GoogleがChrome OS搭載4in1タブレット「Pixelbook」を発表!

Googleは4日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコにてプレス向け発表会「Oct. 4 – Google」を開催し、同社のハードウェア製品「Made By Google」としてパソコン(PC)向けプラットフォーム「Chrome OS」を搭載した4in1タブレット「Pixelbook」を発表しています。

元々“Pixel”はChrome OSを搭載した「Chromebook Pixel」が初製品でしたが、その後、Androidタブレット「Pixel C」やAndroidスマートフォン(スマホ)「Pixel」や「Pixel XL」が出て少しどういった製品カテゴリーなのかわかりづらくなっていましたが、改めてChrome OSを搭載したPixelbookとして復活しました。

しかも“High Performance Chromebook”とじてなかなかハイエンド製品で、アスペクト比3:2の約12.3インチQuad HD(2400×1600ドット)LCD液晶(約235ppi)やIntel Coreプロセッサー(第7世代)、8GBまたは16GB内蔵メモリー(RAM)などに加え、ワコムの技術によるペン入力「PixelBook Pen」が用意されています。

販売国・地域は現時点でアメリカおよびカナダ、イギリスのみとなっており、これらではすでに事前予約受付が開始され、近く発売される予定。価格はアメリカでは999ドル(113,000円)から、Pixelbook Penは別売りで99ドル(約11,000円)。なお、日本での販売については明らかにされておらず、現時点では直近に投入されることはなさそうです。

続きを読む