S-MAX

iPhone8

アップルの次期スマホ「iPhone 8」はAR・VRや顔認証をサポートか?歴代チップに採用されているイマジネーションが次世代GPUコア「PowerVR Furian」を発表


次期iPhoneはAR・VRに対応か!?

Imagination Technologies(以下、イマジネーション)は8日(現地時間)、同社が開発するGPU「PowerVR」の次期アーキテクチャー「PowerVR Furian」を発表しています。すでにIP(知的財産権)を複数のパートナーに提供開始しており、PowerVR Furianを採用する製品が2017年中頃以降に登場する予定だとのこと。

PowerVRはアップルの「iPhone」シリーズなどのチップセット「A」シリーズのGPUに採用されていることから今年秋以降に発売されると見られる次期スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」(仮称)に搭載されるのではないかと推察されます。

PowerVR Furianは、従来の「PowerVR Rogue」から一新し、パフォーマンスの大幅な向上によってAR(拡張現実)やVR(仮想現実)、AI(人工知能)、ML(機械学習)などをサポートするということで、iPhone 8でも高解像度化や顔認証の導入とともにAR・VRへの対応も期待されます。

続きを読む

Appleの次期スマホ「iPhone 8」の噂まとめ!5.8インチ有機EL全面ディスプレイデザインやファンクションエリア、大容量電池、10万円超高額化、顔認証対応など


iPhone 8はこんな感じ!?ConceptsiPhoneが公開しているコンセプト

今年秋(例年通りなら9月)に発表されると見られているAppleの次期スマートフォン(スマホ)は「iPhone」シリーズの10周年となるため、大幅にモデルチェンジが行われると予想されています。

これまでにもすでに多くの噂や予測が行われてきており、中でも主流となっているのが現行の4.7インチモデルと5.5インチモデルはそのまま継続し、モデルチェンジした全面ディスプレイのモデルを追加した3機種がラインナップされるというもの。

そのため、名称も10周年を記念して通例なら今年は「iPhone 7s」になるところを「iPhone 8」シリーズとなるとするものや、4.7インチと5.5インチはそのままiPhone 7sとし、モデルチェンジした機種だけ「iPhone X」とするといった噂も出ています。

特にモデルチェンジする1機種についての噂や予測が多く、最近ではApple関連の情報に詳しいKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が新たにサイズはほぼ現行の4.7インチモデルと同じながら5.8インチ有機EL(OLED)パネルを採用するといったレポートを公開したと9to5Macが報じています。

そこで今回はモデルチャンジした機種についてのこれまでに出ている内容とここ直近に出た内容をまとめて紹介していきたいと思います。

続きを読む

アップルの次期スマホ「iPhone 8」はサファイアなどの硬質セラミックガラスボディーを採用?レーザー加工の特許を出願――ワイヤレス充電への布石か


iPhone 8はセラミックボディー!?画像はCult of Macによるコンセプト

米国特許商標庁(United States Patent and Trademark Office:USPTO)は2日(現地時間)、Appleによる特許出願「Laser Polishing Ceramic Material」(資料番号:20170029327)を公開しています。

これはサファイアガラスやジルコニアなどの透明なセラミック素材の表面をレーザーを使って研磨する技術に関するもので、資料内では同社の「iPhone」シリーズと見られるスマートフォン(スマホ)を加工している様子が描かれています。

今年秋に発売されると見られる次期スマホ「iPhone 8」(仮称)はボディーがこれまでの「iPhone 7」シリーズなどのメタルからガラスに変わると噂されており、今回の特許を利用するなら強度の高いセラミックガラスとなると予想できます。

さらにAppleではディスプレイを覆うガラスもサファイアでコーティングして保護する技術の特許も公開されており、画面割れもしにくく、ディスプレイの縁も狭いベゼルフリーの新しい外観となりそうです。

続きを読む

アップルの次期スマホ「iPhone 8」の防水性能はIP68に向上か?ライバルのGalaxyやXperiaなどに追いつく模様――ただし、iPhone 7は浸水による故障対象外


iPhone 8の防水性能はIP68に向上へ!?写真はiPhone 7

Appleが今年に発売すると見られる次期スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」(仮称)シリーズについて新たに韓国のThe Investorが防水・防塵性能が現在の「iPhone 7」シリーズよりも向上すると報じています。

iPhoneシリーズでは初の防水・防塵仕様となったiPhone 7シリーズですが、規格としては国際電気標準会議(IEC)が定めた「IP67」に準拠しており、あくまで匿名の情報筋からの情報としてですが、iPhone 8シリーズはより高い「IP68」に対応するとしています。

続きを読む

来年の次期スマホ「iPhone 8」シリーズでは3Dマッピングに対応したデュアルカメラを搭載か?モジュールを開発するLG Innotekと提携で開発中と報道


iPhone 8シリーズでは3D撮影対応!?写真はデュアルカメラ搭載のiPhone 7 Plus

Appleが来年秋にも投入すると見られている次期スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」(仮)シリーズでは3D撮影が可能なデュアルカメラを搭載し、カメラモジュールをLG Innotekと共同開発しているとThe Korea Economic Dailyが報じています。

LG Innotekは「iPhone 7 Plus」のデュアルカメラのモジュールも独占的に供給しており、独自の3D撮影関連技術を持っているため、この技術をスマホカメラに応用できる方法をAppleと提携して検討しているとのこと。

Appleはこれまでにも3D撮影カメラ技術を持った2015年4月にイスラエルのベンチャー企業のLinX Computational Imaging(以下、LinX)を買収しており、デジタル画像を3段階で分割して写真に奥行き情報を追加でき、3D撮影を実現するためにはデュアルカメラ技術を補完する必要があるということです。

続きを読む

来年の次期スマホ「iPhone 8」は本体サイズがほぼそのままで大画面化し、5インチと5.8インチになる!?超狭額縁なベゼルフリーのガラスボディーで実現か


次期スマホ「iPhone 8」シリーズは画面が大型化で5インチと5.8インチに!?写真は現行の4.7インチと5.5インチ

来年秋にも投入されると見られているAppleの次期スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」(仮)シリーズが現行の「iPhone 7」シリーズなどの「iPhone 6」シリーズから続く本体サイズを維持しながら画面サイズが大きくなると、イギリス・ロンドンに本拠を置く国際金融グループ「Barclays(バークレイズ)」にてアナリストを務めるBlayne Curtis氏とChristopher Hemmelgarn氏が報告しているとBusiness Insiderが伝えています。

これまでにも紹介しているようにiPhone 8シリーズはガラスボディーを採用し、ディスプレイの周りの縁(ベゼル)が非常に狭い全面ディスプレイになると噂されています。

今回はこれらを補足するように、アジアのサプライヤー関係者から得た情報を元にした報告としてiPhone 8が従来の4.7インチから5.0インチに、iPhone 8 Plusが従来の5.5インチから5.8インチに大画面化するとレポートしています。

さらにレポートでは現在は4.0インチの「iPhone SE」の後継機種が4.7インチになるともしており、未確定ながら各モデルの画面サイズが大型化することを確信しているとまとめています。

続きを読む

来年の次期スマホ「iPhone 8」はガラスボディーで3つの画面サイズのモデルになる?大型のみ有機ELで、曲面ディスプレイを採用すると日経が報じる


次期スマホ「iPhone 8」は3モデルで5インチモデルが存在か?

日本経済新聞の英文メディアであるNikkei Asian Reviewは26日、来年秋にも投入されると見られているAppleの次期スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」(仮)シリーズにおいて画面サイズが現行の4.7インチと5.5インチに加えて5インチも追加された3モデルあると報じています。

業界に詳しい関係筋からの情報として伝えており、以前から噂があるように背面もガラスを採用した新しいデザインになり、曲面有機ELディスプレイを採用するとしています。

有機ELは大型の5.5インチモデルのみで、他の2モデルは現在の「iPhone 7」シリーズなどと同様に低温ポリシリコンTFT液晶になるとのこと。

ただし、同メディアではシングルカメラのiPhone 7 Plusを発表の半年前以降に中止したとして、計画は変更される可能性があると付け加えています。

続きを読む

来年の次期スマホ「iPhone 8」の電池はより大容量で安全に!?Appleが特許を申請――大型モデル「iPhone 8 Plus」はより大画面か


次期スマホ「iPhone 8」にも使われる!?Appleがより頑丈で大容量なバッテリー技術を特許申請――写真は「iPhone 7 Plus

Appleがスマートフォン(スマホ)などのバッテリーをより大容量かつ頑丈にするための特許を米国特許商標庁(United States Patent and Trademark Office:USPTO)にて申請したとAppleの特許情報に詳しいメディア「Patently Apple」が10月6日(現地時間)に伝えています。

特許では電池パックの外装を表面に凹凸を付けた金属製にすることでより大容量かつ耐久性のあるものにでき、さらに電池寿命も長くなるとし、特許に記載されている技術が応用できる可能性のある製品として「iPhone」や「iPad」、「Apple TV」などとなっています。

そのため、Patently Appleでは来年のiPhoneシリーズは10周年のため、通常はセカンドモデルであるiPhone 7sとなるところですが、飛ばして「iPhone 8」シリーズになると言われている次期iPhoneに搭載されるのではないかとのこと。

また、大型モデル「iPhone 8 Plusはより大画面になると噂されていますが、新しい金属製の電池パックの設計によって本体の強度を保つのがより難しい大画面モデルでも安全に使えるようになるとしています。

続きを読む

来年のiPhoneは割れにくい画面になる?2017年モデルは有機ELで画面全体を振動させてフィードバックが得られるなどの新技術が導入か――今年のiPhone 7シリーズはマイナーチェンジに


次期iPadやiPhoneの画面が割れにくくなる!?タッチパネルに新技術を導入か

来年に10周年を迎えるiPhoneシリーズ。そのため、今年の2016年モデルとして噂されている「iPhone 7」(仮称)シリーズは既存の「iPhone 6」シリーズや「iPhone 6s」シリーズと外観やサイズなどがほぼ同じで、スペックアップなどを中心にした小幅な変更に留まると予想されています。

一方で、来年の2017年モデルとして噂されている「iPhone 8」(仮称)シリーズはホームボタンが廃止され、有機ELの全画面デザインに一新されるなどの大幅な変更になるとされていますが、新たにAppleの特許情報に詳しい「Patently Apple」では割れにくい新素材の画面を採用するのではないかと伝えています。

iPhone 6sシリーズで導入された感圧機能「3D Touch」などの技術を提供する部品供給メーカーのTPKが現在用いられているITO(酸化インジウムスズ)エッチング式投影型は折り曲げに弱いことが課題となっており、TPKの社長兼CEOを務めるMichael Chung氏が「より柔軟性のあるフレキシブルな銀ナノワイヤー導電フィルムを用いたタッチパネルの導入準備をしている」とレポート。

同氏はこの技術が「2年後、遅くとも3〜5年語にタッチパネルの主流になる」と予測し、「TPKの顧客が2016年後半にこの技術を用いたハイエンド製品を投入する予定である」と示しており、記事ではこれが次期iPadシリーズであり、2017年のiPhone 8シリーズにも用いられるのではないかとしています。

銀ナノワイヤー導電フィルムについてはPatently Appleでは1年前の2015年5月にもアジアからの情報としてiPadの2016年モデルに採用するために同技術を採用したタッチパネルディスプレイをLGやSamsung、JDIといった主要ディスプレイメーカーに試作品を求めたとし、採用することでタッチ操作の感覚を高め、コスト削減を行え、さらに画面割れにも強くなると伝えています。

続きを読む

本命はやはり来年!?iPhoneの2017年モデルは全面ディスプレイに?Touch ID搭載ホームボタンなどが画面に埋め込まれると噂ーーLGが指紋センサー内蔵ディスプレイを開発


2017年のiPhoneは全面ディスプレイデザインに!?LGが画面の下に配置するセンサーを開発

LG Innotekは2日(現地時間)、ディスプレイの下に配置できる0.3mmの薄型指紋センサーモジュールを開発したと発表しています。これにより、画面にタッチするだけで、指紋認証が行えるとのこと。

一方、Appleが昨年に画面にタッチして指紋認証する特許「電子デバイスにおける指紋認証センサー(Fingerprint Sensor in an Electronic Device)」を取得しており、LG InnotekがAppleの部品供給元でもあるため、この特許を元に開発されて次世代のiPhoneに採用されるのではないかと噂されています。

これらとともにApple内部からの情報として2017年に登場する次世代「iPhone」について指紋認証機能「Touch ID」を搭載したホームボタンだけでなく、フロントカメラやスピーカーも画面内に埋め込まれて"全面ディスプレイ"デザインになると一部メディアが伝えています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。