S-MAX

ROGPhone5sPro

ASUS JAPAN、Zenfone 8やROG Phone 5シリーズ、ROG Phone 5sシリーズにAndroid 12へのOSバージョンアップを提供開始


エイスースがZenfone 8やROG Phone 5・5sシリーズにAndroid 12を提供開始!

ASUS JAPANは7日、同社が販売するフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Zenfone 8(型番:ZS590KS)」やゲーミングスマホ「ROG Phone 5(型番:ZS673KS)」および「ROG Phone 5 Ultimate(型番:ZS673KS)」、「ROG Phone 5s(型番:ZS676KS)」、「ROG Phone 5s Pro(型番:ZS676KS」(ともにASUSTeK Computer製)に対して最新プラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年4月7日(木)15時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話ネットワーク(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新ファイルサイズはZenfone 8が約1.27GB、ROG Phone 5とROG Phone 5 Ultimateが約1.49GB、ROG Phone 5sとROG Phone 5s Proが約1.09GBと大きいため、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されています。

更新後のビルド番号はZenfone 8が「WW_31.1010.0410.43」、ROG Phone 5とROG Phone 5 Ultimate、ROG Phone 5sとROG Phone 5s Proが「WW_31.0810.1226.67」で、ビルド番号は「設定」→「システム」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」にて確認できます。

主な変更点は以下の通りで、ROG Phoneシリーズの場合は新しいROG UIの実装やArmoury Crateのコンソールデザインの更新など、多くの新機能が追加されているとのこと。なお、Android 12へアップデート後はASUS電話アプリでの「SIP通話」機能は使用不可となるということなのでご注意ください。

(1)「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能を強化
Android 12の「ピクチャ・イン・ピクチャ」機能は、シングルタップで小窓の再生・一時停止ボタンなどを表示、ダブルタップで画面の拡大・縮小、ピンチイン・ピンチアウトで画面のサイズを調整、小窓を長押しした後、小窓の一部を画面外に移動させることができるなど、動画がより快適に視聴できるように機能が強化されました。
(2)権限を許可したアプリの履歴などを確認できる「プライバシーダッシュボード」
Android 12では、権限を許可したアプリの履歴などを確認できる「プライバシーダッシュボード」が追加されました。「プライバシーダッシュボード」では、過去24時間の間にカメラ、マイク、位置情報にアクセスしたアプリを一覧で確認できるだけでなく、気づかない間に権限を許可しているアプリがないかを確認、権限の変更も行うことができます。
(3)カメラとマイクの使用状況がステータスバー上に表示
Android 12では、ステータスバー上にカメラとマイクの利用状況が表示されるようになりました。これにより、マイクやカメラがオンになっていることに忘れていた。などを防ぐことができます。クイック設定パネルにはカメラとマイクのアクセス権限をオフにするパネルが用意されており、オフにすることで、アプリがカメラやマイクにアクセスすることが出来なくなります。
(4)位置情報のアクセスで「おおよその位置情報」が追加
Android 11までの位置情報の権限設定は「アプリの使用中のみ」と「1回のみ」でしたが、Android 12では位置情報へのアクセス許可をしつつ「おおよその位置情報で許可する」が追加されたため、プライバシーも配慮した状態での権限を許可することが可能になりました。
(5)ユーザー補助の拡大機能に「拡大の種類」が追加
Android 12では、ユーザー補助の拡大機能に「拡大の種類」が追加されました。画面全体を拡大表示、画面の一部分のみを拡大、切り替えボタンで画面全体と画面の一部分のみを拡大。から選択できます。


続きを読む

楽天モバイル、楽天回線対応製品に5Gスマホ「ROG Phone 5s Pro」やノートPC「ThinkPad X1 Carbon Gen 9・Yoga Gen 6」を追加


5Gスマホ「OG Phone 5s Pro」やノートPC「ThinkPad X1 Carbon Gen 9・Yoga Gen 6」が楽天回線対応製品に!

楽天モバイルは1日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT V」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「ROG Phone 5s Pro(型番:ZS676KS)」(ASUSTeK Computer製)や4G対応ノートパソコン(PC)「ThinkPad X1 Carbon Gen 9」および「ThinkPad X1 Yoga Gen 6」(Lenovo製)を追加しています。

各製品ともに楽天モバイルにおいて相互接続性試験を完了したため、公式にRakuten UN-LIMIT VIで利用可能となり、それぞれ4Gおよび5Gに対応しているとのこと。またROG Phone 5s ProはnanoSIMカード(4FF)で利用でき、ThinkPadシリーズの両機種についてはnanoSIMカードに加えてeSIMでも利用可能となっています。

さらにROG Phone 5s Proは音声通話やSMS、緊急速報メール(ETWS)にも対応しています。確認時のソフトウェアバージョンはROG Phone 5s Proが「WW_18.1220.2202.206」、ThinkPad X1 Carbon Gen 9が「T99W175.F0.1.0.0.9.RT.002 064」、ThinkPad X1 Yoga Gen 6が「T99W175.F0.1.0.0.9.RT.002 064」。

続きを読む

ASUSの5Gスマホ「ROG Phone 5s・5s Pro」と「Smartphone for Snapdragon Insiders」がKDDIの相互接続性試験(IOT)完了製品に追加


新スマホ「ASUS ROG Phone 5s・5s Pro」がKDDIのIOT完了製品に追加!

既報通り、ASUS JAPANが5G対応の最新ゲーミングスマートフォン(スマホ)「ROG Phone 5s(型番:ZS676KS)」および「ROG Phone 5s Pro(型番:ZS676KS)」(ともにASUSTeK Computer製)を日本で2021年11月19日(金)より順次発売しています。両製品ともにオープンマーケット向けメーカー版で、SIMフリー製品です。

ROG Phone 5sについては内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージの異なるモデルが用意されており、12GB RAM+256GBストレージモデルと16GB RAM+512GBストレージモデルが販売され、ROG Phone 5s Proは18GB RAM+512GBストレージモデルのみとなっています。なお、ROG Phone 5s Proは数量限定販売になるとのこと。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格および公式Webショップ「ASUS Store」ではROG Phone 5sの12GB RAM+256GBストレージモデルが104,800円、16GB RAM+512GBストレージモデルが124,800円、ROG Phone 5s Proが142,800円です。そんなROG Phone 5sとROG Phone 5s Proですが、KDDIは19日、新たにau回線で利用できる相互接続性試験(IOT)をクリアしたIOT完了製品に両機種を追加しています。

これにより、ROG Phone 5sとROG Phone 5s ProはauやUQ mobile、povo、au回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)にて4Gおよび5Gを公式に利用可能となっています。なお、これまで紹介できていませんでしたが、KDDIでは日本にて今年9月に発売された「Smartphone for Snapdragon Insiders(型番:ZS675KW)」(ASUSTeK Computer製)についてもIOT完了製品に追加しています。

続きを読む

ASUS JAPAN、S888+搭載の最高性能な5Gゲーミングスマホ「ROG Phone 5s・5s Pro」を11月19日より順次発売!価格は10万4800円から


エイスースが日本にて5Gゲーミングスマホ「ROG Phone 5s」と「ROG Phone 5s Pro」を発売!

ASUS JAPANは17日、グローバル向けに今年8月に発表していた5G対応の最新ゲーミングスマートフォン(スマホ)「ROG Phone 5s(型番:ZS676KS)」および「ROG Phone 5s Pro(型番:ZS676KS)」(ともにASUSTeK Computer製)を日本で発売すると発表しています。両製品ともにオープンマーケット向けのメーカー版で、SIMフリー製品となっており、ROG Phone 5s Proは数量限定販売になるとのこと。

なお、ROG Phone 5sについては内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージの異なるモデルが用意されており、12GB RAM+256GBストレージモデルと16GB RAM+512GBストレージモデルが販売されます。ROG Phone 5s Proは18GB RAM+512GBストレージモデルのみ。またROG Phone 5sは両モデルともにファントムブラックとストームホワイトの2色が販売されますが、ROG Phone 5s Proはファントムブラックの1色のみとなっています。

発売日はROG Phone 5sの両モデルが2021年11月19日(金)、ROG Phone 5s Proが2021年11月26日(金)となっており、発売に先立って11月17日(水)11時より公式Webショップ「ASUS Store」などにて事前予約販売を実施しています。価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格およびASUS StoreではROG Phone 5sの12GB RAM+256GBストレージモデルが104,800円、16GB RAM+512GBストレージモデルが124,800円、ROG Phone 5s Proが142,800円となっています。

なお、各モデルともに本体カラーのファントムブラックには「Aero Case(専用ケース)」、ストームホワイトには「Transparent case(専用ケース)」が付属するほか、ROG Phone 5s Proには専用外付けクーラー「AeroActive Cooler 5」も同梱されます。その他、同社ではROG Phone 5sシリーズの発売を記念して『PUBG: NEW STATE』を使用したストリーマーフェスの開催も決定したとしています。

続きを読む

ASUS、Snapdragon 888+搭載の新ゲーミングスマホ「ROG Phone 5s」と「ROG Phone 5s Pro」を発表!海外では9月発売。日本でも販売へ


エイスースから新ゲーミングスマホ「ROG Phone 5」シリーズが登場!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は16日(現地時間)、同社のゲーミングブランド「ROG」から新たにQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 888 Plus 5G Mobile Platform」(以下、Snapdragon 888+)を搭載した5G対応ゲーミングスマートフォン(スマホ)「ROG Phone 5s(型番:ZS676KS)」および「ROG Phone 5s Pro(型番:ZS676KS)」を発表しています。

ROG Phone 5sは内蔵メモリー(RAM)および内蔵ストレージが16GB RAM+256GBストレージモデルと18GB RAM+512GBストレージモデルがあり、本体カラーはPhantom BlackとStorm Whiteの2色展開、ROG Phone 5s Proは18GB RAM+512GBストレージモデルのみで本体カラーもPhantom Blackの1色展開となっています。

グローバル向けには2021年9月より順次発売され、同社の製品ページにはROG Phone 5sに「D version: (JP)」、ROG Phone 5s Proに「C version: (JP)」という記載があるため、日本でも販売される可能性は高そうです。価格は台湾ではROG Phone 5sの16GB+256GBストレージモデルの29,990台湾ドル(約118,000円)から。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。