Xperia XZのau版はどうなってる!?写真でチェックしてきました!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は18日、au向け「2016年冬モデル」として新しいAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を搭載したスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ SOV34」(ソニーモバイルコミュニケーション製)を発表しました。

ソニーブランドの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ」は今年になって新たに投入された「Xperia X」シリーズにおける最上位モデル(今夏モデル「Xperia X Performance SOV33」はあくまでXperia Xの派生モデルという立ち位置)で、フラグシップに相応しい高いスペックを持っています。

特に新たに色を識別するための「RGBC-IRセンサー」が追加されて"トリプルセンサー"となり、さらにスマホとしては世界初の5軸手ぶれ補正に対応したリアカメラが特長です。また外観も高純度メタルボディーによる滑らかで一体感のあるデザインとなっています。

発売時期は2016年11月上旬を予定し、価格は本体価格が73,440円、実質負担額で新規契約および機種変更なら37,800円から、他社から乗り換え(MNP)なら16,200円からとなっています(すべて税込)。

今回はさっそく先行展示を実施している旗艦店「au SHINJUKU」(東京・新宿)にてXperia XZ SOV34をタッチ&トライしてきましたので、実際に実機の外観や操作などを試してきました模様を写真と動画で紹介したいと思います。

01
Xperia XZ SOV34の表面と背面

Xperia XZ SOV34はソニーブランドの新しいハイエンドスマホで、Xperia X世代では初のフラグシップモデルに位置付けされている製品のau版となります。Xperia XZは日本では他にNTTドコモから「Xperia XZ SO-01J」とSoftBankから「Xperia XZ 601SO」がそれぞれ同時期の11月上旬に発売される予定です。

ディスプレイは約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載しており、昨冬モデル「Xperia Z5 SOV32」と同じ画面サイズ・解像度となっています。Xperia X Performanceが5インチサイズだったので、どちらかというと「Xperia Z5」の後継機種といったところでしょう。

チップセットはXperia X Performanceとは同じながらXperia Z5より高性能になったQualcomm製64bit対応クアッドコアCPU「Snapdragon 820(MSM8996)(2.2GHzデュアルコア+1.6GHzデュアルコア)を搭載、内蔵メモリー(RAM)は3GB、内蔵ストレージは32GBとなっています。

サイズは横幅が約72mm、高さが約146mm、厚さは約8.1mmで、重量は約161g。本体カラーのバリエーションはフォレストブルーおよびミネラルブラック、プラチナ、ディープピンクの全4色。

表面には約5.2インチフルHDディスプレイや通知LED、近接センサー、照度センサー、約1320万画素裏面照射積層型CMOS「Exmor RS for mobile」フロントカメラ、スピーカー2基(ディスプレイ上下に配置)、NFCおよびFeliCa通信用センサー(通知LEDとインカメラの中間位置へ配置)があります。

背面には約2300万画素裏面照射積層型CMOS「Exmor RS for mobile」リアカメラとレーザーオートフォーカス用赤外線センサー、RGBC-IRセンサー、撮影用フラッシュライトが配置されています。

02
カメラと各種センサーは背面左上にまとまって配置されています。

また、前機種のXperia X Performance SOV33と同様に背面の下部のみ、アンテナ用の電波感度維持のため、金属ではなく樹脂材質になっています。ただし、Xperia X Performanceでは海外版ではこの部分がなかったものの、Xperia XZでは海外版も同様の仕様になっています。

10
全色の背面を並べたところ。樹脂部分はプラチナが最も目立ちやすい

持った感触としてはツヤのないマットなメタルボディーで、思っていたより手から滑り落ちにくい感触でした。ただし、プラチナは鏡面加工こそないものの昨冬モデルのXperia Z5の上位モデル「Xperia Z5 Premium」のクロームに近い感触で、他のカラーのものよりやや滑りのある手触りとなっています。

03
Xperia XZ SOV34の上側面と下側面

本体上側には3.5mmイヤホンマイク端子とノイズキャンセリングなど用のサブマイクがあります。本体下側には通話用マイクと国内向けXperiaでは初搭載となるUSB Type-C端子が配置されています。

USB Type-C端子はQualcommが策定する「Quick Charge 3.0」規格の急速充電に対応しているほか、これまでのXperiaと同様にさまざまな機器との接続が可能となっています。

バッテリー容量は2900mAhの内蔵タイプで取出不可。連続待ち受け時間は約660時間(4G LTE・WiMAX 2+)、連続通話時間は約1630分(VoLTE通話時)となっています。

04
Xperia XZ SOV34の左右側面

左側面にはau ICカード(SIMカード)およびmicroSDカードスロットがあります。カードスロットはSIMスロット取り出しピンの不要なタイプで、手のツメを引っかけて蓋を開けることでトレーを引き出すことができます。

05
カードスロットのトレーを取り出したところ

右側面には指紋センサーを兼ねた電源キー、音量上下キー、カメラ・シャッターキーがあります。こちらもこれまでのXperiaと同様にカメラキーはカメラアプリの起動やシャッター(撮影)ボタン機能が割り振られています。

06
すっかりお馴染みになった側面の指紋センサー兼電源キー

au ICカードのサイズはnanoSIMカードサイズ(4FF)で、microSDカードは256GBまでのmicroSDXCカードに対応しています。

070809
Androidのバージョンおよび初期状態の内蔵ストレージ・内蔵メモリー

展示されていたAndroidのバージョンは6.0.1(開発コード名:Marshmallow)となっています。なお、すでにauから公式に最新バージョン「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのアップデート予定であることが案内されています。

RAMが初期状態で1.8GB使用と若干多めに使われていますが、バックグラウンドで動いているキャリアサービスの機能が多く見られたので、不要なものを停止させていけばもう少し余裕を持たせられるかと思います。また展示機ということで、デモ用のアプリなども動作しているかもしれません。

モバイルネットワーク以外の通信機能としては、無線LAN(Wi-Fi)がIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(テザリング機能は最大10台まで接続可能)、Bluetooth 4.2、NFC Type A/Bに対応。その他の機能としてはテレビ機能(ワンセグ・フルセグ)やおサイフケータイ(FeliCa)、緊急速報、IPX5・IPX8相当の防水およびIP6X相当の防塵機能、STAMINAおよび緊急省電力モードに対応しています。

1112
レーザーオートフォーカスに5軸手ぶれ補正で大きく進化したカメラ機能

Xperia XZはXperiaでは初となるレーザーAFセンサーとRGBC-IRセンサー(撮影時の光源を認識・調整し、被写体の色合いを正確に再現するためのセンサー)を新たに搭載しました。この2つのセンサーにメインカメラのCMOSセンサーを組み合わせたトリプルセンサーによって従来のモデルよりもより鮮やかに正確に撮影ができるようになりました。

また前述通り、スマホとしては世界発搭載となる5軸手ぶれ補正機能により、手ぶれの影響の出やすいマクロ(近接)撮影でもブレの抑えた美しい写真を撮影できます。

その他にも、ウォークマンで培われた機能と技術を投入し、ハイレゾ再生+デジタルノイズキャンセリング機能やMP3などの圧縮音源のアップスケーリング機能を搭載しており、高音質な音楽再生を楽しむこともできます。

さらにソニーが開発したハイレゾ・オーディオ伝送技術「LDAC」も対応し、LDAC機能対応のワイヤレススピーカーやヘッドフォンを利用することで、ワイヤレス環境でもハイレゾ相当の音楽視聴が可能となっています。

10月19日から発売日前日までに予約して購入すると、au WALLET プリペイドカードに3,240円分がもれなくチャージされる「Xperia XZ 予約キャンペーン」が開催中です。必ずもらえるキャンペーンなので、購入を考えている人は必ず登録しておきましょう!

高品質なメタルボディーとさらに強化されたカメラやオーディオ機能などの魅力が詰まったXperia新モデルのXperia XZ SOV34はやはり人気のXperiaシリーズの最新フラッグシップモデルということで注目度が高そうです。

それでは、最後にXperia XZ SOV34を実際に操作しているところを動画で用意いたしましたのでご覧ください。

【au向けスマホ「Xperia XZ SOV34」を実際に操作しているところの紹介ムービー】

動画リンク:https://youtu.be/-EKOR9Gzyx4



記事執筆者:河童丸


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Xperia XZ 関連記事一覧 - S-MAX
Xperia XZ SOV34 関連記事一覧 - S-MAX