S-MAX

オッポ

OPPO初のタブレット「OPPO Pad Air」を写真と動画で紹介!10インチ薄型軽量でクアッドスピーカー搭載。動画視聴や電子書籍閲覧も快適【レビュー】


OPPOのタブレット「OPPO Pad Air」を試す!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は26日、10インチサイズのタブレット製品「OPPO Pad Air(オッポ パッド エアー:型番OPD2102A)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を2022年9月30日(金)に発売すると発表した。

同社が日本市場向けにタブレット製品を投入するのは今回が初めて。OPPO公式オンラインショップをはじめ、OPPO公式PayPayモール店、OPPO公式楽天市場店、Amazon.co.jp、ECカレント、ひかりTVショッピングなどのWebストアの他、コジマや上新電機、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラといった家電量販店などで販売される。

希望小売価格(金額はすべて税込)は37,800円。発売記念キャンペーンとして、2022年10月31日(月)までの期間に購入した場合は専用のスマートカバーがプレゼントされる。

オンラインストアでは同じ値段でスマートカバー(純正カバー)のアリかナシを選択できるが、ショップによってはスマートカバー代をキャッシュバックする方法や、クーポンで相殺する方法など対応が異なるとのこと。詳しくは取り扱い店での確認となる。

今回はオウガ・ジャパンが事前に開催した説明会および貸し出し機で実機を試すことができたため、外観や同梱品チェック、基本機能を中心に写真や動画を交えながらレビューする。

続きを読む

オウガ・ジャパン、初のAndroidタブレット「OPPO Pad Air」を発表!Wi-Fi版「OPD2102A」が9月30日発売。価格は3万7800円


オウガ・ジャパン初のタブレット「OPPO Pad Air OPD2102A」が登場!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は26日、10.3インチサイズのAndroidタブレット「OPPO Pad Air(オッポ パッド エアー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を日本にて発表しています。日本市場で販売されるのはWi-Fi版(型番:OPD2102A)で、2022年9月30日(金)より順次発売されるとのこと。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格およびOPPO 公式オンラインショップ やOPPO公式PayPayモール店、OPPO公式楽天市場店といった公式Webストアでは37,800円となっており、発売に先立って2022年9月26日(月)11時より順次予約受付を実施するということです。

また販路は他にもコジマや上新電機、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラといった量販店、Amazon.co.jpやECカレント、ひかりTVショッピングといったECサイトとなっています。

続きを読む

オウガ・ジャパン、4G対応エントリースマホ「OPPO A77」を発表!メーカー版「CPH2385」が10月6日発売。価格は2万4800円


4G対応のSIMフリースマホ「OPPO A77 CPH2385」が登場!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は26日、4G対応エントリースマートフォン(スマホ)「OPPO A77(オッポ エーナナナナ)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を日本にて発表しています。日本市場におけるオープン市場向けメーカー版(型番:CPH2385)が2022年10月6日(木)より順次発売されるとのこと。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格およびOPPO 公式オンラインショップ やOPPO公式PayPayモール店、OPPO公式楽天市場店といった公式Webストアでは24,800円となっており、発売に先立って2022年9月26日(月)11時より順次予約受付を実施するということです。

また販路は他にもエディオンやケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラといった量販店、Amazon.co.jpやECカレント、ひかりTVショッピングといったECサイト、IIJmioやOCN モバイル ONE、QT mobile、NUROモバイル、ピカラモバイルといった仮想移動体通信事業者(MVNO)となっています。

続きを読む

OPPOが日本向けタブレットを9月26日に発表へ!OPPO Pad Air OPD2102Aはすでに技適取得済み。スマートデバイスの新製品投入を予告


OPPOが日本市場におけるスマートデバイスの新製品を9月26日に発表へ!いよいよタブレット投入か

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は3日、同社が展開している「OPPO」ブランドの日本市場向け公式Twitterアカウント( @OPPOJapan )において「OPPO NEW デバイス 2022.09.26」というティザー画像とともに「6月の発表会の時に、下半期にスマートデバイスで新製品を出すと言っていましたね。皆さん、楽しみにしていてくださいね」と投稿しています。

同社では今年6月に開催した「OPPO 2022 新製品発表会」において日本でも2022年後半にOPPOのタブレットを投入することを明らかにしているため、恐らくこのタブレットを2022年9月26日(月)に発表するのだと思われます。OPPOでは同社初のタブレット「OPPO Pad(型番:OPD2101)」を今年2月に発表し、さらに続く「OPPO Pad Air(型番:OPD2102)」も海外ではすでに投入されています。

一方、総務省が公開している「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースにはOPPO Mobile Telecommunicationが「OPD2102A」の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2022年5月16日(月)付けでKL-Certificationを通じて取得(認証番号:219-218052)していることが判明しています。

そのため、OPD2102となるOPPO Pad Airが日本で発売されることになりそうです。またすでに紹介しているようにOPPOでは4G対応エントリースマートフォン(スマホ)「OPPO A77」または「OPPO A57s」(型番:CPH2385)も工事設計認証を取得しているほか、スマートバンド「OPPO Band 2」(型番:OBBE215)も2022年7月6日(水)付けでKL-Certificationを通じてMRAによる工事設計認証を取得(認証番号:219-218055)しており、これらも合わせて発表される可能性もあるのではないでしょうか。

続きを読む

日本で発売を準備中の「CPH2385」となる4G対応エントリースマホ「OPPO A77」と「OPPO A57s」が発表!オープン市場の低価格製品に


4G対応エントリースマホ「OPPO A77」と「OPPO A57s」が登場!

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)が4G対応スマートフォン(スマホ)「CPH2385」となる「OPPO A77」および「OPPO A57s」を発表しています。すでに紹介しているようにCPH2385は日本向け工事設計認証(いわゆる「技適」)を取得しており、日本市場での発売を準備していると見られています。

なお、OPPO A77とOPPO A57sはともに型番がCPH2385で仕様は同じとなっており、発売する国・地域で製品名が使い分けられ、例えば、アラブ首長国連邦(UAE)ではOPPO A77、南アフリカではOPPO A57sとして販売され、この2つの国で販売される製品は携帯電話ネットワークの対応周波数帯を含めて同一となっています。

日本向けのCPH2385は携帯電話ネットワークの対応周波数帯は若干異なると思われますが、日本でもOPPO A77またはOPPO A57sとして販売される可能性は高いと思われます。OPPOの日本法人であるオウガ・ジャパンではエントリー向けにこのタイミングで5Gには対応しないより低価格な製品を投入することになりそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。