S-MAX

LINE、トークで使えるLINEスタンプに「ピングー」「かいけつゾロリ」「シュガーバニーズ」「西原理恵子 煮え煮え編」「エドワード スペシャル」の5種類を追加

a2c24f59.jpg
5種類の新スタンプが登場!

LINE Corp.は26日、無料で音声通話やメールができるソーシャルアプリ「LINE(ライン)」のトークで利用できるスタンプに新しく「ピングー」「かいけつゾロリ」「シュガーバニーズ」「西原理恵子 煮え煮え編」「エドワード スペシャル」の5種類を追加したとお知らせしています。

これまでにもさまざまなキャラクターが配信されている「LINEスタンプ」ですが、今回新たに配信された5種類のスタンプは、利用期限なしの170円スタンプとなっています。今回も欲しくなるスタンプが盛りだくさんですね!

続きを読む

LINEが大幅バージョンアップ!ビデオ通話機能を“世界同時公開”――さらに最長10秒の動画を撮影・共有できる「Snap Movie」をiPhone版で先行対応


LINEに新たな楽しみが誕生!

LINE Corp.は24日、無料で音声通話やメールができるソーシャルアプリ「LINE(ライン)」の最新バージョン(Android向けがVersion 3.9.1、iOS向けがVersion 3.9.0)を公開し、ビデオ通話機能を世界同時公開したとお知らせしています。

また、今回のバージョンアップで、最長10秒間の動画を撮影・共有できる「Snap Movie」機能をiPhone向けアプリにて先行対応しています。なお、Android向けアプリでも今後対応予定となっています。

続きを読む

買っていない人も中身が気になる!?初音ミクとコラボしたドコモスマホ「Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E」を開封して同梱品をチェックしてみた【レビュー】


初音ミクコラボレーションモデルの箱の中は!?

NTTドコモは、ボーカロイドのキャラクター「初音ミク」とコラボレーションしたAndroidスマートフォン「Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2013年9月18日(水)から発売開始しました。

残念ながら筆者は、Web事前抽選予約で落選し、購入するにいたらなかったものの、製品版をお借りすることができたので、所持者立会いの下に開封の儀を行いましたので、その模様をレポートとして紹介します。

続きを読む

ソニー、Androidウォークマンに高音質を追求したパーツ採用の高級モデル「Walkman NW-ZX1」を発表!12月7日に発売


ゼロから始めるスマートフォン

ソニーは25日、Android搭載ウォークマンの新モデルとして、高音質を追求したパーツを採用した高級モデル「Walkman NW-ZX1」を発表しています。発売は2013年12月7日(土)。市場想定価格は75,000円前後。

同日に発表した「Walkman NW-F880シリーズ」の強化版とも言える製品。ハイレゾ音源の再生に対応したフルデジタルアンプ「S-master HX」や、圧縮音源をCD以上の高音質にアップグレードする「DSEE HX」の搭載など共通の進化を遂げつつ、さらなる高音質を実現するために、音質に関わる電気部品の選定および電気回路のレイアウトが最適化されています。

続きを読む

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクモバイル、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線で9月30日始発から携帯電話サービスを提供開始!御堂筋線および四つ橋線でもエリア拡大


長堀鶴見緑地線蒲生四丁目駅~門真南駅区間がエリア化!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話会社3社は25日、各社の携帯電話サービスエリアの品質改善を目的に「大阪市営地下鉄」において共同でエリア整備を進めており、今回新たに長堀鶴見緑地線における「蒲生四丁目駅~門真南駅」区間において2013年9月30日(月)始発から携帯電話サービスの提供を開始すると発表しています。

また、すでに一部区間でサービスを提供している御堂筋線および四つ橋線においてもサービスエリアを拡大し、御堂筋線においては全区間でサービスを利用可能となるとしています。

これによって、当区間において、駅構内だけではなく、駅間のトンネル内においてもインターネット接続およびEメールの送受信ができるようになります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。