S-MAX

SoftBank

ソフトバンク、SoftBank向けフォルダブルスマホ「razr 5G」を発表!3月下旬発売予定で、3月5日予約開始。価格は19万8千円。SIMフリー版も販売


SoftBankからフォルダブルスマホ「motorola razr 5G」が登場!SIMフリー版も販売予定

ソフトバンクは4日、携帯電話サービス「SoftBank」向け5Gに対応したコンパクトに持ち運びが可能な縦折りフォルダブルスマートフォン(スマホ)「razr 5G(レーザー・ファイブジー)」(Motorola Mobility製)を発表しています。

発売時期は2021年3月下旬以降を予定し、。発売に先立って2021年3月5日(金)から事前予約受付を開始し、販路はソフトバンクショップおよび量販店などのSoftBank取扱店や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などとなっています。なお、ソフトバンクでは国内の移動体通信事業者(MNO)としてrazr 5Gを独占販売となり、SoftBank版は購入時はSIMロックがかかっており、SIMロック解除に対応しているとのこと。また別途、SIMフリーモデルがモトローラ公式オンラインストアで販売されます。

価格(金額はすべて税込)はソフトバンクオンラインショップなどのソフトバンク直営店では本体価格が198,000円(分割4,125円/月×48回など)となっており、48回払いで購入して24ヶ月目以降に返却などの条件を満たすと25回目以降の残債が免除される「トクするサポート+」の対象となっており、特典を利用すると実質負担額4,125円/月×24回(総額99,000円)となっています。

また発売日から6月30日(水)までにソフトバンクにてrazr 5Gを購入し、キャンペーンWebページから応募された先着1000人に「BEAMS」がデザインした限定Tシャツをプレゼントするキャンペーンをモトローラ・モビリティ・ジャパンが実施します。

続きを読む

ソフトバンクの携帯電話サービスなどにて訪問販売代理店での個人情報不正取得6347件が判明!不正利用被害も62件発生し、金融機関が補填


SoftBankやY!mobile、SoftBank光、SoftBank Airなどの訪問販売代理店での個人情報不正取得!

ソフトバンクは4日、2015年から2018年までの期間に主に訪問販売代理店などを行っていた二次代理店において同社の携帯電話サービス「SoftBank」や「Y!mobile」などの契約手続きを行った人の個人情報6347件が不正に取得されたことが判明したと発表しています。

複数の携帯電話会社のブランドを扱う併売店において訪問販売やブース販売などの形でソフトバンクの代理店業務を行っていた人物がソフトバンクが取り決めたルールを遵守せず、不正な方法で個人情報を取得していたとのこと。

すでに当該人物は二次代理店の役員ですでに別件に関する電子計算機使用詐欺などの容疑で警視庁に逮捕されており、取り調べを受けているとし、ソフトバンクでは捜査当局からの捜査協力依頼によって問題を知得し、これまで捜査に全面的に協力してきたということです。

なお、ソフトバンクの社内調査の結果、同社の顧客データベースから契約者の個人情報が一切流出していないことを確認しているものの、消費者のみなさまには多大な不安と迷惑をかけたとして深く謝罪しています。

またソフトバンクでは今回の問題を厳粛に受け止め、ソフトバンクの代理店に対する管理・監督責任を再度徹底するとともに、全社を挙げて再発防止を図っていくとしています。

続きを読む

SoftBankの対象料金プラン加入者がお得な特典が受けられる「ソフトバンクプレミアム」を3月17日より提供!まずはNetflixなどが最大20%還元に


ソフトバンクプレミアムが3月17日スタート!NetflixやHulu、DAZNなどの利用料が最大20%還元

ソフトバンクは1日、携帯電話サービス「SoftBank」を利用している人を対象にお得な特典が受けられる「ソフトバンクプレミアム」を2021年3月17日(水)に提供開始すると発表しています。利用料は無料で対象者が専用Webページにてエントリーすることで適用されるとのこと。

まずはSoftBankの料金プラン「メリハリ無制限」および「ミニフィットプラン+(プラス)」、「スマホデビュープラン」に加入している場合に人気の動画・音楽配信サービスがずっとお得に利用できる「エンタメ特典」から開始し、特典のラインアップを順次増やしていく予定となっています。

今回提供開始するエンタメ特典は動画配信サービス「Hulu」や「Netflix」、「ABEMA」、「TSUTAYA TV」、「DAZN」、音楽配信サービス「LINE MUSIC」を対象として適用条件を満たした場合にその月額料金の最大20%相当がPayPayボーナスで毎月還元されます。

続きを読む

未発表のソフトバンク向けと見られる5G対応のZTE製スマホ「A003ZT」が技適を通過!Android 11を搭載し、オープンソースコードも公開


ソフトバンク向けと見られる5Gスマホ「A003ZT」が技適取得!写真は前機種「ZTE Axon 10 Pro 5G」

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにZTEが「A003ZT」の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年12月28日および11月5日付け(認証番号:020-200178)と10月30日付け(認証番号:020-200177)でタコヤキによって取得しています。

A003ZTは未発表の製品で型番ルールからするとソフトバンク(携帯電話サービス「SoftBank」や「Y!mobile」など)向けと見られ、さらにZTEが公開している「Open Source Notice」ではすでにA003ZTが登録されており、Android 11を搭載したスマートフォン(スマホ)であることが示されています。

なお、すでにモバイルルーター「Pocket WiFi 5G A004ZT」が発表されていたため、恐らく欠番にはならないであろうことからA003ZTも存在していると見られていましたが、今回、総務省による認証情報の公開によって存在が確定しました。

続きを読む

ソフトバンク、オンライン限定「web割」の機種変更で5280円割引対象に「Pixel 4a」や「iPhone SE(第2世代)」などを期間限定で追加


web割の機種変更の対象機種が期間限定で拡大!

ソフトバンクは26日、携帯電話サービス「SoftBank」において対象のスマートフォン(スマホ)を割り引くオンライン限定キャンペーン「web割」に新たに期間限定で対象のスマートフォン(スマホ)を拡大するとお知らせしています。

追加機種は「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、「iPhone SE(第2世代)」、「Pixel 4a」、「AQUOS sense5G」、「AQUOS zero5G basic」、「AQUOS R5G」、「AQUOS sense3 plus」、「AQUOS R3」、「Xperia 5 II」、「Xperia 5」、「ZTE Axon 10 Pro 5G」、「LG V60 ThinQ 5G」、「OPPO Reno3 5G」、「シンプルスマホ5」。

期間は2021年2月26日(金)から3月31日(水)までで、追加された機種は機種変更において5,280円(金額はすべて税込)が割り引かれ、例えば、iPhone SE(第2世代)の128GBであれば、本体価格が64,080円(分割なら1,335円/月×48回)なのでweb割適用時に機種変更では58,800円(分割なら1,225円/月×48回)となります。

さらに48回払いで購入した場合に「トクするサポート+」で25ヵ月目に次の製品に機種変更して特典Aを適用すれば、1,225円/月×24回が免除されて1,225円/月×24回(総額29,400円)となります。対象の販路は公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」およびソフトバンク電話店( 0800-170-9084 またはYahoo!携帯ショップ掲載の 0120-907-251 )にて「自宅受け取り」を選択することが条件となっています。

またweb割は機種変更や他社から乗り換え(MNP)、番号移行と同時に「データプランメリハリ」に加入する必要があります。なお、ソフトバンクオンラインショップおよびソフトバンク電話店は事務手数料が無料です。その他の詳細な条件や注意事項はキャンペーンWebページをご確認ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。