convention Center」で2017年6月5日(月)から6月9日(金)まで開催するとお知らせしています。

参加するには抽選となっており、チケットの申込期間(PDT)が現地時間3月27日(月)10時から開始されます。日本時間(JST)では3月28日(火)2時から。

例年通りなら初日の6月5日に基調講演が実施され、iPhoneやiPadなど向けの「iOS 11」やパソコン向け「macOS 10.13」(ともにバージョン番号は仮)、watchOSやtvOSなどを含めた次期プラットフォームが発表されると見られます。

基調講演についても通例ならiOSやmacOSのWebブラウザー「Safari」、Apple TV、Windows 10のWebブラウザー「Microsoft Edge」などのほか、専用アプリでもライブ中継が実施される見込み。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 10.2.1」を提供開始!セキュリティー関連の問題修正など


AppleがiPhoneなど向けiOS 10.2.1をリリース!

Appleは23日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 10.2.1」を提供開始したとお知らせしています。変更点はセキュリティーの問題の改善などの修正とのこと。

なお、手元のiPhone 7 Plusなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。