S-MAX

SoftBank

未発表の次期フラッグシップスマホ「Xiaomi 14T Pro」が日本で発売へ!メーカー版「2407FPN8ER」とソフトバンク版「A402XM」が認証通過


次期フラッグシップスマホ「Xiaomi 14T Pro」が日本で発売へ!写真は現行機種のXiaomi 13T Pro

IEC(国際電気標準会議)が電気機器安全規格適合試験制度による認証情報を公開しているIECEEにおいてXiami Communications(以下、Xiaomi)製「2407FPN8EG」および「2407FPN8ER」、「A402XM」が2023年6月30日付でTÜV SÜD PSBによってCB証明書を取得したことが公開されていました。認証番号は「SG PSB-IV-11348」。

これらの製品はグローバル向けでも現時点では未発表ですが、Xiaomiが公開しているソースコードから次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xiaomi 14T Pro」となることが判明しており、Xiaomiの型番規則から末尾「R」は日本向けとなるため、2407FPN8ERはオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)となり、一方でA402XMは型番規則からソフトバンク向けであることが推測できます。

これにより、昨年に発売されたXiaomi 14T Proの前機種「Xiaomi 13T Pro」や前々機種「Xiaomi 12T Pro」に続く「神ジューデン」対応製品として投入されるのではないかと推測され、ともにXiaomiの日本法人である小米技術日本(以下、シャオミ)からメーカー版、ソフトバンクからキャリア版として発売されることになりそうです。

続きを読む

未発表のエントリースマホ「OPPO A3 5G」が日本で発売へ!Google Play対応端末にソフトバンク版「A402OP」とメーカー版「CPH2639」が追加


5G対応エントリースマホ「OPPO A3 5G」が日本で発売へ!画像は中国向けOPPO A3 Pro

Googleは30日(現地時間)、同社が提供しているAndroid向けコンテンツ配信マーケット「Google Playストア」を利用できるかどうかを確認できる『Supported devices - Google Play Help - Google Support』にOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)製スマートフォン(スマホ)「OPPO A3 5G」として未発表型番「A402OP」および「CPH2639」(ともに開発コード名:OP5B05L1)を掲載しています。

型番規則からA402OPはソフトバンク(携帯電話サービス「SoftBank」や「Y!mobile」)向けだと推察されるため、日本市場にてOPPO A3 5Gを発売する準備を進めていることが明らかになりました。なお、OPPO A3 5Gは現時点では海外でも未発表なので詳細は不明ですが、CPH2639は「OPPO A3 Pro 5G」や「OPPO A80 5G」としても展開されるとされており、中国向けにはすでに「OPPO A3 Pro 5G(型番:PJY110)」が発表されています。

またこれまでの製品展開からソフトバンク向け「OPPO A3 5G(型番:A402OP)」とともにOPPOの日本法人であるオウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)から日本のオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)として「OPPO A3 5G(型番:CPH2639)」も合わせて投入されると予想されます。

なお、OPPO A3 Pro 5G PJY110はBluetooth SIGにて認証を通過しており、現在販売されている「OPPO A79 5G」(メーカー版「CPH2557」およびソフトバンク版「A303OP」)と同じモジュールを使っているようなので、OPPO A80 5Gとしても展開されることもあり、OPPO A3 5Gが実質的にOPPO A79 5Gの後継機種になるのではないかと考えらます。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け5G対応フラッグシップスマホ「Xiaomi 13T Pro A301XM」にAndroid 14を含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBankスマホ「Xiaomi 13T Pro」がAndroid 14に!

ソフトバンクは23日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xiaomi 13T Pro(型番:A301XM)」(Xiaomi Communications製)に対して最新プラットフォーム「Android 14」を含むソフトウェア更新を2024年5月23日(木)より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話ネットワーク(4G/3G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、ソフトウェア更新にかかる通信料は無料となっているものの、更新ファイルサイズは大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されています。

また更新は「設定」→デバイス情報」→「MIUIバージョン」→「ダウンロード」→「今すぐ再起動」→「OK」を選択して再起動したら更新が完了し、完了までは最大20分程度かかる場合があるとのこと。更新後のビルド番号は「1.0.5.0.UMLJPSB」で、ビルド番号は「設定」→「デバイス情報」→「MIUIバージョン」にて確認できます。主な更新内容は以下の通り。

・Android 14へのOSバージョンアップ
・動作安定性の向上
・セキュリティの向上
※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。


続きを読む

シャープの新フラッグシップスマホ「AQUOS R9」を写真と動画で紹介!LeicaカメラやSnapdragon 7+ Gen 3を搭載し、デザインも刷新【レポート】


シャープの2024年夏スマホ「AQUOS R9」をフォト&ムービーレポート!

既報通り、シャープは8日、都内にて新製品発表会「AQUOS 2024 夏モデル」を開催し、同社が展開する「AQUOS(アクオス)」ブランドにおける新商品としてフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R9(アクオス アールナイン)」を2024年7月中旬以降に発売することを発表した。

日本においてはオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)のほか、移動体通信事業者(キャリア)向けモデルとしてNTTドコモ版の「AQUOS R9 SH-51E」と、ソフトバンクの携帯電話サービス「ソフトバンク」版の「AQUOS R9(型番:A401SH)」を展開する。

販路はメーカー版は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)など、NTTドコモ版はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など、SoftBank版はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などとなる。

価格は現時点では未定だが、メーカー版についてはオープンながら市場想定売価格が10万円前後(税込)となる見込みだという。残念ながら今回の発表会で展示されていたのは画面表示はされているものの、操作ができない状態での参考展示のみだったが、外観を中心に写真や動画を交えて簡単に紹介する。ただし、外観も簡易的な部分もあったため、参考程度にご覧いただきたい。

続きを読む

Google、新スマホ「Pixel 8a」に最初のソフトウェア更新を提供開始!セキュリティーアップデートと不具合修正。更新期限は2031年5月まで


新スマホ「Google Pixel 8a」に最初のソフトウェア更新がリリース!

既報通り、Googleが自社開発の「Made by Google」として展開している「Pixel」ブランドにおける新製品として独自開発したチップセット(SoC)「Tensor G3」を搭載した新しい5G対応スマートフォン(スマホ)「Pixel 8a」を発表しました。すでに日本を含む1次販売国・地域では2024年5月14日(火)に発売されています。

日本での販路はこれまで通りに公式Webショップ「Google ストア」のほか、NTTドコモやKDDI・沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」、ソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」にて販売されており、価格(金額はすべて税込)はGoogle ストアでは72,600円で、購入特典として5月21日(火)までの注文なら20,000円分のGoogle ストア クレジットが還元されます。

またGoogleは14日(現地時間)、Pixel 8aの発売に合わせて最初のソフトウェア更新を提供開始しています。ソフトウェア更新はSoftBankでは「動作安定性の向上」および「セキュリティの向上」としており、更新後のAndroidセキュリティパッチレベルが「2024年5月」となるほか、それ以外にもより快適に利用するための更新が含まれているとのこと。

ビルド番号は購入時は「TD4A.221205.042」ですが、更新後は「UD2A.240505.001」となり、更新時間と更新ファイルサイズはPixel 8aを販売するauでは約25分と約190MBと案内しています。なお、GoogleではPixel 8aについて発売日より7年間はOSバージョンおよび新機能「Feature Drop」の追加、セキュリティーアップデートといったソフトウェア更新を実施するとしており、これらのサポート期限は2031年5月となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。