S-MAX

SM-S921Q

フラッグシップスマホ「Galaxy S24・S24 Ultra」のメーカー版(SIMフリーモデル)がAmazonやヨドバシカメラ、ビックカメラでも7月11日から販売


サムスン電子ジャパンがフラッグシップスマホ「Galaxy S24」と「Galaxy S24 Ultra」のメーカー版を販路拡大!

サムスン電子ジャパンは10日、同社が展開している「Galaxy」ブランドにおける最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S24」および「Galaxy S24 Ultra」(ともにSamsung Electronics製)のオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Galaxy S24(型番:SM-S921Q)」および「Galaxy S24 Ultra(型番:SM-S928Q)」を2024年7月11日(木)より販売拡大すると発表しています。

同社はこれまで日本では「Galaxy M23 5G」を除くGalaxy S24およびGalaxy S24 Ultraなどのメーカー版を公式Webストア「Samsung オンラインショップ」( https://www.samsung.com/jp/offer/ )や旗艦店「Galaxy Harajuku」などの直営店限定で販売してきましたが、新たに7月11日より販路が拡大されて大手Webストア「Amazon.co.jp」(出荷・販売元がAmazon.co.jpである製品が正規品)のほか、ヨドバシカメラおよびビックカメラのECサイトでも販売するとのこと。

サムスン電子ジャパンの直営店で販売されているモデルおよび本体色、価格(金額はすべて税込)はSamsung オンラインショップと同じとなっており、Galaxy S24 SM-S921Qは256GBモデル(アンバーイエロー、コバルトバイオレット、オニキスブラック)が124,700円、512GBモデル(オニキスブラック)が139,000円、Galaxy S24 Ultra SM-S928Qは256GBモデル(チタニウムグレー、チタニウムブラック、チタニウムバイオレット)が189,700円、512GBモデル(チタニウムブラック)が204,100円、1TBモデル(チタニウムブラック)が233,000円。

なお、価格はオープンで希望小売価格となっており、Amazon.co.jpおよびヨドバシカメラ、ビックカメラではサムスン電子ジャパンの直営店で販売されているモデルの一部が取り扱われ、価格は同じでそれぞれ販売価格の1%分がポイントで還元されます。例えば、ヨドバシ.comでは取扱開始時点ではGalaxy S24 SM-S921Qは256GBモデル(アンバーイエロー、オニキスブラック)およびGalaxy S24 Ultra SM-S928Qは256GBモデル(チタニウムバイオレット)、512GBモデル(チタニウムブラック)、1TBモデル(チタニウムブラック)がラインナップされています。

続きを読む

日本向け新フラッグシップスマホ「Galaxy S24」と「Galaxy S24 Ultra」も「7世代OSアップグレード」と「7年間のセキュリティーアップデート」に


Galaxy S24シリーズの日本向け製品も「7世代OSアップグレード」と「7年間のセキュリティーアップデート」に!

既報通り、サムスン電子ジャパンは3日、都内にて「Samsung国内新製品発表会」を開催し、日本市場向けに最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S24」および「Galaxy S24 Ultra」(ともにSamsung Electronics製)を発売すると発表しました。日本向け製品は両機種ともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しており、Galaxy S24 Ultraは内蔵メモリー(RAM)が12GBで5Gのミリ波(mmWave)に対応していますが、Galaxy S24は8GB RAMでミリ波に非対応で、両機種ともFMラジオには非対応です。

Galaxy S24およびGalaxy S24 Ultraの日本向け製品はオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Galaxy S24(型番:SM-S921Q)」および「Galaxy S24 Ultra(型番:SM-S928Q)」に加え、合わせて両製品を取り扱う移動体通信事業者(MNO)からも発表があり、NTTドコモ向け「Galaxy S24 SC-51E」および「Galaxy S24 Ultra SC-52E」、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」向け「Galaxy S24 Ultra(型番:SCG25)」および「Galaxy S24(型番:SCG26)」が販売され、各モデルともに発売日は2024年4月11日(木)となっており、発売に先立って4月3日(水)10時より予約受付が実施されています。

内蔵ストレージおよび価格(金額はすべて税込)はメーカー版ではGalaxy S24 SM-S921Qの256GBが124,700円、512GBが139,000円、Galaxy S24 Ultra SM-S928Qの256GBモデルが189,700円、512GBが204,100円、1TBが233,000円、NTTドコモ版ではGalaxy S24 SC-51Eの256GBが145,970円、Galaxy S24 Ultra SC-52Eの256GBが218,460円、512GBが232,804円、1TBが261,580円、au版ではGalaxy S24 SCG25の256GBが144,800円、512GBが157,800円、Galaxy S24 Ultra SCG26の256GBが224,800円、512GBが237,800円、1TBが259,800円。

なお、NTTドコモではGalaxy S24 Ultra SC-52Eの512GBと1TBが公式Webストア「ドコモオンラインショップ」限定、auではGalaxy S24 SCG25の512GBおよびGalaxy S24 Ultra SCG26の512GBと1TGが公式Webストア「au Online Shop」限定での販売となっており、メーカー版は公式Webストア「Samsungオンラインショップ」のみでの販売となります。その他、各種の割引や販売施策、キャンペーンなどが実施され、詳細は『新スマホ「Galaxy S24」や「Galaxy S24 Ultra」の日本向け製品が発表!NTTドコモ版やau版、メーカー版がともに4月11日に発売。予約受付中 - S-MAX』をご確認ください。

またサムスン電子ジャパンではこれまで4世代のOSアップデートを提供してきましたが、さらなる長期間の最新モバイル体験を提供すべく、これらのGalaxy S24およびGalaxy S24 Ultraのについては日本向け製品については「7世代のOSアップグレード」と「7年間のセキュリティーアップデート」の提供し、世界中のパートナー企業との継続的協力を行ってより多くのGalaxy製品の利用者に安心して使ってもれるような環境を作り続けていくとしています。

続きを読む

新スマホ「Galaxy S24」や「Galaxy S24 Ultra」の日本向け製品が発表!NTTドコモ版やau版、メーカー版がともに4月11日に発売。予約受付中


サムスン電子ジャパンが新スマホ「Galaxy S24」や「Galaxy S24 Ultra」を発表!

サムスン電子ジャパンは3日、都内にて「Samsung国内新製品発表会」を開催し、日本市場向けに最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S24」および「Galaxy S24 Ultra」(ともにSamsung Electronics製)を発売すると発表しています。日本向け製品は両機種ともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しており、Galaxy S24 Ultraは内蔵メモリー(RAM)が12GBで5Gのミリ波(mmWave)に対応していますが、Galaxy S24は8GB RAMでミリ波に非対応で、両機種ともFMラジオには非対応です。

合わせて各製品を取り扱う移動体通信事業者(MNO)からも発表があり、日本向け製品は両機種ともにNTTドコモやKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」に加え、オープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)が販売され、各モデルともに発売日は2024年4月11日(木)となっており、発売に先立って4月3日(水)10時より予約受付が実施されています。本記事では各社にて販売されるモデルや本体色、価格、販売施策、割引などについてまとめています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。