S-MAX

UQmobile

携帯電話サービス「au」と「UQ mobile」の公式Webショップにて料金プランの選択などのステップを大幅に削減した「サクッと機種変更」が提供開始


au Online ShopとUQ mobile オンラインショップにて「サクッと機種変更」がスタート!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は16日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」の公式Webストア「au Online Shop」と「UQ mobile オンラインショップ」におけるスマートフォン(スマホ)の機種変更において今までより大幅にステップを削減した「サクッと機種変更」を2024年2月16日(金)より提供開始したとお知らせしています。

サクッと機種変更は現在のauやUQ mobileの契約内容を自動で引き継ぎ、契約者が選択する項目を省略することによってより短いステップで機種変更ができる新サービスで、新たに料金プランを選択するなどの必要がないため、より手軽に簡単に素早く手続きが可能となります。また「スマホトクするプログラム」(auのみ)や「故障紛失サポートシリーズ」(有料)への同時加入のため、安心してスマホを利用できるとのこと。

続きを読む

au&UQ mobile向け5Gスマホ「Xiaomi 13T XIG04」が値下げ!価格は6万5000円。最大2万2000円OFFや返却で3万5100円免除なども


auとUQ mobileにて5Gスマホ「Xiaomi 13T」が値下げ!割引&返却で実質7,900円から

KDDIおよび沖縄セルラー電話は16日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」にて販売している5G対応スマートフォン(スマホ)「Xiaomi 13T(型番:XIG04)」(Xiaomi Communications製)の公式Webストア「au Online Shop」および「UQ mobileオンラインショップ」などの直営店における価格(金額はすべて税込)を2024年2月16日(金)より改定したとお知らせしています。

Xiaomi 13T XIG04のauおよびUQ mobileの直営店における価格は発売時からこれまで74,800円でしたが、改定後は9,800円値下げされて65,000円となっています。またauでは残価設定方式の販売施策「スマホトクするプログラム」(24回目支払額=残価が35,010円)適用時の実質負担額は1,300円/月×23回(総額29,900円)となります。さらに機種変更では「5G機種変更おトク割」で22,000円割引(2024年4月1日以降は5,500円割引)、「au Online Shopおトク割」で新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となります。

一方、UQ mobileでも割引が適用されて増量オプションIIに加入した場合のコミコミプランおよびトクトクプランなら他社から乗り換え(MNP)で22,000円OFF、新規契約で11,000円OFF、増量オプションIIに加入しない場合のコミプランおよびトクトクプランやミニミニプランならMNPで16,500円OFF、新規契約で5,500円OFF、機種変更やauや「povo」からの番号移行では割引なしとなるとのこと。

続きを読む

UQ mobileオンラインショップにてSIMのみ契約で合計最大2万円相当還元キャンペーンが実施中!期間限定でau PAYの利用額に応じて最大1万円相当還元


UQ mobile SIM×au PAYご利用キャンペーンがスタート!

KDDIは16日、携帯電話サービス「UQ mobile」の公式Webストア「UQ mobile オンラインショップ」においてSIMのみ(eSIM含む)を契約すると最大10,000円相当のau PAY残高還元となる「UQ mobile SIM×au PAYご利用キャンペーン」を2024年2月16日(金)10:00から2024年2月29日(木)23:59まで実施するとお知らせしています。

キャンペーンでは期間中にUQ mobile オンラインショップでSIMのみで契約後に2024年3月の決済サービス「au PAY」の利用金額に応じて最大10,000円相当のau PAY残高が還元されます。還元額はau PAYの利用金額が5,000~14,999円なら2,000円相当、15,000~24,999円なら6,000円相当、25,000円以上なら10,000円相当となっています。

なお、SIMのみで申込後、2024年3月末までに利用開始(開通)の手続きを完了する必要があるほか、2024年4月中にau PAY利用期間中に、au PAYのコード支払いおよび請求書支払いを利用した場合が対象となり、ネット支払いやカード支払いは対象外とのこと。また実施中の最大10,000円相当還元キャンペーンと併用可能なため、合計最大20,000円相当の還元となります。

続きを読む

KDDIが「通信品質向上の取り組みに関する説明会」を開催!2023年度末にSub6基地局を約3.4万局開設めざし、2024年度にはSub6エリアを2倍に拡大へ


KDDIが2024年度に5GのSub6エリアを2倍に拡大予定!パケ止まりへの対処も継続して実施

KDDIは15日、都内およびオンラインにて「通信品質向上の取り組みに関する説明会」を開催し、携帯電話サービス「au」や「UQ mobile」、「povo」などで利用しているau回線において2023年度末(2024年3月末)までに約3.4万局の5Gの大容量・高品質な通信に寄与するSub6(3.7GHz帯および4.0GHz帯)の基地局開設を計画しているなど、5Gエリア展開と通信品質向上に向けた取り組みを実施することが明らかにされました。

また2024年度には衛星との干渉回避の対策によってSub6エリアの広さを2倍に拡大するとし、2024年度以降も引き続いて利用者の体感品質を重視してスマートフォン(スマホ)などから自動収集する通信品質データやSNSにおける投稿などのさまざまなビッグデータの分析・対処の自動化によって品質向上の効率化やスピードアップを図り、a高速・安定した通信サービスを提供していくということです。

続きを読む

KDDI、au&UQ mobileの補償サービス「故障紛失サポート」を拡充!スマートウォッチなどの周辺機器の補償やスマホの初期化不要な即日店頭修理を開始


auとUQ mobileの補償サービス「故障紛失サポート」が2月27日より順次拡充!

KDDIは14日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」のスマートフォン(スマホ)やタブレットのトラブル(故障・紛失・盗難など)を補償するサービス「故障紛失サポート」について2024年2月27日(火)以降に加入した場合を対象に補償内容と月額利用料を改定した新サービス「故障紛失サポート ワイド with AppleCare services & iCloud+」および「故障紛失サポート ワイド with Cloud」を提供開始すると発表しています。

新サービスでは近年利用が増えているスマートウォッチやワイヤレスイヤホンなど、公式アクセサリーブランド「au +1 collection」で販売する周辺機器の補償にも対応し、またディスプレイが破損したauやUQ mobileのスマホ(GoogleおよびSharpの一部機種)を専任スタッフが店頭で修理するサービスを旗艦店「au Style IKEBUKURO」で2024年2月29日(木)より提供開始するとのこと。修理にあたってスマホ内のデータ移行手続なども不要で約60分で完了し、対象機種や対象店舗は順次拡大予定だということです。料金(金額は記載がない限りすべて税込)は月額970円からで、購入機種によって異なります。

なお、既存の故障紛失サポートに加入している場合にはiPhoneやiPad向け「故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloud+」について引き続いて利用でき、Android向け「故障紛失サポート with Cloud+」については引き続いて利用できるだけでなく、2024年2月26日(月)以前に発売されたAndroidスマホを購入した場合には加入もできるとのこと。同社では補償サービスの充実や店頭修理サービスの提供を通じて利用者がより便利かつ安心してスマホやタブレット、スマートウォッチなどを使えるようにサポートを行っていくとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。