S-MAX

不具合

NTTドコモ、シャープ製スマホ「AQUOS R SH-03J」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!4CAによる下り最大644Mbpsにも対応


docomoのAQUOS R SH-03JにAndroid 8.0 Oreoに!

NTTドコモは7日、同社が「2017年夏モデル」として発売したシャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS R SH-03J」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年12月7日(木)より提供開始するとお知らせしています。

スマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるOTAによる方法が用意されており、更新にかかる時間は約30分。ただし、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとのこと。主な更新内容は以下の通り。

◯主なアップデート内容
1)ピクチャー イン ピクチャー(PIP)機能
 アプリを全画面で使いながら動画の閲覧が可能なので、そんな「ながら」の利用方法を実現できます。
2)スマートなテキスト選択
 電話番号を含むテキストをダブルタップするだけで選択することができるようになりました。誰でも簡単にコピーできます。さらに、電話番号の場合は電話アプリ、住所の場合は地図アプリのショートカット表示されるので、次の動作もスムーズです。
3)ログイン情報の入力が容易に(オートフィル)
 「自動入力」機能でアプリのログインで使う情報を記憶させ、素早くアクセスすることができます。
4)ロックフォトシャッフル機能
 ロック画面を表示するたびに壁紙を次々に切り替えることができます。「設定」→「ディスプレイ」 →「壁紙」 →「ロックフォトシャッフル」での設定が必要です。
5)カメラの機能追加
 タイマー機能を使ったインカメラ撮影時に、カメラに目線が合いやすくなるアニメーションを表示します。
6)高速通信(4CA)
 4つの周波数を束ねるキャリアアグリゲーションに対応し、より広域で快適な通信を実現します。

◯改善される事象
7)Bluetooth接続中に着信があると、まれに着信音が正常に鳴動しない場合があります。

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11.2」を提供開始!再起動が繰り返される不具合の修正や個人間送金サービス「Apple Pay Cash」対応など


AppleがiPhoneなど向けiOS 11.2をリリース!

Appleは2日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 11.2」を提供開始したとお知らせしています。変更点は個人間送金サービス「Apple Pay Cash」への対応やバグの修正などとのことで、これにより、Apple Pay Cashがアメリカにて提供開始されています。

また12月2日より起きている再起動が繰り返される不具合についても「設定」の「通知」にて各アプリの通知をオフにしてからiOS 11.2にアップデートし、 更新後に再度、各アプリの通知をオンにするように案内しています。

なお、手元のiPhone Xなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

iPhoneやiPadで再起動を繰り返す不具合が12月2日未明より発生中!iOS 11.1以降で特定の「繰り返し設定のあるローカル通知」を行うアプリを使っている場合


iPhoneなどでリブートが繰り返される不具合!特定アプリの通知が原因

Apple製のスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズやタブレット「iPad」シリーズなどにおいて2017年12月2日(土)0時より再起動が繰り返される事象が各所で報告されています。特定のアプリの通知が原因で、iOS 11.1以降で起こる不具合が原因だということです。

問題のあるアプリの1つとなっている家計簿アプリ「Zaim」の開発・運営元のZaim Inc.では問題を特定したと同社の公式Twitterアカウント( @zaimjp )で報告し、すでに問題を解決したバージョンをアプリ配信マーケット「App Store」に申請し、Appleにて申請が通れば1〜2日後には公開されると案内しています。

続きを読む

KDDI、シャープのau向けフラッグシップスマホ「AQUOS R SHV39」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を12月5日から提供開始


日本国内でAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ第1号はシャープのAQUOS Rに!auが12月5日より提供開始

KDDIおよび沖縄セルラー電話は1日、au向け「2017年夏モデル」として発売したシャープのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R(型番:SHV39)」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」を含むソフトウェア更新を2017年12月5日(火)より提供開始するとお知らせしています。

更新はAQUOS R SHV39本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で実施でき、更新時間は約30分、アップデートファイルサイズは約1.17GBとなっています。更新後のOSバージョンは「Android 8.0.0」、ビルド番号は「02.00.03」で、主な変更点は以下の通り。

◯主な追加&変更点
1)Android 8.0へアップデート
・ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)の対応
・オートフィルの対応
2)ホームアプリ「AQUOS HOME」の機能改善
・上にスライドしてもアプリ⼀覧画⾯表⽰機能を追加
・アイコン表示にアイコンバッジ追加
3)スクリーンショットの音量を小さく
4)「電話帳」アプリの機能改善
・電話帳一覧画面が⾒やすく変更
・電話帳詳細画⾯に「発信前に番号を編集」を追加
・通話履歴画⾯の仕様が変更
・クイック返信の履歴表⽰を追加
・電話アプリ利用時でも連絡先をタブ内に表⽰機能追加
・着信中画⾯の仕様が変更(電話ボタンを上にスライドして応答)
・通話中画⾯の仕様が変更(終話ボタンをタップして終了)
・通話中に表⽰するダイヤル画⾯の仕様が変更

◯主な削除点
5)「電話帳」アプリ
・グループ機能を⼀部変更
・発信中画⾯で「⾳量・⾳質」および「⾳声メモ」、「メニュー」を⾮表⽰
6)アルバムアプリのmixi連携機能が利用不可
7)ホームアプリから音声検索アイコンが非表示
8)NFCウィジェットが削除
9)モバイルライトの自動消灯機能が削除(手動のみに)
10)FeliCa PUSH機能が削除

※その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(9.9MB)[PDF]


続きを読む

KDDI、au向け2015年冬スマホ「Galaxy A8 SCV32」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を11月22日10時から提供開始


auスマホ「Galaxy A8 SCV32」がAndroid 7.0 Nougatに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は20日、au向け「2015年冬モデル」として2015年12月に発売したスマートフォン(スマホ)「Galaxy A8 SCV32」(サムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「[http://s-max.jp/tag/AndroidN[Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年11月22日(水)10時に提供開始するとお知らせしています。

ソフトウェア更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE・WiMAX 2+)回線によるOTAおよびパソコンに接続して専用アプリ「Smart Switch」を使う方法が用意されており、更新にかかる時間はスマホ本体のみなら約30分、パソコンを使う方法なら約20分。

アップデートファイルサイズはスマホ本体のみなら約1.3GB、パソコンを使う方法なら約1.8GB。なお、回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があるとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。