S-MAX

iPadOS

Apple、iPhoneやiPadなど向け次期プラットフォーム「iOS 14」と「iPadOS 14」の一般向けベータ版を提供開始!誰でも無料でひと足早く新機能が試せる


iOS 14やiPadOS 14、tvOS 14のPublic Betaがスタート!

Appleは9日(現地時間)、今年6月に開催した「WWDC 2020」にて発表したスマートフォン(スマホ)やポータブルミュージックプレイヤー、タブレット、テレビ向け次期プラットフォーム「iOS 14」および「iPadOS 14」、「tvOS 14」のパブリックベータ(一般向けベータ)を提供開始しています。

各プラットフォームともに「Apple Beta Software Program」からApple IDにログインして製品を登録し、iPhoneやiPod touch、iPadではパブリックベータのプロファイル( https://beta.apple.com/profile )をインストールし、Apple TVでは「設定」→「システム」→「ソフトウェア・アップデート」から「Public Betaアップデートを入手」をオンにして導入します。

同社では各パブリックベータを導入した場合はフィードバックを送るようお願いしています。なお、パソコン(PC)「Mac」シリーズ向け「macOS 11.0 Big Sur」およびスマートウォッチ「Apple Watch」シリーズ向け「watchOS 7」も発表していますが、現時点ではまだこれらのパブリックベータは「Coming Soon」となっています。

続きを読む

Appleが次期「iPadOS 14」を発表!iPad ProおよびiPad(第5世代)、 iPad Air 2以降、iPad mini 4以降で無料アップデートでき、正式版は今秋に


アップルがスマホなど向け次期プラットフォーム「iPadOS 14」を発表!

Appleは22日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州クパチーノにある同社本社から開発者向けイベント「WWDC 2020(Worldwide Developers Conference 2020)」の基調講演「Apple Special Event
June 22, 2020」( https://www.apple.com/apple-events/june-2020/ )をオンライン中継にて開催しました。なお、WWDC 2020は現地時間(PDT)の2020年6月22日(月)から6月26日(金)までオンラインにて実施されます。

その中でタブレット「iPad」シリーズ向けのプラットフォーム「iPadOS」の次期バージョン「iPadOS 14」を発表し、同時に発表したスマホなど向け次期プラットフォーム「iOS 14」の機能にはもちろん対応するほか、さらにiPadOS 14ではiPadに適したデザインとなり、通話への対応やペン入力「Apple Pencil」による新機能で手書きノートをが使いやすくなったりしています。

iPadOS 14もiOS 14と同様に開発者向けベータ版が同日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が7月から、正式版は今秋に提供予定で、アップデート対象機種は現行のiPadOS 13と同様にすべてのiPad ProおよびiPad(第5世代)、 iPad Air 2以降、iPad mini 4以降の15機種にて無料でOSバージョンアップが可能となっています。

続きを読む

Appleが開発者向けイベント「WWDC 2020」の詳細を案内!基調講演は日本時間6月23日2時から。iPhone向け次期iOS 14などを発表へ


Appleの開発者向けイベント「WWDC 2020」における基調講演などのスケジュールが案内!

Appleは11日(現地時間)、すでに現地時間(PDT)の6月22日(月)よりオンラインで開催されることが案内されている開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2020(以下、WWDC 2020)」についてスケジュールなどの詳細な内容を追加したと発表しています。なお、WWDC 2020はすべての開発者を対象に参加費無料で実施されます。

同社では今年で31年目となる年次イベントであるWWDCを今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で史上初のオンラインのみで開催します。まずスペシャルイベントである基調講演は現地時間の6月22日10時から実施され、日本時間(JST)では6月23日(火)2時から。

基調講演はApple Parkから直接ストリーミング配信され、今年後半にAppleのすべてのプラットフォームにやってくるエキサイティングな新しいイノベーションとアップデートを紹介するということです。日本を含む中国以外では公式WebサイトやApple Developerアプリ、Apple TVアプリ、YouTubeなどにて視聴可能。

続きを読む

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 13.5.1」や「iPadOS 13.5.1」を提供開始!重要なセキュリティー修正を実施


AppleがiPhoneなど向けiOS 13.5.1とiPadOS 13.5.1をリリース!

Appleは1日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 13.5.1(17F80)」および「iPadOS 13.5.1(17F80)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は重要なセキュリティー修正を実施しているとのことで、iPhone 6s以降およびiPad Air 2以降、iPad mini 4以降、iPod touch(第7世代)以降を対象として脱獄(JailBreak)ツール「unc0ver」にも用いれれていたアプリがカーネルの権限で任意のコードを実行できる可能性のある脆弱性「CVE-2020-9859」に対処しているということです。またメモリー消費の問題も改善しているとのこと。

対象機種はiOS 13およびiPadOS 13の対象機種である最新の「iPhone SE(第2世代)」や「iPhone 11」シリーズを含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降で、各製品にて無料でアップデート可能です。

なお、手元のiPhone 11 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。その他、tvOS 13.4.6(17L570)やmacOS Catalina 10.15.5(19F101)もリリースされています。

続きを読む

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 13.5」や「iPadOS 13.5」を提供開始!マスク着用時のFace ID変更や濃厚接触検知アプリ対応


AppleがiPhoneなど向けiOS 13.5とiPadOS 13.5をリリース!

Appleは20日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 13.5(17F75)」および「iPadOS 13.5(17F75)」を提供開始したとお知らせしています。

変更点はマスク着用時に顔認証「Face ID」でパスコードに素早く移行できるようになるほか、公的保健機関から提供される新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触追跡アプリに対応する接触通知APIが導入されたり、グループFaceTime通話のビデオタイルを自動的に目立たせる機能を制御できるオプションが追加されます。またその他の不具合改善やセキュリティー修正となっています。

対象機種はiOS 13およびiPadOS 13の対象機種である最新の「iPhone SE(第2世代)」や「iPhone 11」シリーズを含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降で、各製品にて無料でアップデート可能です。

なお、手元のiPhone 11 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。