S-MAX

展示

Galaxy Z Fold5・Flip5などの最新機種を体験できるイベント「Join the flip side @シモキタ」が開催中!なんばマルイやSHIBUYA109でも


Galaxy Z Fold5・Flip5などの最新機種を体験できるイベントが各所で開催中!画像はJoin the flip side @シモキタ

サムスン電子ジャパンは22日、都内にて「Samsung国内新製品発表会」を開催し、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおける最新フォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Fold5」や「Galaxy Z Flip5」、タブレット「Galaxy Tab S9」および「Galaxy Tab S9+」、「Galaxy Tab S9 Ultra」、スマートウォッチ「Galaxy Watch6」および「Galaxy Watch6 Classic」(ともにSamsung Electronics製)を日本市場にて順次発売すると発表しています。

合わせてこれらの新製品を実際に手にとって一度に楽しめる体験できるイベント「Join the flip side @シモキタ」を若い世代を中心にカルチャーの発信エリアとして人気の東京・下北沢にて2023年8月22日(火)から9月10日(日)まで開催しており、Galaxyならではの特別な体験が「ミカン下北」を拠点として近隣のカフェやアパレル、美容院などの全16店舗とコラボレーションして提供されています。

またイベントではGalaxyの新製品を体験して各エリアでスタンプをゲットすると素敵な限定オリジナルグッズやSNS投稿で特製かき氷のプレゼントなどの特典も用意されており、日本では下北沢でしか見られない特別な「Join the flip side」屋外広告も下北沢の駅や店舗に登場するなど、下北沢の街が “Galaxy一色”に染まる特別な体験を楽しめるようになっているということです。

さらに同じく新製品を体験できる「Galaxy Studio Osaka」を大阪・難波にあるなんばマルイ1Fにて同日より期間限定でリニューアルオープンしたほか、東京・原宿にある世界最大級のGalaxyショーケース/旗艦店「Galaxy Harajuku」もリニューアルオープンし、東京・渋谷にある「SHIBUYA109」の店頭イベントスペースにて「Galaxy Pop-up Studio SHIBUYA109」をオープンしています。

各会場ではGalaxy Z Flip5を使って好きな角度からのセルフィー撮影や約3.4インチに大型化したフレックスウィンドウの便利な操作性の体験、Galaxy Z Fold5でのゲーム体験などを楽しめ、さらに各会場ではGalaxy製品を体験した人を対象に素敵なノベルティーをプレゼントするキャンペーンも同時開催しています。

続きを読む

最新スマホ「Galaxy S23」シリーズなどを体験できる「Galaxy Pop-up Studio」や「Galaxy Studio Osaka」が4月6日より順次オープン


Galaxy Pop-up StudioやGalaxy Studio Osakaが4月6日より順次オープン!S23シリーズなどが展示

サムスン電子ジャパンは23日、同社が展開する「Galaxy」ブランドの最新製品がいち早く体験できる「Galaxy Studio Osaka」を大阪・難波にあるなんばマイル1Fに2023年4月6日(木)から6月30日(金)の期間限定でオープンすると発表しています。

また同時に東京および名古屋、関西、福岡の4エリアにて同じくGalaxyブランドの最新製品が試せる「Galaxy Pop-up Studio」を順次オープンするということです。これらのGalaxy Studio OsakaやGalaxy Pop-up Studioでは最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S23」シリーズなどを中心に展示されるとしています。

さらにGalaxy Studio OsakaおよびGalaxy Pop-up Studioの両会場にてGalaxy S23シリーズなどの製品体験だけでなく、無料スマホ健康診断や画面保護フィルムの無料貼り替えなど、Galaxyの利用者に嬉しいGalaxyユーザー専用サービスも提供予定なほか、Galaxyの製品体験でスタンプを集めると、カプセルトイを回してノベルティーをもらうことができるキャンペーンも開催するということです。

続きを読む

最新のGalaxy製品が体験できる「Galaxy POP-UP STUDIO」が4月9日より順次40会場でオープン!S22・S22 UltraやM23などが展示


Galaxy POP-UP STUDIOが4月9日より順次40会場でオープン!S22・S22 Ultraなどが展示

サムスン電子ジャパンは7日、同社が展開する「Galaxy」ブランドの最新製品が身近な場所でいち早く体験できる「Galaxy POP-UP STUDIO」を関東・関西の一部エリアの40会場にて2022年4月9日(土)より順次オープンすると発表しています。

Galaxy POP-UP STUDIOでは同日に発表された最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S22」や「Galaxy S22 Ultra」、ミッドハイレンジスマホ「Galaxy A53 5G」や「Galaxy M23 5G」、フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S8+」の日本向け製品などが展示されます。

各製品の画面操作やカメラ機能などを実際に試せるハンズオン体験が可能なほか、Galaxyのウェアラブル製品とのエコシステム体験なども行えるとのこと。なお、他にもフォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」や「Galaxy Z Flip3 5G」も同様に展示されて体験できるようになっているということです。

続きを読む

世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」を東京・原宿に3月12日よりオープン!ビルの地下1F〜6Fまでの常設施設で、最新スマホなどの展示やVRアトラクション、イベントを体験などが可能


世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」を東京・原宿に3月12日オープン!

サムスン電子ジャパンは27日、東京・原宿に世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」を2019年3月12日(火)よりグランドオープンすると発表しています。ただし、3月12日は事前招待者のみとなっているため、一般向けは3月13日(水)16:00からとなっています。

営業時間は11:00〜20:00ですが、3月14日(木)は13:00から営業開始とのこと。場所は東京メトロ・明治神宮前駅から徒歩2分、JR山手線・原宿駅から徒歩5分の原宿宝エステートビルで、地上6階/地下1階の7フロアで構成されています。

これまでの期間限定で展開してきた「Galaxy Studio」と同様に「Galaxy」だからこそ実現できた今までにない体験価値を提供し、常設施設としてさらに想像を超える驚きと感動の体験によって何度来ても新しい発見に出会える体感型施設となっています。

これにより、新製品の情報はもちろんのこと、さまざまなイベントやアクティビティーを提供していくほか、ゆったりとくつろいでいただけるカフェを併設するなどしているとのこと。なお、施設の顔となる正面外観(建築ファサード)のデザインはアーティスト・デザイナーの吉岡徳仁氏が手掛けているということです。

続きを読む

前面QWERTYキーボード搭載のSIMフリースマホ「BlackBerry KEY2」がau SHINJUKUやビックカメラなどで実機展示中!ビックカメラはポイント1%還元に


shimajiro@mobiler

既報通り、TCLコミュニケーションの正規代理店であるFOXは31日、今夏に発売予定としていた前面下部にQWERTY配列のハードウェアキーボードを搭載したミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEY2」を2018年9月7日(金)に発売する。

また発売に合わせて予約受付が行われており、東京・新宿にある「au SHINJUKU」などのau直営店やビックカメラ主要店舗、そして東京・銀座にあるFOXのショールーム「caseplay HINKA RINKA 銀座店」にて実際にタッチ&トライできる状態でBlackBerry KEY2が実機展示されている。

価格(税別)は内蔵ストレージが64GBで本体カラーがシルバー(Silver)のモデル(型番:BBF100-8)が79,800円、内蔵ストレージが128GBで本体カラーがブラック(Black)のモデル(型番:BBF100-9)が89,800円だが、ビックカメラではポイント1%還元となっていた。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。