S-MAX

BungBungame、5.8インチWQHDディスプレイやオクタコアCPU、3GBメモリーなどの超ハイスペックスマホ「Project S」の開発プロジェクトと資金募集を開始!日本向けにおサイフ対応も


BungBungameが超ハイスペックスマホ「Project S」の開発プロジェクトが開始!

BungBungame(バンバンゲーム)が大画面&高解像度の5.8インチWQHD(1440×2560ドット)ディスプレイ(506ppi)やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)、防水・防塵などを搭載した超ハイスペックスマートフォン「Project S」の開発プロジェクトと資金募集を開始したとクラウドファウンディングサービス「indiegogo」にて発表されています。

資金募集は、開発・量産化のための資金として500万ドル(約5億円)が募集され、資金が集まって量産化された場合には、299ドル(約3万円)以上の資金提供でProject Sを手に入れることができるとのこと。

また、BungBungameは台湾メーカーですが、日本支社もあり、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも今年10月に開催された総合展示会「ITpro EXPO 2013」にてオリジナルタブレット「KALOS」を出展していることをお伝えしていますが、Project Sについても日本国内向けにおサイフケータイ(Felica)に対応させるとしています。

続きを読む

イー・アクセス、名古屋市営地下鉄全6路線・全駅におけるイー・モバイルのエリア化を完了!11月15日から提供開始


名古屋市営地下鉄全6路線・全駅におけるイー・モバイルのエリア化を完了!写真はWikipediaから

イー・アクセスは15日、名古屋市が運営している「名古屋市営地下鉄」の桜通線において携帯電話サービス「EMOBILE(イー・モバイル)」の提供エリアを拡大したとお知らせしています。

これにより、名古屋市営地下鉄の全地下駅構内のイー・モバイルのエリア化が完了し、2013年11月15日(金)から利用できるようになったとしています。

続きを読む

世界に一つだけ!宮城県南三陸町の森林の間伐材で作られた「森林保全クレジット付ドコモダケケータイホルダー02」を購入してみた【レビュー】

holder_top
世界に二つと無い木目模様のケータイホルダー

既報通り、NTTドコモは、「東日本大震災」の復興支援ならびに、ユーザー参加型の森林保全活動の第2段として、宮城県南三陸町町有林の間伐材(杉)を使った「森林保全クレジット付ドコモダケマルチスタンド&カレンダー01」と「森林保全クレジット付ドコモダケケータイホルダー02」を全国のドコモショップおよびドコモオンラインショップにて2013年11月8日(金)より販売開始しました。

今回、筆者は、このうちの森林保全クレジット付ドコモダケケータイホルダー02を入手したので、どのような物かを紹介します。

続きを読む

日本通信、通話専用のケータイ向けSIMカードパッケージ「携帯電話SIM」を11月23日に発売開始!3種類のプランで1355円(無料通話1365円分含む)から


日本通信が通話専用のケータイ向けSIMカードパッケージ「携帯電話SIM」を11月23日に発売開始!

日本通信は18日、NTTドコモのFOMA(3G、W-CDMA)網を借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)としてサービスを行う通話専用のケータイ(フィーチャーフォン)向けSIMパッケージ「携帯電話SIM」を2013年11月23日(土)に発売開始すると発表しています。

通話プランが3種類(S、M、L)あり、全プランがはじめに購入するときにはパッケージ料金(初期費用など含む)が3,150円で、通話プランSが月額1,355円(無料通話1,365円分含む)、通話プランMが月額2,405円(無料通話2,835円分含む)、通話プランLが月額3896円(無料通話5,250円分含む)となっています。

それぞれ標準SIMカード(ドコモUIMカード)サイズとmicroSIMカード(ドコモminiUIMカード)サイズが用意されます。

続きを読む

イー・モバイルで購入したのにサービスはソフトバンクモバイル? Nexus 5発売で注目を集める「EMOBILE 4G-S」の実態【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】

イー・モバイルで買ったNexus 5に「SOFTBANK」?

今月15日にイー・アクセス(イー・モバイル)から販売が開始されたGoogleブランドのスマートフォン「Nexus 5」(LGエレクトロニクス製)。イー・モバイルから購入する場合は「EMOBILE 4G-S」と呼ばれる同社の通信サービスを同時に契約することになりますが、このサービスは実際にはソフトバンクモバイルが提供しているため、あちこちにソフトバンクの姿が見え隠れしています。

そこで、今回の連載「スマホのちょっと深いとこ」では、イー・モバイルであってイー・モバイルのサービスではないこの「EMOBILE 4G-S」について、ソフトバンクモバイルとの関連性に注目しながらその実態を紹介していきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。