S-MAX

ファブレット

今度の"マドスマ"は6インチ大画面!マウスコンピューターのWindows 10 Mobileを搭載したSIMフリースマホ「MADOSMA Q601」を写真でチェック【レポート】

6c3fcff1.jpg
マウスのSIMフリーなWindows 10 Mobileスマホ「MADOSMA Q601」を写真で紹介!

既報通り、マウスコンピューターは21日、Windows 10 Mobileスマートフォン(スマホ)「MADOSMA Q601」(以下、Q601)を2016年7月28日(木)に発売すると発表しました。価格は49,800円(税込)で、マウスコンピューターの店舗やWebストア、電話通販窓口のほか、各量販店などで販売され、すでに一部店舗では予約受付が開始されています。

スペイン・バルセロナで開催されていた「MWC 2016」に合わせて今年2月に開発中であることを発表しており、その後、台湾・台北で開催された「COMPUTEX TAIPEI 2016」などでも展示されていましたが、ようやく発売となります。

前モデル「MADOSMA Q501」シリーズ(以下、Q501)の後継機種となるWindows 10 Mobileスマホで、CPUや内蔵メモリー(RAM)などの基本スペックを向上させているほか、画面サイズが6インチとなったことで大型化し、スマホとタブレットの中間に位置する製品(いわゆる「ファブレット」)となりました。

また、Continuum for Phoneにも対応しており、Q501シリーズがどちらかというと入門機といったところでしたが、Q601はがっつりとビジネスなどに利用することを想定したモデルとなっており、基本的な仕様以外にも大きく異なっています。

今回は発表に先んじて同社にタッチ&トライをさせてもらいましたので、開発機ではありますがほぼ製品版の外観や内蔵機能などを写真で紹介したいと思います。

続きを読む

中身はシンプル!コスパの良いSIMフリーなハイスペックスマホ「FREETEL SAMURAI KIWAMI」のプリインアプリとSIMカードスロット注意点を解説【レビュー】

6c3fcff1.jpg
SAMURAI KIWAMIの内蔵アプリとひとクセあるSIMカードスロットを解説!

発売から1週間が経過し、メーカーの公式Webページでは現在も(受注生産の和柄を除き)品切れの状態が続いているSIMフリーブランド「FREETEL」のハイスペックモデルのAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI KIWAMI(極)」(プラスワン・マーケティング製)。

今回は、SAMURAI KIWAMIにプリインストールされている内蔵アプリの一覧とちょっと特殊な仕様になっているSIMカードスロットについて紹介します。

続きを読む

高性能なのにリーズナブル!6インチWQHD液晶やオクタコアCPU、3GB RAMなどを搭載したAndroidスマホ「FREETEL SAMURAI KIWAMI」の実力をベンチマークでチェック【レビュー】

6c3fcff1.jpg
コスパの良いFREETELのハイスペックスマホの性能はいかに!?

約4万円という価格でありながら6インチWQHD(1440×2560ドット)液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載した「FREETEL」ブランドから発売されたハイスペックなAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI KIWAMI(極)」(プラスワン・マーケティング製)。

今回はベンチマークアプリを使用してSAMURIA KIWAMIの性能がどのくらいのものか、見てみたいと思います。

続きを読む

漆塗りに金が映える特殊加工ボディーの完全受注生産なSIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI KIWAMI Limitedモデル」を購入!開封してパッケージや外観を紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
気になる限定モデルのパッケージってどんなの?

SIMフリーの携帯電話ブランド「FREETEL」ブランドを展開しているプラスワン・マーケティングから新たに11月20日に発売となったハイエンドモデルのAndroidスマートフォン(スマホ)「FREETEL_SAMURAI KIWAMI(極)」。

6インチWQHD(1440×2560ドット)ディスプレイや2GHzオクタコアCPU、約2100万画素リアカメラといった高性能な機種でありながら、税別価格が4万円を切るというハイコストパフォーマンスさが特徴のファブレットサイズのスマホです。

今回、筆者はSAMURAI KIWAMIの完全受注生産の限定モデル「和柄」を購入しました。そこで、さっそく開封の儀を執り行いましたので、個装箱や内容物を写真を交えて紹介していきます。

続きを読む

これはデカイぞ!ファーウェイの大画面6.8インチスマホ「HUAWEI P8max」を写真で紹介――9月下旬発売予定と1ヶ月遅れに【レビュー】

いよいよ本気のファブレット「HUAWEI P8max」が登場間近!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が日本での発売を今年6月に発表したHuawei Technologies製スマートフォン(スマホ)「HUAWEI P8max」(以下、P8max)は、当初8月下旬発売予定とされていたが、現在は9月下旬発売予定に変更されている。

P8maxは”P8”シリーズのグローバルフラグシップモデルで、64bit対応2.3GHzオクタコアCPU(Hisilicon製「Kirin 935」)や3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、4360mAh大容量バッテリー、そして、JDI(ジャパンディスプレイ)製6.8インチフルHD(1080×1920ドット)を搭載するSIMフリースマホだ。

発表会で”ほぼ”タブレットというサイズ感のP8maxに触れて色々な面で驚いたのだが、今回実機をお借りすることができ、驚きを再確認ことができた。そんな驚きのあるP8maxをまずは外観から紹介していく。

続きを読む

Sony Mobile、約6インチながら左右狭額縁で幅80mmを切った大型ミドルハイクラススマホ「Xperia C5 Ultra」を発表!リアだけでなくフロントも約1300万画素でフラッシュやHDRなどに対応


ソニーが6インチスマホ「Xperia C5 Ultra」を発表!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は3日(現地時間)、同社のスマートフォン(スマホ)およびタブレットの「Xperia」シリーズに新たにAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)を採用した「Xperia M5(型番:E5603およびE5606、E5633、E5643、E5653、E5663)」および「Xperia C5 Ultra(型番:E5506およびE5553、E5533、E5563)」を発表しています。両機種ともにグローバル市場にて8月中旬より発売予定。

Xperia C5 Ultraは約6.0インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶搭載の大型スマホで、大型ディスプレイながら画面の左右の縁(ベゼル)がかなり狭くなっており、幅80mmを切った約79.4mmとなっているほか、カメラがリアとフロントともに約1300万画素積層型CMOS「Exmor RS」やLEDフラッシュを搭載し、HDRにも対応。フロントカメラは広角22mmでフループセルフィーもしやすくなっています。

続きを読む

ファーウェイ、6.8インチ液晶搭載の最新フラッグシップファブレット「Huawei P8max」を日本国内で8月下旬以降に発売!価格は6万円程度を予定


ファーウェイが6.8インチハイエンドファブレット「Huawei P8max」を日本で発売!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は17日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)製の新機種としてスマートフォン(スマホ)「Huawei P8lite」および「Huawei P8max」、タブレット「MediaPad M2 8.0」、スマートバンド「TalkBand B2」を日本国内で発売すると発表しています。

すでにHuawei P8liteを紹介してますが、続いて最新フラッグシップの大型モデルとして投入されるHuawei P8maxについてまとめます。Huawei P8maxはカラーバリエーションがシャンパンゴールド1色のみが用意されており、発売時期は2015年8月下旬以降を予定。価格は59,980円(税抜)。

続きを読む

大画面スマホ"ファブレット"は人気になる?Android 5.0 Lollipopを採用した6インチスマホ「Nexus 6」を「iPhone 6 Plus」や「Nexus 5」などと比較してみた【レビュー】


Nexus 6をiPhone 6 PlusやNexus 5などと比べた!

最新プラットフォーム「Android 5.0(開発コード名:Lollipop)」を採用したGoogleブランドの約5.96インチWQHD(1440×2560ドット)有機ELディスプレイ搭載スマートフォン(スマホ)「Nexus 6」(Motorola Mobility製)。

日本国内では「Y!mobile」および「Google Playストア」から販売予定で、すでにY!mobileからは2014年12月11日(金)から順次発売されることが発表されており、12月4日(木)からY!mobileショップや公式Webストアなどにて事前予約受付が開始されています。

最大の特長は約5.96インチWQHD(1440×2560ドット)有機ELディスプレイを搭載するという大画面かつ高精細(画素密度493ppi)である点で、ここまで大きいと気になるのはサイズ感だと思われます。

最近ではスマートフォン(スマホ)とタブレットの中間サイズということで「ファブレット(Phablet)」(「Phone」+「Tablet」の造語)とも呼ばれる大画面スマホも5.5インチディスプレイ搭載「iPhone 6 Plus」などを含めて増えてきていますが、6インチまでいくとさらに大きいわけです。

そこで、今回はすっかりスタンダードサイズとなった5インチディスプレイ搭載「Nexus 5」やiPhone 6 Plusなどと、Neuxs 6がどの程度の違いがあるか比較してみましたので紹介したいと思います。

続きを読む

便利でマニアックでキワモノ!?SIMカードホルダー付きのスマホ&タブレットなど用スタンド「ahha Utility Tablet Stand Simkit」を紹介【レビュー】


SIMカード収納可能!珍しくて便利な折りたたみ式スマホなど用スタンドを紹介!

なにか別の作業をしながらスマートフォン(スマホ)やタブレットに動画などを流しておくのに大変便利な立てて置くための周辺機器「スタンド」、みなさまはお使いでしょうか?

使い勝手などを考慮しなければ、今なら安いもので100円均一などでも売っているので、なにか1つくらいは持っている人もいるかと思います。

今回は折りたたみ式でコンパクト、持ち歩きにも便利で一般的な周辺機器としてはとても珍しい「SIMカードホルダー搭載」というちょっと変わったスタンド「ahha Utility Tablet Stand Simkit」を紹介します。

続きを読む

アジアで6000万台の「ファブレット」市場を狙う!SonyのミドルレンジLサイズスマホ「Xperia T2 Ultra」はXperia Z2よりも注目機種【山根康宏の“世界のモバイル”】


アジアで販売が始まったSonyの新型ファブレット、Xperia T2 Ultra

スペイン・バルセロナにて今年2月に開催された「Mobile World Congress 2014(MWC 2014)」でソニー(ソニーモバイルモバイルコミュニケーションズ)が発表したフラッグシップスマートフォン「Xperia Z2」の販売が各国で始まっている。3月末に台湾で発売されたのに続き、4月にはアジア各国でも販売が始まる予定だ。だが、このXperia Z2以上に大きな話題を集めているのが同じく4月から販売が始まった6インチモデルの「Xperia T2 Ultra」である。

アジア市場ではここ1〜2年、大画面ディスプレイを搭載したいわゆる「ファブレット」の人気が高く、5.5インチや6インチといった大型のディスプレイを搭載したファブレットが次々に販売されている。しかも大画面を好むのは男性だけではなく女性にも多く、皮製のフリップカバーをつけ手帳のように持ち運ぶスタイルも一般的になっている。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。