S-MAX

AQUOSsense7

シャープ、5G対応スタンダードスマホ「AQUOS sense7」のメーカー版「SH-M24」に限定カラー「フォレスト グリーン」を追加!1月27日に発売


SIMフリースタンダードスマホ「AQUOS sense7 SH-M24」に限定カラー「フォレスト グリーン」が登場!

シャープは20日、同社が展開する「AQUOS」ブランドの新商品として5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense7」のオープン市場向け「AQUOS sense7(型番:SM-M24)」における限定カラー「フォレスト グリーン」を発表しています。

発売日は2023年1月27日(金)より順次となっており、販路はシャープの公式Webショップ「COCORO STORE」( https://cocorostore.jp.sharp/ )のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などとなっており、価格(金額はすべて税込)は既存カラーと同じくオープンながらCOCORO STOREでの価格および希望小売価格が54,450円となっています。

またMVNOではすでに取り扱いを発表してるNTTレゾナントが同社が提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」( https://service.ocn.ne.jp/mobile// )の音声対応SIMとのセットで通常価格48,200円と案内しており、さらに1月27日(金)11時 ~ 2月6日(月)11時まではセール価格として29,700円となっています。

続きを読む

シャープ、最新スタンダードスマホ「AQUOS sense7」にカメラ機能改善を含むソフトウェア更新を実施!まずメーカー版に12月19日より提供


最新スタンダードスマホ「SHARP AQUOS sense7」にカメラ機能を改善するソフトウェア更新が提供へ!

シャープは16日、同社の5Gに対応した最新スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense7」においてカメラ機能の改善を含むソフトウェア更新を2022年12月19日(月)より順次提供開始するとお知らせしています。まずはオープン市場向けメーカー版「AQUOS sense7 SH-M24」(いわゆる「SIMフリーモデル」)に12月19日より提供されます。

現時点では更新実施予定機種としてメーカー版のみが掲載されていますが、AQUOS sense7は他にもNTTドコモ版「AQUOS sense7 SH-53C」やauおよびUQ mobile版「AQUOS sense7 SHG10」、楽天モバイル版「AQUOS sense7(型番:SH-M24)」も販売されており、これらの製品にも同様のソフトウェア更新が順次提供される見込みで、AQUOS sense7と同等のカメラ機能を備えるSoftBank向け「AQUOS sense7 plus(型番:A208SH)」にも提供されるのではないかと思われます。

内容としてはカメラ機能においてこれまで以上にさらに細かくシーンや被写体において画質を最適化されているということで、1)料理撮影の画質改善、2) 屋外撮影の画質改善、3) 夜景撮影の画質改善、4)暗所のビデオ画質改善、5)フロントカメラにおける暗所の画質改善が行われると案内されており、同社では更新前と更新後の撮影サンプルを掲載しています。

続きを読む

シャープ、最新スタンダードスマホ「AQUOS sense7」のグローバル版「SH-S70」を発表!台湾にて12月1日に発売。価格は約5万8千円


最新スタンダードスマホ「AQUOS sense7」が台湾でも発売!

シャープは30日、同社の5Gに対応した最新スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense7」における台湾向けメーカー版「AQUOS sense7(型番:SH-S70)」を発表しています。発売日は2022年12月1日(木)で、価格はオープンながら市場想定価格は12,990台湾ドル(約58,000円)となるということです。

販路は台湾の通信事業者における携帯電話販売店やECサイトなど。台湾で販売されるグローバル版は本体色が石墨黑(ブラック)の1色のみ。なお、台湾ではAQUOS sense7 SH-S70を含む対象のAQUOSスマホを購入するとAndroid TV対応の液晶テレビ「AQUOS The Scenes 4K」(60インチモデル)が当たるキャンペーンを2023年1月31日(火)まで実施するということです。

続きを読む

シャープ、5G対応スタンダードスマホ「AQUOS sense7」のメーカー版「SH-M24」を発表!11月25日より順次発売、価格は5万円台前半


5G対応スタンダードスマホ「SHARP AQUOS sense7」のメーカー版「SH-M24」が登場!

シャープは16日、同社の5Gに対応した最新スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense7」における日本のオープン市場向けメーカー版「AQUOS sense7 SH-M24」を発表しています。量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われ、2022年11月25日(金)より順次発売されます。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格は5万円前半となるとのことで、すでに予約注文を受け付けているヨドバシ.comやビックカメラ.comなどの量販店では56,650円の10%(5,665ポイント)還元で実質50,985円相当となっています。

またMVNOではオプテーじが運営する「mineo」( https://mineo.jp )にてAQUOS sense7のメーカー版(ライトカッパーおよびブルー、ブラック)を取り扱うことが案内され、11月25日に発売され、価格は50,952円(分割では2,123円/月×24回)となっています。

なお、AQUOS sense7 SH-M24はすでに楽天モバイルが販売していますが、楽天モバイル版とメーカー版はハードウェアは背面に記載されたロゴなどを含めて共通となっていますが、ソフトウェアが若干異なっており、楽天モバイル版は楽天向けアプリがプリインストールされているほか、起動画面に「Rakuten」も表示されるようになっています。

またAQUOS sense7は他にもNTTドコモ向け「AQUOS sense7 SH-53C」やauおよびUQ mobile向け「AQUOS sense7 SHG10」も販売されていますが、背面のロゴなどの記載やソフトウェアが異なる程度で、各製品ともにnanoSIMカード(4FF)とeSIMのデュアルSIMとなっているほか、携帯電話ネットワークの対応周波数帯も共通となります。

続きを読む

カメラ強化の5G対応スタンダードスマホ「AQUOS sense7」を写真と動画で紹介!NTTドコモやau・UQ、楽天モバイルから発売【レポート】


a>
新スタンダードスマホ「AQUOS sense7」をフォト&ムービーレポート!

既報通り、シャープが新しい5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense7」を発表しました。AQUOS sense7はNTTドコモから「AQUOS sense7 SH-53C」KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」や「UQ mobile」から「AQUOS sense7 SHG10」、楽天モバイルから「AQUOS sense7(型番:SH-M24)」が発売されます。

販路はNTTドコモではドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など、auやUQ mobileではauショップやau Style、UQスポット、量販店などのau取扱店およびUQ mobile取扱店、公式Webストア「au Online Shop」および「UQ mobileオンラインショップ」など、楽天モバイルでは楽天モバイルショップや量販店などの楽天モバイル取扱店および同社の公式Webサイト(スマホなど向けアプリ「my 楽天モバイル」を含む)、「楽天モバイル公式 楽天市場店」などとなります。

各社が取り扱う製品はともに内蔵メモリー(RAM)や内蔵ストレージは同じで、SIMもnanoSIMカード(4FF)およびeSIMのデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しており、本体カラーはauやUQ mobile、楽天モバイルではライトカッパーおよびブルー、ブラックの3色展開、NTTドコモではこれらの3色に追加してドコモオンラインショップ限定カラーのラベンダーを加えた4色展開です。

発売日はNTTドコモではドコモオンラインショップ限定カラーのラベンダーのみが11月4日(金)で、他の通常カラーは11月11日(金)となっており、auおよびUQ mobileでは11月11日、楽天モバイルではオンラインでは11月4日、店舗では11月7日(月)となっています。なお、ドコモオンラインショップでは通常カラーについて発売に先立って11月8日(火)10時より購入手続きが開始されます。

価格(金額はすべて税込)はNTTドコモではドコモオンラインショップなどの直営店にて54,230円(1,898円/月×23回+10,560円)となっており、残価設定方式の購入施策「いつでもカエドキプログラム」の対象で24ヶ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は1,898円/月×23回(総額43,670円)とのこと。

またauではau Online Shopなどの直営店にて59,500円(1,460円/月×23回+25,920円)で、価設定方式の購入施策「スマホトクするプログラム」の対象で24ヶ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は1,460円/月×23回(総額33,580円)となるほか、キャンペーンで機種変更でなら5,500円割引、新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となります。

一方、UQ mobileでも割引適用後の販売価格が新規契約で増量オプションII加入時なら48,500円、加入なしで52,900円、MNPで増量オプションII加入時なら37,500円、加入なし41,900円となり、機種変更およびauからの番号移行では割引なしの59,500円となっています。なお、割引は料金プラン「くりこしプラン +5G」に加入時に適用されます。

さらに楽天モバイルでは49,980円(分割払いの場合は2,082円/月×24回または1,041円/月×48回)で、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VII」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )とセットで購入した場合には楽天ポイントで最大8,000ポイントが還元されます。

そんなNTTドコモやau、UQ mobile、楽天モバイルから発売されるAQUOS sense7についてシャープが実施した体験会にて実際に実機を試す機会があったので外観や基本機能、特徴などを写真や動画を交えて紹介していきます。なお、シャープではAQUOS sense7については日本のオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリー製品」)も販売を検討するとしており、楽天モバイル版はメーカー版に付けられる型番となっているため、今後、メーカー版が発売される可能性は高そうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。