S-MAX

ZenFone7Pro

SIMフリースマホ「ZenFone 7」と「ZenFone 7 Pro」が楽天回線対応製品に追加!4Gと5Gのすべての機能が利用可能。エイスースでは初


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 7」と「ZenFone 7 Pro」が楽天回線対応製品に!

楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービスにおける正式プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 7(型番:ZS670KS)」および「ZenFone 7 Pro(型番:ZS671KS)」(ともにASUSTeK Computer製)を追加しています。

これにより、ZenFone 7とZenFone 7 Proの日本向け製品においてビルド番号「WW_30.40.30.96」以降にした場合に楽天回線の4Gと5Gにおいて通話やSMS(パートナー回線含む)、データ通信だけでなく、緊急通報メール(ETWS)やAPN自動設定(海外/国内)、接続回線の自動切替(楽天回線⇔パートナー回線)、緊急通報などにおける高精度な位置情報測位のすべての機能が利用可能となっています。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 7」と「ZenFone 7 Pro」にAndroid 11へのOSバージョンアップを提供開始!楽天モバイルにも正式対応


SIMフリースマホ「ASUS ZenFone 7・7 Pro」がAndroid 11に!楽天回線にも対応

ASUS JAPANは15日、昨年10月に発売したSIMフリーのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 7(型番:ZS670KS)」および「ZenFone 7 Pro(型番:ZS671KS)」(ともにASUSTeK Computer製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」を含むソフトウェア更新を2021年4月15日(木)15時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新ファイルサイズは約1.1GBで、サイズが大きいため、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されます。更新後のビルド番号は「WW_30.40.30.96」。

主な更新内容は以下の通りですが、ジェスチャーナビゲーションによる操作やパフォーマンスの改善、現在地情報などの権限がより細かく設定可能になるなど、多くの新機能が使えるようになるほか、楽天モバイルの相互接続性試験(IoT)が完了し、楽天回線の5Gと4Gのネットワークでの利用が可能となるということです。

○Android 11で利用可能となる主な新機能
1)「メディアコントロール」に新しい機能が追加:動画や音楽を再生すると、クイック設定パネルに「メディアコントロール」が表示されます。Android 11では音楽や動画のコントロールボタンとして再生/停止、スキップが表示されるほか、音声の出力先(内蔵スピーカーやBluetoothイヤホンなど)を簡単に変更することができるようになりました。
2)機内モード使用時にBluetoothが強制切断されないように変更:Android 10までは、Bluetoothを使用中に機内モードをオンにするとBluetoothが強制的に切断される仕様でしたが、Android 11からは、Bluetoothを接続している状態で機内モードをオンにしても、Bluetoothが強制的に切断されずにそのまま利用することが可能になりました。
3)「ワンタイム・パーミッション」に新しい設定が追加:アプリがGPSなどの位置情報にアクセスする際に「アプリ使用時のみ」がAndroid 10から追加されましたが、Android 11では「今回のみ許可する」が追加され「アプリ使用時のみ/今回のみ/許可しない」の3択からアクセス許可を選択できるようになりました。
4)「サイレント通知」機能に新しいオプションが追加:Android 10から追加された「サイレント通知」機能は、Android 11からサイレント通知を非表示にできるオプションが新規追加、さらにサイレント通知の通知履歴を確認することも可能になりました。


続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 7」や「ZenFone 7 Pro」、「ROG Phone 3」をそれぞれ1万1000円値下げ!8万3380円からに


SIMフリースマホ「ASUS ZenFone 7・7 Pro」と「ROG Phone 3」が値下げ!

ASUS JAPANは19日、昨年9〜10月に発売した高性能なSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 7(型番:ZS670KS)」および「ZenFone 7 Pro(型番:ZS671KS)」、「ROG Phone 3(型番:ZS661KS)」の12GB内蔵メモリー(RAM)モデル(ともにASUSTeK Computer製)を2021年2月19日(金)よりそれぞれ税抜10,000円(税込11,000円)値下げするとお知らせしています。

これにより、ZenFone 7 Pro(型番:ZS671KS-BK256S8およびZS671KS-WH256S8)は税抜99,800円(税込109,780円)から税抜89,800円(税込98,780円)、ZenFone 7(型番:ZS670KS-ZS670KS-BK128S8およびZS670KS-WH128S8)は税抜85,800円(税込94,380円)から税抜75,800円(税込83,380円)、ROG Phone 3(型番:ZS661KS-BK512R12)は税抜109,800円(税込120,780円)から税抜99,800円(税込109,780円)となっています。

すでに公式Webショップ「ASUS Store」では値下げ後の価格となっているほか、Amazon.co.jpやヨドバシ.com、ビックカメラ.comなどでも値下げされており、これらではさらに1%ポイント還元となっています。なお、ROG Phone 3の12GB RAMモデルは昨年12月にも税抜10,000円値下げされており、発売時から合計税抜20,000円が値下げされたことになります。

続きを読む

フリップトリプルカメラは楽しいも本格活用は難しい!?SIMフリースマホ「ZenFone 7・7 Pro」のカメラ機能を試してみた【レビュー】


フリップトリプルカメラ搭載のSIMフリースマホ「ZenFone 7 Pro」で写真を撮ってきた!

既報通り、ASUS JAPANがフリップ式のトリプルカメラを搭載した新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 7(型番:ZS670KS)」および「ZenFone 7 Pro(型番:ZS671KS)」(ともにASUSTeK Computer製)を日本にて10月23日に発売しました。

価格はオープンながら希望小売価格および公式Webショップ「ASUS Store」ではZenFone 7が税抜85,800円(税込94,380円)、ZenFone 7 Proが税抜99,800円(税込109,780円)で、ASUS Store以外にも量販店やECサイトに加え、仮想移動体通信事業者(MVNO)からも販売されてます。なお、各販路ともにSIMフリーモデルとなっており、海外モデルとハードウェアは共通で、防水やおサイフケータイ(FeliCa)には対応しません。

両機種の違いはZenFone 7はSnapdragon 865および128GB内蔵ストレージ、光学手ブレ補正(OIS)非対応、ZenFone 7 ProはSnapdragon 865 Plusおよび256GB内蔵ストレージ、OIS対応となっており、両機種ともに内蔵メモリー(RAM)は8GBを搭載し、本体カラーも共通してオーロラブラックおよびパステルホワイトの2色展開となっています。

これまでにZenFone 7およびZenFone 7 Proの開封レポートとして外観や同梱品などのパッケージ(箱)を紹介しましたが、今回はZenFone 7 Proを使ってカメラ撮影をしてきましたので、軽くではありますが、撮影した写真も交えて紹介したいと思います。

続きを読む

フリップトリプルカメラ搭載のSIMフリースマホ「ZenFone 7・7 Pro」をファーストインプレッション!外観や基本機能などを紹介【レビュー】


新フラッグシップスマホ「ZenFone 7」と「ZenFone 7 Pro」を写真でチェック!

既報通り、ASUS JAPANがトリプルフリップカメラを搭載した新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 7(型番:ZS670KS)」および「ZenFone 7 Pro(型番:ZS671KS)」(ともにASUSTeK Computer製)を日本にて10月23日に発売しました。

価格はオープンながら希望小売価格および公式Webショップ「ASUS Store」ではZenFone 7が税抜85,800円(税込94,380円)、ZenFone 7 Proが税抜99,800円(税込109,780円)で、ASUS Store以外にも量販店やECサイトに加え、仮想移動体通信事業者(MVNO)として「IIJmio」や「エキサイトモバイル」、「goo Simseller」、「NifMo」、「LinksMate」にて販売されます。

なお、両機種の違いはZenFone 7はSnapdragon 865および128GB内蔵ストレージ、光学手ブレ補正(OIS)非対応、ZenFone 7 ProはSnapdragon 865 Plusおよび256GB内蔵ストレージ、OIS対応となっており、両機種ともに内蔵メモリー(RAM)は8GBを搭載し、本体カラーも共通してオーロラブラックおよびパステルホワイトの2色展開となっています。今回はそんなZenFone 7とZenFone 7 Proを写真や動画を交えて紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。