S-MAX

Y!mobile

NTTドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが台風14号の影響で九州の一部地域で携帯電話サービスが利用できない・利用しづらい状況に


台風14号の影響でNTTドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの基地局が一部停波に!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは18日、それぞれの携帯電話サービスが九州地方を中心とする台風14号の影響によって一部地域において利用できないまたは利用しづらい状況が発生しているとお知らせしています。各社ともに原因は台風の影響による伝送路故障および停電などとしています。

障害はNTTドコモでは2022年9月18日(土)正午頃より、KDDIでは9月18日1時頃より、ソフトバンクでは9月18日9時頃より、楽天モバイルでは9月18日19時30分頃よりとなっており、各社では復旧作業に努めていますが、利用者には迷惑をかけているとしてお詫びしています。また各社ともに大雨による災害に関する支援措置についてもお知らせしています。

なお、総務省がまとめている9月18日7時時点ではNTTドコモが11局停波、KDDIが34局停波、ソフトバンクが30局停波、楽天モバイルが被害情報なしでしたが、その後、9月19日(日)10時30分時点における被害情報ではNTTドコモが62局停波、KDDIが563局停波、ソフトバンクが619局停波、楽天モバイルが37局停波となっています。

続きを読む

iPhone 14シリーズの動作確認がahamoやpovo、LINEMO、UQ mobile、Y!mobileで完了!eSIM含めて利用可能。各MVNOでは順次確認予定


ahamoやpovo、UQ mobile、LINEMO、Y!mobileなどのサブブランドやMVNOでiPhone 14シリーズは使える?

NTTドコモが昨年3月より提供しているオンライン専用の料金プラン「ahamo」の対応端末一覧を更新してAppleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 14」および「iPhone 14 Plus」、「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」を追加しています。物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能だとのこと。

またKDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、携帯電話サービス「UQ mobile」および「povo」(povo 1.0およびpovo 2.0)におけるiPhone 14シリーズの動作確認が完了し、問題なく利用できることが確認できたとお知らせしています。こちらも物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能となっています。

さらにソフトバンクは9日、携帯電話サービス「Y!mobile」および「LINMO」におけるにおけるiPhone 14シリーズの動作確認が完了し、問題なく利用できることが確認できたとお知らせしています。こちらも物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能となっています。

その他、携帯電話サービス「IIJmio」を提供しているインターネットイニシアティブ(以下、IIJ)などの仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社でも9月16日に発売されるiPhone 14およびiPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxの動作確認を発売日より順次行うとしています。

とはいえ、iPhone 14シリーズはすでに紹介している「eSIM クイック転送」に対応したという新しいトピックはあるものの、携帯電話ネットワークとしては特に大きな変更はないものと見られ、問題なく使えると思われます。また実際にすでに各メディアにて先行してiPhone 14シリーズの実機レビューが掲載され、特に特定の携帯電話サービスで使えないといった話もないですが、心配な人は各社の動作確認を待つことをオススメします。

続きを読む

ソフトバンク、携帯電話サービス「Y!mobile」や「LINEMO」でも毎月の通話や通信料などの支払いに「ソフトバンクポイント」を利用可能に


ワイモバイルやラインモでも料金の支払いにソフトバンクポイントが使えるように!

ソフトバンクは14日、携帯電話サービス「Y!mobile」および「LINEMO」において毎月の通話や通信料などの支払いに「ソフトバンクポイント」が2022年9月14日(水)より使えるようになったとお知らせしています。ソフトバンクポイントは1ポイント=1円として利用できます。

対象となる支払いは基本料やデータ定額料、通話料、データ通信料、オプション料金で、オンラインサポート「My Y!mobile」やLINEMOの「My Menu」にて申し込みを行います。なお、ソフトバンクポイント(「Tポイント」から交換した分は除く)は決済サービス「PayPay」のポイントサービス「PayPayポイント」に交換することもできます。

続きを読む

ワイモバイルオンラインストアで大創業祭が開催中!在庫一掃セールでOPPO Reno5 AやAQUOS wishが一括1円から。iPhone SE(第3世代)も割引増


Y!mobileの公式Webストアにて大創業祭が開催中!SIMのみ契約も最大11,000ポイントプレゼントに

ソフトバンクは8日、携帯電話サービス「Y!mobile」の公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」においてキャンペーン「大創業祭」を2022年9月8日(木)より開催するとお知らせしています。キャンペーンではSIM(SIMカードおよびeSIM)のみ契約時の特典増額や在庫一掃セール、タイムセール対象機種追加などが行われています。

SIMのみ契約は2022年11月1日(火)までで通常はPayPayポイントで最大10,000ポイントをプレゼントですが、期間中は最大11,000ポイントプレゼントとなり、在庫一掃セールは5Gスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno5 A」や「AQUOS wish」が一括1円から売れ切れ次第終了、タイムセールには「AQUOS sense5G」のアウトレットが2022年10月30日(金)まで追加されます。

さらに2022年9月30日(金)までは人気スマホ「iPhone SE(第3世代)」の機種変更における割引額が通常7,200円OFFのところ10,800円OFFに増額され、販売価格が62,640円からとなっています。なお、ワイモバイルオンラインストアでは新規契約や他社から乗り換え(MNP)、機種変更などにおける手数料は無料なほか、送料も無料となっています。

続きを読む

ソフトバンクショップで各種サポートを月額550円からの定額で利用できる「店頭スマホサポート定額」を提供!ワイモバイルでも2023年に開始予定


SoftBankにて「店頭スマホサポート定額」が9月14日より提供!

ソフトバンクは6日、携帯電話サービス「SoftBank」において全国のソフトバンクショップ(一部を除く)でスマートフォン(スマホ)の各種サポートを毎月定額で利用できる「店頭スマホサポート定額」を2022年9月14日(水)から提供開始すると発表しています。なお、携帯電話サービス「Y!mobile」においても2023年の開始を予定しているということです。

これにより、2021年4月から提供している「スマホ設定サポート」の各種サポートメニューを毎月定額で複数回利用できるほか、店頭スマホサポート定額向けに提供する定期点検サービスによってスマホの清掃やバッテリーチェック、OSバージョンアップのチェックを定期的に行えるなど、スマホ初心者で設定などに不安のある人はこれまで以上にいつでも気兼ねなくショップに相談できるようになるとのこと。

料金(金額はすべて税込)は「フルプラン」(有料サポートメニュー17種類+無料サポートメニュー、データ移行、フィルム貼り、コーティング、定期点検、継続利用特典)が月額990円、データ移行やフィルム貼り、コーティング、継続利用特典に非対応の「ライトプラン」が月額550円の2種類があり、継続利用特典は12カ月ごとにソフトバンクショップへ来店することでソフトバンクショップにて利用できる5,000円相当のスマホアクセサリークーポンまたは2,000円相当のPayPayポイントがもらえます。

なお、店頭スマホサポート定額の開始に伴ってソフトバンクショップでの各種スマホサポートメニューの総称を店頭スマホサポートとし、新しい定額サービスに加えて従来のスマホ設定サポートとして提供してきた都度払いのメニューも含めたソフトバンクショップにおけるスマホサポートの総合サービスとして提供するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。