S-MAX

ソースネクスト

ソースネクストが「ロゼッタストーン」を30万本限定81%OFFの4980円で発売!今後はさまざまなデバイスで学習できるプラットフォーム化とスマート留守電のアップデートも発表【レポート】


ロゼッタストーンを4,980円で販売!

ソースネクストは4月26日に都内にて「ソースネクスト新規事業戦略発表会並びに ロゼッタストーン CEO 来日共同記者発表会」を開催し、国内独占販売権を取得した言語学習プログラム「ロゼッタストーン」を30万本限定4,980円(通常価格27,593円)で販売することを発表した。

発表では、ロゼッタストーンの国内無期限商標使用権、独占販売権およびデジタルダウンロード製品の改変権を取得したことを報告。これによって、ユーザーの要望に合わせた独自機能の企画・開発することが可能となった。あわせてアメリカ・ヴァージニア州に本社を置くロゼッタストーンを通じて世界中で販売することも可能となったという。

今回は発表会で語られた、ロゼッタストーンを軸とする今後の製品について紹介していく。なお、価格はすべて税抜。

続きを読む

iPhoneやAndroid、固定電話の留守電が文字で読める!ソースネクストがスマホなど向け新サービス「スマート留守電」を提供開始ーー剛力彩芽さんも登場した発表会を紹介【レポート】

ソースネクストの新イメージキャラクター剛力彩芽さんも登場!留守電が文字で読める

ソースネクストは23日、都内にて「ソースネクスト 新製品発表会」を開催し、留守電が文字で"読める"スマートフォン(スマホ)など向けアプリ「スマート留守電」を発表した。

スマート留守電は、これまで固定電話機の時代から使われてきた留守番電話を進化させ、スマホやパソコンなどを利用して、文字と音声で留守番電話の内容を確認できる次世代のサービスだ。発表会が行われた2016年5月23日より提供開始しており、2017年末までにユーザー数100万人をめざすという。

対応プラットフォームはAndroid 4.1(開発コード名:JellyBaen)およびiOS 9.0以降で、価格(税込)はアプリ自体は無料なものの利用料としてAndroid向けが月額290円、iOS向けが月額360円。今回は、この新しい留守番電話サービス スマート留守電の内容を紹介していく。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、「UQエンタメマーケット」に50タイトル以上のPCソフトや電子書籍が月額525円で使い放題になるサービスを追加


50タイトル以上のPCソフト、電子書籍が月額525円で使い放題になる「パソコンソフト使い放題 powered by OPTiM」がUQエンタメマーケットに追加

オプティムは20日、UQコミュニケーションズがWiMAXサービス契約者向けに提供する「UQエンタメマーケット」向けにウイルスセキュリティや筆王など、総額15万円以上となる50タイトルを超えるパソコン向けのソフトウェアや、パソコン関連書籍が月額525円で使い放題となる「パソコンソフト使い放題 powered by OPTiM」を提供開始したと発表している。

UQエンタメマーケットは、今年2月にそれまで「UQオプションストア」として提供していたサービスを名称変更し、リニューアルして提供されたいたもので、月額1,990円で利用できる定額見放題のビデオ・オンデマンドサービス「U-NEXT(ユーネクスト)」などが提供されていた。今回、これにパソコンソフト使い放題が追加された。

続きを読む

ソースネクスト、Evernoteと双方向で編集できる名刺管理アプリ「Cardful」をiPhone向けに提供開始!発売記念キャンペーンで制限解除が170円に【iPhoneアプリ】


高性能な名刺管理アプリが今なら170円で枚数制限解除!

ソースネクストが4月26日からiOS向けアプリとして提供している「Cardful」は、世界で初めて「Evernote」と双方向で名刺情報の編集ができる名刺管理アプリ。

アプリ自体は無料で、初回30枚+毎月10枚の名刺の読み取り(OCR)が可能だ。さらに、アプリ内から1,200円でアップデートすることで、この読み取り枚数の上限を解除することも可能。現在、このアップデートをわずか170円でできる発売記念キャンペーンを5月末まで実施している。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。