S-MAX

オッポ

おサイフケータイ対応スマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」を写真や動画で紹介!メーカー版「CPH2541」とSoftBank版「A302OP」が販売中【レポート】


ミッドレンジスマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」をフォト&ムービーレポート!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)が昨年9月に5Gやおサイフケータイ(FeliCa)に対応したミッドレンジスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno10 Pro 5G(オッポ リノテン プロ ファイブジー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を発表し、オープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「OPPO Reno10 Pro 5G(型番:CPH2541)」とソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」向け「OPPO Reno10 Pro 5G(型番:A302OP)」が販売されています。

オープン市場向けはオウガ・ジャパンの直営の公式Webストア「OPPO 公式オンラインショップ」や「OPPO 公式楽天市場店」、「OPPO 公式Yahoo!ショッピング店」に加え、ECサイトや量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて販売され、SoftBank版はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などとなっています。

価格(金額はすべて税込)はオープンながらメーカー版が希望小売価格およびOPPO 公式オンラインショップなどでは86,800円で、すでに多少値下げされて7万円台となっており、SoftBank版が発売当初は80,640円(分割では1〜24回:917円/月、25〜48回:2,443円/月)でしたが、今年2月に大幅に値下げされて31,824円(分割では1〜24回:917円/月、25〜48回:409円/月)となっています。

またSoftBankでは販売施策「新トクするサポート」を利用して24回目の支払いの後に返却すると残債が免除されて実施負担額917円/月×24回(総額22,008円)となるほか、ソフトバンクオンラインショップなどではキャンペーン「オンラインショップ割」によって他社から乗り換え(MNP)なら21,984円割引となるため、MNPなら実施負担額1円/月×24回(総額24円)で購入可能です。

その他、OPPO Reno10 Pro 5Gを購入の上、2024年7月31日(水)23:59までにキャンペーンに申し込んだ場合に動画配信サービス「YouTube Premium」を3カ月無料で利用できる「YouTube Premium 初回3ヶ月無料キャンペーン」を実施しています。ただし、申込はYouTube PremiumまたはYouTube Music Premium、YouTube Red、Google Play Musicのいずれかの定期購入や無料お試しを行ったことがない場合が対象となります。

今回はかなり遅くなりましたが、昨年9月にオウガ・ジャパンが実施した「OPPO 2023 新製品発表会」における展示会場にてOPPO Reno10 Pro 5Gの実機をタッチ&トライしたほか、その後にも製品版を手に入れて試してきたのでまずは外観や特徴を中心に写真や動画を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む

ミッドレンジスマホ「OPPO Reno11 F 5G」が日本で発売へ!総務省の認証情報などにソフトバンク版「A401OP」とメーカー版「CPH2603」が登録


オッポの未発表製品が総務省の非接触IC設備認証に登録!画像はグローバル向け「OPPO Reno11 F 5G」

総務省が「高周波利用設備の型式指定・型式確認の公示」おいて「型式指定の型式名・指定番号・製造業者等の氏名又は名称の公示」を2024年4月4日(水)に更新して「平成29年4月17日~令和6年2月29日」を公開し、このうちの非接触IC機能「NFC(Type F/FeliCa含む)」に関する「誘導式読み書き設備」としてオウガ・ジャパンが未発表製品「A401OP」および「CPH2603」を申請したことが掲載されています。

指定番号はA401OPが「第AC-24014号」、CPH2603が「第AC-24013号」。すでに紹介しているように型番規則からA401OPはソフトバンク(携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」)版、CPH2603はオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)であることが推察でき、CPH2603はすでに海外にてエントリースマートフォン(スマホ)「OPPO Reno11 F 5G」(OPPO Mobile Telecommunications製)として発表されています。

そのため、オウガ・ジャパンがOPPO Reno11 F 5Gまたはその同等製品を日本で発売する準備を進めていると見られます。なお、誘導式読み書き設備は必ずしもFeliCaに対応しているとは限らず、NFC Type A/Bのみでも高周波利用設備に該当する場合は申請が必要となっているため、どちらの可能性もあるかと思われますが、最近ではエントリースマホ「OPPO A79 5G」もおサイフケータイ(FeliCa)に対応しているおり、これらの製品もFeliCaに対応している可能性は高いのではないかと予想されます。

続きを読む

FeliCa対応スマホ「OPPO Reno10 Pro 5G」のメーカー版「CPH2541」にAndroid 14へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


FeliCa対応スマホ「OPPO Reno10 Pro 5G CPH2541」がAndroid 14に!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)が販売している5Gやおサイフケータイ(FeliCa)に対応したミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno10 Pro 5G(型番:CPH2541)」(OPPO Mobile Telecommunications製)に対して最新プラットフォーム「Android 14」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始しています。なお、オウガ・ジャパンからの案内は現時点ではありません。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話ネットワーク(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新ファイルサイズは約2.08GBと大きいため、ダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されます。更新後のビルド番号は「CPH2541_14.0.0.300(EX01)」で、主な更新内容は以下の通りとなっており、合わせて独自ユーザーインターフェース「ColorOS 14」にもアップデートされます。なお、ColorOS 14については公式Webページ『Discover ColorOS 14: A Smart and Smooth Mobile Experience | OPPO Global』をご確認ください。

<効率化のためのスマート機能>
・ドラッグアンドドロップによってアプリ間および端末間でコンテンツを転送できる、ファイルドックを追加しました。
セキュリティとプライバシー
・アプリによるアクセスをより安全にするために、写真とビデオに関連する権限の管理を改善しました。

<パフォーマンスの最適化>
・システムの安定性、アプリの起動速度、およびアニメーションの滑らかさを改善しました。

<Aquamorphic Design>
・快適なカラー体験を実現するために、自然で優しく、よりクリアなカラースタイルでAquamorphic Designをアップグレードしました。
・Aquamorphicをテーマにした着信音を追加し、システムの通知サウンドを刷新しました。
・システムのアニメーションをより滑らかに改善しました。

<ユーザーに対する配慮>
・車を運転する代わりに歩くことで削減できる二酸化炭素排出量を可視化する、カーボントラッキング AOD を追加しました。

<システム>
・スマートサイドバーでバックグラウンドストリーム機能を削除します。

詳細を表示、またはディスカッションへ参加するには、以下にアクセスしてください。
https://community.oppo.com


続きを読む

日本でミッドレンジスマホ「OPPO Reno11 F 5G」が発売へ!日本オーディオ協会にソフトバンク版「A401OP」とメーカー版「CPH2603」が登録


日本でミッドレンジスマホ「OPPO Reno11 F 5G」またはその同等製品が発売へ!

オーディオやオーディオ・ビジュアル(A&AV)に関わるハードウェアとソフトウェアの製造・流通・放送・出版・学術分野などの法人会員およびA&AVに関心のある個人会員によって構成される社団法人である日本オーディオ協会(Japan Audio Society)にてHi-Res AUDIO(ハイレゾ音源)に対応していることを示すロゴを表記するための登録機器にOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)の未発表製品「A401OP」と「CPH2603」が追加されています。

このうちのCPH2603はすでに海外にてミッドレンジスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno11 F 5G」として発表されており、恐らくA401OPはその日本向け製品だと見られ、型番規則からソフトバンクの携帯電話サービス(「SoftBank」および・または「Y!mobile」)向けとなると予想されます。なお、この登録機器のリストは海外向け製品も含まれるため、CPH2603も日本で発売されるかは不明ですが、販売されるならオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)となるかと思われます。

続きを読む

オウガ・ジャパンが新たに「O Care 保証サービス」を提供!OPPO A79 5G・A77・Reno9 A・Reno7 A・Reno10 Pro 5G・Pad Air・Pad 2が対象


オッポの新しいメーカー保証サービス「O Care」がスタート!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は8日、同社が展開する「OPPO」ブランドにおスマホやタブレットをより安心して使えるように従来の保証内容を拡充した新しい保証サービス「O Care 保証サービス」( https://www.oppojapan.com/ocare/ )を2024年2月15日(木)より提供開始すると発表しています。サービス開始時点では対象機種が「OPPO A79 5G」および「OPPO A77」、「OPPO Reno9 A」、「OPPO Reno7 A」、「OPPO Reno10 Pro 5G」、「OPPO Pad Air」、「OPPO Pad 2」の7機種。

O Care 保証サービスは通常のメーカー修理保証では保証範囲が自然故障のみで保証期間が1年目のみなのに対し、故障や破損、全損、盗難も追加されて加入期間中ならずっと保証されます。またサービス開始を記念して同日より「O Care保証サービス新登場キャンペーン」を開催し、対象のOPPO製品を購入して期間中にO Care保証サービスのキャンペーン対象プランに加入した人の中から抽選で6人に賞品が当たるとのこと。

料金はOPPO A79 5GとOPPO A77では月額プランが月額350円、2年一括プランが7,000円(月額292円相当)、3年一括プランが10,000円(月額278円相当)、OPPO Reno9 AとOPPO Reno7 A、OPPO Pad Airでは月額プランが月額460円、2年一括プランが9,000円(月額375円相当)、3年一括プランが13,500円(月額375円相当)、OPPO Reno10 Pro 5GとOPPO Pad 2では月額プランが月額630円、2年一括プランが13,000円(月額542円相当)、3年一括プランが19,500円(月額542円相当)。

一方、保証履行時の「端末交換」負担金はOPPO A79 5GとOPPO A77、OPPO Reno9 A、OPPO Reno7 A、OPPO Pad Airでは5,000円、OPPO Reno10 Pro 5GとOPPO Pad 2では10,000円、「宅配修理」負担金は各機種ともに0円となっています。なお、O Care 保証サービスは対象機種の購入から21日以内に限って申し込め、端末交換は最短翌日のお届けでスピード重視の人向け、宅配修理はコスト重視の人向けで日本国内メーカーによる修理で安心となっているということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。