S-MAX

ソースネクスト

タッチパネルディスプレイを搭載して見やすく、使いやすくなった通訳機「POCKETALK W」を写真と動画で紹介!ソースネクストから9月7日に発売【レポート】


お値段据え置きで生まれ変わった通訳機POCKETALK Wを9月7日発売!

ソースネクストが都内にて「通訳機『POCKETALK(ポケトーク)』次世代モデル発表会」を7月26日に開催し、“見やすく、さらに使いやすく”生まれ変わった「POCKETALK W」を2018年9月7日(金)に発売すると発表した。

昨年12月に発売した前モデル「POCKETALK」はニュース番組だけではなく、情報・バラエティー番組でも取り上げられるようになり、個人だけではなく法人利用も好調であるという。

また同社の時価総額は、POCKETALKの発表前(2017年10月20日)が179億円であったのに対して、2018年7月25日の時点で585億円となり、約3.3倍の急成長を遂げている。

そういった中で発表された新製品のPOCKETALK Wはユーザーの意見を取り入れて、翻訳機から通訳機へ生まれ変わった製品であるとのことだ。今回はこのPOCKETALK Wの進化ポイントについて、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

2017 Japan IT Week 秋:ソースネクストが世界50言語を双方向通訳する「POCKETALK」を展示!グローバルSIM採用で世界61カ国に対応、クラウド処理による精度の高い翻訳を実現【レポート】


ソースネクストブースで世界50言語を双方向通訳する「POCKETALK(ポケトーク)」を展示!

千葉県・幕張メッセにて11月8日から10日まで開催されていたIT関連展示会の総合イベント「2017 Japan IT Week 秋」にソースネクストが出展し、世界50言語を双方向通訳するモバイルデバイス「POCKETALK(ポケトーク)」を展示しました。

12月14日からの発売を予定しており、価格は主に個人向けとなる売り切り価格で24,800円(税抜、以下同)、専用グローバルSIM同梱モデルの「POCKETALK+」が29,800円、主に法人向けとなるレンタルは月額3,000円もしくは日額300円、専用グローバルSIM同梱モデルの「POCKETALK+」が月額3,600円もしくは日額360円となっています。またSIM単体での販売価格は10,000円となっています。

すでにソースネクスト直販サイトで予約が開始されていますが、好評につき現在はブラックが2018年1月18日以降、ホワイトが2017年3月30日以降の発送予定となっています。また直販サイトでの予約特典として専用のシリコンケースが付属します。

展示会場ではタッチ&トライコーナーを設け、来場者にスタッフが丁寧に使い方や仕様を説明していました。今回は本製品の仕様や使い方などを写真や動画でご紹介します。なお、本製品の詳細な仕様などについてはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

グローバルSIMで海外でもすぐに使える!ソースネクストが発売する手のひらサイズの翻訳機「POCKETALK」を写真と動画で紹介【レポート】


世界50カ国以上の言語が双方向で翻訳できるPOCKETALKとは?

ソースネクストが都内にて「ソースネクスト新製品発表会」を10月23日に開催し、グローバルSIMで各国でも通信可能な翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)」を2017年12月14日(木)に発売すると発表した。

販売価格はPOCKETALK本体のみが24,800円、専用グローバルSIM(2年)付きが29,800円、専用グローバルSIMのみが10,000円となる(すべて税別)。カラーは「ブラック」と「ホワイト」の2色。

なお、ソースネクスト直販サイトでは、予約が好評ということで11月2日以降に予約した場合にはブラックが2018年1月18日以降、ホワイトが2017年3月30日以降の発送になることがアナウンスされている。

今回はこの手のひらサイズの翻訳機であるPOCKETALKについて写真と動画で紹介していく。

続きを読む

ソースネクストが「ロゼッタストーン」を30万本限定81%OFFの4980円で発売!今後はさまざまなデバイスで学習できるプラットフォーム化とスマート留守電のアップデートも発表【レポート】


ロゼッタストーンを4,980円で販売!

ソースネクストは4月26日に都内にて「ソースネクスト新規事業戦略発表会並びに ロゼッタストーン CEO 来日共同記者発表会」を開催し、国内独占販売権を取得した言語学習プログラム「ロゼッタストーン」を30万本限定4,980円(通常価格27,593円)で販売することを発表した。

発表では、ロゼッタストーンの国内無期限商標使用権、独占販売権およびデジタルダウンロード製品の改変権を取得したことを報告。これによって、ユーザーの要望に合わせた独自機能の企画・開発することが可能となった。あわせてアメリカ・ヴァージニア州に本社を置くロゼッタストーンを通じて世界中で販売することも可能となったという。

今回は発表会で語られた、ロゼッタストーンを軸とする今後の製品について紹介していく。なお、価格はすべて税抜。

続きを読む

iPhoneやAndroid、固定電話の留守電が文字で読める!ソースネクストがスマホなど向け新サービス「スマート留守電」を提供開始ーー剛力彩芽さんも登場した発表会を紹介【レポート】

ソースネクストの新イメージキャラクター剛力彩芽さんも登場!留守電が文字で読める

ソースネクストは23日、都内にて「ソースネクスト 新製品発表会」を開催し、留守電が文字で"読める"スマートフォン(スマホ)など向けアプリ「スマート留守電」を発表した。

スマート留守電は、これまで固定電話機の時代から使われてきた留守番電話を進化させ、スマホやパソコンなどを利用して、文字と音声で留守番電話の内容を確認できる次世代のサービスだ。発表会が行われた2016年5月23日より提供開始しており、2017年末までにユーザー数100万人をめざすという。

対応プラットフォームはAndroid 4.1(開発コード名:JellyBaen)およびiOS 9.0以降で、価格(税込)はアプリ自体は無料なものの利用料としてAndroid向けが月額290円、iOS向けが月額360円。今回は、この新しい留守番電話サービス スマート留守電の内容を紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。