S-MAX

Xperia5III

ソフトバンクがSA方式の5G商用サービスをスマホでも利用可能に!まずはXperia 5 III A103SOとAQUOS wish A104SHが対応


ソフトバンクが5G SAをスマホでも利用可能に!対応機種はまずはXperia 5 III A103SOとAQUOS wish A104SH

ソフトバンクがスタンドアローン(Stand Alone)方式(以下、SA)による5G(第5世代移動通信システム)の商用サービス(以下、5G SA)の提供を2022年3月29日(火)よりスマートフォン(スマホ)にも拡大していたことが明らかになりました。対応機種は順次拡大していくとのこと。

まずは携帯電話サービス「Y!mobile」にて販売している5G対応エントリースマホ「AQUOS wish(型番:A104SH)」(シャープ製)にて3月29日より、携帯電話サービス「SoftBank」にて販売している5G対応フラッグシップスマホ「Xperia 5 III(型番:A103SO)」(ソニー製)にて2022年5月31日(火)より利用できるとのこと。

ただし、AQUOS wish A104SHでは5G SAに対応したeSIMで利用することで必要で、5G SA対応eSIMは3月29日よりオンラインで新規契約または機種変更でeSIMを選択してAQUOS wish A104SHに設定します。現在、5G SA対応eSIMの受付は店頭では非対応だとのこと。一方、Xperia 5III A103SOで利用する場合にも今年2月に提供開始しているAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を適用し、ビルド番号「61.1.E.0.341」以降にしておく必要があります。

さらにXperia 5III A103SOではSIMカードも5G SAに対応したUSIMカード(5G-USIMnano/ZTWHT1)が必要で、5月30日(月)以前にXperia 5 III A103SOを購入した場合は5G SAに対応したUSIMカードへの交換が必要となります。交換は「ソフトバンクショップ」または公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて無償で行えます。

なお、Xperia 5 III A103SOにおいて5G SAに対応したUSIMカードへの交換後は5G SAに対応しないUSIMカードへの再交換はできないとのことなのでご注意ください。また5月31日以降に契約した場合には5G SAに対応したUSIMカードが提供されているということです。

続きを読む

楽天モバイル、楽天回線対応製品に5Gスマホ「Xperia 5 III」のメーカー版「XQ-BQ42」を追加!緊急地震速報などのすべてが利用可能に


5Gスマホ「Xperia 5 III XQ-BQ42」が楽天回線対応製品に追加!

楽天モバイルは22日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「Xperia 5 III(型番:XQ-BQ42)」(Sony製)を追加しています。

これにより、Xperia 5 III XQ-BQ42が楽天モバイルの相互接続性試験を完了し、楽天モバイルの4Gでの音声通話(VoLTE)やSMS、データ通信および5Gでのデータ通信、ETWS(緊急地震速報、津波警報など)などのすべての機能に対応しています。動作確認時のビルド番号は「61.0.A.23.46」。

なお、Xperia 5 IIIは他にも日本ではNTTドコモ版「Xperia 5 III SO-53B」およびau版「Xperia 5 III SOG05」、SoftBank版「Xperia 5 III A103SO」が販売されていますが、少なくとも現時点においてはこれらについては楽天回線対応製品ではなく、一部機能のみが利用できるとされています。

続きを読む

ソニー、フラッグシップスマホ「Xperia 5 III」のメーカー版「XQ-BQ42」を日本で4月22日に発売!FeliCa&デュアルSIM対応で11万4400円


SonyからSIMフリーフラッグシップスマホ「Xperia 5 III XQ-BQ42」が登場!

ソニーは23日、フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 III」のオープン市場向けメーカー版(SIMフリーモデル)となる「Xperia 5 III(型番:XQ-BQ42)」を日本で2022年4月22日(金)に発売すると発表しています。価格はオープンながら市場推定価格が114,400円(税込はすべて税込)となるとのこと。

販路はソニーの公式Webショップ「ソニーストア」やソニーの直営店「ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」、またAmazon.co.jpやヨドバシカメラなどの量販店やECサイトなどとなっており、発売に先立って3月23日(水)より順次予約販売の受付を開始しています。

発売されるXperia 5 IIIのメーカー版は昨年11月に発売されたNTTドコモ向け「Xperia 5 III SO-53B」やau向け「Xperia 5 III SOG05」、SoftBank向け「Xperia 5 III A103SO」といったキャリアモデルと同様におサイフケータイ(FeliCa)に対応しているほか、メーカー版では内蔵ストレージが256GBに増量され、nanoSIMカード(4FF)スロットが2つのデュアルSIMに対応し、さらにメーカー版限定カラーでグロス仕上げの「ブラック」が追加されています。

またソニーではXperia 5 III XQ-BQ42の発売を記念してXperia 5 III XQ-BQ42を購入して応募した場合にもれなく5,000円をキャッシュバックするキャンペーン( https://xperia.sony.jp/campaign/sf-5m3_2022spring/ )を実施します。購入期間は2022年3月23日(水)〜6月30日(木)23:59、応募期間は2022年4月22日(金)10:00〜7月7日(木)10:00となっています。

その他、Xperia 5 III XQ-BQ42は「Xperia」シリーズのメーカー版としてXperia 1 IIIやXperia PRO-Iに続いて個装パッケージのプラスチック使用量ゼロを実現しているとのことで、ソニーグループでは2050年までに環境負荷ゼロをめざす環境計画「Road to Zero」を策定しており、この達成に向けて段階的に環境中期目標を設定しながら行動していくとしています。

その他、同社ではXperia 5 III XQ-BQ42のメーカー版ならではの特長やお得な情報をソニーストアのスタイリストが紹介する動画を掲載しているほか、ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神や一部の量販店などにて発売に先立って2022年4月6日(水)より展示予定だとしています。

続きを読む

KDDI、au向け5Gスマホ「Xperia 5 III SOG05」と「Xperia 1 III SOG03」にAndroid 12へのOSバージョンアップを3月10日10時より提供


auスマホ「Xperia 5 III SOG05」と「Xperia 1 III SOG03」がAndroid 12に!

KDDIは9日、携帯電話サービス「au」にて昨年発売したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 III SOG05」および「Xperia 1 III SOG03」(ともにソニー製)に対して最新プラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年3月10日(木)10時に提供開始するとお知らせしています。

更新は両機種ともに本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(5G・4G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は両機種ともに約25分となっています。更新ファイルサイズも両機種ともに約1.1GBで、ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでの実施が推奨されています。

更新後のビルド番号は両機種ともに「61.1.D.0.337」。主な更新内容は以下の通りとなっているほか、Xperia 5 III SOG05では新たに2.5GHz帯における5G(n41)に対応するということです。またAndroid 12へのOSバージョンアップに関してはソニーの公式Webページ「Android 12対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア)公式サイト」も合わせてご確認ください。

<アップデート内容>
Android 12による機能・操作性の向上
5Gサービスエリア拡大への対応(2.5GHz帯を利用した5Gサービス)(SOG05のみ)

○主な機能追加・変更内容/削除項目について
1)片手モードの機能が変更されます。
2)Photo Proに機能が追加されます。
・グリッドラインのオン/オフボタンの表示が変わります。
・AELボタン設定の項目が追加されます。
・ファンクションメニュー設定の項目が追加されます。
・DISPボタン設定の項目が追加されます。
・Bluetoothリモコンの項目が追加されます。
・ヒントの項目が追加されます。
3)Cinema Proに機能が追加されます。
・音量キーでマニュアルフォーカスを操作できるようになります。
・Tipsの項目が追加されます。
4)ネットワークとインターネットの機能が変更されます。

○その他OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目の詳細は以下よりご確認ください。
 OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(577KB)[PDF]
 ※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSOG05、SOG03をご利用いただくための改善内容が含まれております。

○Android 12共通の特長について、詳細は下記よりご確認ください。
 OSアップデートとは?


続きを読む

NTTドコモ、フラッグシップスマホ「Xperia 5 III SO-53B」と「Xperia 1 III SO-51B」にAndroid 12へのOSバージョンアップを提供開始


docomoスマホ「Xperia 5 III SO-53B」と「Xperia 1 III SO-51B」がAndroid 12に!

NTTドコモは8日、昨年発売したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 III SO-53B」および「Xperia 1 III SO-51B」(ともにソニー製)に対して最新プラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年3月8日(火)に提供開始したとお知らせしています。

更新は両機種ともに本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(5G・4G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法のほか、パソコン(PC)にUSBケーブルで接続して行う方法が用意されており、更新時間は本体のみでは両機種ともに約18分、PCではXperia 5 III SO-53Bが約20分、Xperia 1 III SO-51Bが約19分となっています。

更新後のビルド番号は両機種ともに「61.1.C.0.398 release-keys」。主な更新内容は以下の通りとなっているほか、Android 12へのOSバージョンアップに関してはソニーの公式Webページ「Android 12対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア)公式サイト」も合わせてご確認ください。

○主なアップデート内容
1)プライバシー強化
2)クイック設定パネル・通知のリニューアル
3)スクロールスクリーンショット
4)Photo ProアプリのBluetoothリモートコントローラー対応

○改善される事象
5)端末が低温時にカメラを起動すると誤ったエラーメッセージが表示される場合があります。
6)セキュリティパッチの更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2022年1月になります。)


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。