S-MAX

Xperia5II

ソニー、SIMフリースマホ「Xperia 5 II XQ-AS42」と「Xperia 5 J9260」を最大5500円値下げで10万8900円と6万1600円に


ソニーがSIMフリースマホ「Xperia 5 II XQ-AS42」と「Xperia 5 J9260」を値下げ!

ソニーマーケティングは16日、同社が運営するソニー公式Webショップ「ソニーストア」においてSIMフリースマートフォン(スマホ)「Xperia 5 II(型番:XQ-AS42)」および「Xperia 5(型番:J9260)」(ともにソニー製)の販売価格を最大5,500円(金額はすべて税込)値下げしたとお知らせしています。

価格はオープンながら市場想定価格およびソニーストアでの販売価格はこれまでXperia 5 II XQ-AS42が114,400円、Xperia 5 J9260が64,900円でしたが、改定後はXperia 5 II XQ-AS42が5,500円OFFの108,900円、Xperia 5 J9260が3,300円OFFの61,600円となっています。

なお、両機種ともにソニーストア以外の量販店やECサイトなどでも販売されていますが、現時点ではヨドバシカメラやビックカメラ、Amazon.co.jpなどの主要販売拠点では同様の値下げは行われていません。量販店などでは1%と還元率は低いものの、ポイントバックもあるため、今後の値下げに期待したいところ。

なお、内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージはXperia 5 IIが8GB RAM+256GBストレージ、Xperia 5 J9260が6GB RAM+128GBストレージで、両機種ともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しているほか、SIMフリーモデルではnanoSIMカード(4FF)スロットが2つのデュアルSIMに対応しています。

続きを読む

ソニー、フラッグシップスマホ「Xperia 5 II」のSIMフリーモデル「XQ-AS42」を日本で5月28日に発売!FeliCaやデュアルSIMに対応で11万5千円


SonyからSIMフリーフラッグシップスマホ「Xperia 5 II XQ-AS42」が登場!

ソニーは20日、フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 II」のSIMフリーモデル「Xperia 5 II(型番:XQ-AS42)」を日本で2021年5月28日(金)に発売すると発表しています。価格はオープンながら市場推定価格が115,000円(税込)となるとしています。

販路はソニーの公式Webショップ「ソニーストア」やソニーの直営店「ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」、また一部の量販店やECサイトなどとなっており、発売に先立って5月20日(木)より順次予約販売の受付を開始します。

発売されるXperia 5 IIのSIMフリー版は昨年発売されたNTTドコモ向け「Xperia 5 II SO-52B」やau向け「Xperia 5 II SOG02」、SoftBank向け「Xperia 5 II A002SO」と同様におサイフケータイ(FeliCa)に対応しているほか、SIMフリーモデルではデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しています。

またソニーではXperia 5 II XQ-AS42の発売を記念してXperia 5 IIまたはXperia 1 IIのSIMフリーモデルを予約または購入して応募した場合、先着1500人に「データ移行用USBアダプター(試供品)」をプレゼントするキャンペーン( https://xperia.sony.jp/campaign/simfree_xperia5ii-xt2 )、抽選で1000人に限定デザインの5,000円分のQUOカードをプレゼントするキャンペーン( https://xperia.sony.jp/campaign/simfree_xperia5ii-quo )を実施しています。ともに期間は2021年7月2日(金)まで。

続きを読む

au向けスマホ「Xperia 5 II SOG02」にAndroid 11へのOSバージョンアップや5Gエリア拡大対応を含むソフトウェア更新が2月4日18時から提供


auスマホ「Xperia 5 II SOG02」がAndroid 11に!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は3日、携帯電話サービス「au」にて昨年10月に発売したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 II SOG02」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2021年2月4日(木)18時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(5G/LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は約20分、更新ファイルサイズは約0.86GBとなっており、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されてます。

更新後のビルド番号は「58.1.C.2.6」となるとのこと。なお、ビルド番号は「設定」から「端末情報」→「ソフトウエア情報」→「ビルド番号」で確認できます。なお、事前にビルド番号「58.0.C.11.160」にしておき、更新には内蔵ストレージの空き容量が約1.5GB以上、電池残量が50%以上必要となるとのこと。

また今回の更新には既存の4G向け周波数帯である3.5GHz帯(Band 42)を5Gに転用して利用することへの対応も含まれており、これによって5Gサービスが利用できるエリアが拡大します。なお、Sub6とミリ波に加え、それ以外の周波数帯でエリアマップを公開しています。主な更新内容は以下の通り。

・5Gサービスエリア拡大への対応(3.5GHz帯を利用した5Gサービス)
・Android 11による機能/操作性の向上

○主な機能追加・変更内容
1)電話アプリにてメニュー内に「詳細設定」が追加されます。
2)クイック設定パネルにスクリーンレコード(画面録画)やメディアコントロール、ニアバイシェアが追加されます。
3)電源ボタン長押時に表示される画面のデザインが変更されます。

○主な削除項目
4)OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
・「機器接続」→「NFC/おサイフケータイ設定」配下の「画面ロック中はロック」が削除されます。

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(1.6MB)
※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSOG02をご利用いただくための改善内容が含まれております。

○Android 11共通の特徴について、詳細は下記よりご確認ください。
OSアップデートとは?


続きを読む

NTTドコモ、Xperia 5 II SO-52AとXperia 1 II SO-51AにAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoスマホ「Xperia 5 II SO-52A」と「Xperia 1 II SO-51A」がAndroid 11に!

NTTドコモは3日、昨年発売したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 II SO-52A」および「Xperia 1 II SO-51A」(ともにソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2021年2月3日(水)10時に提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(5G/Xi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法のほか、スマホをUSBケーブルでパソコン(PC)に接続して実施する方法が用意されており、更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されてます。

更新時間はXperia 5 II SO-52Aの本体のみで約20分、PCを用いて約22分、Xperia 1 II SO-51Aはどちらでも約20分となっており、更新後のビルド番号はXperia 5 II SO-52Aが「58.1.B.2.21」、Xperia 1 II SO-51Aが「58.1.B.2.21」となるとのこと。なお、ビルド番号は「設定」から「デバイス情報」→「ビルド番号」で確認できます。

主な更新内容は以下の通りですが、Xperia 5 II SO-52AではAndroid 11へのOSバージョンアップ以外にもSub6エリア内にて送信時最大218Mbpsが可能になるとのこと。またソニーモバイルコミュニケーションズの公式Webページ『Android 11対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア)公式サイト』も合わせてご確認ください。

○主なアップデート内容
1)チャットやSNSアプリ等に関する通知の強化
2)プライバシー強化
3)スクリーンレコード
4)スグアプ
5)ゲーム体験の入り口をGame enhancerに一本化
6)UL256QAMに対応(Xperia 5 II SO-52Aのみ)

○改善される事象
※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

ソフトバンク、5G対応の高性能スマホ「Xperia 5 II」にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBankスマホ「Xperia 5 II」がAndroid 11に!

ソフトバンクは19日、昨年10月に発売した携帯電話サービス「SoftBank」向けフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 II(型番:A002SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2021年1月19日(火)に提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(3G/4G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は完了までに最大40分程度かかる場合があるとのことで、更新にかかる通信料は無料となっています。

更新後のビルド番号は「58.1.D.0.331」となるとのこと。なお、ビルド番号は「設定」から「システム」→「デバイス情報」に確認できます。主な更新内容は以下の通りですが、ソニーモバイルコミュニケーションズの公式Webページ『Android 11対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア)公式サイト』も合わせてご確認ください。

・Android 11へのOSバージョンアップ
・セキュリティの向上


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。