S-MAX

GoogleLens

秋吉 健のArcaic Singularity:チワワとレーズンマフィンの境界線!?機械学習の仕組みやその未来について「Google Lens」の画像認識技術から考える【コラム】


Google Lensの画像認識技術とその未来について考えてみた!

3年ほど前にネット上で話題になった画像があります。それは海外のもので、「Puppies Or Food?」(子犬たち?それとも食べ物?)と題されたその画像を紹介する記事には、ビーグルとベーグル、シープドッグとモップ、チワワとレーズンマフィンの画像が交互に並べられていました。

誰もが画像を見るまでは「まさか」と思うようなまったく違う「動物」と「物体」が、交互に並べられると実にそっくりであることに皆驚き、そして「これは見分けがつかない」と大笑いしたのです。その画像は今でも時々思い出したようにSNSに流れてきては、その度に話題となるほどです。

人はそれでも、そこに写っているものが犬なのか、それとも食べ物や道具であるのかを正しく判断することができます。例えば、WebサイトのBot(ボット)のクロール対策として画像を選択させる認証システムがありますが、あれはその画像に何が表示されているのかを少なくとも現状ではBotでは正しく判断できないという前提があればこそ可能なシステムです。

しかしながら、テクノロジーの進化はとどまるところを知りません。コンピューターはそこに表示されているものがビーグルなのか、それともベーグルなのかを人間のように判断し始めています。もはやチワワとレーズンマフィンを間違えることも、トイプードルとフライドチキンを間違えることもなくなりつつあります。たった3年の間にどのような進化があったのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はGoogleが開発した「Google Lens」を例に機械学習の仕組みを解説しながら、コンピューターの画像認識技術の最先端を追います。

続きを読む

AIによる画像認識・検索サービス「Google Lens」が提供開始!Androidに続いてiPhoneなどのiOSでも順次配信中。英語環境のGoogleフォトアプリなどで利用可能


AndroidやiPhoneで画像認識機能「Google Lens」が利用可能に!

Googleは5日(現地時間)、ML(機械学習)やAI(人工知能)などを活用した新しい画像認識/検索サービス「Google Lens」をAndroid向けに提供開始したとお知らせしています。同社では現地時間の2月23日にGoogleのスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズ以外でもまもなくGoogle Lensが使えるようになると発表していました。

また同社は15日(現地時間)、iPhoneなどのiOS向けにも配信を開始し、来週にかけて順次提供されると案内しています。AndroidおよびiOSともにアプリ「Google フォト」で使えるほか、一部のハイエンドモデルでは「Google アシスタント」でも使えるようになるとしています。なお、現時点では英語環境のみ。

Google Lensは昨年5月に開催された開発者向けイベント「Google I/O 2017」にて発表され、その後、Pixelシリーズ向けに提供されていましたが、今回、ようやくその他のAndroidやiOSを搭載した機種で利用できるようになりました。

続きを読む

GoogleアシスタントやGoogleフォトで使える画像認識・検索技術「Google Lens」を発表!AIによる画像認識率はすでに人間超えに、Cloud TPUがGoogle Compute Engineで利用可能に


GoogleがAI(人工知能)+ML(機械学習)の活用を拡大!

Googleは17日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2017年5月17日(水)から5月19日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2017」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、新たな検索技術「Google Lens」を発表しています。

スマートフォン(スマホ)などのカメラに映し出された画像に含まれる情報を検索する技術で、同社が以前に提供していた「Google Goggles」に似ているものの、Google Gogglesでは人力で検索していたのに対し、Google Lensでは人工知能(AI)による機械学習技術を利用しているとのこと。

まずはサポートサービス「Google Assistant」やクラウドフォト・ムービーストレージサービス「Google Photos」にて利用できるようにするとし、例えば、Google Assistantでは目の前にある花がどんな種類なのかというのをカメラで写すと答えが返ってくるなどといった使い方になるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。