S-MAX

J:COMMOBILE

携帯電話サービス「J:COM MOBILE」にてiPhone 12を10月6日、iPhone 12 miniを今秋以降より販売!価格は7万9200円から


J:COM MOBILEにてiPhone 12とiPhone 12 miniが販売開始!5G対応料金プランと端末代金と合計でも月額3,938円から

ジュピターテレコム(以下、J:COM)は6日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れてMVNOとして提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )において新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「iPhone 12」および「iPhone 12 mini」を取り扱うと発表しています。

発売日はiPhone 12が2021年10月6日(水)、iPhone 12 miniが今秋以降となっており、販売されるのは日本向けの正規品で、両機種ともに内蔵ストレージが64GBおよび128GB、256GB、本体カラーがホワイトおよびブラック、ブルー、グリーン、パープル、(PRODUCT) REDが販売されます。

なお、すでに販売が開始されているiPhone 12については現時点では128GBモデルのみが販売されており、64GBおよび256GBは入荷待ちで、256GBについてはホワイト、ブラック、ブルーの3色のみを販売するとのこと。販売拠点はJ:COM MOBILEのオンラインショップおよびジェイコムショップなど。

価格(金額はすべて税込)はiPhone 12の64GBが95,040円、128GBが102,960円、256GBが110,880円、iPhone 12の64GBが79,200円、128GBが87,120円、256GBが95,040円となっており、それぞれ24回と36回の分割払いも行えます。

続きを読む

ジュピターテレコムが社名を「JCOM」に7月より変更!携帯電話サービス「J:COM MOBILE」では5Gを8月25日より提供。AQUOS sense5Gも販売


ジュピターテレコムがJCOMに!料金そのままで5Gを8月より提供

ジュピターテレコム(以下、J:COM)は9日、オンラインにて「2021年度6月定例会見」を開催し、2020年度の振り返りおよび2021~2024年度の中期経営計画を説明したほか、社名をブランド名のJ:COMに合わせて「株式会社ジュピターテレコム」から「JCOM株式会社」に2021年7月1日(木)に変更すると発表しています。

また同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れてMVNOとして提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )において新たに5Gサービスを2021年8月25日(水)に提供開始するとのこと。5Gサービスは既存のプランのまま料金据え置きで提供され、SIM交換不要で既存の利用者も利用可能。

また合わせて5G対応製品としてスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense5G(型番:SHG03)」(シャープ製)を5Gサービス提供開始に合わせて販売開始します。なお、価格などの詳細については別途案内するとしています。この他にも「J:COM HOME」としてスマートロックサービスを本格提供したり、オンライン診療を提供するなどといったことが発表されました。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:ついに月額0円まで登場した仁義なき通信料金戦争!楽天モバイルと各MVNOの新プランから業界トレンドを考える【コラム】


モバイル業界各社の新料金プランについて考えてみた!

モバイル通信業界の大戦争が始まりました。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクといった移動体通信事業者(MNO)の大手3社によるメインブランドでの月間データ通信容量20GBプランが出揃い、それらに対してMNOに新規参入した「楽天モバイル」に加え、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社も対抗策を出してきました。

当然、楽天モバイルやMVNOが大きく動いてくることは予想していましたが、各社の動きは想像以上に早かったと感じます。まずはMVNOの「mineo」(オプテージ)が1月27日に最大20GB/月額1,980円(以下、すべて税抜)までの4コースを取り揃えた新料金プラン「マイピタ」を発表しました。

続いて1月28日にはMVNOの「J:COM MOBILE」(ジュピターテレコム)が5GB/月額1,480円のコースを加えた新料金プラン「J:COM MOBILE Aプラン スタンダード」を発表し、そして1月29日には楽天モバイルが1GB/月額0円から容量無制限/月額2,980円までの従量制の新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表しました。

モバイル業界はまさに大激動の2021年となると予想していましたが、早くもその様相となってきています。そしてこれらの料金の低廉化は誰が得をし、私たちは何を選べば良いのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はmineo、J:COM MOBILE、楽天モバイルの料金プランを解説しつつ、今後のモバイル業界の料金トレンドを考察します。

続きを読む

携帯電話サービス「J:COM MOBILE」が料金プランを2月18日に刷新!契約期間や契約解除料、MNP転出料を撤廃。スタート割や学割、シニア割も


J:COM MOBILEが2月18日に新料金プランを提供開始!料金と製品代金を完全分離なども実施

ジュピターテレコム(以下、J:COM)は28日、移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れてMVNOとして提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )において新料金プラン「J:COM MOBILE A プラン スタンダード」を2021年2月18日(木)より提供開始すると発表しています。合わせてJ:COM MOBILEの全プランを今夏に5Gへ対応する予定であることも明らかにされました。

J:COM MOBILE A プラン スタンダードはau回線を利用した音声通話・SMS・データ通信に対応した料金プランで、月間高速データ通信容量1GBで月額980円(金額はすべて税別)から利用でき、月間高速データ通信容量は他に5GBおよび10GB、20GBの4つから選べ、月10GB以上は超過後の速度制限も最大1Mbpsに高速化されます。

また提供開始に合わせて「J:COM MOBILE スタート割」(終了日未定)もJ:COM MOBILE A プラン スタンダード向けに提供され、契約から12カ月間は月10GBが月400円OFFの月額1,580円、月20GBが月500円OFFの月額1,980円となるほか、1回5分までの通話が無料になる「通話5分かけ放題」が2021年5月31日(月)までに申し込むと通常850円が350円OFFでずっと月額500円で追加できます。

さらに新しい「U26 学割」や「シニア60割(カケホ/サポート)」も提供されるほか、新製品としてスタンダードスマホ「Galaxy A21(型番:SCV49)」やau Certified(認定中古品」の「iPhone XR」および「iPhone XS」、「iPhone XS Max」も販売されます。なお、au Certified製品は動作確認およびクリーニングが済んでいるバッテリー充電容量80%以上の中古品で、故障・破損時にJ:COM 独自の「端末保証 for iPhone」(月額600円)に加入していればすぐに交換可能なほか、AppleストアなどのApple認定の修理拠点での正規修理によるバッテリー交換も有償で可能となっています。

続きを読む

携帯電話サービス「J:COM MOBILE」にて1回60分までの国内通話が何回でもかけられる月額1650円のかけ放題オプションを12月2日より提供


1回60分までのJ:COM MOBILEのかけ放題オプションとNetflixとがセットになったJ:COM TV フレックスを発表!

ジュピターテレコム(以下、J:COM)は17日、NTTドコモやauから回線を借り入れてMVNOとして提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )において2020年12月2日(水)より月額1,500円(金額はすべて税別、税込では月額1,650円)で60分までの国内通話なら何度でも無料となる「かけ放題(60分/回)」の提供を開始すると発表しています。

またケーブルテレビ(TV)サービス「J:COM TV」における新サービスプランとして動画配信サービス「Netflix」と専門チャンネル27チャンネル上がセットになった「J:COM TV フレックス」を月額5,160円にて12月2日より提供開始すると発表しています。なお、Netflixと専門チャンネルがセットになったサービスプランは国内初とのこと。

さらにJ:COMサービスのイメージキャラクターとして映画やドラマなどで幅広く活躍している女優・吉高由里子さんを新たに起用し、新TV CM「J:COM モバイル『サンドバッグ』篇」を2020年11月20日(金)より放映開始するとし、すでに公式YouTubeチャンネルで新CMやそのメイキング映像などが公開されています。

新CMではスマートフォン(スマホ)の料金が安くなり、浮いたお金で運動不足解消やストレス発散のためにサンドバッグを購入したご機嫌な女性を演じる吉高由里子さんが「料金ずーっとキューッパ(980円)!」の決め台詞と共に渾身のストレートで料金プランをキュートかつパワフルにアピールし、新しいものに挑戦する前向きでワクワクする世界観を表現しているということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。