S-MAX

2017年06月

トリニティのSIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」と「NuAns NEO」を比べてみた!AndroidとWindows 10 Mobileの違いだけでなく、かなりバージョンアップしてる【レビュー】


SIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」と「NuAns NEO」を比べてみた!

トリニティから6月9日に発売されたおサイフケータイ(FeliCa)にも対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「NuAns NEO [Reloaded](型番:NA-CORE2-JP)」。前回の購入&開封レポートから少し間が空いてしましましたが、今回は前機種のWindows 10 Mobileを搭載した初代「NuAns NEO」と比較してみたいと思います。

そもそもNuAns NEO [Reloaded]とNuAns NEOはOSがWindows 10 MobileからAndroidになって各種仕様がFeliCaだけでなく、指紋センサーによる生体認証が追加され、ディスプレイやカメラ、CPUなども各々向上していますが、外観はほぼ同じではあります。

ほぼ同じではありますが、細かな点でNuAns NEO [Reloaded]は初代から変化しており、そういった点も含めて紹介していきます。とはいえ、デザインはほぼ変えずに背面カバーの「TWOTONE」と「FLIP」が共通で使えてというのはとても良いですね!

続きを読む

WannaCryの偽スキャンアプリが「Google Playストア」に登場!そもそも現時点でAndroid向けWannaCryはなく、広告目的のアドウェア


WannaCryの偽スキャナーアプリが「Google Playストア」に登場……。

Windowsをターゲットとしたランサムウェア「WannaCry」が世界的に感染したというニュースが流れてから、そこまで日が経っていませんが、そんなWannaCryをスキャンできると騙るAndroid向けアプリが「Google Playストア」に登場しました。

ウイルススキャンアプリなどを提供するセキュリティー関連会社のMcAfeeでは5月23日(現地時間)にGoogle PlayストアにてWannaCryをスキャンできるとするアプリ「WannaCry Ransomware Protection」が公開されていると報告しています。

WannaCry Ransomware Protectionは、WannaCryの感染を防ぐと騙っていますが、そもそもAndroid向けのWannaCryは現時点で存在していないとされており、そのため偽スキャンアプリはとなります。なお、すでにこのアプリはGoogle Playストアからは削除されています。

続きを読む

KDDI、auのスマホなどの機種におけるSIMロック解除の受付条件を8月1日より順次変更!12月1日からは一括購入なら即解除可能になる一方、中古購入の機種は解除不可に


auのSIMロック解除の受付条件が順次変更!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は30日、2015年4月23日以降にauから発売した機種の「SIMロック解除」についての手続きに関して受付条件を2017年8月1日(火)より段階的に変更するとお知らせしています。

まず2017年8月1日より分割払いで機種を購入した場合に購入日から101日目以降より手続きが可能になり、さらに2017年12月1日からは一括払いで機種を購入した場合に支払確認後より手続きが可能となります。

また12月1日からは他にもこれまで対応していなかった以前にSIMロック解除手続きの実績がある場合に前回の手続きから101日目以降であれば購入日からの日数に関わらずSIMロック解除が行えるようになるとのこと。

一方、現在はできている中古で購入した機種をSIMロック解除できる点について12月1日以降はSIMロック解除手続きが「契約者本人の購入履歴がある場合」に限られるようになるのでできなくなります。

続きを読む

MVNOによる携帯電話サービス「mineo」にて「いきなり2倍 ! 紹介キャンペーン」と「いきなり!端末限定サマーキャンペーン」が開始。再び紹介元と紹介先にギフト券2千円分プレゼント


mineoで「いきなり2倍 ! 紹介キャンペーン」と「いきなり!端末限定サマーキャンペーン」がスタート!

ケイ・オプティコムは30日、同社がNTTドコモやauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )において「いきなり2倍 ! 紹介キャンペーン」と「いきなり!端末限定サマーキャンペーン」の2つのキャンペーンを同時に開始すると発表しています。

キャンペーン期間はともに2017年7月1日(土)から8月31日(木)まで。いきなり2倍 ! 紹介キャンペーンは従来実施されていた「倍増!紹介キャンペーン」と同等で紹介した人と紹介された人にそれぞれAmazonギフト券2,000円分がプレゼントされるというもの。

またいきなり!端末限定サマーキャンペーンは対象機種「arrows M03」および「ZenFone 3」をmineoの新規契約とセットで購入した場合にAmazonギフト券5,000円分がプレゼントされるとのこと。なお、arrows M03についてはさらに先着1000人に5,000円分増額したAmazonギフト券10,000円分が贈呈されるということです。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL・ZS550KL」とタブレット「ZenPad 10 Z300M」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを7月3日15時より順次実施


エイスースのスマホ「ZenFone 3 Deluxe」とタブレット「ZenPad 10」がAndroid 7.0に!

ASUS JAPANは30日、同社が販売しているSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL・ZS550KL)」およびSIMフリータブレット「ZenPad 10(型番:Z300M)」(ともにASUSTeK Computer製)の2機種に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年7月3日(月)15時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新提供開始時期はZenFone 3 Deluxe ZS570KLが7月3日(月)15時より順次、ZenFone 3 Deluxe ZS550KLが7月5日(水)15時より順次、ZenPad 10 Z300Mが7月6日(木)15時より順次となっています。

更新はスマホ・タブレットの本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または3G/LTE回線でOTAによる方法が用意されており、更新後のビルド番号はZenFone 3 Deluxe ZS570KLが「JP_5.15.44.2469_20170614」、ZenFone 3 Deluxe ZS550KLが「JP_24.40.140.33_20170601」、ZenPad 10 Z300Mが「JP_V5.3.11_20170614」。

更新によってアプリを2つ同時に画面表示することが可能な「マルチウインドウ機能」やモバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能な「データセーバー機能」など、多くの新機能が使えるようになります。主な変更点は以下の通り。

Android 7.0で利用可能となる主な機能:
・マルチウインドウ機能:マルチタスクボタンを押下後、2画面表示したいアプリを長押しし画面上部へ移動するか、クイック設定から「マルチウインドウ」ボタンの押下で、1つの画面に2つのアプリを表示することが可能※です。
※機能をサポートするアプリのみ有効
・データセーバー機能:ON/OFFがえらべ、ONにした場合、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能になるほか、ユーザー自身の操作によって発生するデータ通信量も節約を行います。この設定はアプリ単位で適用が可能です。
・新しいSNSメッセージが届いた際、SNSアプリを開かずとも、通知領域に表示されたお知らせからすぐに返信が可能です。
・画面の表示サイズ(DPI)の切替が可能に:画面全体の表示を拡大・縮小することが可能です。
・表示言語の切替えや変更をより簡単に:表示言語の切替えが容易になりました。これまですべての言語一覧から目的の言語を探し、選択していたものが、そのひとつ前の階層へ任意の言語を登録でき、すぐに選択が可能です。
・アプリ単位でマナーモード表示が可能に:新着情報がある際に、通知音・バイブレーションなしで、通知アイコンのみ表示することがアプリごとに設定可能になりました。


続きを読む

スマホで気軽にEFレンズ選びができるカタログアプリ「EOS/EF SYSTEM」がリリース予定!従来のiPad専用が好評で、パワーアップしてiPhoneやAndroidでも利用可能に


スマホで気軽にEFレンズ選びができるアプリ「EOS/EF SYSTEM」がリリース予定!

キヤノンは29日、同社の一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ用交換レンズ「EF LENS(以下、EFレンズ)」をスマートフォン(スマホ)やタブレットから選ぶことができるアプリ「EOS/EF SYSTEM」を2017年7月下旬にリリースすると発表しています。

対応OSはAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)以降およびiOS 9.0以降で、利用料は無料。いわゆるEFレンズのカタログアプリで、検索したレンズを公式Webストア「キヤノンオンラインショップ」でスムーズに購入も行えるということです。

続きを読む

GoogleのSNSサービス「Google+」がひっそりと6周年を迎える!Facebookは利用者が20億人突破など、ライバルと比べると厳しい状況に


GoogleのSNSサービス「Google+」が6周年!

GoogleのSNSサービス「Google+」が6月28日で6周年を迎えました。現時点でGoogle+に関連する公式ブログや各種SNSアカウントでは特に6周年を祝うような投稿は見られず、ひっそりと迎えています。

サービスを開始した2011年6月28日当初はクローズドベータ版のような位置付けで招待制となっており、その後、2011年9月20日に一般開放され、今のような誰でも登録できるサービスとなっています。

続きを読む

ファーウェイ、約1万円の低価格なAndroidタブレット「HUAWEI MediaPad T3 7」を7月7日に発売!Wi-Fiモデルのみで、より安価な法人向けも用意


安価な7インチAndroidタブレット「HUAWEI MediaPad T3 7」が発売!

華為技術日本(以下、ファーウェイ)は29日、実売約1万円の低価格なAndroidタブレット「HUAWEI MediaPad T3 7」(Huawei Technologies製)を2017年7月7日(金)に発売すると発表しています。

Wi-Fiモデルのみですが、コンシューマーモデルおよび法人モデルが用意され、コンシューマーモデルの価格はオープンながら市場想定価格が税抜11,800円(税込12,744円)。

続きを読む

台湾に行くならぜひ訪れたいスポット「三創生活園區」と「光華商場」を紹介!GalaxyやASUSなどの多くのスマホを含むデジタル製品が集う【レポート】


デジタル製品が一挙に集まる注目スポット「三創生活園區」と「光華商場」を紹介!

LCC(格安航空会社)の普及によって最近では地方からでも短期での訪問が容易になりつつある台湾。筆者もちょうど2017円6月初旬まで開催されていたイベント「COMPUTEX TAIPEI 2017」取材のため、台湾を訪問したばかり。

しかし気がつけば最近では、こういった大きな目的がなくとも2~3ヶ月に1度のペースで台湾を訪れるようになりました。

その理由、すなわち“惹きつけられる魅力”はいくつかありますが、中でも毎回欠かさないのが「日本では未発売のスマートフォン(スマホ)やデジタル製品がチェックできる」ということ。

そしてこの目的を果たすため、旅程に関わらず必ず足を運ぶスポットがデジタル製品が集結している「三創生活園區(Syntrend)」および「光華商場」です。

今回は当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」の読者であれば間違いなく興味を持つであろう三創生活園區と光華商場について、写真を絡めながら紹介していきます。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBankの3G・4GケータイにMNP・番号移行すると3年間月額1080円割引するキャンペーン「ガラケー通話し放題割」を6月30日より実施!ワイモバイルのケータイ&PHSも対象


SoftBankがキャンペーン「ガラケー通話し放題割」をスタート!

ソフトバンクは29日、他社ケータイなどから携帯電話ブランド「SoftBank」における4Gケータイ・3Gケータイに乗り換え(MNP)もしくは番号移行する場合に3年間1,080円/月(税込)の割引を受けられるキャンペーン「ガラケー通話し放題割」を2017年6月30日(金)より開始すると発表しています。

通話定額基本料(ケータイ)から割り引きすることで、24時間すべての国内通話が無料となるプランが月額1,620円(税込)から利用可能です。さらに一部の機種は本体代金も実質負担額0円となるとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。