S-MAX

TORQUE

auオンラインショップのみで数量限定販売!超タフネススマホ「TORQUE G06」用の新色・背面カバー「スプリット」を購入して装着してみた【レビュー】


手軽に超タフネススマホ「TORQUE G06」を衣替え!限定カラーの背面カバーはかっこいいぞっ

京セラは18日、同社が展開している「TORQUE」ブランドにおいて昨年10月にKDDI・沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」から発売された非常に強い堅牢性を誇る超タフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G06(型番:KYG03)」用の背面カバーに新色「スプリット」を追加するとお知らせしています。

新色スプリットはauの公式Webストア「au Online Shop」のみにて数量限定で販売され、2024年3月28日(木)に発売され、発売に先立って3月22日(金)より予約受付が実施されていました。価格(金額はすべて税込)は5,500円で、1人2枚までの購入制限があります。なお、TORQUE G06の背面カバーはこれまでレッドとブラックがあり、これらをオプションで購入する場合は3,344円となっています。

TORQUEは高耐久性を有したタフネス製品としてアウトドア志向の人や冒険家、スポーツ選手などから根強い支持を受けており、TORQUE G06は前機種「TORQUE 5G(型番:KYG01)」から堅牢性を引き上げつつも普段使いに使っていける大きさに小型化しつつ(とはいえ、厚みは一般的なスマホの5割増くらいありますが)、基本性能も引き上げられたことでさらに使いやすくなっています。

また超タフネススマホということで防水・防塵・耐衝撃はもちろんのこと、独自試験による耐海水・耐水圧・耐振動・耐荷重・耐薬品・耐氷結などのほか、新たに画面部への耐打撃(突起物に対する防御性)までも備えた日本国内で販売されているスマホとしては“物理最強”と呼ぶにふさわしい製品となっています。そんなTORQUE G06ですが、筆者もTORQUE支持者の1人で、しかも赤色好きも相まってすでに紹介しているように発売日に購入しています。

今回、背面カバーという形で既存のTORQUE G06の本体色であるレッドとブラックのどちらにも合わせやすい新色としてスプリットが発売され、こちらも筆者のハートを強く強く鷲掴みにするものであったため、さっそく購入しました。そこで本記事では「新色の交換用背面カバー」の購入までの流れと、実際に新色の背面カバーであるスプイットを装着したTORQUE G06をお見せしていきたいと思います。

続きを読む

KDDI、au向け5G対応タフネススマホ「TORQUE G06 KYG03」にAndroid 14へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


auスマホ「TORQUE G06」がAndroid 14に!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は27日、携帯電話サービス「au」向けに昨年10月に発売したタフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G06(型番:KYG03)」(Kyocera製)に対して最新プラットフォーム「Android 14」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2024年3月27日(火)に提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(5G・4G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は約25分、更新ファイルサイズは約1.2GBとなっており、更新ファイルサイズが大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されています。なお、更新を実施するには内蔵ストレージに約0.5GB以上の空きがあり、電池残量が十分な状態で更新をするよう案内されています。

更新後のビルド番号は「3.050RI」で、Androidセキュリティーパッチレベルは「2024年2月」となるとのこと。なお、ビルド番号は「設定」から「デバイス情報」→「ビルド番号」で確認できます。主な更新内容は以下の通りとなっていますが、京セラの公式Webページ『OSバージョンアップ | TORQUE G06 | サポート | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ』も合わせてご覧ください。

<アップデート内容>
○Android 14による機能・操作性の向上
・Android 14共通の特長について、詳細は下記よりご確認ください。
 OSアップデートとは?
 ※機種によっては一部機能に対応しない場合やメーカー独自の変更が加えられる場合があります。
○Android 14以外の機能向上や操作性改善
・詳細は下記ページをご確認ください。
 TORQUE G06 サポート情報


続きを読む

より強く、さらに使いやすく進化!京セラのタフネススマホ「TORQUE G06」を実際に使って気づいた点を解説【レビュー】


さらに強く、さらに使いやすく進化した京セラのタフネススマホ「TORQUE G06」レビュー後編!


KDDIおよび沖縄セルラー電話は既報通り、2023年10月19日(木)に同社が提供している携帯電話サービス「au」向けの非常に高い耐久性能を特徴としAndroidスマートフォン(スマホ)、「TORQUE」シリーズの新モデル「TORQUE G06(型番:KYG03)」(京セラ製) を発売しました。

TORQUE G06は先代モデルであるTORQUE 5Gで対応していた防水・防塵・耐海水・耐凍結・耐高熱・耐加重・耐振動に加えて新たに耐打撃(1mの高さから約40gの尖った金属の先端部を画面へ落としてもそれに耐える)を獲得、また基本スペックも現行世代(SoCにQualcomm製のSnapdragon 7 Gen1に6GB RAMの構成)へ引き上げられ、純粋に普段使いのスマートフォンとして見ても十分に高い性能となっています。

本体価格はauの公式Webストア「au Online Shop」および、KDDIおよび沖縄セルラー電話の直営店では税込価格98,000円(2,600円/月×23回+38,200円)で、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円の割引を受けることができます。また現在、キャンペーン「5G機種変更おトク割」で5,500円割引受けることができます。(2023年12月27日以降、端末割引に関する新ルールが施行されたものの、本記事執筆時点では本機の販売価格などに変更は今のところ見られず)

上記のキャンペーンに加えて、残価設定方式の販売施策の「スマホトクするプログラム」を利用して23カ月目に返却し、特典の適用をした場合、残価の38,200円の支払いが免除となり、au Online Shopでは新規契約(23歳以上)や機種変更の場合は実質負担額48,800円、MNPや新規契約(22歳以上)の場合は実質負担額37,800円となります。

前回の記事では本機の開封の儀の様子やプリインストールアプリ、外観の解説などをお送りしましたが、後編となる本記事では、実際に本機をしばらく(約2か月ほど)使っていて気が付いた点などをお送りしていきます。続きを読む

ひと回り小さくなりつつもより堅牢に!au向け最強タフネススマホ「TORQUE G06」を購入したので開封して外観や同梱品、基本機能などを紹介【レビュー】


我に敵ナシ!人気の超高耐久スマホ「TORQUE」の新モデル「TORQUE G06」をレビュー

既報通り、KDDおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向け新製品として耐久性を突き詰めたAndroidスマートフォン(スマホ)、「TORQUE G06(型番:KYG03)」(Kyocera製) を2023年10月19日(木)に発売しました。

TORQUE G06は冒険家や山岳ガイド、スポーツ選手、猟師、漁師などの過酷な環境下で活動している人、山中・海などでのアウトドア活動を趣味としている人などから絶大な支持を集めている京セラの耐久性を突き詰めた携帯電話「TORQUE」ブランドの新モデルで、前機種「[[TORQUE 5G]]」よりも小型化しつつもTORQUE史上で最も耐久性の高い29項目の耐性能を備えています。

その内容は通常の防水・防塵はもちろん、これまでのTORQUEの各製品と同様に独自試験による耐海水(水深2mまで)や耐凍結、耐高熱、耐加重、耐振動などに加えて新たに落下による耐衝撃については2mの高さからアスファルトの地面への落下にも耐えるようにアップグレードされているほか、約40gの尖った金属を1mの高さから画面へ落とすのを想定し、金属の先尖部を画面へ落下させてもそれに耐える強さとして「耐打撃」を新たに獲得したまさに「唯一無二の物理最強」とも言えるスマホに仕上がっています。

価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「au Online Shop」などのKDDIおよび沖縄セルラー電話の直営店では98,000円(2,600円/月×23回+38,200円)となっており、キャンペーン「5G機種変更おトク割」で2023年11月30日(木)までは11,000円割引(それ以降は5,500円割引)、「au Online Shop お得割」で新規契約なら11,000円割引(22歳以下なら22,000円割引)、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引を受けることができます。

上記のキャンペーンに加えて残価設定方式の販売施策「スマホトクするプログラム」を利用して23カ月目に返却して特典を適用すると残価として38,200円の支払いが免除され、au Online Shopでは新規契約(23歳以上)や機種変更の場合は実質負担額48,800円、MNPや新規契約(22歳以上)の場合は実質負担額37,800円となります。

そんなTORQUE G06ですが、開発・製造元の京セラはすでに紹介しているように携帯電話端末事業において個人向けに関しては撤退を案内しているものの、その極まった耐久性能に魅せられた人が多くいるTORQUEに関しては「支持してくれるユーザーがいる限りは継続していく」としており、例外としてTORQUEに関しては個人向けについても続行の意向を示し、その果に発売に至っています。

TORQUE指名買いな人は一安心といったところですが、そのうちの1人だある筆者もそうした中で登場した今回のTORQUE G06もファンの期待を裏切らない堅牢剛健な強いスマホであり、耐久力最強という強烈な個性に加え、本体カラーに「レッド」があるということで筆者もさっそく購入しました。そこで今回はTORQUE G06の個装箱とその内容物、外観やプリインストールアプリなどの基本機能を写真を交えて紹介していきます。

続きを読む

KDDI、au向けタフネススマホ「TORQUE 5G KYG01」を約2万2千円値下げ!本体価格6万6800円で最大2万2千円割引や返却で2万7010円免除


au向けタフネススマホ「TORQUE 5G」が値下げ!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は19日、携帯電話サービス「au」向け5G対応タフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE 5G(型番:KYG01)」(Kyocera製)の価格(金額はすべて税込)を2023年10月18日(金)より改定するとお知らせしています。販路はauショップやau Style、量販店などのau取扱店および公式Webストア「au Online Shop」など。

これにより、au Online Shopなどの直営店ではこれまで88,885円(2,315円/月×23回+35,640円)でしたが、22,085円値下げされて66,800円(1,730円/月×23回+27,010円)となり、残価設定方式の販売施策「スマホトクするプログラム」を利用して23カ月目に返却して特典を適用した場合の実質負担額は1,730円/月×23回(訴額39,790円)となっています。

さらにキャンペーン「5G機種変更おトク割」で機種変更なら2023年11月30日(木)までは11,000円割引(それ以降は5,500円割引)、キャンペーン「au Online Shop お得割」で新規契約なら11,000円割引(22歳以下なら22,000円割引)、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となります。なお、KDDIが運営するau Online Shopのau PAY マーケット店でも66,800円となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。