S-MAX

iPhone8

iPhone 7用ケースはiPhone 8で使える?iPhone 7とiPhone 8の外観の違いやケース流用の可否などを実機でチェック【レポート】


iPhone 8とiPhone 7を徹底比較!保護ケースは流用可能?

既報通り、NTTドコモやau、SoftBank、Appleから9月22日に新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」、および新型スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」が発売されました。

iPhone 8の外観は既存の「iPhone 7」から大きな変化がなく、ややインパクトに欠ける印象ですが、背面パーツがガラス素材になって無接点充電に対応したほか、CPUにはiPhone 7に搭載された「Apple A10 Fusion」と比べて20%高速で70%高効率(公称)な「Apple A11 Bionic」が搭載されるなど、性能面や機能面での進化が見られます。

今回筆者はAppleが販売するSIMフリー版のiPhone 8/256GB/ゴールドモデルを入手しましたので、昨年購入したiPhone 7/256GB/ゴールドモデルとの外観の違いや保護ケースの互換性などをレビューしたいと思います。

続きを読む

新スマホ「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」ではフリーズした時の強制再起動の方法がさらに変更!音量上→音量下→電源ボタン10秒以上長押しとコマンドのように【ハウツー】


iPhone 8・8 Plusでは強制再起動のやり方が変更に!

昨年発売されたAppleのスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」では以前に紹介したようにホームボタンが新しく実際に押せるキーではなく、感圧機能「3D Touch」やMacBookのトラックパッドに採用されている「Taptic Engine」による方式に変更されたことによって操作できなくなってしまう“フリーズ”状態のときの強制再起動の方法が変更になりました。

そこで同じホームボタンの仕組みを採用し、新たに9月22日に発売されたスマホ「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」でも同じ操作で強制再起動ができるかと思いきや、できなくなっています。しかも、以前はAppleの公式Webページ「iPhone、iPad、iPod touch を再起動する - Apple サポート」にて強制再起動の方法も紹介されていましたが、現在は該当部分が削除されています。

もしかして強制再起動ができなくなった?と思っていたところでしたが、iPhone 8およびiPhone 8 Plusで強制再起動をするやり方を紹介しているところがありましたのでもしものときのために紹介しておきたいと思います。

なお、以前にAppleの公式サポートページに掲載されていたときには強制再起動は“最終手段”であって、単に再起動したいときなどに利用するものではないとしていますし、あまり強制再起動を頻繁に行うのも動作の安定性に良くなさそうなので注意したいところです。

続きを読む

アップルの新スマホ「iPhone 8」のSIMフリー版を購入したので開封してみた!ガラス素材と総務省指定マークなどがなくなり背面はすっきり【レビュー】


iPhone 8のシルバー(64GBモデル・シルバー)のSIMフリー版を購入!

Appleの新しいインチスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」がNTTドコモやau by KDDI、SoftBankといった携帯電話会社のほか、Apple直営ショップ「Apple Store」や直営Webストア「Apple Online Store」にて9月2日に発売されました。

価格(すべて税込)はすでにまとめて紹介していますが、Apple Storeなどで販売されているSIMフリー版ではiPhone 8で85,104円から、iPhone 8 Plusで96,984円から(ともに64GBモデル)、補償サービス「Apple Care+ for iPhone」を付けるならiPhone 8がプラス15,984円、iPhone 8 Plusがプラス18,144円となっています。

iPhone 8シリーズは昨年のiPhone 7シリーズと同様に2014年の「iPhone 6」シリーズから続く4.7インチと5.5インチの2つのラインナップを採用し、外観やサイズはほぼ同じながら背面がこれまでの金属素材からガラス素材になり、新たにワイヤレス充電に対応しています。

一方で、次世代モデルとして同時に発表され、日本でも11月3日に発売される「iPhone X」に人気が集まり、今年は発表直後に発売されたiPhone 8シリーズの人気はそれほどではないようで、各社の発売記念セレモニーでも行列が少なく、予約数も昨年以下となっている模様です。

とはいえ、iPhone 7シリーズから対応する防水・防塵やステレオスピーカー、そして、FeliCaによる決済サービス「Apple Pay」へもきっちり対応していますし、新開発のA11チップセットやカメラセンサーも新しくなるなど、iPhone Xがホームボタンを廃止してかなり操作面でも変更があるのに対し、従来通りの使用感を求めるなら最高スペックのiPhoneと言えるかと思われます。

そこで今回は、そんなiPhone 8のSIMフリー版(64GBモデル・シルバー)をApple Online Storeにて購入したのでまずは開封してパッケージや外観などを写真で紹介していきたいと思います。


続きを読む

Appleの新スマホ「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」がiFixitによって分解!RAMは8が2GB、8 Plusが3GBと変わらず、電池容量はともに7シリーズよりも1割程度減少


Appleの新しいスマホ「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」がiFixitによって分解!

iFixitは22日(現地時間)、日本時間では9月13日に発表され、9月15日に予約開始、そして先日9月22日に発売されたAppleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」を分解したレビューを掲載しています。

今回は最も早く発売されるオーストラリア・シドニーで作業が行われ、分解に用いた製品はiPhone 8がA1863、iPhone 8 PlusがA1864とどちらも日本で販売されているモデルとは異なっています。iPhone 7シリーズのときには日本の日経BPで作業されていたので日本モデルでしたが。

Appleが公開している両製品の仕様では内蔵メモリー(RAM)や電池パックの容量などの詳細なスペックが明らかにされていませんが、今回、分解したことによる部品によってそれらの数値が判明しています。

続きを読む

新スマホ「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」はNTTドコモ版だけでなく、au版やSoftBank版もMVNOロックかかっておらず!SIMロック解除しなくてもその回線の格安SIMで利用可能


iPhone 8およびiPhone 8 PlusはMVNOロックフリーに!au版とSoftBank版でも

本日9月22日に発売された新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」(Apple製)。日本ではNTTドコモおよびau、SoftBankの大手携帯電話会社(以下、MNO)に加え、Appleから直営店「Apple Store」と公式Webストアにて販売されています。

Apple StoreなどのAppleが販売する製品は購入時からSIMロックがかかっていないSIMロックフリー版ですが、NTTドコモ版やau版、SoftBank版はそれぞれ購入時にはSIMロックがかかっており、SIMロック解除に対応しています。

SIMロック解除は昨年10月に総務省によって策定された「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」によって3社ともにすでに購入日から101日後にSIMロック解除ができるようになっています。

なお、NTTドコモでは一括払いで購入した場合は購入日より即日解除手続きが可能、さらに以前にSIMロック解除を行った回線では前回の解除受付日から101日目以降である場合は機種購入日から100日以内の場合でもSIMロック解除の手続きができ、auとSoftBankは12月1日以降から同様の施策に対応します。

一方で、この指針では仮想移動体通信事業者(MVNO)向けのロックを廃止するようにMNOに求めており、8月1日以降に発売する製品は対応することになっています。これに伴って、auの「MARVERA KYF35」と「かんたんケータイ KYF36」ではSIMロック解除を行わなくてもau回線のMVNOが使えるようになっています。

今回、このMVNOロックフリーが以前から実施されていたNTTドコモ版だけでなく、au版やSoftBank版のiPhone 8およびiPhone 8 Plusでも実施されていることがKDDIおよびソフトバンクによって明らかになりました。

これに対し、MVNO側でもSoftBank回線のMVNOを提供する日本通信はSoftBank版のiPhone 8/iPhone 8 PlusをSIMロックされたままで「b-mobile S」が使えることを案内しており、au回線のMVNOを提供するケイ・オプティコムはau版のiPhone 8/iPhone 8 PlusをSIMロック解除せずに「mineo(Aプラン)」で使えるとしています。なお、mineo(Aプラン)の場合にはVoLTE対応SIMが必要で、LTE対応SIMでは利用できないこともお知らせされています。

続きを読む

iPhone行列に異変あり? iPhone 8などの発売を記念したソフトバンク銀座の店頭セレモニーの様子を写真とともに紹介――上戸彩さんや古田新太さんが登場【レポート】


ソフトバンクがiPhone 8などの発売記念セレモニーを開催!

ソフトバンクは22日、都内にある直営店「ソフトバンク銀座」にて、本日発売されるApple製スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」、同社製スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」の発売を記念したセレモニーを開催しました。

iPhoneシリーズの発売日にはソフトバンクのみならずNTTドコモやau、そして家電量販店などでも毎年長蛇の列ができ、この時期の風物詩ともなりつつありますが、今年はその状況にも少々変化があったようです。

続きを読む

本日発売の新スマホ「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」ではau回線MVNOのLTE対応SIMカードがSIMフリー版でも使えず!VoLTE対応SIMカードに変更すれば利用可能――mineoが検証結果公開


au回線のMVNOでもiPhone 8・8 Plusは非VoLTE対応SIMカードが使えないのでご注意を!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話がau網においてアップル製スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」以降(現状では11月3日発売の「iPhone X」を含み)において3G(CDMA 2000方式)を利用しないことを明らかにしています。

これに伴い、auでは利用するSIMカードも4G(FDD-LTE方式およびWiMAX 2+方式、TD-LTE方式)のみを利用するVoLTE対応SIMカード「au Nano IC Card 04 LE」(いわゆる「黄色SIM」)に変更し、既存のauのiPhone契約者がほとんど利用していたLTE対応SIMカード「au Nano IC Card(4G LTE)」(いわゆる「黒色SIM」)から機種変更する場合には手数料が3,000円(税別)となります。

なお、何らかの理由ですでにau Nano IC Card 04 LEや多くのVoLTE対応Androidスマホで提供されている「au Nano IC Card(VoLTE)」(いわゆる「灰色SIM」)を利用している場合でiPhone 8などに機種変更する場合は手数料2,000円(税別)と従来通り。また合わせて、iPhone 8・8 Plus・Xではau版だけでなく、SIMフリー版でもau Nano IC Card(4G LTE)が利用できなくなると案内しています。

そのため、au回線を利用したケイ・オプティコムの「mineo(Aプラン)」や「UQ mobile」などの仮想移動体通信事業者(MVNO)でもau Nano IC Card(4G LTE)に相当するLTE対応SIMカードが使えなくなることが懸念されていましたが、実際にmineoの検証では使えないことが判明しました。

なお、mineoやUQ mobileではauのVoLTE対応SIMカードも当然提供しており、それらのVoLTE対応SIMカードに変更すれば利用可能となっています。その他、au回線を利用したMVNOでは「IIJmio(タイプA)」もありますが、こちらはVoLTE対応SIMカードのみでサービスを提供しているので影響ありません。

続きを読む

KDDI、iPhone 8・8 Plus・Xはau網でCDMAを利用しないことが明らかに!SIMフリー版を含めてau VoLTE対応SIMカードが必須、au回線のMVNOにも影響か?一方、MVNOロックは廃止へ


iPhone 8シリーズ以降はau網でVoLTE対応SIMカードしか使えないようになるのでご注意を!

KDDIおよび沖縄セルラー電話が本日9月22日に発売する新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」以降ではau網でCDMA 2000方式を利用しないことを明らかにしています。このため、au回線でiPhone 8やiPhone 8 Plus、そして11月3日に発売される「iPhone X」ではau VoLTE対応SIMカードが必要となります。

auでは既存のiPhoneから機種変更する場合、LTE対応SIMカード(いわゆる「黒色SIM」)からの契約変更となるため、手数料が3,000円(税別)となり、VoLTE対応のAndroidスマートフォン(スマホ)やケータイからの機種変更では手数料が2,000円(税別)となります。

またSIMフリー版においても日本で販売されるiPhone 8やiPhone 8 Plus、iPhone Xについては従来のauのiPhoneで利用していたLTE対応SIMカードでは利用できず、au VoLTE対応SIMカード(いわゆる「黄色SIM」または「灰色SIM」)が必要とのこと。

そのため、au回線を借り入れて提供している「mineo(Aプラン)」や「UQ mobile」などの仮想移動体通信事業者(MVNO)ではSIMフリー版を購入して利用する場合にも注意が必要で、au VoLTE対応ではないSIMカードを契約している場合には利用できなくなります(参考「本日発売の新スマホ「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」ではau回線MVNOのLTE対応SIMカードがSIMフリー版でも使えず!VoLTE対応SIMカードに変更すれば利用可能――mineoが検証結果公開 - S-MAX」)。

一方で総務省が昨年10月に「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」として定めた「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」に沿ってMVNO向けのSIMロックが廃止されていると見られ、例えば、auで購入したSIMロック解除をしていないiPhone 8・8 Plus・Xにmineo(Aプラン)などのau VoLTE対応SIMカードを装着して使えるようになっているかもしれません。

これは2017年8月1日以降に発売される製品に適用されることになっており、これまでNTTドコモでは実施されていましたが、新たにauとSoftBankについても実施されていると見られます。mineoを提供するケイ・オプティコムでは動作確認をリアルタイムで行うそうなので、このあたりも含めて注目したいところです。

続きを読む

NTTドコモもiPhone 8・8 Plusなどの機種変更で最大5400円OFFになる「スペシャルクーポン」をDMで郵送中!新規・MNPなら読者限定クーポンをプレゼント


docomoも機種変更用スペシャルクーポンを配布!iPhone 8などが最大5400円引

NTTドコモが特定の人宛にダイレクトメール(DM)で「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」などを含めて機種変更でも使える最大5,400円(税込)割引の「スペシャルクーポン」を郵送しています。

DMは新規契約および他社から乗り換え(MNP)用が届く場合もあるようですが、機種変更用が届いたケースもあり、過去の購入機種や契約条件などによって届く内容が違うようです。

すでにauも同様のクーポンを郵送していることを紹介しましたが、auは10,000円または15,000円のau WALLETポイントへのチャージでキャッシュバックなのでうまく活用できればauのほうが特典としては大きいです。

なお、NTTドコモについては公式Webストア「ドコモオンラインショップ」で予約・購入する場合なら新規契約・MNPで5,400円OFFになる「エスマックス読者限定クーポン」もプレゼント中なので是非、チェックしてみてください。

続きを読む

最新スマホ「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」などが各社で予約開始!オンラインストアの予約ページや価格をまとめてチェック――auでは不具合で予約完了メールを一時停止中


iPhone 8・8 Plusが予約開始!価格や予約ページをまとめて紹介

話題の新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」(ともにApple製)などの予約受付がNTTドコモやau、SoftBank、Appleなどにて昨日9月15日16時1分から開始されました。

各社の公式Webストア「ドコモオンラインショップ」および「au Online Shop」、「ソフバンクオンラインショップ」、「Apple Online Store」で予約受付が進められることを確認していました。

各社ともに予約開始直後はサーバー負荷が増え、一時的に表示できない状態になったものの、今年は後に「iPhone X」が控えていることもあり、例年より表示できない期間も短く、比較的すんなり予約できる状態だったように思います。筆者も無事にiPhone 8の64GB(シルバー)を予約できました。

一方でau Online ShopではiPhone 8およびiPhone 8 Plusを予約した人への予約完了メールについて予約開始の9月15日16時01分から16時30分の間に一部の人にカタカナの名前や予約番号、予約の商品情報を誤って送信していることが判明し、復旧の作業に伴って予約完了メールの送信を一時停止していると案内しています。

復旧次第、メールの送信を再開し、また誤ったメールを送った人にはあらためて正しい内容をメールで連絡するとしています。今回は各社の価格(税込)と予約ページをまとめて紹介しておこうと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。