S-MAX

スマートウォッチ

LTE対応の新スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」(Celllar+GPS)を購入したので開封してパッケージや外観、初期設定までを紹介!ワイモバイルやMVNOでは利用不可【レポート】


スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」を買ってみた!

“話題のスマホ”こと「iPhone 8」シリーズなどと同様に9月22日に発売された新しいスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」(Apple製)。今年は初の携帯電話ネットワークに対応したCellular+GPSモデルがあることからAppleだけでなく、NTTドコモやau、SoftBankといった携帯電話会社からも販売されています。

一方、このApple Watch Series 3のCellular+GPSモデルにおける携帯電話ネットワークでの通信は、日本ではこれらのNTTドコモおよびau、SoftBankの3大サービスのみでしか利用できず、それらの回線を借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)だけでなく、サブブランドの「Y!mobile」でも使えない仕様となっています。

利用料はNTTドコモが月額500円、auとSoftBankが月額350円(ともに税抜)で、各社ともにサービス開始記念で半年間無料で使えるキャンペーンを実施中。これにより、iPhone 6シリーズ以降のiPhoneとペアリングして連携させて使うことで、iPhoneと同じ電話番号で通話の発着信ができる「ワンナンバー」サービスなどが利用できます。

なお、Apple Watch Series 3にはCellular+GPSモデル以外にも従来と同じWi-FiやBlueoothに対応してiPhoneの携帯電話ネットワークを利用するGPSモデルも用意されており、それぞれのApple StoreおよびApple公式オンラインストアでの価格はすでに紹介した通りです。

今回、もしかしたらどうにかすればMVNOでも使えるんじゃないかと甘い考えの元、駄目ならNTTドコモとかで使えばいいかとAppleの公式オンラインストアでApple Watch Series 3のCellular+GPSモデルを購入したのでまずは開封して外観および初期設定などまでを紹介したいと思います。

続きを読む

LTEや3Gに対応したスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」を発表!単体利用でき、iPhoneの番号で通話可能――日本でも9月15日予約開始、9月22日発売、watchOS 4は9月19日配信


LTE対応スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」を発表!9月15日予約開始&9月22日発売

既報通り、Apple(アップル)は12日(現地時間)、新本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Special Event - Keynote September 2017」を開催し、新たにLTE方式を含む携帯電話ネットワークに対応した第3世代のスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」を発表しています。

日本を含む1次販売国・地域では2017年9月15日(金)に事前予約受付を開始し、2017年9月22日(金)に発売され、すでに日本の公式Webストア「Apple Store」では9月15日16時01分から予約開始することが案内されているほか、日本ではNTTドコモやau、 SoftBankからも販売されることが明らかにされています。

日本におけるApple Storeで案内されている価格(税別)はLTEに対応したCellular+GPSモデル(SIMフリー)が45,800円から、携帯電話ネットワークに対応しないGPSモデルが36,800円からで、既存の初代「Apple Watch」も販売が継続され、「Apple Watch Series 2」は販売終了とのこと。なお、アメリカではCellular+GPSモデルが399ドル(約44,000円)から、GPSモデルが329ドル(約36,000円)から。

また既存のApple WatchやApple Watch Series 2向けに新しいOS「watchOS 4」を2017年9月19日(火)より提供開始すると発表しています。日本時間では9月20日(水)未明(通常通りなら2時頃)で、新たに心拍センサーの機能が強化されるなどしています。

続きを読む

パーソナルトレーニング機能を重視!丸型ディスプレイのAndroid Wearスマートウォッチ「HUAWEI WATCH 2」を写真と動画で紹介【レポート】


スポーツタイプのスマートウォッチ「HUAWEI WATCH 2」が発売!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が6月9日よりOSに「Android Wear」を採用した腕時計型ウェアラブルデバイス(スマートウォッチ)「HUAWEI WATCH 2」の販売開始した。価格はオープンながら市場予想価格が34,800円(税別)。

HUAWEI WATCH 2は、初代「HUAWEI WATCH」と同様に丸型の約1.2インチAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載し、昨年発売したウェアラブル端末「HUAWEI FIT」のパーソナルトレーニング機能を併せ持つスポーツタイプのスマートウォッチだ。

主なスペックとして画面解像度390×390ドットのほか、420mAhバッテリーやBluetooth 4.1、IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、768MB内蔵メモリー(RAM)、4GB内蔵ストレージ、防水・防塵 IP658など。バッテリーは通常使用で約2日間、GPSと連続心拍データ稼働で約7時間、ウオッチモード(歩数計測時)で約3週間としている。

今回は6月6日に開催されたファーウェイ・ジャパン新製品発表会のタッチ&トライコーナーにてHUAWEI WATCH 2の実機を触ることができたので、外観や気になる特長を写真や動画を交えて紹介していく。

続きを読む

Googleの親会社であるAlphabet傘下企業が医療用スマートウォッチ「Verily Study Watch」を発表!時計サイズで常時心拍数・心電図などを計測可能


Verily Study Watchは医療を進化させる!?

Googleなどの親会社であるAlphabet傘下企業のVerilyは14日(現地時間)、スマートウォッチ「Verily Study Watch」を発表しました。

Verily Study Watchは、心拍数や心電図、皮内活動、慣性運動を測定できるセンサーを内蔵しており、利用者の生体情報をより深くロギングすることが可能とのこと。

そのため、同社では単なるデジタルガジェットではなく、医療器具であるとし、Verily Study Watchによって医療をさらに進化させる役割を担うとしています。

続きを読む

裏拳スタイルで改札通過が超快感!スマートウォッチ「Apple Watch Series 2」でSuicaなどの電子決済ができるApple Payを3ヶ月使ってみた【レビュー】


スマートウォッチ「Apple Watch」でSuicaが使える!

昨年9月に発売された腕時計型ウェアラブル端末(スマートウォッチ)「Apple Watch Series 2」(Apple製)は、iPhoneへの着信やアプリの通知を受けたり、歩行などのアクティビティーを記録できる製品の第2世代だ。

初代「Apple Watch」からの変更点としては、水深50mまでの耐水性能に対応したほか、Appleの決済サービス「Apple Pay」を単体で利用できるようにFeliCaを搭載している。

腕時計にFeliCaを搭載していると聞き、試してみたくなるのがガジェット好きの性(サガ)である。かつて7インチタブレット「MEDIAS TAB」で改札を通っていた筆者は、当然予約してほぼ発売と同時に購入した。

今回はApple Payの日本サービスインから約3ヶ月経った今、Apple Watch Series 2での使い勝手などを振り返ってみたいと思う。

続きを読む

スマホなど向け人気ゲーム「Pokémon GO」がスマートウォッチ「Apple Watch」に対応!ただし、ポケモンは捕まえられず――対応アプリの最新バージョン0.51.2・1.21.2もリリース


ポケモンGOがApple Watchに対応!

Niantic(ナイアンティック)は22日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)においてスマートウォッチ「Apple Watch」(Apple製)に対応したとお知らせしています。

Apple Watchでできることは、ゲーム内の歩数などがアクティビティーのデータとして追加されるほか、近くに出現したポケモン通知や近くにあるポケストップ通知、回すことで道具を手に入れること、タマゴをかえすためおよび相棒ポケモンがアメを見つけるために一緒に歩いた距離のカウントなど。

ただし、公式アクセサリー「Pokémon GO Plus」とは違ってポケモンを捕まえることはできないということです。なお、Apple Watchを利用するにはアプリを合わせてリリースされた最新バージョン(iOS向けはVersion 1.21.2)にする必要があります。

続きを読む

Google、スマートウォッチなどのウェアラブル向けOS「Android Wear 2.0」を発表!新デザインやキーボード入力などーー開発者向けプレビュー版を提供開始し、正式版を今秋にリリース予定


Googleがスマートウォッチ用新OS「Android Wear 2.0」を発表!

Googleは18日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2016年5月18日(水)から5月20日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2016」( https://events.google.com/io2016/ )の基調講演を行い、スマートウォッチなどのウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wear」にてこれまでで最大のアップデートを行った「Android Wear 2.0」を発表しました。

最大の変更点はキーボード入力に対応した点。基調講演ではキーボードおよび手書き入力のデモが行われていましたが、日本語に対応しているかどうかは不明。その他、デザインが刷新され、スタンドアローンアプリに対応するなどしています。

開発者向けプレビュー版( https://g.co/wearpreview )がイベント終了後より提供開始されており、対象機器は「LG Watch Urbane 2nd Edition LTE」および「Huawei Watch」で、その他にエミュレーターとなっています。なお、正式版が今秋にリリース予定だとのこと。

続きを読む

モトローラ、Android Wearスマートウォッチ「Moto 360(2nd Gen)」の国内販売を本格化!Googleストア以外でも販売し、42mmモデルも登場


ゼロから始めるスマートフォン

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は5日、Android Wear搭載スマートウォッチ「Moto 360(2nd Gen)」を日本にて2016年4月下旬に発売すると発表しました。同日より予約受付けを開始しています。市場想定価格(税抜)は37,500円~41,204円。

すでに紹介したようにMoto 360(2nd Gen)の国内販売は先月末より「Googleストア」を通じて行われていますが、今後販売が本格化され、4月下旬からは仮想移動体通信事業者(MVNO)や量販店、オンラインストアなどの各所でも販売されるようになります。

続きを読む

スマートウォッチ「Apple Watch」に新たにナイロンバンドモデルを発表!既存モデルよりも安い299ドルで販売――他にも新色を追加


スマートウォッチ「Apple Watch」がナイロンバンドで最安価格に!

Appleは21日(現地時間)、米国(アメリカ)のカルフォルニア州クパチーノにある本社キャンパスにてプレス向け発表会「Special Event」を開催し、昨年に発売した同社初のスマートウォッチ「Apple Watch」に新たにナイロン製バンドを付属させたモデル「Apple Watch Nylon」を発表しています。また、既存のバンドについても新色が追加。

価格は米国では、これまでのモデルで最も安いApple Watch Sportの349ドルよりも50ドル安い299ドル(約33,000円)。日本でも同様のアルミニウムケースとスポーツバンドの組み合わせの42,800円(税抜)よりも安い36,800円(税抜)と6,000円安くなっています。

続きを読む

カシオ計算機、MIL準拠のタフネス仕様なAndroid Wearスマートウォッチ「CASIO Smart Outdoor Watch WSD-F10」を3月25日に発売!1ヶ月以上の電池持ちで、価格は7万円に


カシオが初のAndroid Wearスマートウォッチが3月25日に発売!

カシオ計算機は17日、今年2月に発表した同社初のAndroid Wearを採用したスマートウォッチ「CASIO Smart Outdoor Watch(型番:WSD-F10)」を2016年3月25日(金)に日本および米国(アメリカ)で発売すると発表しています。

価格は70,000円(税抜)。カラーバリエーションはグリーンおよびオレンジ、ブラック、レッドの4色が用意されており、Android Wearなので、Android 4.3(開発コード名:JellyBean)以上のほか、機能は制限されるものの、iOS 8.2以降とも連携可能です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。