S-MAX

Y!mobile

ワイモバイルオンラインストアにてiPhone 12・12 mini・11の新規契約とMNPの割引額が2万1600円に増額!販売価格4万4640円からに


Y!mobileの公式オンラインストアでiPhone 12・12 mini・11が新規契約・MNPで値下げ!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は14日、携帯電話サービス「Y!mobile」における公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」において人気スマートフォン(スマホ)「iPhone 12」および「iPhone 12 mini」、「iPhone 11」(ともにApple製)の新規契約および他社から乗り換え(MNP)にて割引額を2021年10月14日(金)より増額したとお知らせしています。

これまではそれぞれ18,000円割引でしたが、ともに21,600円割引となっており、iPhone 12の64GBなら本体価格が95,040円なので販売価格が73,440円、iPhone 12 miniの64GBなら本体価格が82,800円なので販売価格が61,200円、iPhone 11の64GBなら本体価格が66,240円なので販売価格が44,640円などとなっています(金額はすべて税込)。

続きを読む

設備更新の不手際でMVNOを含んだソフトバンク回線からKDDI回線へのSMS送信の一部が9月23〜29日に届かず!影響数は約86万通/約49万回線


設備更新の不手際でサブブランドやMVNOを含んだソフトバンク回線からKDDI回線へSMSが送信できず!

ソフトバンクは8日、KDDIが設備を更新した影響によって2021年9月23日(木)午前1時47分から9月29日(水)午後5時24分までの間に同社からKDDI宛のSMSの一部が送信できない事象が発生していたと発表しています。

調査の結果、KDDIの一部設備のソフトウェア更新時に通信事業者間でSMSを送受信する際に必要な設定更新に関する日時情報についてKDDIからの説明が不十分であったことから、ソフトバンク側の設備にその更新情報を反映できなかったことが原因と判明しました。

影響範囲は携帯電話サービス「SoftBank」や「Y!mobile」、「LINEMO」、ソフトバンク回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)からKDDIの携帯電話サービス「au」や「UQ mobile」、「povo」、KDDI回線のMVNOへSMSを送信した場合。

影響数はこれらのソフトバンク回線からKDDI回線へ送信したSMSの一部で約86万通(約49万回線)とのこと。なお、ソフトバンクでは本事象を把握した後にKDDIへ対応を要請し、現在は通常通りに送信できていることを確認しているということです。

続きを読む

iPhone 13シリーズの動作確認がahamoやpovo、UQ mobile、Y!mobile、LINEMO、MVNO(IIJmioやmineoなど)で完了!eSIM含めて利用可能


iPhone 13シリーズはMNOのサブブランドやMVNOでも利用可能!各社が動作確認結果を公開

アップルの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 13 mini」および「iPhone 13」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」が本日9月24日に発売されました。日本ではアップルのほか、ヨドバシカメラやビックカメラなどの一部店舗におけるApple Premium Reseller、そしてNTTドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルといった移動体通信事業者(MNO)にて販売されています。

日本で販売されているiPhone 13シリーズのモデル(型番)はiPhone 13 miniが「A2626」、iPhone 13が「A2626」、iPhone 13 Proが「A2636」、iPhone 13 Pro Maxが「A2641」となっており、日本のNTTドコモおよびau、SoftBank、楽天モバイルの各MNOの携帯電話ネットワークに対応します。

そのため、販売元であるNTTドコモやau、SoftBank、Rakuten UN-LIMIT VIにてそれぞれ利用できるのは当然ですが、各社の新料金プランやサブブランド、そして各社の回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)で利用できるかどうかについてはアップルからは案内されていませんでした。

今回、すでに紹介している「ahamo」や「povo」、「UQ mobile」に続いて「Y!mobile」や「LINEMO」といったMNOの新料金プランやサブブランド、そして「mineo」や「BIGLOBEモバイル」、「IIJmio」、「イオンモバイル」、「LinksMate」などのMVNOが動作確認を行っています。

結果としては特に各サービスともに既存のiPhone 12シリーズなどと同様に利用できるとのこと。なお、iPhone 13シリーズについてはSIMフリー製品であるアップルや楽天モバイルなどに加え、新たにNTTドコモやau、SoftBankで購入した製品も購入時からSIMロックはかかっていません。

またiPhone 13シリーズは最新プラットフォーム「iOS 15」を搭載しているため、MVNOなどでAPN構成プロファイルをインストールしたり削除したりする場合には設定から「一般」→「VPNとデバイス管理」から行うようになっています。

続きを読む

iPhone 13シリーズの動作確認がahamoやpovo、UQ mobileで完了!eSIM含めて利用可能。LINEMOや各MVNOでは9月24日より順次確認予定


ahamoやpovo、UQ mobile、LINEMO、Y!mobileなどのサブブランドやMVNOでiPhone 13シリーズは使える?

NTTドコモは21日、今年3月より提供しているオンライン専用の料金プラン「ahamo」の対応端末一覧を更新してAppleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 13 mini」および「iPhone 13」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」を追加しています。物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能だとのこと。

またKDDIおよび沖縄セルラー電話は22日、携帯電話サービス「UQ mobile」およびオンライン専用の料金プラン「povo」(povo 1.0およびpovo 2.0)におけるiPhone 13シリーズの動作確認が完了し、問題なく利用できることが確認できたとお知らせしています。こちらも物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能となっています。

一方、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄ではオンライン専用の携帯電話サービス「LINMO」におけるiPhone 13シリーズの動作確認を発売日の2021年9月24日(金)より随時更新していくと案内しています。また携帯電話サービス「Y!mobile」においては現時点では特に記載はないものの、同様に随時更新していくと見られます。

その他、携帯電話サービス「mineo」を提供しているオプテージなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社でもiPhone 13シリーズの動作確認を9月24日より順次行うとしています。とはいえ、iPhone 13シリーズはデュアルeSIMに対応したという新しいトピックはあるものの、携帯電話ネットワークとしては特に大きな変更はないものと見られ、問題なく使えると思われます。

また実際にすでに各メディアにて先行してiPhone 13シリーズの実機レビューが掲載され、LINEMOやMVNOなどで使えていることから恐らく問題なく使えると考えられますが、心配な人は各社の動作確認を待つことをオススメします。なお、インターネットイニシアティブ(IIJ)ではアプリ「みおふぉんダイアル」にて強制終了するなどの不具合が発生する可能性が判明していると案内しています。

続きを読む

iOS 15・iPadOS 15で導入される「プライベートリレー」を利用する場合にカウントフリー対象外やフィルタリングが利用不可と各社が案内


iOS 15・iPadOS 15の新機能「iCloud+ プライベートリレー」で各社が注意喚起!デフォルトではOFFの予定

既報通り、AppleがiPhoneやiPadなど向け次期プラットフォーム「iOS 15」および「iPadOS 15」の正式版を現地時間の2021年9月20日(月)に提供開始します。日本時間(JST)では9月21日(火)未明からとなる見込み。

このiOS 15およびiPadOS 15で新機能として導入される「iCloud+」のプライバシー保護機能「プライベートリレー」をONにして通信を行った場合に各社がカウントフリーサービスの対象外となったり、フィルタリングサービスが利用できないなどの注意を案内しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。