Galaxy S24シリーズの日本向け製品も「7世代OSアップグレード」と「7年間のセキュリティーアップデート」に!

既報通り、サムスン電子ジャパンは3日、都内にて「Samsung国内新製品発表会」を開催し、日本市場向けに最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S24」および「Galaxy S24 Ultra」(ともにSamsung Electronics製)を発売すると発表しました。日本向け製品は両機種ともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しており、Galaxy S24 Ultraは内蔵メモリー(RAM)が12GBで5Gのミリ波(mmWave)に対応していますが、Galaxy S24は8GB RAMでミリ波に非対応で、両機種ともFMラジオには非対応です。

Galaxy S24およびGalaxy S24 Ultraの日本向け製品はオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「Galaxy S24(型番:SM-S921Q)」および「Galaxy S24 Ultra(型番:SM-S928Q)」に加え、合わせて両製品を取り扱う移動体通信事業者(MNO)からも発表があり、NTTドコモ向け「Galaxy S24 SC-51E」および「Galaxy S24 Ultra SC-52E」、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」向け「Galaxy S24 Ultra(型番:SCG25)」および「Galaxy S24(型番:SCG26)」が販売され、各モデルともに発売日は2024年4月11日(木)となっており、発売に先立って4月3日(水)10時より予約受付が実施されています。

内蔵ストレージおよび価格(金額はすべて税込)はメーカー版ではGalaxy S24 SM-S921Qの256GBが124,700円、512GBが139,000円、Galaxy S24 Ultra SM-S928Qの256GBモデルが189,700円、512GBが204,100円、1TBが233,000円、NTTドコモ版ではGalaxy S24 SC-51Eの256GBが145,970円、Galaxy S24 Ultra SC-52Eの256GBが218,460円、512GBが232,804円、1TBが261,580円、au版ではGalaxy S24 SCG25の256GBが144,800円、512GBが157,800円、Galaxy S24 Ultra SCG26の256GBが224,800円、512GBが237,800円、1TBが259,800円。

なお、NTTドコモではGalaxy S24 Ultra SC-52Eの512GBと1TBが公式Webストア「ドコモオンラインショップ」限定、auではGalaxy S24 SCG25の512GBおよびGalaxy S24 Ultra SCG26の512GBと1TGが公式Webストア「au Online Shop」限定での販売となっており、メーカー版は公式Webストア「Samsungオンラインショップ」のみでの販売となります。その他、各種の割引や販売施策、キャンペーンなどが実施され、詳細は『新スマホ「Galaxy S24」や「Galaxy S24 Ultra」の日本向け製品が発表!NTTドコモ版やau版、メーカー版がともに4月11日に発売。予約受付中 - S-MAX』をご確認ください。

またサムスン電子ジャパンではこれまで4世代のOSアップデートを提供してきましたが、さらなる長期間の最新モバイル体験を提供すべく、これらのGalaxy S24およびGalaxy S24 Ultraのについては日本向け製品については「7世代のOSアップグレード」と「7年間のセキュリティーアップデート」の提供し、世界中のパートナー企業との継続的協力を行ってより多くのGalaxy製品の利用者に安心して使ってもれるような環境を作り続けていくとしています。

02

Galaxy S24およびGalaxy S24 UltraはGalaxyのフラッグシップモデルの最新機種で、日本でも昨年に発売された「Galaxy S23」および「Galaxy S23 Ultra」の後継機種となっており、昨年はGalaxy S23がNTTドコモとau、楽天モバイルから、Galaxy S23 UltraがNTTドコモとau、サムスン電子ジャパンから発売されていましたが、今年はGalaxy S24およびGalaxy S24 UltraともにNTTドコモとau、サムスン電子ジャパンから一斉に発売されることになりました。

これまで通り、主な違いは画面サイズに伴うサイズや質量のほか、バッテリー容量やリアカメラなどを中心に異なっており、Galaxy S24 UltraのみがSペンやUWBに対応しており、Galaxy S23 Ultraに続いてSペンが内蔵されています。外観もGalaxy S21シリーズから続くデザインの流れを踏襲していますが、特にGalaxy S24 Ultraではより丸みが少なくなったスクエアでフラットなデザインをとなっています。なお、海外ではWi-Fi 7に対応していますが、現時点では日本向け製品はWi-Fi 7には対応してないとのこと。

03

そんなGalaxy S24およびGalaxy S24 Ultraですが、Samsung Electronicsでは2030年までにすべてのモバイル製品部品に少なくとも1つのリサイクル素材を組み込むサステナビリティー目標を掲げており、これまでにも2022年に発売した「Galaxy S22」シリーズよりサンゴ礁などの海洋生物に悪影響を及ぼし世界で大量廃棄されている「廃棄漁網」をスマホの部品素材として再利用する開発に取り組んでおり、今回のGalaxy S24シリーズにはリサイクルプラスチックやガラスおよびアルミニウムを再利用することによってGalaxy製品のリサイクル素材の種類を拡大しています。

またGalaxy S24シリーズでは初めてコバルトやレアアースをリサイクルした部品を採用しており、今後も次世代のために地球を保護して持続可能な社会をめざし続けるとし、さらにサステナビリティーに配慮して長期間使えるように新たにGalaxy S24およびGalaxy S24 Ultraの日本向け製品についても「7世代のOSアップグレード」と「7年間のセキュリティーアップデート」の提供をすることになりました。Galaxy製品についてはデータ初期化をせずに最短60分で即時修理が可能な「Galaxyリペアコーナー」も日本で少しずつ増えており、長く使えるように電池パック交換などもしやすくなっているのでソフトウェアの長期サポートの対応はありがたいところではないでしょうか。





ahamo




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Galaxy S24 関連記事一覧 - S-MAX
Galaxy S24 Ultra 関連記事一覧 - S-MAX
Galaxy S24 | S24 Ultra SIMフリーモデル 国内発売決定&予約開始 | Samsung Japan 公式
Samsung Japan 公式 | Samsung(ギャラクシー)ホーム