S-MAX

2017年10月

鮮やかな“赤”がまぶしい!大人気のNTTドコモ向けプレミアムスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」の新色「Rosso」を写真と動画で紹介【レポート】


NTTドコモから“真っ赤”なプレミアムスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」が登場!

既報通り、NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.5インチの4K HDR(2160×3840ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileやクアッドコアCPU、Motion Eyeカメラなどを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium SO-04J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の新色「Rosso」を発表しました。

発売日は10月27日となっており、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約受付中で、価格(税込)は既存色と同じ本体代93,960円、実質負担額で新規契約および機種変更で39,528円、他社から乗り換え(MNP)で15,552円となっています。

またドコモオンラインショップでは10月25日(水)10時以降に購入手続きが開始され、予約順に在庫が確保されて購入手続きが可能となりますが、出荷順は予約順ではなく購入手続きを完了した順番となるため、発売日に手に入れるには予約だけでなく購入手続きも早く実施したほうが良いでしょう。

さらに新色Rossoの発売を記念してRosso購入者限定「Xperia XZ Premium ロッソ限定 オリジナルの赤い卓上ホルダ」を先着1万人(Aコース)または全色購入者対象「赤い商品を集めたカタログギフト50,000円相当」を抽選で500人(Bコース)にプレゼントするキャンペーンを実施します。対象購入期間は2018年1月8日(月)まで、応募期間は2018年1月14日(日)まで。

今回は発表会における展示会場でXperia XZ Premium SO-04J Rossoの実機をタッチ&トライすることができましたので、写真でチェックしていきます。なお、既存色も含めたXperia XZ Premium SO-04Jには12月以降に最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップも予定されており、製品詳細については「NTTドコモ、5.5インチ4K HDRディスプレイ搭載の最上位エクスペリアスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」に真紅の新色「Rosso」を追加!Android 8.0 Oreoで3Dクリエイターや4CAにも対応 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む

いよいよアップルの次世代スマホ「iPhone X」は10月27日16時1分より予約開始!2716mAhバッテリーや3GB RAMであることが明らかに――11月3日の発売までもうちょっと


iPhone Xのバッテリー容量やRAMが判明か?中国の認証機関より

いよいよ11月3日に発売されるAppleの次世代スマートフォン(スマホ)「iPhone X」。中国の工業情報化部(英語名:Ministry of Industry and Information Technology、中国語名:工业和信息化部)にてiPhone Xの型番「A1865」が2017年8月31日付け、型番「A1903」が2017年10月19日付けで認証されています。

認証番号はA1865が「02-8573-173093」、A1903が「02-8573-173650」。公開されている情報からともにバッテリー容量が2716mAh、CPUの最大周波数が2.4GHz、内蔵メモリー(RAM)が3GBであることが示されています。

サイズや質量はAppleが公開している仕様と若干異なりますが、これまでにも中国MIITで公開されている既存のiPhoneシリーズについても「iPhone 8」(型番:A1907)が1821mAhと、実際に分解して判明した容量と合致していることから恐らくiPhone Xについても正しいと見られます。

続きを読む

NTTドコモおよびau、SoftBankがソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」を予約受付中!気になる各社での価格をまとめて紹介


最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」のdocomoとau、SoftBankの価格をチェック!

ソニーモバイルコミュニケーションズから日本でも11月上旬以降に販売開始される最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1」。新たにHDRに対応した約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶に加え、最新ハイエンドチップセット「Snapdragon 835」を搭載し、外観も従来までの「Xperia」シリーズを踏襲したまさに王道を征く製品となっています。

現時点ではNTTドコモ向け「Xperia XZ1 SO-01K」およびSoftBank向け「Xperia XZ1 701SO」が11月上旬、au向け「Xperia XZ1 SOV36」が11月中旬に発売予定となっており、すでに各社では各店頭や公式Webストアにて事前予約受付を実施しています。そこで今回は、これらの3機種についてまとめて価格(税込)を紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモのシンプルスマホ「MONO MO-01K」を写真と動画で紹介!2年間利用で実質負担額がマイナス1万円以上となる圧倒的な高コスパを実現【レポート】


NTTドコモのハイコストパフォーマンススマホ「MONO MO-01K」を紹介!

既報通り、NTTドコモは18日、都内にて今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶や3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージなどを搭載したミドルレンジクラスなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「MONO MO-01K」(ZTE製)を発表しました。

昨年末に発売された同社初のオリジナルスマホ「MONO」シリーズにおける第1弾製品「MONO MO-01J」(以下、初代)は「端末購入サポート」を適用して一括購入価格が648円(税込)という衝撃的な低価格であったことが話題となり、必要十分な性能とシンプルなデザインが好評でした。

シリーズ2代目となる今回の機種では「docomo with」の対象機種となったことでさらに値引額が進み、本体価格は25,272円(1,053円/月×24回)で、2年間利用した場合の実質負担額がマイナス13,608円(税込)となるなど、圧倒的なコストパフォーマンスを獲得しています。

当然ながら性能面でも初代からブラッシュアップされており、「性能よりもまずは価格」という層には注目の機種に仕上がっています。発表会に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので写真と動画にてご紹介します。

続きを読む

ついに発表されたNTTドコモの「2017-2018冬春モデル」を東京と名古屋の直営店で先行展示中!さっそくXperia XZ1・XZ1 CompactやGalaxy Note8、V30+などを試してきた【レポート】


ついに発表されたdocomoの2017-2018冬春モデルをひと足早く体験!

既報通り、NTTドコモは18日、今冬および来春に発売する「2017-2018冬春モデル」としてスマートフォン(スマホ)11機種とタブレット2機種の合計13機種を新たに発売することを発表しました。発売時期は機種ごとによって異なり、早い製品では10月下旬より順次販売が開始されます。

発売に先駆けて、同社では「ドコモショップ丸の内店」(東京)および「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋」(愛知)の直営の旗艦店2店舗では発表されたばかりの新製品を先行展示しています。

そこで筆者もさっそくこれらの先行展示されている新製品をドコモショップ丸の内店にて試してきたので、写真多めでご紹介します。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け次世代スマホ「iPhone X」の価格を発表!64GBが本体代13万1040円の実質5万4千円から、256GBが本体代14万9280円の実質7万2240円からに


SoftBankが話題のスマホ「iPhone X」の価格を案内!

ソフトバンクは20日、携帯電話サービス「SoftBank」向け次世代スマートフォン(スマホ)「iPhone X」(Apple製)の価格を発表しています。同社ではすでに2017年11月3日(金)に発売する案内しています。

また発売に先立ってソフトバンクショップや量販店などのSoftBankのiPhone取扱店舗および直営Webストア「ソフバンクオンラインショップ」にて10月27日(金)16時1分より事前予約受付を実施する予定となっています。

続きを読む

gooSimsellerにてSIMフリースマホなど16機種が最大1万7280円OFFの「Autumn Sale」を10月30日まで実施中!HUAWEI P10 liteやZenFone 3 Ultra・Deluxe、arrows M04などがお買い得


gooSimsellerの「Autumn Sale」で人気のSIMフリースマホなどがお安く!

NTTレゾナントは19日、同社が運営するSIMフリー製品の公式Webストア「goo SimSeller」において「Autumn Sale」を2017年10月19日(水)10時00分から10月30日(月)9時59分まで実施しています。

セールではSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite」および「HUAWEI P10 lite」、「VAIO Phone A」、「ZenFone Live ZB501KL」、「ZenFone 3 ZE520KL」、「ZenFone 3 ZE552KL」、「ZenFone 3 Max ZC520TL」、「ZenFone 3 Max ZC553KL」、「ZenFone 3 Deluxe ZS550KL」、「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL」、「ZenFone 3 Ultra ZU680KL」、「arrows M04」、「g07」、「FRONTIER PHONE FR7101AK」の14機種、タブレット「ZenPad 7 Z370KL」の1機種、モバイルWi-Fiルーター「Aterm MR05LN」の1機種の合計16機種が最大16,000円(税別)引きになっています(※税込では最大17,280円引き)。

これらのセールは本店のほか、楽天市場店やYahoo!ショッピング店でも若干対象機種が違うものの実施されており、らくらくセット以外の通常販売では「OCN モバイル ONE」のSIMカード(実際には「エントリーパッケージ」)が付属していますが、契約必須ではないため単体購入が可能です。

続きを読む

モトローラ、DSDSや指紋認証などに対応したメタルボディーの高コスパなSIMフリースマホ「Moto G5S」を10月20日より順次発売!価格は約3万円で、事前予約受付中


モトローラのSIMフリースマホ「Moto G5S」が10月20日より順次発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは19日、海外では今年8月1日に発表した高級アルミニウム素材によるメタルユニボディーながら約3万円とコストパフォーマンスの高いAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)搭載スマートフォン(スマホ)「Moto G5S」(Motorola Mobility製)を2017年10月20日(金)より順次発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場予想価格および公式Webショップ「Moto ストア」では税抜28,800円(税込31,104円)で、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われ、大手Webストア「Amazon.co.jp」などを含む一部では10月19日より事前予約受付を開始しており、Amazon.co.jpにおける販売価格は30,792円となっています。

販売される本体色はルナグレー(型番:PA7Y0009JP)およびファインゴールド(型番:PA7Y0016JP)が10月20日発売で、オックスフォードブルー(型番:PA7Y0046JP)は順次発売となり、発売日は後日案内される予定。なお、同社では携帯電話ネットワークにおける多数の周波数帯に対応したことで現時点で日本国内すべてのキャリアで使えるSIMフリーモデルだとしています。

続きを読む

NTTドコモの10インチAndroidハイエンドタブレット「arrows Tab F-02K」を写真と動画で紹介!ワコムのペン入力機能を搭載でプロの似顔絵師も納得の描き心地【レポート】


シリーズで初めてスタイラスペンが付属したハイエンドタブレット「arrows Tab F-02K」を紹介!

既報通り、NTTドコモは18日、都内にて「NTTドコモ 2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約10.1インチWQXGA(2560×1600ドット)IPS液晶や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用タブレット「arrows Tab F-02K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しました。

本機は「arrows」の名前を冠したNTTドコモ向けのタブレットシリーズとしては6代目、製造メーカーが富士通から富士通コネクテッドテクノロジーズへと移ってからは2代目となる製品です。今回の最大の特長はワコムの技術を利用した「スタイラスペン」が付属し、メモやイラストなどを快適に描けるようになった点です。

発表会に併設されたタッチ&トライコーナーでは試作機に触れることができたほか、プロの似顔絵師による即興での似顔絵体験なども行われましたので、その模様を写真や動画とともにご紹介します。なお、本機の詳細な性能などはこちらの記事を御覧ください

続きを読む

美しい曲面ガラスボディーにダブルレンズカメラが魅力!ファーウェイのSIMフリースマホ「honor 9」のプリインアプリや内蔵機能を紹介【レビュー】


積層ガラスの曲面ボディが美しいSIMフリーハイクラススマホ「honor 9」のプリインアプリをチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から10月12日に発売された新しいSIMフリースマートフォン「honor 9」は背面が積層ガラスの美しい鏡面ボディーが魅力です。

また同社のフラッグシップスマホ「HUAWEI P10」シリーズなどのようにライカ(Leica)の画像処理技術こそ搭載していませんが、HUAWEI P10と同様にリアカメラにモノクロとカラーの2つのカメラを搭載し、鮮明でくっきりとした写真が撮れるようになっています。

そんなhonor 9について今回は、まずプリインストールアプリや主な内蔵機能などを紹介していこうと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。