S-MAX

エイスース

ASUS JAPAN、6000mAhのモバイルバッテリーとして使えるDLPプロジェクター「ZenBeam E1」を2月10日に発売!価格は3万円前半に


モバイルバッテリーとしても使えるプロジェクター「ASUS ZenBeam E1」が発売!

ASUS JAPANは1日、大容量6000mAhのモバイルバッテリーとしても使える手のひらサイズのプロジェクター「ZenBeam E1」(ASUSTeK Computer製)を日本国内で2017年2月10日(金)に発売すると発表しています。価格はオープンながら市場予想価格が33,000円程度(税込)。

プロジェクターとしてはDLP式で、50ルーメン時で最大約5時間の利用が可能。HDMI端子(v1.3)にMHL対応(v2.0)のスマートフォン(スマホ)やHDMI搭載スティック型端末などから出力し、映像を投影します。

続きを読む

SIMフリースマホ「ASUS ZenFone Zoom ZX551ML」の日本向けにAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone Zoom ZX551ML」がAndroid 6.0 Marshmallowに!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)が光学3倍ズームに対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Zoom(型番:ZX551ML)」対するより新しい「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを含む日本向けソフトウェア更新を提供開始しています。

ソフトウェア更新はネットワーク経由のOTAではなく、手動でアップデートファイルをダウンロードして行う方法となっています。ファイルがダウンロードできればいいので、ZenFone Zoomでも行えると思われます。

アップデートファイルのタイムスタンプは「Mon, 23 Jan 2017 09:20:33 GMT」。更新後のビルド番号は「JP_4.21.40.209」。現時点ではASUS日本法人のASUS JAPANからはお知らせは出ていません。

続きを読む

ASUS JAPAN、約2万円で大容量4100mAhバッテリー搭載の電池持ちが良いSIMフリースマホ「ZenFone 3 Max ZC520TL」を1月14日に発売!楽天モバイルでは2千円引きに


約2万円のSIMフリースマホ「ASUS ZenFone 3 Max」が1月14日に発売!

ASUS JAPANは12日、低価格ながら大容量4100mAhバッテリーを搭載して電池持ちが良い新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Max(型番:ZC520TL)」(ASUSTeK Computer製)を2017年1月14日(土)に発売すると発表しています。

同社では1月中旬以降に発売するとお知らせしていましたが、正式に発売日が案内されました。価格もすでに発表されている通り、オープンながらメーカー希望小売価格は19,800円(税別)。公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では税込21,384円(税別19,800円)。

販売拠点はその他にも家電量販店やオンラインストア、仮想移動体通信事業者(MVNO)などとなっており、楽天モバイルやDMM mobileでも予約や販売が開始されており、楽天モバイルのオンライン販売では1月14日より出荷、店舗では1月17日から順次受付を開始すると発表し、取扱開始を記念してオンライン限定で2,000円引きの17,800円(税別)で提供するキャンペーンを実施するということです。

続きを読む

約2万円で大容量4100mAhバッテリー搭載のSIMフリースマホ「ASUS ZenFone 3 Max ZC520TL」の快適性をベンチマークと動画でチェック【レビュー】


約2万円のSIMフリースマホ「ZenFone 3 Max ZC520TL」を動画紹介とベンチマーク!

ASUS JAPANから1月中旬以降に発売が予定されているSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Max(型番:ZC520TL)」。昨年のASUSTeK Computer(以下、エイスース)の大容量バッテリー搭載モデル「ZenFone Max(型番:ZC550KL)」と同じ"Max"モデルの後継機種で、電池容量は若干少ない4100mAhとなりましたが、連続待受時間はほぼ同じ約1ヶ月となって安心のバッテリー持ちは健在です。

価格はすでに事前予約受付が実施されているASUS JAPANの公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」などでは19,800円(税別)。税込でもほぼ2万円ながら強化ガラス「Gorilla Glass 3」とメタルボディーによる質感が良くなり、またZenFone Maxよりも小さい5.2インチサイズと重さも160gとかなり軽くなりました。

そんなZenFone 3 Maxですが、一足先にASUS JAPANからお借りできたので前回は開封して外観や同梱物を紹介しました。今回はZenFone MaxからチップセットもQualcomm製からMediaTek製に変えられたということで、どの程度快適に動作するのかをベンチマークと実際に操作している動画で紹介していきたいと思います。

続きを読む

ASUS、デュアルカメラ搭載で光学ズームに対応した新スマホ「ZenFone 3 Zoom」を発表!5.5インチフルHDやSnapdragon 625などを搭載し、日本でも発売へ


ASUSが新スマホ「ZenFone 3 Zoom」を発表!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は4日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて2017年1月5日(木)から8日(日)まで開催される世界最大級のIT・家電関連イベント「2017 International CES(CES 2017)」に合わせてプレスカンファレンス「Zennovation」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Zoom(型番:ZE553KL)」および「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」を発表しています。

ZenFone 3 Zoomは背面に25mmと59mm(ともに35mm換算)の異なる焦点距離のレンズを2つ採用したデュアルレンズカメラを搭載し、光学2.3倍ズームおよびデジタルズームと合わせると最大12倍ズームに対応しています。またスマホとしては約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイや大容量5000mAhバッテリー、Snapdragon 625などを搭載。グローバル市場にて2017年2月より順次販売開始予定。

日本での発売については現時点では案内されていませんが、公式Webページのスペック情報には対応周波数帯に「TW/JP/HK/SG/PH version」という記載があり、前機種の「ZenFone Zoom」が発売されているだけに発売を期待したいところです。

続きを読む

約3万円で高コスパなSIMフリースマホ「ASUS ZenFone 3 Laser ZC551KL」のカメラ機能を試す!iPhone 7 Plusとも比較【レビュー】


約3万円で高コスパなSIMフリースマホ「ZenFone 3 Laser」のカメラをチェック!

発売日が11月26日とまだ1ヶ月も経っていないものの、早くも売れ行きが好調だというASUS JAPANが販売するSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Laser(型番:ZC551KL)」。

昨年の人気機種「ZenFone 2 Laser(型番:ZE500KL)」と同じ"Laser"モデルで、同様に価格が3万円程度でありながらフルHD(1080×1920ドット)液晶や4GB内蔵メモリー(RAM)、指紋センサーなどを搭載し、2.5Dラウンドガラスとメタル素材による質感の良い外観など、高いコストパフォーマンスで注目されています。

すでに紹介してきたように筆者もZenFone 3 Laserを購入し、これまでに開封して外観や同梱物を紹介したほか、ベンチマークと実際に操作しているところの動画によって操作性や快適性をレポートしてきました。

少し間が空きましたが、今回はそんなZenFone 3 Laserのカメラ機能ついて紹介していきたいと思います。なお、カメラ撮影については参考までに「iPhone 7 Plus」と同じ場所・時間で撮影し、ZenFone 3 Laserは撮影サイズを最大にして特に記載がない場合はそれぞれオートで撮影しています。

続きを読む

ASUSがCESに合わせて発表会「Zennovation」を2017年1月4日に開催!ズームカメラ搭載「ZenFone 3 Zoom」やGoogle Tango対応3Dカメラ搭載「ZenFone AR」の新スマホを投入か


ASUSが2017年1月4日に発表会を開催!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は19日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスにて2017年1月5日(木)から8日(日)まで開催される世界最大級のIT・家電関連イベント「2017 International CES(CES 2017)」に合わせて2017年1月4日(水)11時30分からプレスカンファレンス「Zennovation」を開催するとお知らせしています。

合わせてディザー動画を公開し、2機種の新しいスマートフォン(スマホ)を発表することを示唆しています。そのうちの1つはGoogleの3Dカメラ「Tango」に対応し、"A"をテーマとした「ZenFone AR」、もう1つが"∞"をイメージした「ZenFone Zoom」の後継機種「ZenFone 3 Zoom」だと見られています。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリーの最上位スマホ「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL」の受注を再開!ただし、予約しても出荷は1月中旬以降に


ASUS JAPANがSIMフリースマホ「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL」の受注再開!

ASUS JAPANは22日、SIMフリーの最上位フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)」(ASUSTeK Computer製)の販売を再開するとお知らせしています。ZenFone 3 Deluxe ZS570KLは当初発表時に10月下旬に発売予定とされ、予約受付を実施していましたが、予約数が想定以上だとして10月21日より予約(販売および受注)を一時停止していました。

今回、ようやく製品供給の目途が立ったため、あらためて本日12月22日より公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」などにて予約を再開しています。なお、再開分については2017年1月中旬以降の出荷を予定しているということです。価格は税別89,800円、税込96,984円。

続きを読む

約2万円で電池持ちの良いSIMフリースマホ「ZenFone 3 Max ZC520TL」を一足早く開封して同梱物や外観を写真で紹介!4100mAhバッテリー搭載のエントリーモデル【レポート】


約2万円のSIMフリースマホ「ZenFone 3 Max ZC520TL」を写真でチェック!

日本ではASUS JAPANから2017年1月中旬以降に発売予定であると発表された新しいASUSTeK Computer(以下、ASUS)製のSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Max(型番:ZC520TL)」。

同社の「ZenFone」シリーズの中においてバッテリー容量の大きな"Max"モデルの最新機種で、前機種の「ZenFone Max(型番:ZC550KL)」の5000mAhよりは少ない4100mAhと容量は少なくなったものの、省電力化などによってほぼ同じ連続待受時間などとなり、電池持ちの良さは健在。

また価格がメーカー希望小売価格で19,800円(税別)とZenFone 3シリーズでは最安となっており、すでに販売されている「ZenFon 3(型番:ZE520KL)」や「ZenFone 3 Laser(型番:ZC551KL)」のさらに下の廉価モデル、そして、これからSIMフリースマホにしようというような人向けのエントリーモデルとなっています。

今回はまだ少し発売は先ですが、一足早くASUS JAPANより日本版をお借りしたのでさっそく外観や同梱物を写真を交えて紹介したいと思います。
なお、公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では税込21,384円(税別19,800円)で事前予約受付を実施しています。

続きを読む

ASUS JAPAN、ブロガーなど向けファンイベント「ZenTour年末年始大感謝祭!」を名古屋・大阪・東京で12月19日よる順次開催!参加申込受付中で、ZenFone 3などのプレゼントも


ファンイベント「ZenTour年末年始大感謝祭!」を名古屋・大阪・東京で実際!

ASUS JAPANは14日、同社の「ZenFone」などの製品やASUSTeK Computer(以下、ASUS)そのもののファン向けのブロガーイベント「ZenTour」にたくさんのアンコールの要望があったため、2016年12月19日(月)より新たに「ASUS ZenTour年末年始大感謝祭!」を開催するとお知らせしています。

今までASUSファンに限定公開していた人気イベントのZenTourを今回初となる参加者を公開募集するとのこと。開催会場は名古屋、大阪、東京の3都市にて行います。イベント詳細および申し込みは専用フォーム( https://goo.gl/zwSYJA )にて。

当日は、ASUS社員による製品セミナーや最新機種が一同に揃うタッチ&トライ、1年の感謝を込めたZenFone 3などの豪華プレゼントなどといった盛りだくさんのコンテンツを用意しているということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。