S-MAX

SoftBank

SoftBank・Y!mobile・LINEMOの携帯電話料金を「PayPay請求書払い」で支払えるように!PayPayマネーのみで領収書は発行されず


ソフトバンクの携帯電話料金がPayPay請求書払いで支払い可能に!

ソフトバンクおよびPayPayは19日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」、「LINEMO」の利用料金を払込票にて支払う場合にスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「PayPay」の「PayPay請求書払い」を2022年1月19日(水)10時より利用できるようになったとお知らせしています。

利用にはPayPayアプリの1.34.0バージョン以上が必要で、支払いは出金が可能なPayPay残高である「PayPayマネー」のみで行えるとのことで、PayPayマネーを利用するには「顔認証と本人確認書類による本人確認(eKYC)」が必要となります。またPayPay請求書払いの利用には所定の手数料が発生し、手数料は利用料金に加算して支払われます。

なお、本人確認後に銀行口座およびセブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、ヤフオク!、PayPayフリマの売上金からチャージした残高がPayPayマネーとして利用でき、所定の本人確認をしても手続き前に保有しているPayPayマネーライト、PayPayボーナス、PayPayボーナスライトがPayPayマネーになることはありません。

続きを読む

ソフトバンクオンラインショップ限定で「SoftBank Certified」認定の高品質なリユース製品を取扱開始!まずはiPhone 8・X・XS・XRが販売


ソフトバンクが認定整備済みの中古品を公式オンラインショップ限定で販売開始!

ソフトバンクは19日、同社が認定した高品質なリユース製品「SoftBank Certified」を公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」限定で2022年1月19日(水)より販売開始するとお知らせしています。

SoftBank Certifiedはソフトバンク認定の良品かつ初期化クリーニング済、万が一の時は交換OK(商品到着後8日以内)が特徴となっており、まずはApple製スマートフォン(スマホ)「iPhone XS」(256GB)や「iPhone XR」(128GB)、「iPhone X」(64GB)、「iPhone 8」(64GB)が販売されています。

価格(金額はすべて税込)はiPhone XS(256GB)が41,280円、iPhone XR(128GB)が31,200円、iPhone X(64GB)が31,200円、iPhone 8(64GB)が21,840円で、他社から乗り換え(MNP)なら「【オンライン限定】web割」が適用されてそれぞれ21,600円割り引かれ、iPhone 8(64GB)なら480円で購入可能です。なお、web割は「メリハリ無制限」に加入する必要があります。

続きを読む

SoftBank向け子どもケータイ「キッズフォン2」の「すみっコぐらし」コラボモデルが発表!公式オンラインショップで2月上旬に3000台限定発売


キッズフォン2 すみっコぐらしが登場!3000台限定で2月上旬発売

ソフトバンクは18日、携帯電話サービス「SoftBank」向け子ども用フィーチャーフォン(以下、ケータイ)「キッズフォン2(型番:901SI)」(セイコーソリューションズ製)と人気キャラクター「すみっコぐらし」とのコラボレーションモデル「キッズフォン2 すみっコぐらし」を2022年2月上旬に発売すると発表しています。

販路は公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」のみで、3000台限定となっており、価格は現時点では未定で後日案内されるということです。なお、キッズフォン2の通常モデルの価格18,000円(税込)となっています。

続きを読む

NTTドコモとソフトバンクが迷惑SMS自動拒否機能を今春より無料で提供!ahamoやY!mobile、LINEMOを含む。KDDIや楽天モバイルも検討中


docomoやahamo、SoftBank、Y!mobile、LINEMOにて迷惑SMS自動拒否機能が導入予定!

NTTドコモは13日、ショートメッセージサービス「SMS」を悪用したフィッシング詐欺への対策を目的に危険なWebサイトのアドレス(URL)などが含まれるSMSを自動で拒否する「危険SMS拒否設定」を2022年3月中旬(予定)から提供すると発表しています。

SMSを受信する前に送信元情報や本文内容に基づいてNTTドコモのネットワーク上でフィッシングSMSを自動判定して受信しないようにする機能で、利用料は無料で、申し込み不要で自動で適用されるということです。対象はオンライン専用プラン「ahamo」を含むすべてのNTTドコモの携帯電話回線契約とのこと。

またソフトバンクは13日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」、「LINEMO」において迷惑SMS対策として「なりすましSMSの拒否」および「URLリンク付きSMSの拒否」、「迷惑SMSフィルター」の新機能の提供を2022年春頃に開始すると発表しています。

またソフトバンクではこれまで提供してきた「電話番号メール拒否・許可」にアルファベットでの入力指定を追加します。各機能の利用料は無料で、なりすましSMSの拒否と迷惑SMSフィルターは提供開始後に申し込み不要で自動適用され、オンラインサポート「My SoftBank」や「My Y!mobile」、LINEMOの「My menu」、法人コンシェルから設定を変更できます。

続きを読む

ソフトバンクとバルミューダが5Gスマホ「BALMUDA Phone」を1月14日に販売再開!干渉ノイズ超過の可能性。ソフトウェア更新で対処


バルミューダとソフトバンクがBALMUDA Phoneを販売再開!すでに利用中の場合もソフトウェア更新で対処

バルミューダおよびソフトバンク、京セラは13日、昨年11月に発売した5G対応スマートフォン(スマホ)「BALMUDA Phone」において一部の周波数帯域で干渉ノイズが許容値を超える可能性があることが判明したとして速やかに対処するためにソフトウェア更新を2022年1月14日(金)9時に提供開始すると発表しています。

対象はバルミューダが販売しているメーカー版「BALMUDA Phone(型番:X01A)」および携帯電話サービス「SoftBank」にて販売されている「BALMUDA Phone(型番:A101BM)」となっており、更新後のビルド番号はX01Aが「1.032MI」、A101BMが「1.032PO」となっており、利用する際には必ず最新のソフトウェアへの更新するよう案内しています。

またバルミューダおよびソフトバンクはすでに紹介しているように1月7日より本事象によって「技術基準適合証明の認証に関して確認すべき事項が生じた」として該当端末を一時販売停止していますが、両社ともに修正ソフトウェアを適用した上で2022年1月14日(金)から販売を順次再開するとお知らせしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。