S-MAX

iPhone11ProMax

ヨドバシカメラが公式Webストアで「iPhone 11」シリーズのSIMフリー版を販売開始し、日本全国配送可能に!ビックカメラでも準備中


iPhone 11シリーズのSIMフリー版がヨドバシ.comで販売開始!

ヨドバシカメラが公式Webストア「ヨドバシ・ドット・コム」( https://www.yodobashi.com/ )にてアップル製スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」のSIMフリー版を販売開始しています。

同社ではこれまでApple Premium Resellerとなる一部店舗でiPhone 11シリーズを販売してきましたが、旧機種の「iPhone XS」シリーズや新たに発売された「iPhone SE(第2世代)」などに続いてiPhone 11シリーズについてもヨドバシ・ドット・コムで販売することになりました。

なお、同じくApple Premium Resellerの一部店舗でiPhone 11シリーズを販売しているビックカメラにおいても公式Webストア「ビックカメラ.com」( https://www.biccamera.com/ )にて販売すると見られ、準備中だと見られます。

現時点ではビックカメラ.comにおける「iPhone SIMフリーモデル取り扱い中」の「ネットショップでのご注文」にiPhone 11シリーズが含まれていますが、各販売ページではカートに入れられるものの、まだ在庫・納期は「次回入荷未定」となっています。

続きを読む

300万人までは1年間無料なので楽天モバイルの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」のマルチSIMを申込!iPhoneで開通させて使ってみた【レポート】


Rakuten UN-LIMITの物理SIMをiPhoneシリーズで使ってみた!iPhone XSシリーズ以降で利用可能

既報通り、楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )における正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」を4月8日に提供開始し、合わせて内容を一部変更して「Rakuten UN-LIMIT 2.0」にバージョンアップしました。

Rakuten UN-LIMITは月額料金が税抜2,980円(税込3,278円)で楽天回線エリア内のデータ通信と、専用アプリ「Rakuten Link」を利用した国内通話が無制限で利用できる料金プランで、300万人までは月額料金が開通日から1年間無料となります。

またバージョン2.0ではこれまで案内していたパートナー(au)回線エリアにおけるローミングで「データ容量2GB/月、データ容量消費後の通信速度を最大128kbps」としていたものを「データ容量5GB/月、データ容量消費後の通信速度を最大1Mbps」へとアップグレードされています。

なお、データ容量消費後の最大1Mbps化は4月8日から実施されますが、データ容量5GB/月は4月22日(水)からとなります。その他にもオンライン申込なら初期事務手数料に相当する3,300ポイント、Rakuten UN-LIMITを利用している人の紹介で申込なら2,000ポイントが進呈されるキャンペーンを実施しています。

筆者もRakuten UN-LIMITに申し込みを行い、実際にSIMカードが届きました。そこで本記事ではまずは「iPhone 11 Pro Max」でアクティベーション(開通)をして使ってみましたので、その模様を設定方法とともに紹介します。なお、楽天モバイルでは楽天回線対応製品以外の利用は動作保証外としているので試す場合は自己責任となりますのでご注意ください。

続きを読む

楽天モバイル、楽天回線のeSIM対応製品を案内!動作保証外ながらiPhone XS以降およびPixel 4・4 XLが利用可能


楽天回線のeSIM対応製品が案内!Rakuten Mini以外は動作保証外

楽天モバイルは8日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )における「eSIM」の対応製品を案内しています。

同社が販売するオリジナルスマートフォン(スマホ)「Rakuten Mini」以外では、動作保証外ではあるものの、Apple製「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、「iPhone XR」、「iPhone XS」、「iPhone XS Max」、Google製「Pixel 4」および「Pixel 4 XL」としています。

なお、iPhone XR・XS・XS MaxはiOS 12.1以降としている必要があり、NTTドコモやau、SoftBankなどで販売されているSIMロックがかけられている製品については事前にSIMロック解除をしておく必要があるとのこと。

またあくまで2020年4月時点で確認が取れた製品であり、同社が販売しないことから動作保証をしないため、利用する場合は自己責任でとなります。利用はeSIMを申し込み、後日に届くQRコードにアクセスし、開通手続きを完了して使います。

続きを読む

au向けスマホ「Xperia 5」や「Galaxy Note10+」、「iPhone XS」など9機種が最大4万4640円値下げ!最大2万2千円OFFのお得割も対象機種拡大


auスマホ「Xperia 5」や「AQUOS zero2」、「Galaxy Note10+」、「iPhone XS」などが値下げ!

KDDIは27日、携帯電話サービス「au」向けスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SHV47」および「Galaxy Note10+ SCV45」、「Galaxy S10 SCV41」、「Xperia 5 SOV41」、「Xperia 8 SOV42」、「AQUOS sense3 plus サウンド SHV46」、「Galaxy A30 SCV43」、「BASIO3 KYV43」、「iPhone XS」(64GB)の9機種を値下げしたとお知らせしています。

価格(税込)はau SHINJUKUや公式Webストア「au Online Shop」などの直営店では最大44,640円値下げされ、値下げ後はAQUOS zero2 SHV47が82,100円、Galaxy Note10+ SCV45が109,505円、Xperia 5 SOV41が81,400円、Xperia 8 SOV42が44,645円、AQUOS sense3 plus sound SHV46が39,660円、Galaxy S10 SCV41が88,165円、Galaxy A30 SCV43が28,180円、BASIO3 KYV43が33,000円、iPhone XS 64GBが79,920円。

またau Online Shopでは2月21日から最大22,000円割り引く「au Online Shop お得割」の対象機種を拡大したほか、「iPhone 11」シリーズやXperia 1 SOV40、Xperia 5 SOV41、Galaxy S10 SCV41の割引額を増額しています。新たに追加されたのは「iPhone XS Max」および「TORQUE G04 KYV46」、AQUOS zero2 SHV47、Galaxy Note10+ SCV45の4機種となっています。

続きを読む

Apple、iPhone 11・11 Pro・11 Pro Max用の拡張バッテリーケース「Smart Battery Case with Wireless Charging」を販売開始!価格は各々1万6280円


iPhone 11シリーズ向けSmart Battery Case with Wireless Chargingが発売!

Appleが最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」向けの拡張バッテリーケース「Smart Battery Case with Wireless Charging」を販売開始しています。価格はそれぞれ税別14,800円(税込16,280円)。

各製品ともに装着するとバッテリー駆動時間が最大50%長くなり、ワイヤレス充電(Qi)にも対応しており、iPhone本体と同時に充電可能だとのこと。またUSB PD対応の充電器を使うとさらに高速に充電できるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。